公開:2020年8月28日 / 更新:2022年2月11日

【初心者向け】IPアドレスの意味・ドメインとの違いを徹底解説!

IPアドレスとは?ドメインとの違いは? という疑問をもつ女性

当記事は、「IPアドレスの意味」と「ドメインとの違い」を、具体例を使ってわかりやすく説明したものです。

IPアドレスはインターネット上の住所

はじめに、IPアドレスについて説明します。

»»» 読みとばす

IPアドレスは、インターネット上の住所です。
具体的には、インターネットに接続している機器を特定するための番号のことです。下記参照。

機器 IPアドレス
レンタルサーバーA 210.180.128.000
レンタルサーバーB 210.180.128.100
レンタルサーバーC 210.180.128.255

↑ 目次にもどる

ドメインは、IP アドレスを人間向けにわかりやすくしたもの

ドメインは IPアドレスを覚えやすくしたもの

ドメインは、IP アドレスを人間向けにわかりやすくしたものです。
以下、具体例です。

機器 IPアドレス ドメイン
レンタルサーバーA 210.180.128.000 red-server.com
レンタルサーバーB 210.180.128.100 blue-server.jp
レンタルサーバーC 210.180.128.255 yellow-server.net

ドメインを使う理由:IPアドレスを覚えるのは大変だから

ドメインを使う理由は、IPアドレスを覚えるのは大変だからです。
もう少しいうと、次のようなことが起こるからです。

Aさん:
Yahoo! JAPAN が見たいから、アドレスを教えて!

Bさん:
210.180.128.225 だよ

Aさん:
ごめん。覚えられなかった。もう1回教えて。

IPアドレスが存在する理由

ここまでの内容を読んで「最初からドメインを使えば良いのに。なんでIPアドレスを使うの?」と考える方は多いかと思います。

理由について調べたところ、次のような情報を見つけました。

(前略)コンピューターはドメイン名を認識することができません。そのため、ドメイン名は IP アドレスに再変換されて通信先の端末を特定(後略)


有名レンタルサーバー会社が発信している情報なので、内容は正しいと私は考えます。

ただ、「コンピュータはドメイン名を認識できない」という表現に違和感を持っています。
なぜかというと、コンピュータは文字(アルファベットなど)を処理できるからです。

※文字は数字に変換してから処理する

コンピュータは文字(アルファベットなど)を処理するのに時間がかかる、という表現が適切ではないかと私は考えます。
間違っているかもしれないので、参考までに。


↑ 目次にもどる

ドメインをIPアドレスに変換する仕組み

ドメインをIPアドレスに変換する仕組みは以下のとおりです。

ドメインを入力してウェブページが表示されるまでの流れ
出典:IPアドレスを結ぶ,DNSの役割を確認する | 日経クロステック(xTECH)

DSNサーバー

読み方は、ディーエヌエスサーバー。
DNSは「Domain Name System(ドメインネームシステム)」の略称。

ドメインは○○というIPアドレス、という情報を管理しているのは「ICANN(アイキャン)」という組織です。下記参照。


↑ 目次にもどる

おわりに:おすすめ記事の紹介

以上で、当記事は終了です。

もっとドメインのことを学びたい方には、次の記事がおすすめです。

これからドメインを取得する方には、次の記事がおすすめです。

当記事が役に立ったという方は、ぜひ他の人に紹介してださい。

↑ 目次にもどる

トップへ戻るボタン