WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

最終更新日:2020年8月18日

お名前ドットコムの悪い評判は本当なのか検証してみた

「お名前.com」の公式サイトのトップページ

»»» お名前.com

お名前.com の評判をインターネット上で調べていると、やらたと評判が悪いことに気づきました。

具体的には、次のような内容です。

  • Whois情報公開代行の設定方法が分かりづらい…
  • 無料だと思っていたWhois情報公開代行の料金が有料だった
  • 2年目以降、ドメイン契約が自動で更新された
  • 毎日大量のメールが送られてくる

これらの情報が本当なのか気になったので、実際に、お名前.comでドメインを取得して検証してみました。

»»» 参考:「お名前.com」 に関する記事をすべて表示する

先に、検証結果を紹介すると次のとおり。

間違い

  • 「Whois情報公開代行」設定がわかりづらい→ 目立つ場所にある

本当

  • 無料だと思っていたWhois情報公開代行の料金が有料だった
    サービスを申し込むタイミングによって料金が異なる
  • 2年目以降、ドメイン契約が自動で更新される
  • 毎日大量のメールが送られくる

当記事は、上記の検証結果を詳しく紹介したものです。

また、お名前.com のサービス内容を改善する方法も、あわせて紹介しています。

1. ドメイン取得時の「Whois情報公開代行」設定がわかりづらい

お名前.com の悪評判の一つ目は、ドメイン取得申し込み画面にある「Whois情報公開代行」のチェックボタンが目立たない場所にある、というものです。

お名前.comのWhois情報公開説明ページ

↑ 出典:お名前.com公式サイト

ちなみに、Whois 情報公開代行は「自分の住所、電話番号などの個人情報をインターネット上に公開しない」ためのサービスです。

Whois 情報公開代行について詳しくは、次の記事で解説しています。

»»» Whois情報公開代行の意味をやさしく説明!ドメイン取得時には忘れずに設定を!

調査結果 = 間違い

悪い評判 1

ドメイン取得申し込み画面にある「Whois情報公開代行」のチェックボタンが目立たない場所にある

悪評判の一つ目は、間違いです。

「Whois情報公開代行」は、ドメイン取得申し込み画面の目立つ場所に表示されています。

その証拠となるのが次の画像です。

お名前.comのドメイン取得申し込画面にある「Whois情報公開代行」のチェックボタンは、意外と目立つ場所にある

上記画像は、私がドメインを取得した際の申し込み画面です(2019年11月9日)。

画像を見ると、「Whois情報公開代行」が初めから有効になっていることが分かるかと思います(青色の矢印部分)。

したがって、お名前.com の悪評判の一つ目は間違いです。

悪い評判 1

ドメイン取得申し込み画面にある「Whois情報公開代行」のチェックボタンが目立たない場所にある

»»» 参考:【初心者OK】お名前.comでの独自ドメイン取得方法を完全解説!


↑ 目次にもどる

2.「Whois情報公開代行」の利用料金が、サービスを申し込むタイミングで違う

ドメイン取得後に「Whois情報公開代行」を申し込むと費用が発生する

お名前.com の悪い評判の二つ目は、「Whois情報公開代行」を申し込むタイミングで、その利用料が違うというものです。

具体的には、次のとおり。

ドメイン取得時に「Whois情報公開代行」を申し込んだ場合(取得と同時)

「Whois情報公開代行」の利用料 … 無料 ※

※ 契約更新後も無料


ドメイン取得後に「Whois情報公開代行」を申し込んだ場合(取得とは別)

Whois情報公開代行」の利用料 … 毎年:980円

調査結果 = 本当

悪評判の二つ目は、本当です。

お名前.com の「Whois情報公開代行」利用料金は、「Whois情報公開代行」を申し込むタイミングによって無料になったり有料になったりします。

このことを証明するのが、下の画像にある青色の矢印部分です。

お名前.com公式サイトにあるWhois料金の説明表

↑ 出典:お名前.com公式サイト

青色の矢印部分の文章は次のとおり

ドメイン新規登録の際、同時登録で「Whois情報公開代行」無料

上記文章を別の言い方にすると、ドメイン取得後に「Whois情報公開代行」を申し込んだ場合は有料、となります。

つまり、分かりやすく表現すると次のようになります。

ドメイン取得時に「Whois情報公開代行」を申し込んだ場合(取得と同時)

