WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開:2020年8月28日 / 更新:2020年11月25日

【初心者向け】IPアドレスの意味・ドメインとの違いを徹底解説!

IPアドレスとは?ドメインとの違いは? という疑問をもつ女性

当記事は、「IPアドレスの意味」と「ドメインとの違い」を、具体例を使ってわかりやすく説明したものです。

ドメインについてイマイチ分からない…という方は、当記事の前に「【初心者向け】ブログに必要なドメイン知識まとめ」をご覧ください。

IPアドレスは本当の「インターネット上の住所」

IPアドレスは、本当の「インターネットの住所」です。

もう少しいうと、IPアドレスは、インターネットに接続している機器を特定するための番号のことです。

具体的には、次のような感じです。

具体例

  • Aさんのパソコン:210.180.128.000
  • Bさんのスマホ:210.180.128.100
  • レンタルサーバー〇〇:210.180.128.255

インターネットに接続されている

上記のように、インターネットに接続している機器を特定するための番号のことを、IPアドレスと言います。

IPアドレスの役割:データを送受信する相手を特定すること

次に、IPアドレスの役割について説明します。

それは、データを送受信する相手を特定することです。

IPアドレスの役割を具体例で説明

たとえば、スマホで「Yahoo! JAPAN」のホームページを表示するとします。

この場合、スマホと「Yahoo! JAPANのウェブサーバー」の間では、次のような作業が行われています。

スマホで「Yahoo! JAPAN」のホームページを表示するために行われている処理の説明画像

ホームページを表示するための処理

  1.  スマホから「Yahoo!JAPANのウェブサーバー」にデータを送信するように依頼
  2. 「Yahoo! JAPANのウェブサーバー」からスマホにデータを送信

データ…html,css、画像、javascriptなど

上記作業を行うためには、スマホと Yahoo!JAPANのウェブサーバー が「どこにあるかを特定する」必要があります。

言い換えると、「データを送受信をする相手を特定する」必要があります。

この「データを送受信する相手を特定する」のが、IPアドレスの役割です。

IP アドレスは重複しない(同じ番号はない)

最後に、IPアドレスには「同じ番号がない」ことについて説明します。

IPアドレスが、重複することはありません。

なぜかというと、同じIPアドレスが複数あると「データを送受信する相手を特定する」ことが出来ないからです。

具体例で説明すると以下のとおり。

IP アドレスが重複すると、データを送受信する相手を特定できない

AとBが同じIPアドレス(210.180.128.000)の場合

  1. 「210.180.128.000」にデータを送信
  2.  AとBのどちらにデータが送信されるか分からない

上記のようなことが起こると困るため、IPアドレスが重複することはありません。

専門用語で「一意の番号」

ちなみに、IPアドレスが重複しないことを、専門用語で「IPアドレスは一意の番号」といいます。

それぞれ違う番号 = 「一意の番号」

一意の番号 … インターネット上に 1つしか存在しない番号


以上で、IPアドレスは本当の「インターネット上の住所」は終了です。

↑ 目次にもどる


IPアドレスを「人間向け」に分かりやすくしたものがドメイン

次に、IPアドレスとドメインの違いについて説明します。

それは、以下のとおり。

  • IP アドレス … インターネット上の住所
  • ドメイン … IP アドレスを人間が覚えやすい形にしたもの

ドメインが存在する理由:IPアドレスは人間には不便

ドメインが存在する理由は、IPアドレスは人間には不便だからです。

なぜかというと、IPアドレスのような「長い数字の組み合わせ」を覚えるのは、人間には困難だからです。

具体例:ドメインが無いと「かなり」不便

仮にドメインがなかったとします。

そうすると、次のような困った状況になることは、すぐに想像できます。

Aさん:Yahoo! JAPAN が見たいから、アドレスを教えて!

