WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開:2020年5月31日 / 更新:2020年9月10日

独自ドメインのメリット・デメリット

ドメインを無料で貸してくれるサービスを紹介

当記事は、独自ドメインのメリットとデメリットについて分かりやすく説明したものです。

専門用語をできるだけ使用せずに説明していますので、ドメインについて詳しくないという方でも安心して読み進めることができます。

ただし、「独自ドメイン」という言葉の意味が分からない…という方は、当記事の前に次の記事をご覧ください。

»»» 独自ドメインとは?

それでは、独自ドメインのメリットとデメリットについて紹介していきます。

»»» 関連記事:共有ドメインとは?

独自ドメインのメリット・デメリット

独自ドメインのメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット

  • 悪い印象を持たれない
  • 信頼感および安心感を与えることができる
  • 他のウェブサイトの影響を受けない【SEO対策に有利】
  • 同じドメインを使い続けることができる【SEO対策に有利】
  • サービスを選択できる:変更後も同じドメインが使用できる

デメリット

  • 費用がかかる
  • 初期設定が必要 ← :ネームサーバー・レンタルサーバーの設定

上記の内容について「メリット」「デメリット」の順番で詳しく説明していきます。

独自ドメインのメリット【5つ】

先述したように、独自ドメインのメリットは次の 5つです。

  • 悪い印象を持たれない
  • 信頼感および安心感を与えることができる
  • 他のウェブサイトの影響を受けない【SEO対策に有利】
  • 同じドメインを使い続けることができる【SEO対策に有利】
  • サービスを選択できる:変更後も同じドメインが使用できる

それぞれについて順番に説明します。

1. 悪い印象を持たれない

 ウェブサイトのイメージと結びつかないドメイン名にすると、ユーザーに「危険なサイト」「詐欺サイト」ではないかと警戒させてしまう

独自ドメインの 1つ目のメリットは、ドメインを見た人に「悪い印象を持たれない」ことです。

具体的には、次のような悪い印象を持たれることがありません、

無料で借りることができる共有ドメインを使っているなんて、この会社の経営状況は大丈夫かな?

»»»共有ドメインとは?

これが、独自ドメインの 1つ目のメリットです。

ドメインを見る機会

  • ホームページのURL
  • SNSのプロフィール
  • 名刺やポスターなど印刷物L

2. 信頼感および安心感を与えることができる

独自ドメインの 2つ目のメリットは、ドメインを見た人に「信頼感および安心感を与えることができる」点です。

もう少しいうと、有名ウェブサイトと同じドメインを使用すれば「ドメインを見たユーザーに信頼感および安心感を与える」ことができます。

具体的には次のとおり。

具体例

Aさん:このウェブサイトから商品を買ったことある?

Bさん:ないよ。はじめて聞くウェブサイト名だね。

Aさん:個人情報とか入力して大丈夫かな? 詐欺とか不安だな…

Bさん:ドメインを見ると「.co.jp」だね。アマゾンと楽天のドメインも「.co.jp」だから、それなりに信頼できるウェブサイトじゃないかな?

Aさん:そうかあ。それなら信頼できそうだね。注文してみようかな。

具体例のように、有名ウェブサイトと同じドメインを使用すれば「ドメインを見たユーザーに信頼感および安心感を与える」ことができます。

これが、独自ドメインの 2つ目のメリットです。

3. 他のウェブサイトの影響を受けない【SEO対策に有利】

無料ドメインを使用すると検索結果に表示されない場合がある

独自ドメインの 3つ目のメリットは、SEO対策に有利なことです。

なぜかというと、Google の下記ルールに該当して「検索結果にホームページが表示されない状況」を防ぐことが出来るからです。

Google のルール

検索結果には「同じドメインから 2件しかウェブページを表示しない」


参考サイト:海外SEO情報ブログ

独自ドメインに対して共有ドメインは、上記ルールに該当してホームページが検索結果に表示されないことがあります。

したがって、共有ドメインよりも独自ドメインを使用した方が SEO対策に有利、というわけです。

これが、独自ドメインの三つ目のメリットです。

独自ドメインを使用すると、かならず検索結果にホームページが表示される理由

独自ドメインを使用すると、かならず検索結果にホームページが表示されます。

なぜかというと、独自ドメインの中には自分のウェブページしかないからです。

独自ドメイン = 自分専用ドメイン

→ ドメイン内にあるウェブページはすべて自分のもの

したがって、独自ドメインを使用すれば Google の下記ルールに該当して「ホームページが表示されない」ということは、ありません。

Google のルール

検索結果には「同じドメインから 2件しかウェブページを表示しない」

※ ホームページの内容が悪い場合は表示されない(質が低い、ペナルティの対象)

「他のウェブサイトの影響を受けない」について、さらに詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

»»»独自ドメインがSEO対策に有利な理由を徹底解説!

