WEB歴 8年の専門家が、ブログを始めるのに必要な知識を『どこよりも』わかりやすく説明!

お問い合わせ
公開:2020年7月30日/更新:2021年4月26日

ドメイン費用をやさしく説明!取得から解約まで料金の仕組みを徹底解説!

ムームードメイン公式サイトにあるドメイン価格一覧表

当記事は、独自(有料)ドメインを初めて取得する方向けに、その費用について分かりやすく説明したものです。

初めてドメインを取得する方で、次のような疑問を持っている方はいませんか?

  • ドメインを取得するには、いくら必要なの?
  • 2年目以降、費用は必要?
  • 解約するのにお金がかかる?

実はこれ、私がはじめてドメインを取得する際に持っていた疑問です。

これらの疑問を解決しないままドメインを取得するのは、かなり不安ですよね…

しかし、インターネットを探しても、ドメイン費用について分かりやすく書かれているものはありません…

そこで、私は、当記事を書くことにしました。

当記事を読めば、独自(有料)ドメインに関する費用をスッキリと理解することができます。そして、安心してドメインを取得できるようになります。

»»» 関連:人気レンタルサーバー3社の【独自ドメイン無料制度】を徹底比較!

ドメインを取得する際に覚えておくべき 3つの費用

独自ドメインを取得する際に覚えておくべき費用は以下 3つです。

  • ドメイン取得料
  • ドメイン更新料
  • Whois情報公開代行の利用料(オプションサービス)

独自ドメインを普通に使用する分には、上記 3つの費用を覚えておけばOKです。

その証拠に、私がドメイン取得サービスの費用をチェックするときには、上記 3つだけしか確認していません。

なお、「Whois情報公開代行」以外の有料オプションサービスは、基本的には不要です(私は使用していません)。

↑ 目次にもどる




1. ドメイン取得料は、取得時に一度だけ支払う費用

ムームードメイン公式サイトにあるドメイン価格一覧表。ドメイン取得料を赤枠で囲んだもの

ここからは、独自ドメインを取得する際に覚えておくべき 3つの費用について説明していきます。

まずは、ドメイン取得料です。

ドメイン取得料は、独自ドメインを取得する際に一度だけ支払う費用です。
なお、ドメイン取得料のことを「ドメイン登録料」と言うこともあります。

契約期間終了までの利用料が含まれている

ドメイン取得料には、「ドメイン契約をした際に決めた契約期間」が終わるまでのドメイン利用料も含まれています。

たとえば、以下の内容で独自ドメインを取得したとします。

  • ドメイン:tk-create.com
  • 取得料金:1,000円
  • 契約期間:2020年1月1日〜12月31日( 1年

上記の場合ならば、ドメイン取得料金1,000円に、2020年1月1日〜12月31日( 1年)のドメイン利用料が含まれています。

したがって、契約期間が終了するまでは、ドメイン取得料とは別にドメイン利用料を支払う必要はありません。

金額の目安は 1,000〜4,000円:ドメイン業者とドメイン種類で異なる

ドメインの取得料の目安は、1,000円 から 4,000円です。

一概に 〇〇円と言えない理由は、ドメインの取得価格が 次の 2つの組み合わせで決まるからです。

  • ドメインの種類 … 「.com」「.jp」など
  • ドメイン事業者 … 「お名前.com」「ムームードメイン」など

参考までに、ドメイン取得料の具体的な金額を紹介すると、以下のとおりです。

ドメイン事業者ごとの価格の違い

.com の取得価格
  • エックスドメイン… 418円(最安値)
  • お名前.com … 836円
  • ムームードメイン … 1,276円

2020年8月12日調べ。(税込)

ドメイン種類による価格の違い

お名前.com のドメイン取得価格
  • .com … 836円
  • .org … 1,496円
  • .co.jp … 3,960円

2020年8月12日調べ。(税込)

ドメイン取得価格の比較記事

ドメイン事業者およびドメイン種類による「取得価格の違い」について詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

