WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開:2020年6月 2日 / 更新:公開:2020年10月26日

ドメイン名を決める時の3つのポイント

どんなドメイン名にするか迷っている…という方は多いかと思います。

私もドメイン名を決めるときは、かなり悩みます。
なぜかというと、ドメイン名を途中で変更するのは色々なデメリットがあるからです。

しかし、私の場合は「ドメイン名で大失敗した!」ということは、ありません。
なぜなら、ドメイン名を決めるときに守るべきポイントを知っているからです。

当記事は、そのドメイン名を決めるときに守るべきポイントを紹介したものです。
ドメイン名に迷っているという方は、当記事をぜひご覧ください。

「危険なサイト」「詐欺サイト」ではないかと警戒させてしまう

なお、当記事で紹介するのは、上画像の赤線(yahoo)部分です。

ドメイン末尾(上の画像 .co.jp 部分)を選ぶときのポイントについては、次の記事で解説しています。

»»»ドメイン種類の選び方を徹底解説!おすすめのドメインも紹介

ドメイン名を決めるときの 3つのポイント

ドメイン名を決める時のポイントは次の3つです。

  1. 「ウェブサイトのイメージと結びつくもの」にする
  2. 「短くて覚えやすいもの」にする
  3. 「日本語ドメイン」は使用しない

それぞれの内容について詳しくしていきます。

1. ホームページの内容と結びつくものにする

ドメイン名を決めるときの一つ目のポイントは、ホームページの内容と結びつくものにすることです。

もう少し言うと「このホームページだから、このドメイン名なのか」と見た人が納得するようなドメイン名にすることです。

たとえば、次のような感じです。

「西田花店」のドメイン(フラワーショップ)

nishida-flower.com


nishida … 西田、flower … 花

ちなみに、上記パターン以外にも「ドメイン名をサイト名と同じにする」という方法があります。詳しい説明については、後述しています。

»»» 「おすすめの方法:サイト名をドメイン名にする」に移動する

理由はユーザーに「違和感」を与えないため

「危険なサイト」「詐欺サイト」ではないかと警戒させてしまう

ドメイン名をホームページの内容と結びつくものにする理由は、

  • ホームページの閲覧者
  • Googleなどの検索結果を見たユーザー
  • 名刺などの印刷物を見た人

に、違和感を与えないためです。

なぜ、違和感を与えないようにする必要があるかというと、

  • 危険および怪しいサイトと疑われる
  • センスがないと思われる
  • 上記2つが原因で「お問い合わせ・売り上げ」が上がらない

のを防ぐためです。

ちなみに、ここでいう危険および怪しいサイトとは以下のようなものです。

  • 通販サイト … 商品を送ってこない、商品が偽物
  • コンピュータウイルスに感染するサイト
  • 悪用する目的で個人情報を集めているサイト

違和感を与えるドメイン名とは

ユーザーに違和感を与えるドメイン名の具体例を紹介すると、以下のとおり。

pink.com

0312345678.com

上記のドメインをみて、「なに、コレ?」と感じませんか。

それだけならまだマシです。私ならば「危険なサイト」もしくは「怪しいサイト」ではないかと疑ってしまいます。

ちなみに、上記ドメインにも意味があります。それは、以下のものです。

pink.com ← 店主の好きな色

0312345678.com ← 店の電話番号

ただ、上記の意味がわかるのは、ごく少数です。
したがって、このようなドメイン名にするべきではありません。

ポイント…「自分もしくは一部の人にしか分からないドメイン名にしない」


以上で、ドメイン名はホームページの内容と結びつくものにする、は終了です。

↑ 目次にもどる

2. 短くて覚えやすいものにする

ドメイン名を決めるときの二つ目のポイントは、できるだけ短くて覚えやすいものすることです。

その理由は次の2つです。

  • 入力する人にストレスを与えない
  • 見た目がスッキリとして良い印象を与える

上記2つの理由について順番に説明していきます。

理由 1:入力する人にストレスを与えない

ドメイン名を短くて覚えやすいものにする一つ目の理由は、URLを入力する人にストレスを与えないためです。

ウェブブラウザのURL入力欄に表示されたウェブページのURL

たとえば、次のような長すぎるドメイン名があるとします。

長すぎるドメイン名

tk-create-website-and-seo-service.com

そして、上記のドメイン名が記載された名刺を渡されたときに、

うちの会社のホームページを、ぜひご覧ください。

ここに、あるのが ホームページのURL(ドメイン)です。

と言われたとします。

このような場合、あなたは、どのような気持ちになりますか?

