WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開:2020年5月31日 / 更新:2020年11月3日

【初心者向け】独自ドメインを取得する5つのメリットを徹底解説!

独自ドメインを取得するメリット・デメリット

ドメインについて次のような疑問を持ったことはありませんか?

無料で使えるドメインがあるのに、なぜ、「わざわざ」お金を払って独自ドメインを使用している人が多いのだろう?

当記事は、そのような方向けに、独自ドメインのメリットをイラストや具体例を使って分かりやすく説明したものです。

当記事を読めば、きっと、あなたも独自ドメインを取得したくなるはずです。

独自ドメインを取得する5つのメリット

独自ドメインを取得するメリットは以下の 5つです。

  • 信頼されやすい
  • 独自のメールアドレスが使用できる
  • ホームページを常時SSL(HTTPS)化できる
  • 同じドメイン名を使い続けることができる
  • SEO対策に有利

それぞれの内容について順番に説明していきます。



メリット 1:信頼されやすい

独自ドメインを取得する一つ目のメリットは、ドメイン名を見た人に「信頼されやすい」ことです。

特に、「アマゾン」や「楽天」といった誰もが知っている有名ウェブサイトと同じドメインを使用すると、信頼されやすくなります。

具体的には以下のとおり。

Aさん:このウェブサイトから商品を買ったことある?

Bさん:ないよ。はじめて聞くウェブサイト名だね。

Aさん:個人情報とか入力して大丈夫かな? 詐欺とか不安だな…

Bさん:ドメインを見ると「.co.jp」だね。

アマゾンと楽天のドメインも「.co.jp」だから、それなりに信頼できるウェブサイトじゃないかな?

Aさん:そうかあ。それなら信頼できそうだね。よし、注文しよう。

このように、誰もが知っている有名ウェブサイトと同じドメインを使用すれば、ドメイン名を見たユーザーに「信頼されやすく」なります。

これが、独自ドメインを取得する一つ目のメリットです。

無料ドメインを使用するデメリット

 ウェブサイトのイメージと結びつかないドメイン名にすると、ユーザーに「危険なサイト」「詐欺サイト」ではないかと警戒させてしまう

独自ドメインに対して無料ドメインを使用すると、ドメイン名を見たユーザーが次のような悪い印象を持つことがあります。

  • 詐欺サイト?
  • 経営が苦しい会社なのかな?

上記のような印象を持たれると、通販サイトならば「売り上げ」が、会社のホームページならば「お問い合わせ」が減少します。

したがって、無料ドメインは使用するべきではありません。

»»» 無料ドメイン(共有ドメイン)のメリット・デメリット

「無料ドメインかどうか」はすぐ分かる

ちなみに、ドメインに関する知識が少しある人ならば「無料ドメインを使っているかどうか」をすぐに見分けることが出来ます。

無料ドメインの特徴について詳しくは、次の記事をご覧ください。

»»»共有ドメインは複数人で使うドメイン(無料)


