ゼロからはじめるWEB制作(ブログ含む)

お問い合わせ
公開日:2020年8月15日/更新:2021年8月8日

【初心者向け】独自ドメインの取得方法を徹底解説!

独自ドメインの取得方法が分からない…と悩んでいる女性

独自ドメイン が欲しいけれど、どうしたら良いのかわからない…

といった方向けに、独自ドメインの取得に必要な知識をわかりやすく説明します。

当記事を読めば、すぐに独自ドメインを取得することができます。

取得場所:ドメイン会社のホームページ(公式サイト)

「ムームードメイン」公式サイトのトップページ

出典:ムームードメイン

独自ドメインは、ドメイン会社のホームページで取得します。

具体的には、ドメイン会社のホームページで、ドメインの取得申込みをします。詳しくは後述。

ここからは、ドメイン会社について知っておくべきことを説明していきます。

ドメイン会社は、日本国内に複数ある

ドメイン会社は、日本国内に複数あります。

その一部を紹介すると、以下のとおり。

»»» 参考:有名ドメイン会社ホームページのリンク一覧

ちなみに、上記リストにある「お名前.com」は、国内シェアNo1のドメイン会社です。

「お名前.com」の公式サイトのトップページ

出典:お名前.com

ドメイン会社の違い

ドメイン会社のサービス内容は、会社によって違います。

たとえば、以下の点です。

  • 扱っているドメイン種類(下画像の赤線部分)
  • 料金
  • サポート体制
ドメイン種類(末尾)

ドメイン会社を選ぶときのポイント

チェックリストのイラスト

ドメイン会社の違いは、先ほど紹介したもの以外にも多数ありますが、それらすべてを知る必要はありません。

ドメイン会社を選ぶときには、下記5つだけ知っておけばOKです。

  • 扱っているドメイン種類(末尾)
  • ドメイン費用の安さ
  • 料金体系の分かりやすさ
  • お客さまサポートの充実度
  • ユーザー管理画面の使いやすさ

上記5つだけを知っておけば良い理由は、複数のドメイン会社を使っている筆者が、上記以外の違いを意識したことがないからです。

したがって、上記5つを知っておけば、ドメイン会社選びで失敗することはありません。

おすすめのドメイン会社

筆者おすすめランキングを紹介する女性

参考までに、おすすめのドメイン会社を紹介すると以下のとおり。

上記3社をおすすめする理由、ドメイン会社の選び方について詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

»»» 参考:2021年おすすめドメイン取得サービス3選!比較ポイント別ランキング


↑ 目次にもどる

独自ドメインの取得方法

独自ドメインの取得方法を開設する講師

独自ドメインの取得方法は、以下のとおりです。

  1. 欲しいドメインが取得可能か調べる
  2. 取得可能ならば、申込み手続きをする
  3. ドメイン会社から送られてくるメールを確認する
  4. ドメイン取得料を支払う【ドメイン取得完了】

ここからは、上記4つについて詳しく説明していきます。

1.欲しいドメインが取得可能か調べる

Yahoo.co.jpというドメイン名全体に赤線をひいたもの

まず、ドメイン会社のホームページで、自分の欲しいドメインが取得可能かを調べます。

具体的には、ホームページにある「ドメイン検索」機能で調べます。

エックスドメイン公式サイトにある「ドメイン名を検索をする部分」

出典:エックスドメイン

ちなみに、ほとんどのドメイン会社は、トップページに「ドメイン検索」機能を設置しています。

»»» 参考:有名ドメイン会社ホームページのリンク一覧

ポイント

ドメインの取得は、早い者勝ち!

独自ドメイン=世界で1つだけのドメイン

2.取得可能ならば、申込み手続きをする

ドメイン取得が完了しました(ムームードメイン)