»»» 6社のドメイン費用を徹底比較!最安値を紹介【2021年3月版】


以上で、ドメイン取得料の説明は終了です。

↑ 目次にもどる

2. ドメイン更新料は「2年目以降の利用料」

ムームードメイン公式サイトにあるドメイン価格一覧表。ドメイン更新料を赤枠で囲んだもの

次に、ドメイン更新料について説明します。

ドメイン更新料は、「ドメイン取得時に決めた契約期間」が終了したあとに、そのドメインを引き続き使用するために支払う費用のことです。

具体的に説明すると、ドメイン取得時に決めた契約期間が

  • 1年の場合 … 2年目以降もドメインを引き続き使用するために支払う費用
  • 5年の場合 … 6年目以降もドメインを引き続き使用するために支払う費用

がドメイン更新料です。

具体例で説明:ドメイン取得時の契約期間が1年の場合

先ほどの説明だけでは分かりづらいと思いますので、ドメイン更新料の意味を具体例を使って説明します。

たとえば、次のようなドメイン契約をしているとします。

現在のドメイン契約

  • ドメイン名:tk-create.com
  • 契約期間:2020年1月1日〜12月31日( 1年)

新規取得ドメイン。取得料金: 1,000円

そして、このドメイン契約を、契約期間終了後(2021年1月1日以降)も引き続き使用するとします。

このような場合に必要となるのが、ドメイン更新料です。

ドメイン更新料には契約期間終了までの利用料が含まれている

ドメイン取得料と同じくドメイン更新料にも、更新したドメイン契約の「契約期間終了までの利用料」が含まれています。

たとえば、次のような条件でドメイン契約を更新したとします。

下記内容でドメイン契約を更新

  • 更新料金:1,000円
  • 契約期間:2021年1月1日〜12月31日( 1年)

↑ 2021年1月 1日〜12月31日( 1年)は「更新料金 1,000円」のみで OK

この場合ならば、ドメイン更新料金1,000円に、2021年1月1日〜12月31日( 1年)のドメイン利用料が含まれています。

したがって、ドメイン更新料のほかに「契約期間終了までのドメイン利用料」を支払う必要はありません。

金額:ドメイン取得料よりも高い場合がほとんど

ムームードメイン公式サイトにあるドメイン価格一覧表。ドメイン更新料を赤枠で囲んだもの

上の画像をみると分かるように、ドメイン更新料の金額は、ドメイン取得料よりも高い場合がほとんどです。

金額の目安としては、1,500円 から 3,500円。

一概に 〇〇円と言えない理由は、ドメイン取得料と同じで下記 2つの組み合わせで違うからです。

  • ドメインの種類 … 「.com」「.jp」など
  • ドメイン事業者 … 「お名前.com」「ムームードメイン」など

なお、ドメイン業者のホームページに表示されている更新料は、ほとんどの場合、ドメインの使用期間を1年間延長(更新)する場合の金額です。

ドメイン更新料の具体的な金額

参考までに、ドメイン取得料の具体的な金額を紹介すると、以下のとおりです。

ドメイン事業者ごとの価格の違い

.co.jp の更新価格

  • スタードメイン … 4,048円(最安値)
  • ムームードメイン … 4,378円
  • ゴンベエドメイン … 5,720円

2020年8月12日調べ。(税込)

ドメイン種類による価格の違い

お名前.com のドメイン更新価格

  • .com … 1,408円
  • .org … 1,628円
  • .jp … 3,124円

2020年8月12日調べ。(税込)

ドメイン更新価格の比較記事

ドメイン事業者およびドメイン種類による「更新料の違い」について詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

»»» 6社のドメイン費用を徹底比較!最安値も紹介【2020年11月版】


以上で、ドメイン更新料の説明は終了です。

↑ 目次にもどる

3. Whois情報公開代行の利用料は「個人情報を公開しないための」費用

お名前.comのWhois情報公開説明ページ

↑ 出典:お名前.com公式サイト

「独自ドメインを取得する際に覚えておくべき費用」の最後の一つは、Whois情報公開代行の利用料です。

ちなみに、Whois情報公開代行は「自分の住所や電話番号などの個人情報をインターネット上に公開しない」ためのサービスです。

個人でドメインを取得する方のほとんどは「Whois情報公開代行」を利用しています。

»»» 参考:Whois情報公開代行をやさしく説明!