「Whois情報公開代行」の利用料 … 無料 ※

※ 契約更新後も無料


ドメイン取得後に「Whois情報公開代行」を申し込んだ場合(取得とは別)

Whois情報公開代行」の利用料 … 毎年:980円

したがって、お名前.comの悪評判の二つ目は本当ということが分かります。

悪い評判 2

ドメインを取得した後に「Whois情報公開代行」を申し込むと費用が発生する

お名前.com でドメインを取得する際は、Whois情報公開の設定を忘れずに!

先述したように、お名前.comの場合、「Whois情報公開代行」を申し込むタイミングでその利用料が変わります。

そのため、「Whois情報公開代行」を申し込むタイミングを間違えると、金銭的に大きな損をしてしまいます。

したがって、お名前.comでドメインを取得する際は、Whois情報公開の設定を忘れずにするようにしましょう。


↑ 目次にもどる

3. 2年目以降、ドメイン契約が自動更新される

ドメインの自動更新のイメージ画像

お名前.com の悪い評判の三つ目は、2年目以降のドメイン契約が自動更新される、というものです。

調査結果 = 本当

悪評判の三つ目は本当です。

お名前.com でドメインを取得すると、初期設定で「ドメイン契約が自動更新される」ようになっています。

そのため、自分で設定変更をしないとドメイン契約が半永久的に継続します。

原因は「ドメイン自動更新」サービス

お名前.comでドメイン契約が自動更新される原因は、「ドメイン自動更新」サービスが初期設定で有効になっているからです。

お名前.com Naviにある「ドメイン更新設定」メニューのアイコン

ちなみに、ドメイン自動更新サービスとは、携帯電話の契約が自動更新される仕組みと同じようなものです。
契約期間が終了しそうになると、自動で次の契約をスタートしてくれます。

「ドメイン自動更新」サービスについて詳しくは、次の記事をご覧ください。

»»»ドメインの自動更新とは?契約する際の注意点も紹介

契約更新をしない場合は「ドメイン自動更新」を無効にする

お名前.com Navi の「ドメイン自動更新設定 完了」ページ

ドメイン契約を更新しない場合は、「ドメイン自動更新」サービスの設定を「有効」から「無効」にする必要があります。

「ドメイン自動更新」サービスの設定変更は、ユーザー管理画面を使用して自分で行います。詳しい手順については、次の記事をご覧ください。

»»»お名前.comでドメイン契約が自動更新されるのを防ぐ方法

ドメインを継続して使用する人にとっては良いサービス

ちなみに、「ドメイン自動更新」サービスは、ドメインを長期で使用する人にとっては良いサービスです。

なぜかというと、ドメイン契約が失効するのを防いでくれるからです。

評判が悪いのは「契約更新」の事前通知がないのが原因?

ドメイン契約が勝手に更新された!