欲しいドメインが取得可能ならば、ドメイン会社のホームページで申込み手続きをします。

なお、この際、下記3つを設定します。

  • ユーザー登録(会員登録)
  • 契約内容
  • 支払方法

申込み手続きについて詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

手続きに必要なもの

  • メールアドレス
  • 携帯電話もしくは固定電話
  • 支払い方法をクレジットカードにする場合は、その情報

 「Gmail」などのフリーメールでもOK

ドメイン費用の支払い方法

3.ドメイン会社から送られてくるメールを確認する

「お名前.com」の公式サイトから独自ドメインを取得する際に送られてくるメール一覧

申込み手続きが終わると、ドメイン会社から「ドメイン取得に関するメール」が何通か送られてきますので、内容に間違いがないかを確認します。

メールに記述されている情報

  • 契約内容
  • 支払方法
  • ユーザー登録情報

上記以外も記述されている場合は、それも確認。

そして、内容に間違いがあった場合は、ドメイン会社に連絡します。

4.ドメイン取得料を支払う【ドメイン取得完了】

「申込み手続き 完了通知」メールの内容に問題がなければ、ドメイン取得料を支払います。

この支払いが終わった時点で、独自ドメインは自分のものになります。

クレジットカード払いは、入金作業は不要

なお、支払方法を「クレジットカード払い」にした場合は、自分で入金作業をする必要はありません。

引落口座に、お金を準備するだけでOKです。

【補足】申込み手続き完了後に、作業が必要な場合あり

ドメイン会社によっては、ドメイン取得後に追加作業が必要になります。

たとえば、ムームードメインの場合は、「メールアドレスの有効性認証」作業が必要です(下の画像参照)。

ドメイン取得後に送られてくる「メールアドレスの有効性認証」というメール

追加作業が必要な場合は、メールが送られてくる

追加作業が必要な場合は、その指示がドメイン会社からメールで送られてきます。

追加作業に関するメールが送られてこない場合は、何もする必要はありません。


↑ 目次にもどる

契約内容のおすすめ設定

筆者おすすめランキングを紹介する女性

参考までに、契約内容のおすすめ設定を紹介します。

それは、以下のものです。

  • 契約年数(登録年数) … 1年
  • Whois情報公開代行 … 有効
  • 有料オプション … 不要
  • 支払方法 … クレジットカード払い

上記設定をおすすめする理由は、以下のとおり。

「契約年数 1年」をおすすめする理由

「契約年数 1年」をおすすめする理由は、下記3つです。

  • 長期契約しても金銭的なメリットがない
  • 契約更新は簡単にできる
  • 自動で契約更新するように設定できる(ドメインの自動更新)

»»» 参考:ドメインを更新する|公式サイト

»»» 参考:ドメインの自動更新とは?契約する際の注意点も紹介

「Whois情報公開代行 … 有効」をおすすめする理由

お名前.comのWhois情報公開説明ページ

↑ 出典:お名前.com公式サイト

「Whois情報公開代行 … 有効」をおすすめする理由は、有効にしないと、インターネット上に自分の個人情報を公開することになるからです。

また、Whois情報公開代行の設定は、ドメイン取得後に変更(無効に)できるからです。

»»» 参考:Whois情報公開代行をやさしく説明!意味・費用・設定方法を徹底解説!

「有料オプション…不要」をおすすめする理由

「有料オプション…不要」をおすすめする理由は、単純に必要ないからです。

私の場合、初めてドメインを取得してから今まで「有料オプションが必要」と思ったことは一度もありません。

「支払方法…クレジットカード払い」をおすすめする理由

支払方法にクレジットカード払いをおすすめする理由は、ドメイン取得申込み後すぐに、独自ドメインが使える(ネームサーバーの設定などができる)ようになるからです

ドメイン費用を支払ってから、独自ドメインが使えるようになるまでの時間については、この後すぐに説明します。


以上4つが、契約内容のおすすめ設定です。

↑ 目次にもどる

ドメイン費用を支払ってから、独自ドメインが使えるようになるまでの時間

ドメイン登録完了までの日数を表すカレンダー

ドメイン費用を支払ってから、独自ドメインが使える(ネームサーバーの設定などができる)ようになるまでの時間は、ドメイン会社によって違います。

しかし、だいたいは同じで、次のようになっています。

↓ 表はスクロール出来ます

支払い方法 所要時間
銀行振込み 入金確認後、1~2営業日(土日祝含まず)
コンビニエンスストア支払い 入金確認後、1~2日(土日祝含む)
クレジットカード支払い 即時(ホームページ上での申し込みが完了した時点で登録完了)

時間のかかるドメイン種類(末尾)

なお、ドメイン種類(末尾)のなかには、先ほど紹介した時間よりも長くかかるものがあります。

具体的には、以下のものです。

  • ドメイン種類 … 属性型JPドメイン( ed.jp / go.jp / ac.jp)
  • 所要時間 … 審査状況により1 ~ 2週間

↑ 目次にもどる

独自ドメインを取得する際に知っておくべきこと【2つ】

ドメインを取得した後に、金銭的な面で損をしないために知っておくべきことが2つあります。

それは、以下のものです。

  • 独自ドメインの費用は、ドメイン取得料の他にもある
  • はじめから「ドメイン契約の自動更新」を設定している会社がある

ここからは、上記2つについて詳しく説明します。

独自ドメインの費用は、ドメイン取得料の他にもある

知っておくべきことの1つ目は、独自ドメインの費用は、ドメイン取得料の他にもあることです。

具体的には、下記2つがあることです。

ドメイン費用については、次の記事で詳しく説明しています。

»»»参考:ドメイン費用をやさしく説明!

はじめから「ドメイン契約の自動更新」を設定している会社がある

お名前.com Navi の「ドメイン自動更新設定 完了」ページ

知っておくべきことの2つ目は、ドメイン会社のなかには、勝手に「ドメイン契約を自動更新する」ように設定しているところがあるということです。

 参考:ドメインの自動更新とは?契約する際の注意点も紹介

そして、ドメイン契約を更新したくない場合は、その設定を「自分で解除」する必要があるということです。

はじめから「ドメイン契約の自動更新」を設定している会社がある

私の知る限りでは、下記2社は初めから「ドメイン契約の自動更新」を設定しています。

  • お名前.com
  • ムームードメイン

以上2つが、独自ドメインを取得する際に知っておくべきことです。

↑ 目次にもどる

独自ドメインをブログで使用する方法

ロリポップのユーザー管理画面「独自ドメイン設定」ページに、「ステップ2.独自ドメインをロリポップ!に設定する」が表示される

参考までに、独自ドメインをブログで使用する方法を、簡単に説明します。

方法は、以下のとおり。

  • ①独自ドメインをレンタルサーバーで使えるようにする
  • ②レンタルサーバーで、独自ドメインと「ブログのデータ」を関連づける

作業内容について詳しくは、次の記事をご覧ください。

»»» 【ブログ初心者向け】独自ドメイン取得後に必要な設定を徹底解説!

↑ 目次にもどる

おわりに

以上で、当記事は終了です。

これからドメインを取得する方は、ぜひ、次の記事もご覧ください。

当記事が役に立ったという方は、ぜひ、他の方に紹介してください。

↑ 目次にもどる

タグ:
トップへ戻るボタン