以上で、独自ドメインを取得する一つ目のメリット「信頼されやすい」の説明は終了です。

↑ 目次にもどる

メリット 2:独自のメールアドレスが使用できる

メリット 2:独自のメールアドレスが使用できる

独自ドメインを取得する二つ目のメリットは、独自のメールアドレスが使用できることです。

具体的には、次のようなメールアドレスです。

独自のメールアドレス

〇〇@tk-create.com


「tk-create.com」という独自ドメインを使用したメールアドレス

独自のメールアドレスを使用できることが、なぜメリットなのかというと、次のような利点があるからです。

  • 信頼されやすい
  • 同じメールアドレスを使い続けることができる

独自メールアドレスの利点:信頼されやすい

独自メールアドレスの一つ目の利点は、Gmail や Yahooメール などの無料メールアドレスよりも「信頼されやすい」ということです。

信頼されやすい理由は、以下のとおり。

  1. 独自ドメインを購入する必要がある = ドメイン事業者に契約者情報がある
  2. 上記のことから、架空の会社ではない可能性が高いと考える人がいる

したがって、独自メールアドレスは、無料メールアドレスよりも「信頼されやすい」という訳です。

これが、独自メールアドレスの一つ目の利点です。

独自メールアドレスの利点:同じメールアドレスを使い続けることができる

独自メールアドレスの二つ目の利点は、独自ドメインを取得している限り、同じメールアドレスを使い続けることができる点です。

これに対して、下記二つは、サービス会社を変更するとメールアドレスが使用できなくなります。

  • プロバイダの無料メールアドレス
  • レンタルサーバーの無料メールアドレス

プロバイダ … 「ocn」などのインターネット接続事業者のこと

メールアドレスを途中で変更すると、次のような作業が必要になります。

  • 既存客へのメールアドレス変更のお知らせ
  • 名刺・パンフレットなどの印刷物の差し替え

このような作業をすると、無駄な労力やコストが必要になります。
さらにいうと、既存客へ与えるイメージも良くありません。

したがって、メールアドレスは同じものを使用し続けるべきです。

独自ドメインを使用した独自メールアドレスならば、それが可能です。
これが、独自メールアドレスの二つめの利点です。


以上で、独自ドメインを取得する二つ目のメリット「独自のメールアドレスが使用できる」は終了です。

↑ 目次にもどる

メリット 3:ホームページを常時SSL(HTTPS)化できる

無料で常時 HTTPS化できるレンタルサーバーがおすすめ

出典:ロリポップ!レンタルサーバー

独自ドメインを取得する三つ目のメリットは、ホームページを常時SSL(HTTPS)化できることです。

しかも、レンタルサーバー会社によっては「無料」です。

ちなみに、常時SSL(HTTPS)化をものすごく簡単に説明すると、通信データを暗号化してホームページの閲覧者を「盗聴」などの被害から守るための技術です。

»»» 参考:HTTPS(SSL)とは?

ホームページの常時SSL(HTTPS)化がメリットになる理由

ホームページの常時SSL(HTTPS)化がメリットになる理由は、以下のとおりです。

  • 検索順位アップにつながる
  • ホームページからユーザーが離脱する確率を減らす

検索順位アップにつながる

Googleは、ホームページが常時SSL(HTTPS)化されているかどうかを、検索順位を決める際の判断材料にしています。

具体的には、常時SSL(HTTPS)化されているホームページの方が、常時SSL化されていないホームページよりも検索順位が高くなります。

したがって、ホームページの常時SSL(HTTPS)化は、ホームページを運営する上で大きなメリットになります。

下記が、検索順位アップにつながるという根拠です。

HTTPS をランキング シグナルに使用します

(前略)すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています(後略)

(前略)検索順位に与える影響として、グローバルでクエリの 1% 未満にしか影響しませんが、これから長い期間をかけて強化していきます(後略)

»»» 参考:HTTPS化がSEO(検索順位)に与える影響


ホームページからユーザーが離脱する確率を減らす

常時SSL(HTTPS)化されていないホームページをウェブブラウザで表示すると、下画像のようにURLの左側に「保護されていない通信」と表示されます。

HTTPS化されていないホームページを、Google Chromeで表示したパソコン画面のスクリーンショット画像

上記のように表示されると、不安な気持ちになりホームページから離脱するユーザーがいます。

それに対して、常時SSL(HTTPS)化されたホームページをウェブブラウザで表示すると、下画像のようにURLの左側に鍵(カギ)マークがつきます。

HTTPS化されているホームページを、Google Chromeで表示したパソコン画面のスクリーンショット画像

このように表示されれば、ホームページのURLをみて不安になる人はいないはずです。
したがって、ホームページからのユーザー離脱率を減らすことができるという訳です。

以上が、ホームページの常時SSL(HTTPS)化がメリットになる理由です。


以上で、独自ドメインを取得する三つ目のメリット「ホームページの常時SSL(HTTPS)化ができる」の説明は終了です。

↑ 目次にもどる

メリット 4:同じドメイン名を使い続けることができる

独自ドメインを取得するメリットの四つ目は、同じドメイン名を使い続けることができることです。

同じドメインを使い続けることが出来ると、次のような作業が不要です。

  • 既存客へドメイン名のお知らせ
  • 名刺・パンフレットなどの印刷物の差し替え
  • SEOツールの設定変更
  • ドメイン変更用のSEO対策

また、ホームページの検索順位という(SEOの)観点からも、同じドメインを使い続けた方が有利です。

なぜかというと、ホームページのドメインを途中で変更すると検索順位が下がるからです(詳しくは以下の記事で説明)。

»»» 同じドメインを使い続けた方がSEO対策で有利

以上が、独自ドメインを取得する四つ目のメリットです。

参考:共有(無料)ドメインは使い続けられる保証がない

ちなみに、独自ドメインに対して下記共有(無料)ドメインは、同じドメインを使い続けられるという保証がありません。

  • プロバイダの無料ドメイン
  • レンタルサーバーの無料ドメイン
  • ブログサービスの無料ドメイン

プロバイダ … 「ocn」などのインターネット接続事業者のこと

ブログサービス … アメブロ、はてなブログなど

なぜかというと、共有ドメインの所有権は他人にあるからです。

例えば、次のような理由で、突然ドメインを使用できなくなる可能性があります。

  • ドメインの所有者が、共有ドメインを売却
  • 高額な使用料を要求された
  • コンテンツの内容がふさわしくない、という利用で使用拒否された

「はてなブログ」などで時々あります。

»»»共有ドメインは複数人で使うドメイン(無料)


