ゼロからはじめるWEB制作【ブログ初心者】編

お問い合わせ
公開:2021年12月13日

ムームードメインを快適に利用する方法|注意点とその対策

笑顔でパソコン作業をしている女性(イラスト)

ムームードメインを利用するときに知っておくべきことがあります。
それは、次の2つです。

  • ドメイン契約が自動更新される(解除可能)
  • ドメイン取得画面でWhois情報公開代行を有効にする

当記事は、上記2つについて詳しく説明したものです。

1. 契約が自動更新される(解除可能)

知っておくべきことの1つ目は、ドメイン取得直後は「契約を自動更新する」ようになっている、ということです。

ムームドメインには、ドメイン契約を自動更新するサービスがあります。
サービス名は「自動更新設定」です。下記参照。

ムームードメインのユーザー管理画面にある自動更新設定画面

自動更新設定サービスは、ドメイン取得直後「利用する」になっています。
利用申し込みをしなくてもです。

このため、ドメイン取得直後は「契約が自動更新される」ようになっています。

解約する場合は、ユーザー管理画面で「自動更新設定」を無効にする

ドメインを解約する場合は、ユーザー管理画面にある「自動更新設定」を無効にします。

無効にするタイミングは、以下のとおりです。

以下の条件に該当する場合は、自動更新の設定を解除することができません

  • ドメイン契約期間の終了日まで31日未満
  • オプション契約期間の終了日まで11日未満
  • 自動更新が処理されている最中

無効にする方法については、次の記事を参考にしてください。

»»» ムームードメインのドメイン契約に自動更新を設定する方法


以上で、契約が自動更新される(解除可能)の説明はおわりです。

↑ 目次にもどる

2. ドメイン取得画面でWhois情報公開代行を有効にする

お名前.comのWhois情報公開説明ページ

↑ 出典:お名前.com公式サイト

知っておくべきことの2つ目は、ドメイン取得申込み画面で「Whois情報公開代行」を有効にする、ということです。

※有効にする…利用している状態にする

Whois情報公開代行…「ドメイン所有者の個人情報」を非公開にするサービス

Whois情報公開代行を利用する方ならば、一瞬でも「自分の情報を公開する」のはイヤなはずです。

それを避ける方法は、ドメイン取得申込み画面で「Whois情報公開代行」を有効にすることです。下記参照。

『ドメイン設定』の下にある「WHOIS公開情報」と「ネームサーバ(DNS)」の設定内容

設定方法について詳しくは、次の記事をご覧ください。

»»» 【初心者OK】ムームードメインでの独自ドメイン取得方法を完全解説!

補足:
ドメイン取得後もWhois情報公開代行を有効にできる。


以上で、ドメイン取得申込み画面で「Whois情報公開代行」有効にする、は終了です。

↑ 目次にもどる

おわりに

以上で、当記事は終了です。

これからムームードメインと契約する方は、ぜひ次の記事をご覧ください。

»»» 【初心者OK】ムームードメインでの独自ドメイン取得方法を完全解説!

また、ドメイン取得サービスを決めていない方は、ぜひ次の記事をご覧ください。

当記事が役に立ったという方は、ぜひ他の人に紹介してださい。

↑ 目次にもどる

ドメイン取得後に役立つ記事

トップへ戻るボタン