4. 同じドメインを使い続けることができる【SEO対策に有利】

独自ドメインの 4つ目のメリットは、同じドメインを使い続けることができる点です。

なぜ、同じドメインを使い続けることができる点がメリットなのかというと、「ドメイン変更によってホームページの検索順位が下がる」のを防ぐことができるからです。

ドメインを変更するとホームページの検索順位が下がる理由

ドメインを変更するとホームページの検索順位が下がる理由は、検索エンジンからのホームページに対する評価がリセットされてゼロになるからです。

具体的には、下記項目の評価がリセットされてゼロになります。

検索エンジンのホームページに対する評価項目

  • ホームページの運用履歴
  • 被リンク(外部リンク)の数

»»» 被リンクとは?SEO効果はある?

そのため、ドメインを変更するとホームページの検索順位が下がります。

「同じドメインを使い続けることができる」重要性について、さらに詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

»»» 独自ドメインがSEO対策に有利な理由を徹底解説!

5. サービスを選択できる:変更後も同じドメインが使用できる

アメーバブログ(アメブロ)の公式サイト

独自ドメインの 5つ目のメリットは、同じドメインを使用したまま「ブログ」や「レンタルサーバー」などのサービスを選択(変更)できる点です。

ブログサービス … はてなブログ、アメブロ、FC2ブログなど

先述したように、SEO対策を効率的に進めるためには同じドメインを使用し続ける必要があります。

したがって、同じドメインを使用したまま「ブログサービス」や「レンタルサーバー」を選択(変更)できる点は、独自ドメインのメリットであると言えます。

共有ドメインは、サービスを変更すると使用できなくなる

独自ドメインに対して共有ドメインは、サービスを変更するとドメインが使用できなくなります。

具体例

  • 「ロリポップ」で使用していた共有ドメインを「さくら」で使う ←不可
  • 「さくら」で使用していた共有ドメインを「ロリポップ」で使う ←不可

  • 「アメブロ」で使用していた共有ドメインを「FC2」で使う ←不可
  • 「FC2」で使用していた共有ドメインを「アメブロ」で使う ←不可

なぜかというと、共有ドメインの所有権は他人(サービス運営者)にあるからです。

そのため、同じ共有ドメインを使い続けたい場合は、現在使用しているサービスに「不満があっても」使い続けこることになります。

独自ドメインのデメリット【2つ】

有料ドメインのデメリットは次の二つです。

  • 費用がかかる
  • 初期設定が必要 ← :ネームサーバー・レンタルサーバーの設定

それぞれについて説明していきます。

1. 費用がかかる

独自ドメインの 1つ目のデメリットは、費用がかかること

独自ドメインの 1つ目のデメリットは、費用がかかることです。

具体的には、次の費用が必要になります。

  • ドメイン取得料(ドメイン登録料)
  • ドメイン更新料金
  • Whois情報公開代行の利用料

金額は「.com」「.jp」などの種類やドメイン管理会社によって異なりますが、安いものだと年間 1,500円ほどです。

独自ドメインの費用について詳しくは、次の記事をご覧ください。

2. 初期設定が必要:ネームサーバーとレンタルサーバーの設定

ドメイン取得後は、ネームサーバーとレンタルサーバーの設定が必要

独自ドメインの 2つ目のデメリットは、初期設定が必要な点です。

具体的には、ネームサーバーとレンタルサーバーを関連づける作業が必要になります。

独自ドメインを使用するために必要な初期設定については別の記事にまとめています。下記リンクよりご覧ください。

まとめ

独自ドメインのメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット

  • 悪い印象を持たれない
  • 信頼感および安心感を与えることができる
  • 他のウェブサイトの影響を受けない【SEO対策に有利】
  • 同じドメインを使い続けることができる【SEO対策に有利】
  • サービスを選択できる:変更後も同じドメインが使用できる

デメリット

  • 費用がかかる
  • 初期設定が必要 ← :ネームサーバー・レンタルサーバーの設定

上記をみると、独自ドメインはデメリットよりもメリットの方が圧倒的に多いことが分かると思います。

したがって「ホームページやブログに力を入れたい」という方には、独自ドメインを使用することをおすすめします。

独自ドメインの取得方法については、次の記事で詳しく説明しています。

»»» 【初心者向け】ドメインの取得方法を徹底解説!失敗しないためのポイントも紹介


以上で、当記事の内容は終了です。

当記事を読んで、ブログやホームページを始める人が増えたら嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

— — —

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

タグ:

これからブログを始めたい人にオススメの記事

トップへ戻るボタン