WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開日:2020年8月15日/更新:2020年10月16日

【初心者向け】独自ドメインの取得方法を徹底解説!

独自ドメインの取得方法が分からない…と悩んでいる女性

当記事は、独自(有料)ドメイン を取得する方法について分かりやすく説明したものです。

具体的には、

  • ドメインを取得する場所
  • ドメインの購入手順
  • 購入する際に必要なもの

について、詳しく解説しています。

当記事を読めば、ドメインを取得するときに悩んだり困ったりすることはありません。

»»» 関連記事:ドメインの取得費用・維持費用を徹底解説!

ドメインはドメイン取得サービスかレンタルサーバーで買う

独自ドメインは、「ドメイン取得サービス」か「レンタルサーバー会社」が運営するホームページで購入します。

具体的な名前をあげると、以下のようなものがあります。

ドメイン取得サービス

ドメイン取得サービス「お名前.com」の公式サイト

ドメイン取得サービスの違いについては、後ほど説明 説明します。

レンタルサーバー会社

レンタルサーバー会社の違いについては、後ほど説明 します。

ドメイン販売を行なっていないレンタルサーバー会社もある

ちなみに、レンタルサーバー会社のなかにはドメイン販売を行なっていないところもあります。例えば、ロリポップ! などです。

そのようなレンタルサーバーを使用している場合は、必然的にドメイン取得サービスでドメインを購入することになります。

»»» 参考:独自ドメインの取得|ロリポップ

ドメイン取得サービスとレンタルサーバー会社どちらがお得?

ドメイン取得サービスとレンタルサーバー会社、どちらかで独自ドメインを取得する方がお得、というのは特にありません。

どこでドメインを取得するかは、各事業者(サービス)の下記点を比較して条件の良いところを選べば問題ありません。

  • ドメインに関する費用
  • サポート体制
  • ユーザー管理画面の使いやすさ
  • オプションサービス
  • 扱っているドメイン種類

ドメイン種類 … com , jp など

ドメイン取得サービスを利用する人が多い

ちなみに、多くの人はドメイン取得サービスでドメインを購入しています。

なぜかというと、ドメイン取得サービスの方がレンタルサーバー会社よりも、ドメイン費用が安い場合が多いからです。

»»» 参考:【徹底比較】おすすめドメイン取得サービス3選|2020年版


ドメイン費用が無料のレンタルサーバー

エックスサーバー と ロリポップ! は、レンタルサーバーの新規契約時に「特定の条件を満たす」と下記ドメイン費用が無料になります。

無料になるドメイン費用

  • ドメイン取得料
  • ドメイン更新料(レンタルサーバーを利用している間ずっと)

したがって、これからドメイン取得とレンタルサーバー契約をする方は、エックスサーバー と ロリポップ!の条件をクリアしてないかを、まずチェックすると良いと思います。

ドメインが無料になる条件については、以下のページをご確認ください。

»»» 関連記事:目的別 おすすめのレンタルサーバーを紹介!


以上で、「ドメインはドメイン取得サービスかレンタルサーバーで買う」は終了です。

↑ 目次にもどる

ドメイン取得サービスでの購入手順と必要なもの

「ムームードメイン」公式サイトのトップページ

次に、ドメイン取得サービスでのドメイン購入手順と、ドメインを購入するときに必要なものついて説明していきます。

ドメインを購入するまでの流れ

ドメインを購入するまでの流れは以下のとおりです。

  1. ドメイン取得サービスが運営するホームページを表示
  2. 欲しいドメインが購入できるか確認(空きドメインを検索)
  3. 契約年数・サービス内容を決定
  4. 支払い方法を決定
  5. 契約者の情報を登録

作業時間は 5分ほど

ドメインの取得手続きは、すべてホームページ上で行います。
書類を書いたり提出したりする必要はありません(一部のドメインを除く)。

ドメインの取得手順についてさらに詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

ドメインを購入する際に必要なもの

ドメイン取得サービスでドメインを購入する際に必要なものは以下のとおりです。

  • ドメイン取得料
  • 契約者情報
  • メールアドレス
  • 電話
  • クレジットカード情報(支払い方法をクレジットカードにした場合のみ)

ドメイン取得料についての説明は不要かと思いますので、その他の項目について簡単に説明していきます。

»»»参考:ドメインの取得費用・維持費用を徹底解説!


契約者情報

ドメインを取得する際には、契約者情報として以下の情報を登録します。

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 電話番号

メールアドレス

メールアドレスは、携帯電話のメールアドレスはもちろん、Gmail や Yahoo! メールなどのフリーメールも使用することが出来ます。

ちなみに、メールアドレスは「ドメイン契約完了通知」や「ドメイン契約の更新案内」などを受け取るためのものです。


電話

電話は、携帯電話と固定電話どちらでもOKです。

ドメイン取得時に行う「本人確認」作業で使用します。「本人確認」作業について詳しくは、次の記事で解説しています。

»»»ムームードメインでの独自ドメイン取得方法:【本人確認】


クレジットカード情報

ドメイン費用の支払いを「クレジットカード払い」にする場合のみ、クレジットカード情報が必要です。

ちなみに、ドメイン費用の支払い方法は、次の3つから選ぶことができます。

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • コンビニ決済

ドメイン費用の支払い方法について詳しくは、ドメイン事業者の公式サイトをご覧ください。下記リンクです。


書類の提出について

「.com」などの一般的なドメインの場合、書類の提出は不要です。

これに対して、「.co.jp」などの一部のドメインは「履歴(現在)事項全部証明書」などの提出が必要な場合があります。

詳しくは、ドメイン事業者の公式ページをご覧ください。

»»» 参考:【属性型JP】取得資格と必要書類 – さくらのサポート情報


以上で、「ドメイン取得サービスでの購入手順と必要なもの」は終了です。

↑ 目次にもどる

レンタルサーバー会社でのドメイン購入手順と必要なもの

「XSERVER」公式サイトのトップページ

次に、レンタルサーバー会社でのドメイン購入手順と、ドメインを購入するときに必要なものついて説明していきます。

ドメインを購入するまでの流れ

レンタルサーバー会社でドメインを購入するまでの流れは、以下のとおりです。

  1. サーバー契約をする
  2. ユーザー管理画面から独自ドメインを取得(有料)

