公開:2021年12月13日

お名前.comを快適に利用する方法|注意点と悪い点の改善方法

笑顔でパソコン作業をしている女性(イラスト)

当記事は、お名前.com を快適に利用する方法を紹介するものです。

具体的には、

  • 利用するときの注意点
  • 利用していてストレスになること

を紹介するとともに、その対策を説明したものです。

注意点2つ:知らないと金銭的に損をすること

お金を失うイメージ(イラスト)

お名前.comを利用するときの注意点は、下記2つです。

  • Whois情報公開代行は、利用申込みをするタイミングで料金が違う(2種類)
  • ドメイン契約が自動更新される

ここからは、上記2つについて詳しく説明します。

1. Whois情報公開代行は、利用申込みをするタイミングで料金が違う(2種類)

お名前.comのWhois情報公開説明ページ

↑ 出典:お名前.com公式サイト

お名前.comには、「Whois情報公開代行」というサービスがあります。

Whois情報公開代行…「ドメイン取得者の個人情報」を非公開にするサービス

そして、このサービスは利用申込みをするタイミングで料金が違います。
具体的には、以下のとおり。

  • ドメイン取得「時」に申込み…無料
  • ドメイン取得「後」に申込み…1,078円/年(税込)

これが、お名前.comを利用するときの1つ目の注意点です。

参考資料

お名前.com公式サイトにあるWhois料金の説明表

↑ 出典:お名前.com公式サイト

上画像の該当部分

ドメイン新規登録の際、同時登録で「Whois情報公開代行」無料

Whois情報公開代行
1ドメインにつき1,078円/年(税込)

参考:Whois情報公開代行をやさしく説明!

2. ドメイン契約が自動更新される

お名前.comには「自動更新設定」というサービスがあります。

ドメイン自動更新設定を有効にしていただくと、自動的に更新手続きが完了いたします。

このサービスは、はじめから有効(利用している状態)。
利用申込みをしていないのに有効になっています。

これが、お名前.comを利用するときの2つ目の注意点です。


↑ 目次にもどる

注意点についての対策:金銭的に損をしないための方法

金銭的に損をしないための方法を解説する講師

先ほど紹介した注意点についての対策を紹介します。

注意点

  • ①Whois情報公開代行は、利用申込みをするタイミングで料金が違う(2種類)
  • ②ドメイン契約が自動更新される

それは、以下のものです。

①の対策

ドメイン取得申込み画面でWhois情報公開代行を有効にする

②の対策

ドメインを解約をする場合は、契約期間中に「自動更新設定」を無効にする

対策方法について詳しくは、次の記事をご覧ください。


↑ 目次にもどる

悪い点:営業メールが多い(毎日10件ほど)

メールが送られてくる(イラスト)

お名前.comの悪い点は、営業メールが多いことです。
毎日10件ほど送られてきます。

お名前ドットコムから1日のうちに送られくるメールの一覧リスト

上の画像は、お名前.comから私に送られてきた1日分のメールです。
10件中 9件が「ドメインを取得しませんか」といった営業メールです。


↑ 目次にもどる

悪い点の改善方法:営業メールを止める方法

営業メールを止める方法を解説する講師

お名前.comの営業メールは、簡単に止めることができます。

ユーザー管理画面(お名前.com Navi)にある設定を変えるだけだけです。
具体的には、

「お知らせメールの受信」を「配信なし」に変更する

だけです。

「お名前.com Navi」の「会員情報の確認/変更」ページ

必要な時間は5分ほど。

作業については詳しくは、次の記事をごらんください。

»»» お名前ドットコムからのメールが「うざい」時の解決方法


↑ 目次にもどる

おわりに

ここまでの内容を知っておけば、お名前.com を快適に利用できます。

これからお名前.comと契約する方は、ぜひ次の記事をご覧ください。

【初心者OK】お名前.comでの独自ドメイン取得方法を完全解説!

また、ドメイン取得サービスを決めていない方は、ぜひ次の記事をご覧ください。

以上で、当記事は終了です。

当記事が役に立ったという方は、ぜひ他の人に紹介してださい。

↑ 目次にもどる

ドメイン取得後に役立つ記事

トップへ戻るボタン