WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開日:2020年5月31日

有料(独自)ドメインのメリット・デメリット

ドメインを無料で貸してくれるサービスを紹介

当記事は、有料(独自)ドメインのメリットとデメリットについて紹介したものです。

ブログやホームページを始めたいけれど、無料ドメインにするか有料ドメインにするか迷っている… という方は結構多いと思います。

おそらく、その原因は「無料ドメインと有料ドメインそれぞれのメリットとデメリット」がいまいち分からないことではないでしょうか?

当記事を読めば「有料(独自)ドメインのメリットとデメリット」をすっきりと理解することが出来ます。

有料(独自)ドメインのメリット・デメリット

有料(独自)ドメインのメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット

  • 悪い印象を持たれない
  • 同じドメインを「ずっと」使用できる
  • 検索結果での表示において「ドメインによる悪影響」を受けない
  • サービス(会社)を選択できる

デメリット

  • 費用がかかる
  • 初期設定が必要 ← 人によって異なる

上記の内容について「メリット」「デメリット」の順番で詳しく説明していきます。

有料(独自)ドメインのメリットは【4つ】

先述したように、有料(独自)ドメインのメリットは次の四つです。

  • 悪い印象を持たれない
  • 同じドメインを「ずっと」使用できる
  • 検索結果での表示において「ドメインによる悪影響」を受けない
  • サービス(会社)を選択できる

それぞれについて順番に説明します。

1. 悪い印象を持たれない

無料ドメインを使用していると「この会社の経営状況は大丈夫かな?」とか「詐欺サイトじゃないかな?」などの悪い印象を持たれることがあります。

そのようなことが無いのが、有料ドメインの一つ目のメリットです。

参考リンク:無料ドメインのメリット・デメリット

2. 同じドメインをずっと使用できる

二つ目のメリットは、同じドメインを「ずっと」使用できることです。

なぜ「同じドメインを使用し続けること」がメリットになるかというと、ドメイン変更をすると次のようなデメリットがあるからです。

  • 検索順位が下がる(SEOで対応可能)
  • 名刺やポスターなど印刷物の修正

有料(独自)ドメインの場合は、ドメイン契約を更新し続ける限り同じドメインをずっと使い続けることができます。

したがって、ドメイン変更のデメリットを受けることがありません。これが、有料ドメインの二つ目のメリットです。

3. 検索結果で「ドメインによる悪影響」を受けない

無料ドメインを使用すると検索結果に表示されない場合がある

三つ目のメリットは、検索結果でのウェブサイト表示において「ドメインによる悪影響」を受けないことです。

具体的には、下記 Google のルールに該当して「ウェブサイトが表示されないという状況」を防ぐことが出来ます。

Google のルール

検索結果には「同じドメインから 2件しかウェブページを表示しない(参考情報

有料(独自)ドメインは自分専用ドメインです。

自分が使用するドメインに「同じテーマのウェブサイトを 2つ以上作る」ことなど普通はしません。たとえば、次のようなことは絶対にしないはずです。

①「tk-create.com」に「ブログの始め方」を紹介するウェブサイトを作成

「tk-create.com」のサブドメイン「sub.tk-create.com」に、もう一つ「ブログの始め方」を紹介するウェブサイトを作成 ← 同じドメインに同じテーマが 2つ!

したがって、有料(独自)ドメインの場合は「先述したGoogleのルールに該当して検索結果に表示されない」ということが、ありません。

これが、有料(独自)ドメインの三つ目のメリットです。

4. サービス(会社)を選択できる

四つ目のメリットは、「ブログ」や「レンタルサーバー」を選択できることです。

有料(独自)ドメインの場合は、サービスを変更しても「今まで使用していたドメイン」をそのまま使うことができます。

そのため、サービス内容や料金に満足していない場合は「いつでも」別のサービスに変更することができます。

これが、有料(独自)ドメインの四つ目のメリットです。

有料ドメインのデメリット【2つ】

有料ドメインのデメリットは次の二つです。

  • 費用がかかる
  • 初期設定が必要 ← デメリットになるかは人によって異なる

それぞれについて説明していきます。

1. 費用がかかる

一つ目のデメリットは費用がかかることです。

具体的には、有料ドメインを利用する場合は次の2つの費用が必要になります。

  • ドメイン取得費 … 取得する際に一度だけ支払う
  • 利用料 … 年間〇〇円と決まっており毎年必要

これに対して、ほとんどの無料ドメインは一切費用がかかりません。

これが有料ドメインの一つ目のデメリットです。

2. ドメインに関する設定が必要

二つ目のデメリットは、ドメインを使うための初期設定が必要な点です。

具体的には、ネームサーバー(DNS)の設定を自分で行う必要があります。

「パソコンが苦手」な人にとって、このドメインを使うための初期設定は大きな負担です。これが、有料ドメインの二つ目のデメリットです。

設定することがデメリットになるかは人によって異なる

ドメインに関する設定は「設定をするのが苦ではない」という人にとっては、デメリットにはなりません。

むしろ、次のような人にとっては「自分でドメインに関する設定をする」ことはメリットになります。

  • ホームページ制作の勉強がしたい人
  • サブドメインをいたい人

したがって「ドメインに関する設定が必要」がデメリットになるかどうかは人によって異なります。

まとめ

有料(独自)ドメインのメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット

  • 悪い印象を持たれない
  • 同じドメインを「ずっと」使用できる
  • 検索結果での表示において「ドメインによる悪影響」を受けない
  • サービス(会社)を選択できる

デメリット

  • 費用がかかる
  • 初期設定が必要 ← 人によって異なる

上記をみると、有料ドメインはデメリットよりもメリットの方が圧倒的に多いことが分かると思います。

また、有料ドメインのデメリットは実質「費用がかかる」という一点だけです。

したがって「ホームページやブログに力を入れたい」という方で金銭的に余裕がある方には、有料ドメインを使用することをおすすめします。


以上で、当記事の内容は終了です。

当記事を読んで、ブログやホームページを始める人が増えたら嬉しいです。

タグ:

【初心者向け】まとめ記事

SEOまとめ記事

トップへ戻るボタン