以上で、メリット 4:同じドメイン名を使い続けることができる、は終了です。

↑ 目次にもどる

メリット 5:SEO対策に有利

無料ドメインを使用すると検索結果に表示されない場合がある

独自ドメインを取得するメリットの五つ目は、SEO対策に有利なことです。

なぜ、SEO対策に有利かというと、独自ドメインには以下の特徴があるからです。

  • ドメイン内に、ライバルとなるウェブサイトが存在しない
  • 同じドメインを使い続けることができる(先ほども紹介

上記内容については、別の記事で詳しく解説しています。
下記リンクよりご覧ください。

»»» :独自ドメインを取得するメリットをSEO対策の観点から徹底解説!


以上で、「独自ドメインを取得する五つ目のメリット:SEO対策に有利」は終了です。

また、独自ドメインを取得するメリットの説明もこれで終了です。

↑ 目次にもどる

参考:Google アドセンスの参加条件は独自ドメイン

Google AdSense(アドセンス)のロゴマーク

ちなみにですが、Google AdSense(アドセンス)の参加条件は、独自ドメインを使用しているホームページ(ブログ)です。

その証拠となるのが、下の画像です。

Googleアドセンスの申し込み画面

出典:Google アドセンス申し込み画面

したがって、Google AdSense(アドセンス)を使用してブログの収益化を考えている方は、必ず独自ドメインを取得する必要があります。

Google アドセンスとアフィリエイトの「ドメインに関する参加条件」について詳しくは、次の記事をご覧ください。

»»» Googleアドセンスとアフィリエイトの【ドメイン】に関する参加条件を紹介

以上で、「参考:Google アドセンスの参加条件は独自ドメイン」は終了です。

↑ 目次にもどる

独自ドメインを取得するデメリット【2つ】

最後に、参考として、独自ドメインを取得するデメリットについて紹介します。

それは、以下の二つです。

  • 費用がかかる:年間1,500円程度
  • 初期設定が必要 ← :ネームサーバー・レンタルサーバーの設定

それぞれの内容について順番に説明していきます。

1. 費用がかかる:年間1,500円程度

独自ドメインの 1つ目のデメリットは、費用がかかること

独自ドメインを取得する 一つ目のデメリットは、費用がかかることです。

具体的には、次の費用が必要になります。

  • ドメイン取得料(ドメイン登録料)
  • ドメイン更新料金
  • Whois情報公開代行の利用料

これが、独自ドメインを取得する一つ目のデメリットです。

金額は、ドメイン種類やドメイン事業者によって違う

金額は「.com」「.jp」などの種類やドメイン事業者によって異なりますが、ドメイン取得料とドメイン更新料ともに、安いものだと年間 1,500円ほどです。

独自ドメインの費用について詳しくは、次の記事をご覧ください。

2. 初期設定が必要:ネームサーバーとレンタルサーバーの設定

ドメイン取得後は、ネームサーバーとレンタルサーバーの設定が必要

独自ドメインを取得する二つ目のデメリットは、初期設定が必要な点です。

具体的には、ネームサーバーとレンタルサーバーを関連づける作業が必要になります。

独自ドメインを使用するために必要な初期設定については別の記事にまとめています。下記リンクよりご覧ください。

以上で、独自ドメインを取得するデメリット【2つ】は終了です。




↑ 目次にもどる

まとめ

独自ドメインを取得するメリットは以下のとおり。

  • 信頼されやすい
  • 独自のメールアドレスが使用できる
  • ホームページを常時SSL(HTTPS)化できる
  • 同じドメイン名を使い続けることができる
  • SEO対策に有利

そして、独自ドメインを取得するデメリットは以下のとおりです。

デメリット

  • 費用がかかる … 年間 1,500円 〜
  • 初期設定が必要 ← :ネームサーバー・レンタルサーバーの設定

上記をみると、独自ドメインはデメリットよりもメリットの方が圧倒的に多いことが分かると思います。

したがって「ホームページやブログに力を入れたい」という方には、独自ドメインを使用することをおすすめします。

独自ドメインの取得方法について詳しくは、次の記事をご覧ください。

»»» 【初心者向け】独自ドメインの取得方法を徹底解説!

以上で、当記事の内容は終了です。

当記事を読んで、ブログやホームページを始める人が増えたら嬉しいです。

おすすめ記事

ドメイン取得に必要な知識をまとめた記事もありますので、良ければご覧ください。

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

タグ:

これからブログを始めたい人にオススメの記事

トップへ戻るボタン