公開日:2021年3月18日 / 公開日:2022年7月13日

【画像29枚】エックスサーバードメインのドメイン取得方法を完全解説!おすすめの契約内容も紹介

エックスサーバードメイン公式サイト「トップページ」

Xserverドメイン(エックスサーバードメイン)で独自ドメインを取得する方法を、29枚の画像を使いながらわかりやすく説明します。

また、おすすめの契約内容も紹介します。

当記事を見ながら作業すれば一切迷うことはありません。必要な時間は3分です。

Xserverドメインの公式サイトはこちら

1.必要なものを準備する(電話とメールアドレス)

はじめに、必要なものを紹介します。それは次の2つです。

  • 電話(実機)
  • メールアドレス

電話は端末のことです。電話番号ではありません。

メールアドレスは何でもOKです。具体的には下記3つすべて使用できます。

  • 携帯電話のメールアドレス
  • フリーメール…「Gmail」や「Yahoo !メール」など
  • 一般的なメールアドレス

2. エックスサーバードメインの公式サイトを表示する

エックスサーバードメイン公式サイト「トップページ」

必要なものを準備したら、エックスサーバードメインの公式サイトを表示します。下記リンクを押してください。

»»» エックスサーバードメイン公式サイト

3. 契約内容(取得するドメイン、契約年数)を決める

公式サイトを表示したら契約内容を決めます。具体的には下記2つを決めます。

  • 取得するドメイン
  • 契約年数

作業手順は以下のとおりです。

1. ドメイン名を入力して「検索する」を押す

ドメイン名…下画像の赤線部分

ドメイン名(前半部分)
エックスサーバードメイン公式サイト「トップページ」

まず、「取得したいドメインを入力」と書いてある入力欄を探してください。場所はページ上部中央です。上画像参照。

入力欄を見つけたら、そこに取得したいドメイン名を入力してください。

ドメイン名の入力例

tk-create


「.com」「.jp」などは不要

ドメイン名を入力したら、入力欄の右側にある「検索する(下画像の赤色部分)」を押してください。

エックスサーバードメイン公式サイト「トップページ」

ボタンを押すと「ドメイン一覧」画面が表示されます。次の画像参照。

3. 取得するドメインを選ぶ

↓ ドメイン一覧画面

エックスサーバードメインのドメイン一覧画面

ドメイン一覧には複数のドメインが表示されます(上画像参照)。違いはドメイン末尾(下画像の赤線部分)です。

ドメイン種類(末尾)

表示されているドメイン名のなかから「取得するドメイン」を決めてください。決まったら次の作業をしてください。

  1. ドメイン名の左にあるチェックボタンを押す
  2. ドメイン一覧の下にある「取得手続きに進む」ボタンを押す

↓ .net をチェックした場合

ドメイン名の左にあるチェックボタンを押した状態(チェックボタンが青色になっている)