と評判が悪いのは、おそらく次のどちらかが原因です。

  • お名前.comからの事前通知がない
  • ユーザーが、お名前.comからの事前通知メールを確認していない

どちらが正しいかは分かりません。なぜかというと、私がドメイン自動更新サービスを利用していないからです。

仮に「お名前.comからの事前通知がない」のが原因だとすると、ヒドイ会社だとは思います…。


↑ 目次にもどる

4. 毎日大量のメールが送られてくる

毎日大量のメールが送られてくる

お名前.com の悪い評判の四つ目は、毎日のように大量の営業メールが送られてくる、というものです。

調査結果 = 本当

悪評判の4つ目は本当です。

お名前.com で ドメインを取得すると、毎日10件ほど営業メールが送られてきます。

その証拠となるのが次の画像です。

お名前ドットコムから1日のうちに送られくるメールの一覧リスト

これは、私がドメインを取得した後に、お名前.com から送られてきた 1日分のメールです。

メールの件数は合計10件で、契約に関するものは 1件のみ。その他 9件は、すべてドメインの新規取得をすすめる営業メールです。

お名前.comでドメインを取得すると、このような大量の営業メールが毎日のように送られてきます。

営業メールを止める方法

ユーザー管理画面にある「ドメインニュース配信」の設定を「配信なし」に変更すると、お名前.com から送られてくる営業メールを止めることができます。

詳しい手順について知りたい方は、次の記事をご覧ください。

»»» お名前ドットコムからのメールが「うざい」時の解決方法


↑ 目次にもどる

評判以外で気になった点:Whois情報公開代行の「無料キャンペーン」はいつまで?

質問:無料キャンペーンが適用されている場合、いつまで継続して適用されるのか?。 回答:当キャンペーンが継続する限り無料提供は適応されます

※ドメイン登録と同時にWhois情報公開代行サービスをお申込みいただき、無料キャンペーンが適用されているドメインは、Whois情報公開代行サービス料金は発生いたしません。

インターネット上の評判ではありませんが、お名前.com の「Whois情報公開代行」について個人的に気になっていることがあります。

それは、Whois情報公開代行 の「無料キャンペーン」についてです。

具体的には、この「無料キャンペーン」という言葉に、私は次のような疑問と不安を持っています。

  • 無料キャンペーンは、いつまで続くの?
  • 無料キャンペーンが終了した場合、すでに取得したドメインのWhois情報公開代行サービスの利用料はどうなるのか。無料から有料に変わるのか?

そして、ある日突然、「Whois情報公開代行を有料にします」というのは勘弁してほしいと思っています。

サポートセンターに問い合わせたが解決せず

先ほど紹介した 2つの疑問を解決すべく、お名前.com のサポートセンターに問い合わせた際の回答が下記の画像です。(2020年6月11日に届いた回答メール)。

質問:無料キャンペーンが適用されている場合、いつまで継続して適用されるのか?。 回答:当キャンペーンが継続する限り無料提供は適応されます

上記メールを見ると分かるように、「無料キャンペーン」に対する疑問を解決してくれる回答は得られませんでした。

もう一度質問すべきかは、現在検討中です。

無料キャンペーンが終了したらドメイン移管

私としては、Whois情報公開代行の無料キャンペーンが終了した時点で、取得済みのドメインを別のドメイン管理会社へ移管しようと考えています。

ドメイン移管 … ドメインの管理を「別のドメイン管理会社」にすること

例:お名前.com → ムームードメイン

ドメインの移管について詳しく知りたい方は、「ドメイン移管料 = 引っ越し費用」をご覧ください。


↑ 目次にもどる

まとめ

今回、インターネット上の評判を調査した結果は次のとおり。

間違い

  • 「Whois情報公開代行」設定がわかりづらい→ 目立つ場所にある

本当

  • 無料だと思っていたWhois情報公開代行の料金が有料だった
    サービスを申し込むタイミングによって料金が異なる
  • 2年目以降、ドメイン契約が自動で更新される
  • 毎日大量のメールが送られくる

そして、インターネット上の評判ではありませんが、私が個人的に気になっている点が次のことです。

Whois情報公開代行サービスの無料キャンペーンについて

  • 無料キャンペーンは、いつまで続くのか?
  • 無料キャンペーンが終了した場合、すでに取得したドメインのWhois情報公開代行サービスの利用料はどうなるのか。無料から有料に変わるのか?

下記、お名前.com公式サイトにある「無料キャンペーン」の記述。

※ドメイン登録と同時にWhois情報公開代行サービスをお申込みいただき、無料キャンペーンが適用されているドメインは、Whois情報公開代行サービス料金は発生いたしません。

以上で当記事の内容は終了です。

ドメイン管理会社の比較記事やおすすめを知りたい方は、次の記事をご覧ください。

»»» 「お名前.com」 に関する記事をすべて表示する

— スポンサーリンク— 

— — —

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

タグ:

これからブログを始めたい人にオススメの記事

トップへ戻るボタン