Bさん:210.180.128.225 だよ

Aさん:210.180…

ごめん。覚えられなかったから、もう一回お願い。

上記のように、ドメインがないと「かなり」不便です。

このような状況を解決するために、ドメインは存在します。

ドメインは重複しない

最後に、ドメインには「重複するものがない」ことについて説明します。

IPアドレスと同じくドメインも、重複することはありません。

なぜかというと、同じドメインが複数あると「データを送受信する相手を特定する」ことが出来ないからです。

詳しい説明については、IPアドレスのところでしたので省略します。

»»» 「IP アドレスは重複しない」をもう一度みる


以上で、IPアドレスを「人間向け」に分かりやすくしたものがドメイン、は終了です。

↑ 目次にもどる

IP アドレスとドメインの関係:1対1 でヒモづけされている

次に、IP アドレスとドメインの関係について説明します。

IPアドレスとドメインは、「特定のIPアドレス」と「特定のドメイン」を 1対1 でヒモづけ(関連づけ)されています。

具体的には、次のような感じです。

ドメインは IPアドレスを覚えやすくしたもの

具体例:1対1 でヒモづけされている

参考までに、IPアドレスとドメインの関係を表した具体例を、もう少し紹介します。

それは、以下のものです。

  • サイト名:Yahoo! JAPAN
  • IPアドレス:210.180.128.220
  • ドメイン:yahoo.co.jp

  • サイト名:Google
  • ドメイン:google.co.jp
  • IPアドレス:210.180.128.225

  • サイト名:食べログ
  • ドメイン:tabelog.com
  • IPアドレス:210.180.128.100

各サイトのIPアドレスとドメインは違う = 特定のもの同士をヒモづけ

ちなみに、上記サイトのIPアドレスは「本当のIPアドレス」ではありません。
筆者が、適当に考えたものです。

IPアドレスとドメインを管理しているのはICANN(アイキャン)

「IP アドレスとドメインの関係」の説明の最後に、ICANN(アイキャン)について紹介します。

ここまでに説明したように、IPアドレスとドメインは、 1対1 でヒモづけ(関連づけ)されています。

それを、管理しているのが「ICANN(アイキャン)という民間の非営利法人」です。

ICANNについて詳しく知りたい方は、下記ページをご覧ください。


以上で、IP アドレスとドメインの関係:1対1 でヒモづけされている、は終了です。

↑ 目次にもどる


ドメインをIPアドレスに変換しているのがDNSサーバー

当記事の最後に、DNSサーバーについて説明します。

DNSサーバーはドメインをIPアドレスに変換している

DNSサーバーがドメインを IPアドレスに変換する

私たちがウェブブラウザにドメインを入力すると、DNSサーバーが、ドメインをIPアドレスに変換しています。

DSNサーバー

読み方は、ディーエヌエスサーバー。
DNSは「Domain Name System(ドメインネームシステム)」の略称。

ドメインをIPアドレスに変換する理由:コンピュータの処理が早い

DNSサーバーが、ドメインをIPアドレスに変換する理由は、その方がコンピューターの処理が早いからです。

もう少しいうと、数字の組み合わせであるIPアドレスを使用した方が、文字データを使用しているドメインを使用するよりも処理が早いからです。

  • IPアドレス:210.180.128.225
  • ドメイン:tk-create.com

コンピュータが、文字よりも数字を処理する方が早い理由

コンピュータが、文字データよりも数字データを処理する方が早い理由は、以下のとおりです。

  • コンピュータは、データ処理をすべて数字で行っている
  • 文字データを処理するときは、数字に変換してから処理

→ 文字を数字に変換する分、作業が遅くなる


以上で、ドメインをIPアドレスに変換しているのがDNSサーバー、は終了です。

↑ 目次にもどる

おわりに

以上で、当記事の内容は終了です。

もっとドメインのことを学びたい! という方には次の記事がおすすめです。

関連記事

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

タグ:

これからブログを始めたい人にオススメの記事

トップへ戻るボタン