ブログ初心者向けに「ドメイン取得」「レンタルサーバー選び」に役立つ情報を配信

お問い合わせ
最終更新日:2021年4月18日

お名前ドットコムの悪い評判は本当なのか検証してみた

「お名前.com」の公式サイトのトップページ

お名前.com

独自ドメインを取得するならば お名前.com という声をよく耳にします。
それと同時に「お名前.comは悪質」「止めておいた方が良い」という声も耳にします。

お名前ドットコムの悪い評判は本当なのかかな、と疑問に思う女性

このような状況から、お名前.comを利用すべきか悩む人がたくさんいます。

そのような方のために、
実際にお名前.comを利用して悪い評判(口コミ)が本当なのかどうかを検証しました。

証拠:お名前.com の記事一覧

先にいっておくと、お名前.comを利用しても大丈夫です。ただし、注意点があります。注意点は次の記事にまとめました。

»»» お名前.comを快適に利用する方法|注意点と悪い点の改善方法

検証した悪い評判【4つ】とその結果

虫眼鏡を使って、なにかを調査している女性のイラスト

検証した悪い評判は次の4つです。

①公式サイトに「Whois情報公開代行」は無料と書いてある。でも実際は有料。

②「Whois情報公開代行」を有効にする方法がわかりづらい(申込み時)

③ドメイン契約が自動で更新される

④毎日大量の営業メールが送られくる

以下、検証結果です。

①…本当

②…ウソ

③…本当

④…本当

ここからは、調査内容について紹介します。

↑ 目次にもどる

評判1.無料のはずの「Whois情報公開代行」が有料

お名前.comのWhois情報公開説明ページ

↑ 出典:お名前.com公式サイト

検証するきっかけは、インターネット上で見つけた次の口コミです。

公式サイトに「Whois情報公開代行は無料」とあるのに、実際は有料だった

毎年、1,000円って最悪…

検証結果は、本当(真実)。

以下、根拠です。

お名前.com公式サイトにあるWhois料金の説明表

↑ 出典:お名前.com公式サイト

 ↓ 無料と書いてあるところ

ドメイン新規登録の際、同時登録で「Whois情報公開代行」無料

原因:Whois情報公開代行を申し込むタイミングで利用料が違う

無料のはずの「Whois情報公開代行」が有料になる原因を説明します。

それは、Whois情報公開代行の利用料は2パターンあるからです。
以下、根拠です。

お名前.com公式サイトにあるWhois料金の説明表

↑ 出典:お名前.com公式サイト

 ↓ 無料と書いてあるところ

ドメイン新規登録の際、同時登録で「Whois情報公開代行」無料

 ↓ 有料と書いてあるところ

Whois情報公開代行

1ドメインにつき1,078円/年(税込)

契約者のミスでもある

「Whois情報公開代行」が有料になる原因は、契約者のミスともいえます。

具体的には、ドメイン取得申込み画面で「Whois情報公開代行」サービスを有効にしなかった契約者のミス、ともいえます。

参考「Whois情報公開代行」の利用料がシンプルな会社

ちなみに、下記ドメイン取得サービスは、いつ「Whois情報公開代行」を有効にしても利用料不要です

参考:Whois情報公開代行の費用:ドメイン取得サービスごとに違う


↑ 目次にもどる

評判2.ドメイン取得申込み画面にある「Whois情報公開代行」の設定方法がわかりづらい

ドメイン取得申込み画面での「Whois情報公開代行」の設定方法がわかりづらい

検証するきっかけは、インターネット上で見つけた次の口コミです。

ドメイン取得申込み画面に「Whois情報公開代行」の設定項目なんて無かった…

検証結果は、ウソ(間違い)。

根拠は以下のものです。

お名前.comのドメイン取得申し込画面にある「Whois情報公開代行」のチェックボタンは、意外と目立つ場所にある

※申し込み画面…2019年11月時点

上の画像は、お名前.comのドメイン取得申込み画面。
画像から以下のことがいえます。

  1. 登録年数(契約年数)は、かならず設定する項目
  2. 「Whois情報公開代行」の設定項目は上記のすぐ下にある
  3. 「Whois情報公開代行」の設定項目は、目につきやすいところにある

したがって、ドメイン取得申込み画面に「Whois情報公開代行」の設定項目なんて無かった、という評判はウソです。

参考:【初心者OK】お名前.comでの独自ドメイン取得方法を完全解説!

はじめから「Whois情報公開代行」が有効になっていた

参考までに。

私がドメインを取得したときには、はじめから「Whois情報公開代行」が有効になっていました(下の画像参照)。

お名前.comのドメイン取得申し込画面にある「Whois情報公開代行」のチェックボタンは、意外と目立つ場所にある

また、「Whois情報公開代行」の設定項目もありませんでした。

申込み画面を改善した?