おそらく、ほとんどの人が「ドメイン長すぎ。入力するの面倒くさいな…」と感じるはずです。

このように、長すぎるドメイン名はユーザーに嫌われます。さらに、打ち間違えも増えるためユーザーに不快感を与えます。

これが、ドメイン名は短くて覚えやすいものにする一つ目の理由です。

理由 2:見た目がスッキリとして良い印象を与える

ドメイン名を短くて覚えやすいものにする二つ目の理由は、見た目がスッキリして良い印象を与えることができるからです。

具体例でします。

まず、以下のドメインを見比べて見てください。

  • tk-create.com
  • tk-create-website-and-seo-service.com

どちらが「良い」と思いましたか?

おそらく、ほとんどの人が短いドメイン名の「tk-create.com」を良いと感じたのではないでしょうか。

また、長すぎるドメイン名をみて「ダサい…」と感じませんでしたか?

このように、長いドメイン名よりも短いドメイン名の方が「見た目がスッキリして良い印象を与えることが多い」です。

これが、ドメイン名を短くて覚えやすいものにする二つ目の理由です。


以上で、ドメイン名は短くて覚えやすいものにする、は終了です。

↑ 目次にもどる

3. 日本語ドメインは使用しない

ドメイン名を決めるときの三つ目のポイントは、日本語ドメインを使わないことです。

なぜかというと、Facebook や Twitter(以下、SNS)などに表示された時に、ドメイン名が「文字化け」するからです。

具体的には、以下のとおり。

https://日本語.jp

 → https%3A%2F%2F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E.jp


https://SEO対策.com

 → https%3A%2F%2FSEO%E5%AF%BE%E7%AD%96.com

ホームページがTwitterに表示された時にドメインが文字化けしている

ドメイン名が文字化けするとSNSでのクリック率が下がり、ユーザーがホームページに来る機会を逃すことになります。

したがって、日本語ドメインは使用するべきではありません。
これがドメイン名を決めるときの三つ目のポイントです。

ドメイン名が文字化けするとSNSでのクリック率が下がる理由

ドメイン名が文字化けするとSNSでのクリック率が下がる理由は、ユーザーが「怪しいサイトではないか」と疑うからです。

たとえば、あなたのSNSに以下のURLが表示されたとします。

https://日本語.jp...https%3A%2F%2F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E.jp

あなたは、上記URLをクリックしますか?
怪しいサイトではないか、と疑ったりしませんか?

上記のように文字化けしたURLを見て「怪しい」とか「危険なサイトではないか」と疑ったり不安になったりする人は少なからずいます。

これが、ドメイン名が文字化けするとSNSでのクリック率が下がる理由です。

参考:URLエンコード・デコード|日本語URLをサクッと変換… |Tech-Unlimited


以上で、ドメイン名には日本語ドメインは使用しない、は終了です。

↑ 目次にもどる

おすすめの方法:サイト名をドメイン名にする

ここまでの説明を読んでも「いまいち良いドメイン名が思いつかない…」という方は、多いと思います。

そのような方におすすめしたいのが、サイト名をそのままドメイン名にすることです。

なぜかというと、有名なホームページ(ウェブサイト)の多くが、サイト名をそのままドメイン名にしているからです。

もう少しいうと、有名サイトのドメイン形式は多くの人にとって「見慣れたもの」のため、同じドメイン形式にしておけば違和感を感じる人が少ないからです。

したがって、「いまいち良いドメイン名が思いつかない…」という方は、サイト名をそのままドメイン名にすることをおすすめします。

なお、ドメイン名に対して違和感を持たれることによるデメリットは、先述したとおりです(もう一度みる)。

サイト名をドメイン名にしている有名なウェブサイト

参考までに、有名なウェブサイト(ホームページ)でサイト名をそのままドメイン名にしているところを紹介します。

それは、以下のサイトです。

  • アマゾン … amazon.co.jp
  • 価格.com … kakaku.com
  • 食べログ … abelog.com
  • Apple … apple
  • Google … agoogle.com

サイト名を省略してドメイン名にしている有名なウェブサイト

ちなみに、サイト名の一部を省略してドメイン名にしているところもあります。
それは、以下のサイトです。

  • 楽天市場 … rakuten.co.jp
  • ZOZOTOWN … zozo.jp
  • Yahoo! JAPAN … yahoo.co.jp

以上で、おすすめの方法:サイト名をドメイン名にする、は終了です。

↑ 目次にもどる

おわりに

以上で、当記事の内容は終了です。

当記事の内容が「これからドメインを取得する!」と言う方の役に立てば嬉しいです。

関連記事

おすすめ記事

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

タグ:

これからブログを始めたい人にオススメの記事

トップへ戻るボタン