WEB歴 8年の専門家が、ブログを始めるのに必要な知識を『どこよりも』わかりやすく説明!

公開:2020年6月 2日 / 更新:2020年12月11日

ドメイン名を決める時の3つのポイント

yahoo.co.jpの「yahoo」部分に赤線を引いたもの

当記事は、ドメイン名の前半部分(上画像の赤線)を決めるときのポイントを紹介したものです。

先に結論を言っておくと、ドメイン名を決めるときのポイントは下記 3点です。

3つのポイント

  • どんなサイトか分かるようにする
  • 短くて覚えやすいものにする
  • 日本語ドメインを使用しない

上記ポイントを全て満たすドメイン名にすれば、下記効果が期待できます。

期待できる効果

  • 閲覧者(ユーザー)に悪い印象を与えない
  • SNSでのクリック率が上がる

なお、ドメイン名は検索順位に影響しません。

»»» ドメイン名は検索順位(SEO)に影響しない!その根拠を紹介

ドメイン名の後半部分について知りたい方は、次の記事をご覧ください。

ドメイン名を決めるときの 3つのポイント

先述したように、ドメイン名を決める時のポイントは下記 3つです。

3つのポイント

  • どんなサイトか分かるようにする:サイト名が無難
  • 短くて覚えやすいものにする
  • 日本語ドメインを使用しない

上記ポイントを全て満たすドメイン名にすれば、下記効果が期待できます。

期待できる効果

  • 閲覧者(ユーザー)に悪い印象を与えない
  • SNSでのクリック率が上がる

ここからは、上記内容について詳しく説明していきます。


以上で、ドメイン名を決めるときの 3つのポイントは終了です。

↑ 目次にもどる


1. どんなサイトか分かるようにする:サイト名が無難

スマートフォンでホームページ(ブログ)を見ている女性

ドメイン名を決めるときの一つ目のポイントは、「どんなサイトか分かるようにする」ことです。

たとえば、次のような感じです。

「西田花店」のドメイン名

nishida - flower.com


nishida … 西田

flower … 花

サイト名をドメイン名にするのが無難な理由:有名サイトと同じ形式

amazon.com

特別なこだわりがなければ、先ほど紹介した具体例のように「サイト名をそのままドメイン名にする」ことをおすすめします。

なぜかというと、多くの有名サイトのドメイン名が、この形式だからです。

有名サイトのドメイン形式は多くの人にとって「見慣れたもの」です。
同じドメイン形式にしておけば違和感を感じる人はいません。

違和感を持たなければ、ドメイン名から悪い印象を持つ人はいません。

したがって、特別なこだわりがなければ、先ほど紹介した具体例のように「サイト名をそのままドメイン名にする」ことをおすすめします。

サイト名をドメイン名にしている「有名サイト」

amazon.com

参考までに、有名なウェブサイト(ホームページ)でサイト名をそのままドメイン名にしているところを紹介します。

それは、以下のサイトです。

  • アマゾン … amazon.co.jp
  • 価格.com … kakaku.com
  • 食べログ … tabelog.com
  • Apple … apple.com
  • Google … agoogle.com
サイト名を省略してドメイン名にしている「有名サイト」
yahoo.co.jpの「yahoo」部分に赤線を引いたもの

有名サイトのなかには、サイト名の一部を省略してドメイン名にしている所もあります。それは、以下のサイトです。

  • 楽天市場 … rakuten.co.jp
  • ZOZOTOWN … zozo.jp
  • Yahoo! JAPAN … yahoo.co.jp

ドメイン名を見てホームページ閲覧者が持つ悪い印象

「危険なサイト」「詐欺サイト」ではないかと警戒している男性

ドメイン名を「どんなサイトか分かる」ようにしていないと、ホームページ(ブログ)閲覧者に以下のような悪い印象を持たれます。

  • センスがない…
  • 危険および怪しいサイト?

ちなみに、ここでいう危険および怪しいサイトとは以下のものです。

  • 通販サイト … 商品を送ってこない、商品が偽物
  • コンピュータウイルスに感染するサイト
  • 個人情報を「悪用する目的」で集めているサイト

悪いドメイン名の具体例

ユーザーに悪い印象を与えるドメイン名の具体的な例を紹介します。
それは、以下のものです。

「西田花店」のドメイン

  • nisida-tarou.com
  • 0312345678
  • pink.com

上記ドメイン名をみて、どのように感じましたか?

おそらく、次のように感じたのではないでしょうか。

  • 意味不明
  • センスがない…
  • 危険および怪しいサイト?