詳しい手順については、各レンタルサーバー会社の公式サイトをご覧ください。
下記リンクよりどうぞ。

»»» 参考:レンタルサーバー契約時にドメインを取得するとドメイン費用がずっと無料【条件と手順の紹介】

ドメインを購入する際に必要なもの

レンタルサーバー会社で独自ドメインを取得する際に必要なものは、「ドメインの取得料金」だけです。

契約者情報やメールアドレスなどは、レンタルサーバーを契約した際に登録したものが使用されるため不要です。


以上で、「レンタルサーバー会社でのドメイン購入手順と必要なもの」は終了です。

↑ 目次にもどる

ドメインの取得にかかる時間(登録完了までの日数)

ドメインの取得手続きをしてから、そのドメインが自分のものになる(登録完了)までに必要な日数は〇〇日、と一律にいうことはできません。

なぜかというと、以下の項目によって変わるからです。

  • 「ドメインの販売・管理」をしている業者
  • ドメイン費用の支払い方法
  • ドメイン種類

上記のなかで、日数に最も影響するのはドメイン費用の支払い方法です。
そして、その次に影響するのが「.com」や「.co.jp」といったドメイン種類の違いです。

ドメイン費用の支払い方法による「登録完了」日数の違い

お名前.com の場合だとドメイン費用の支払い方法によって、ドメイン登録完了までの日数は次のように異なります(以下、公式サイトより引用)。

支払い方法 所要時間
銀行振り込み 即日
コンビニエンスストア支払い 入金確認後、1~2日(土日祝含む)
クレジットカード支払い 即時(ホームページ上での申し込みが完了した時点で登録完了)

「.com」や「.net」などの一般的なドメインの場合は、ほぼ上記の日数どおりです。

しかし、ドメインの種類によっては登録完了までに時間がかかるものがあります。
それは、次に紹介するドメインです。(お名前.com公式サイトより引用)。

登録完了までに時間がかかるドメイン種類

ドメイン種類 所要時間
属性型JPドメイン
(ed.jp/go.jp/ac.jp)
審査状況により1~2週間
先行登録(商標あり)/
先行登録(商標なし)でのお申し込み
申請受付期間終了後に順次登録完了
バックオーダーや
ドメインオークション対象ドメイン
バックオーダー、
オークション期間終了後に順次登録完了

ドメイン事業者による違いは「ほぼ」ない

ドメイン取得サービスやレンタルサーバー会社によって、ドメイン登録が完了するまでの日数が違う、ということは「ほぼ」ありません。

正確な日数について知りたい方は、各ドメイン事業者のホームページを確認してください。


以上で、「ドメインの取得にかかる時間(登録完了までの日数)」は終了です。

↑ 目次にもどる

メールアドレス、ホームページのドメインとして使えるようになるのは72時間後

取得したドメインを、メールアドレスやホームページのドメインとして使用できるようになるまでに必要な時間は、最長で72時間と言われています。

ただし、ドメインを取得しただけでは、いつまで経ってもメールアドレスやホームページのドメインとして使用することは出来ません。

取得した独自ドメインをメールアドレスやホームページのドメインとして使用するためには、下記サーバーの設定が必要です。

  • ネームサーバー(DNSサーバー)
  • レンタルサーバー

ネーム(DNS)サーバーとレンタルサーバーの設定方法

ドメイン取得後は、ネームサーバーとレンタルサーバーの設定が必要

ドメインを使用するために必要なネーム(DNS)サーバーとレンタルサーバーの設定方法については、次の記事を参考にしてください。

ちなみに、先ほど紹介した「数時間から72時間ほど」というのは、ネームサーバーの設定変更が反映するまでに必要な時間のことです。


以上で、「メールアドレス、ホームページのドメインとして使えるようになるのは72時間後」は終了です。

↑ 目次にもどる

おわりに:WordPressの設定変更と無料HTTPS化

  • WordPressを使用している
  • 無料でHTTPS化できるレンタルサーバーを利用している

上記の条件に一つでも当てはまる方は、先ほど紹介した「ネームサーバーとレンタルサーバーの設定」のほかに必要な作業があります。

それは、以下のものです。

  • WordPressのサイトアドレスを変更【必須】
  • 無料HTTPS化を有効にする【推奨】← SEO対策に有利

上記作業について詳しくは、次の記事をご覧ください。


以上で、当記事は終了です。

当記事の内容が「これからドメインを取得する!」という人の少しでも役に立てば嬉しいです。

当記事を読んだ後におすすめの記事

当記事を読んだあとは、次の記事がおすすめです。

また、ドメイン取得に必要な知識をまとめた記事もありますので、良ければご覧ください。

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

タグ:

これからブログを始めたい人にオススメの記事

トップへ戻るボタン