↓ 取得手続きに進む...青色ボタン

取得手続きに進む...青色ボタン

上記作業をすると「契約年数 設定画面」が表示されます。次の画像参照。

4. 契約年数を決める

↓ 契約年数 設定画面

エックスサーバードメインの契約年数を設定する画面

契約年数を設定するところはドメイン名のすぐ右にある「契約期間等」という項目です。下記参照。

エックスサーバードメインのドメイン一覧画面

※おすすめの契約期間…1年。以下、理由。

  • 長期契約をしても金銭的なメリットが少ない
  • 契約更新できる。手続きも簡単

契約期間を設定したら「取得手続きに進む」ボタンを押してください。

↓ 取得手続きに進むボタン

「取得手続きに進む」ボタン

ボタンを押すと、ログイン・アカウント登録画面が表示されます。下記参照。

ログイン・アカウント登録画面

以上で、契約内容の設定はおわりです。

Whois代理公開サービス、インフォメーションメールの送信

契約年数の設定画面にある下記2つについて説明をします。

  • Whois代理公開サービス
  • インフォメーションメールの送信

※初期設定では2つとも「希望する」になっている

Whois代理公開サービス、インフォメーションメールの配信を設定するところ

Whois代理公開サービスは、自分の個人情報をインターネット上に公開しないサービスです。料金は無料です。

インフォメーションメールは、営業メールみたいなものです。

おすすめ設定

  • Whois代理公開サービス…希望する
  • インフォメーションメールの送信…希望する

※どちらも契約後に変更できる

参考:Whois情報公開代行は、ドメイン所有者の情報を非公開にするサービス

4. Xserverアカウント(契約者情報)を登録する

契約内容を決めたら、Xserverアカウント(契約者情報)を登録します。

作業手順は以下のとおりです。

1.「Xserverアカウントの登録へ」をおす

ログイン・アカウント登録画面

まず、「Xserverアカウントの登録へ」ボタンを押してください 。

ボタンを押すと、契約者情報を入力する画面が表示されます。次の画像参照。

登録者情報(契約者情報)を入力する

契約者情報を入力する画面の上部

「契約者情報 入力画面」が表示されたら、次の作業をしてください。

  1. 必須項目を入力する
  2. 「Xserverアカウント利用規約に同意する」にチェックを入れる
  3. 「個人情報に関する公表事項に同意する」にチェックを入れる
  4. 「確認画面へ進む」ボタンを押す

↓「確認画面へ進む」ボタン

「確認画面へ進む」ボタン

「確認画面へ進む」ボタンをおすと、「メールアドレスの確認画面」が表示されます。次の画像参照。

メールアドレスの確認をする

↓ メールアドレスの確認画面

メールアドレスの確認画面

※メールアドレスの確認…入力したメールアドレスが正しいかを確認する作業

「メールアドレスの確認画面」が表示されるのと同時に、エックスサーバードメインから下記メールが届きます。

件名 … ご登録メールアドレス確認のご案内

メールには認証コードが記述されています。

認証コードを「メールアドレスの確認画面」にある「確認コード」に入力してください。入力したら「確認画面へ進む ボタン」を押してください。下記参照。

メールアドレスの確認画面

ボタンを押すと「登録情報の確認画面」が表示されます。下記参照。

入力した内容が正しいか確認する

↓ 登録情報の確認画面

登録情報の確認画面

「登録情報の確認」画面が表示されたら、入力した内容が正しいか確認してください。

内容が正しければ、「SMS認証、電話認証をする」ボタンを押してください。下記参照。

「SMS認証、電話認証をする」ボタン

ボタンを押すと「SMS認証、電話認証」画面が表示されます。次の画像参照。

本人確認をする(契約者と申込者が同じか確認する)

↓ 「SMS認証、電話認証」画面

「SMS認証、電話認証」画面

本人確認…ドメイン取得申込みをしている人が、契約者(本人)か確認する

「SMS認証、電話認証」画面が表示されたら、次の作業をしてください。

  1. 電話番号を入力する
  2. 認証コードの受信方法を選択する
  3. 「認証コードを受信する」ボタンを押す

上記作業をすると、認証コード(数字の組合せ)が届きます。同時に「認証コード入力画面」が表示されます。下記参照。

画像準備中

表示された画面に認証コードを入力してください。入力したら「認証する ボタン」を押してください。

ボタンを押すと「認証が完了いたしました」というメッセージが表示されます。下記参照。

「認証完了」画面

以上で、Xserverアカウント(契約者情報)の登録作業は完了です。

5.支払い方法を設定する

Xserverアカウントを登録したら、支払い方法を設定します。

作業手順は以下のとおりです。

①「お支払い方法を選択する」ボタンを押す(下記参照)

「認証完了」画面

ボタンの場所…ページ下部

ボタンを押すと「お支払い情報の入力画面」が表示される。下記参照。

お支払い情報の入力画面

②お支払い方法を設定する

③「お申込み内容の確認」ボタンを押す(下記参照)

「お申込み内容の確認」ボタン

ボタンの場所…ページ下部

ボタンを押すと「契約内容 確認画面」が表示される。下記参照。

「契約内容 確認画面」

以上で、支払い方法の設定はおわりです。

6.ドメイン契約を申し込む(取得申込みをする)

支払い方法を設定したら、ドメイン契約を申込みます。

作業手順は以下のとおりです。

①契約内容が正しいか確認する

「契約内容 確認画面」

② 「Xserverドメイン利用規約」に同意する

「認証完了」画面

③「申し込む」ボタンを押す

ボタンの場所…「Xserverドメイン利用規約」の下

ボタンを押すと「お申込み完了」画面が表示される。下記参照。

「お申込み完了」画面

以上で、ドメイン契約の申込みは完了です。


ドメイン取得料金を払う(ドメインの取得完了)

ドメイン契約の申込みが終わったら、ドメイン取得料を支払います。

支払いが終わると、独自ドメインを使えるようになります。

生徒が「Good」と言っているイラスト

以上で、独自ドメインの取得作業は完了です。


おわり

↑ 目次にもどる

トップへ戻るボタン