利用料はドメイン事業者によって異なる:無料の場合が多い

Whois情報公開代行の利用料は、ドメイン事業者によって価格が異なります。

具体的には、以下のとおり。

Whois情報公開代行:無料
  • ムームードメイン
  • エックスドメイン
  • スタードメイン
  • バリュードメイン

Whois情報公開代行:有料

お名前.com は、Whois情報公開代行を申し込むタイミングで料金が異なる

2020年7月29日調べ。

無料でも有料でもサービス内容は同じ:無料を選ぶとお得

ちなみに、私が知っている限り、Whois情報公開代行の利用料が無料でも有料でもサービス内容は同じです。

したがって、ドメイン業者を選ぶときは、Whois情報公開代行を無料で利用できるところを選んだ方がお得です。

»»» 【徹底比較】おすすめドメイン取得サービス3選|2020年11月版


以上で、「Whois情報公開代行」利用料の説明は終了です。

そして、ドメインを取得する際に覚えておくべき 3つの費用についての説明も終了です。

↑ 目次にもどる

ここからは、ドメイン費用の参考情報です。興味のある方のみ、ご覧ください。

解約費用は不要(ゼロ円)

ドメイン解約料金は【不要】

まず、ドメイン契約を解約した場合の必要について説明します。

ドメイン契約を解約するときに、費用は発生しません。

もう少しいうと、下記 3社では、ドメイン契約を解約するときに費用は発生しません。

  • エックスドメイン
  • お名前.com
  • ムームードメイン

おそらく、上記以外のドメイン会社でも解約費用は不要ですが、公式サイトに情報がないため確実とは言い切れません。

気になる方は、ドメイン会社に問い合わせをしてください。

»»» 有名ドメイン業者ホームページ:リンク一覧表

根拠

念のため、先ほど紹介したドメイン会社3社が「解約費用が不要」という根拠を紹介しておきます。

エックスドメイン:公式サイト情報

解約に料金はかかりますか?

ご利用期限内解約を申請いただきました場合、解約料金は一切必要ございません。

お名前.com:サポートセンターの回答

お名前.comサポートセンターに「解約費用」と「契約期間中に解約した場合の返金対応」について問い合わせた結果

問い合わせ日:2020年7月30日

解約料金は必要ですか?

ドメイン廃止にともなう解約料金は発生いたしません(後略)

ムームードメイン:サポートセンターの回答

ムームードメインのサポートセンターに「解約費用」と「契約期間中に解約した場合の返金対応」について問い合わせた結果

問い合わせ日:2020年7月30日

解約料金は必要ですか?

不要です。


以上で、解約費用は不要(ゼロ円)は終了です。

↑ 目次にもどる

解約をしても契約料の返金は一切なし

次に、ドメイン契約を解約した場合の返金対応について説明をします。

ドメイン契約を解約しても「契約料の返金」は一切ありません。
契約期間がどのくらい残っているかに関わらずです。

具体例で説明すると、次のとおりです。

  • 契約期間:2020年1月1日 〜 2020年12月31日(1年)
  • 契約料金:1,000円
  • 解約日:2020年1月1日(残りの契約期間 12ヶ月)

契約料の返還なし。

ちなみに、ここでいうドメイン契約料とは、下記2つのことです。

契約料

  • ドメイン取得料
  • ドメイン更新料

お名前.comとムームードメイン以外は、不明

ここまでに説明した返金対応は、お名前.comとムームードメインのものです。

その他のドメイン会社の「解約時の返金対応」については不明です。

なぜかというと、どのドメイン会社の公式サイトにも、ドメイン契約料の返金対応についての記述がないからです。

おそらく、お名前.comとムームードメインと同じだと思いますが、確かとはいえません。気になる方は、ドメイン会社に問い合わせをしてください。

»»» 有名ドメイン業者ホームページ:リンク一覧表

根拠

以下は、お名前.comとムームードメインでは「解約をしても契約料の返金は一切なし」という根拠です。

お名前.comサポートセンターの回答

お名前.comサポートセンターに「解約費用」と「契約期間中に解約した場合の返金対応」について問い合わせた結果

問い合わせ日:2020年7月30日

契約期間が残っている場合、残りの日数分、返金されますか?