もしかしたら、ユーザーからのクレームが多いため、お名前.comは申込み画面を改善したのかもしれません。


↑ 目次にもどる

評判3.ドメイン契約が自動で更新される

ドメインの自動更新のイメージ画像

検証するきっかけは、インターネット上で見つけた次の口コミです。

契約期間が終わったら解約する予定だったので、何も手続きをしなかった。

そうしたら、勝手に契約更新されて費用を請求された(怒り)

検証結果は、本当(真実)。

根拠は私の実体験です。

理由:初期設定で「ドメイン自動更新設定」が有効になっているから

お名前.com Navi の「ドメイン自動更新設定 完了」ページ

ドメイン契約が勝手に更新される理由は、「ドメイン自動更新設定」というサービスがあるからです。

そして、ドメイン取得後はそのサービスが有効になっているからです。

ドメイン自動更新の設定/解除

ドメイン自動更新設定を有効にしていただくと、自動的に更新手続きが完了いたします。

ちなみに、ムームードメインも同様です。

契約更新しない場合は「ドメイン自動更新設定」を無効にする

ドメイン契約を更新しない場合は、「ドメイン自動更新設定」を無効にします。

具体的には、ユーザー管理画面でドメイン自動更新設定を無効にします。

↓ ユーザー管理画面

会員ページ「お名前.com Navi」のログイン画面

参考:お名前.com Naviログイン

作業について詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

»»» お名前.comのドメイン自動更新の解除方法を徹底解説!


↑ 目次にもどる

評判4.毎日大量の営業メールが送られくる

毎日大量のメールが送られてくる

検証するきっかけは、インターネット上で見つけた次の口コミです。

お名前.comでドメインを取得したら、毎日大量の営業メールが送られてくる

まじで、うざい(怒り)

検証結果は、本当(真実)。

根拠は私の実体験です。

お名前ドットコムから1日のうちに送られくるメールの一覧リスト

上の画像は、お名前.comから送られてきた1日分のメールです。

上記10件のうち9件が「ドメインを取得しませんか」といった営業メールです。

営業メールを止める方法「お名前.com Navi」で設定変更する

お名前ドットコムからのメールが「うざい」時の解決方法の説明画像3

お名前.comから送られてくる営業メールは、停止することができます。

方法は、次の記事で解説しています。

»»» お名前ドットコムからのメールが「うざい」時の解決方法


以上で、調査内容の紹介は終了です。

↑ 目次にもどる

お名前.comを使用した感想(わりと良い)

お名前を使用した感想は「わりと良い」です。
1年間使用しましたが、特に不満を感じることはありませんでした。

なお、この感想は

  • 「利用するときの注意点」を理解していた
  • 「営業メールを止める方法」を発見した

うえでのものです。

お名前.comを快適に使う方法を次の記事にまとめました。

»»» お名前.comを快適に利用する方法|注意点と悪い点の改善方法

興味のある方はご覧ください。

お名前.com に対する評価

下記リストは、私のお名前.comに対する評価です。

ドメイン費用の安さ  4
料金体係の分かりやすさ  2
サポート体制の充実度  4
ユーザー管理画面の使いやすさ  2

評価理由は、次の記事で説明しています。

»»» 【2022年】おすすめドメイン取得サービス3選|利用時の注意点も紹介


↑ 目次にもどる

おすすめドメイン取得サービス(お名前.com以外)

おすすめドメイン取得サービスを紹介する男性

ここまでの内容を読んで、お名前.comってイマイチだな…と思った方はいませんか?

そのような方には、下記ドメイン取得サービスをおすすめします。

おすすめする理由については、次の記事をご覧ください。

»»» 【2022年】おすすめドメイン取得サービス3選|利用時の注意点も紹介


↑ 目次にもどる

参考:独自ドメインを永久無料で使えるレンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバーは独自ドメインをずっと無料で使えます!

出典:ロリポップ「ドメインずっと無料」

レンタルサーバーのなかには独自ドメインを無料で使えるところがあります。無料で使える期間はレンタルサーバー契約をしている間。ドメイン取得料もタダです。

これからレンタルサーバー契約する方は、上記レンタルサーバーをドメイン取得サービスの選択肢に入れることをお勧めします。

以下、独自ドメインを無料使えるレンタルサーバーです。

私のおすすめは、エックスサーバー、ロリポップ、ConoHa WINGです。理由は、次の記事で解説しています。

»»» 独自ドメイン無料のおすすめレンタルサーバー「プラン」4選【WordPress使用可】

独自ドメインを無料で使うためには手続きが必要

「独自ドメインを無料で使うためには手続きが必要」と教える講師

独自ドメインを無料で使うためには、所定の手続きをする必要があります。詳しくは下記ページをご覧ください。


以上で、当記事は終了です。

こえからドメイン名を決める方は、ぜひ次の記事をご覧ください。

»»» ブログに最適なドメイン名の決め方。稼ぎやすくなる理由を解説

※リンクを貼って紹介していただけると「とても」うれしいです。

タグ:
トップへ戻るボタン