具体例として紹介したようなドメインが、ユーザーに悪い印象を与えるドメインです。

注意点:みんなに意味が分かるドメイン名にする

ちなみに、先ほど具体例として紹介したドメイン名には、以下の意味があります。

「西田花店」のドメイン

  • nisida-tarou.com ← 店主の名前
  • 0312345678.com ← 店の電話番号
  • pink.com ← 店主の好きな色

ただ、上記の意味がわかるのは少数です。
したがって、このようなドメイン名にするべきではありません。

ドメイン名を決めるときは、その「ドメインに含まれた意味」がみんなに分かるものにすることが重要です。


以上で、1. どんなサイトか分かるようにする:サイト名が無難、は終了です。

↑ 目次にもどる

2. 短くて覚えやすいものにする:理由は2つ

ウェブブラウザのURL入力欄に表示されたウェブページのURL「tk-create.com」

ドメイン名を決めるときの二つ目のポイントは、できるだけ短くて覚えやすいものすることです。

その理由は次の2つです。

  • 入力する人にストレスを与えない
  • 見た目がスッキリとして良い印象を与える

上記2つの理由について順番に説明していきます。

理由 1:入力する人にストレスを与えない

ドメインを入力するのに苦労している女性

ドメイン名を短くて覚えやすいものにする一つ目の理由は、URLを入力する人にストレスを与えないためです。

たとえば、次のような長すぎるドメイン名があるとします。

長すぎるドメイン名

tk-create-website-and-seo-service.com

そして、上記のドメイン名が記載された名刺を渡されたときに、

うちの会社のホームページを、ぜひご覧ください。

ここに、あるのが ホームページのURL(ドメイン)です。

と言われたとします。

このような場合、あなたは、どのような気持ちになりますか?

おそらく、ほとんどの人が「ドメイン長すぎ。入力するの面倒くさいな…」と感じるはずです。

このように、長すぎるドメイン名はユーザーに嫌われます。
さらに、打ち間違えも増えるためユーザーに不快感を与えます。

これが、ドメイン名は短くて覚えやすいものにする一つ目の理由です。

理由 2:見た目がスッキリとして良い印象を与える

笑顔でスマートフォンを見る女性

ドメイン名を短くて覚えやすいものにする二つ目の理由は、見た目がスッキリして良い印象を与えることができるからです。

具体例で説明します。

まず、以下のドメインを見比べて見てください。

  • tk-create.com
  • tk-create-website-and-seo-service.com

どちらが「良い」と思いましたか?
おそらく、ほとんどの人が「tk-create.com」を良いと感じたのではないでしょうか。

また、長すぎるドメイン名をみて「ダサい…」と感じませんでしたか?

このように、長いドメイン名よりも短いドメイン名の方が「見た目がスッキリして良い印象を与えることが多い」です。

これが、ドメイン名を短くて覚えやすいものにする二つ目の理由です。


以上で、2.ドメイン名は短くて覚えやすいものにする、は終了です。

↑ 目次にもどる

3. 日本語ドメインは使用しない:理由は文字化けするから

ホームページがTwitterに表示された時にドメインが文字化けしている

ドメイン名を決めるときの三つ目のポイントは、日本語ドメインを使わないことです。

なぜかというと、Facebook や Twitter(以下、SNS)などに表示された時に、ドメイン名が「文字化け」するからです。

もう少しいうと、文字化けすることによりSNSでのクリック率が下がるからです。

具体例:日本語ドメインの文字化け

日本語ドメインが、SNSで表示された時に「文字化け」する具体例を紹介します。
それは、以下のものです。

https://日本語.jp

 → https%3A%2F%2F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E.jp


https://SEO対策.com

 → https%3A%2F%2FSEO%E5%AF%BE%E7%AD%96.com

»»» 参考:日本語URLをサクッと変換… |Tech-Unlimited

文字化けするとSNSでのクリック率が下がる理由

「危険なサイト」「詐欺サイト」ではないかと警戒している男性

ドメイン名が文字化けするとSNSでのクリック率が下がる理由は、ユーザーが「怪しいサイト」や「危険なサイト」ではないかと疑うからです。

たとえば、あなたのSNSに以下のURLが表示されたとします。

https%3A%2F%2F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E.jp

あなたは、上記URLをクリックしますか?
怪しいサイトではないか、と疑ったりしませんか?

上記のように文字化けしたURLを見て「怪しいサイト」や「危険なサイト」ではないかと疑う人は少なからずいます。

これが、ドメイン名が文字化けするとSNSでのクリック率が下がる理由です。


以上で、3.ドメイン名には日本語ドメインは使用しない、は終了です。

↑ 目次にもどる

おわりに

以上で、当記事の内容は終了です。

当記事の内容が「これからドメインを取得する!」と言う方の役に立てば嬉しいです。

関連記事

おすすめ記事

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

タグ:

人気記事

トップへ戻るボタン