(前略)ドメイン有効期限までの残日数分については、返金対応はおこなっておりません。

ムームードメイン サポートセンターの回答

ムームードメインのサポートセンターに「解約費用」と「契約期間中に解約した場合の返金対応」について問い合わせた結果

問い合わせ日:2020年7月30日

契約期間が残っている場合、残りの日数分、返金されますか?

返金はございません。
ドメインの有効期限までお客様の所有となります。

なお、ほかのドメイン会社と同様に、お名前.comとムームードメインの公式サイトにも、ドメイン契約料の返金対応についての記述はありません。


以上で、解約をしても契約料の返金は一切なしは終了です。

↑ 目次にもどる

ドメイン移管料 = ドメイン会社を変更する時に支払う費用

ムームードメイン公式サイトにあるドメイン価格一覧表。ドメイン移管料を赤枠で囲んだもの

最後に、ドメイン移管料について説明します。

なお、これから説明する内容は、下記2社の情報をもとにしたものです。

  • お名前.com
  • ムームードメイン

上記以外のドメイン業者の場合も、おそらくは同じです。

ただ、確証はありません。
上記 2社以外を利用する場合は、ドメイン移管をする際に確認してください。

ドメイン移管料 = ドメイン会社を変更する時に支払う費用

ドメイン移管料は、ドメイン業者を変更するときに支払う費用のことです。
具体的には次のような場合に支払います。

「お名前.com」で管理している「tk-create.com」というドメインを、

「ムームードメイン」で管理するように変更

ドメイン移管料を払うのは移管先(引っ越し先)のみ

ドメイン移管料を支払うのは、移管先(引っ越し先)のドメイン業者のみです。

具体例で説明すると以下のとおりです。

ドメイン業者を「お名前.com」から「ムームードメイン」へ変更(移管)

→ ムームードメインに移管料を支払う(お名前.comに対しては不要)

金額はドメイン業者とドメイン種類によって違う

ドメイン移管料の金額は、ドメイン業者とドメイン(末尾の)種類によって異なります。具体的には、以下のとおり。

ドメイン業者による価格の違い: .com 移管料

税抜金額。2020年7月29日調べ。

ドメイン種類による価格の違い:ムームードメインの移管料
  • com … 1,480円
  • org … 1,680円
  • info … 1,680円

税抜金額。2020年7月30日調べ。

ドメイン移管をすると、その年のドメイン契約料は不要

他社からお名前.comへ移管した場合、お持ちのドメインの有効期限を1年間無料で延長させていただきます。


ドメイン移管をした場合、移管した年のドメイン契約料は不要です。

具体的には、以下のとおりです。

ドメイン移管日:2020年1月1日( 1年契約)

2020年12月31日までの 1年間は、ドメイン契約料が不要

»»» 参考:ドメイン移管とは|ドメイン取るなら お名前.com

移管元(引っ越し前)への解約金は不要

ドメインを移管する際に、移管元(引っ越し前)のドメイン業者に解約金を支払う必要はありません。

具体例で説明すると以下のとおりです。

ドメイン業者を「お名前.com」から「ムームードメイン」へ変更(移管)

→ お名前.comに解約金を支払う必要はない


以上で、「ドメイン移管料 = ドメイン会社を変更する時に支払う費用」は終了です。

↑ 目次にもどる

おわりに

以上で、当記事は終了です。

当記事の内容が「これからドメインを取得する!」という人の少しでも役に立てば嬉しいです。

»»» 参考【初心者向け】ブログに必要なドメイン知識まとめ

関連記事

XSERVER公式サイトにある「ドメイン無料キャンペーン実施中」という文字
タグ:
トップへ戻るボタン