WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開:2020年5月24日 / 更新:2020年11月24日

【初心者向け】URLとドメインの違いをやさしく説明!httpsとwwwの意味も解説

「URLとドメインの違いがイマイチ分からない…」という女性

当記事は、URLとドメインの違いを分かりやすく説明したものです。

「ドメインって何?」という人は、当記事の前に以下の記事をご覧ください。

»»» 【初心者向け】ブログに必要なドメイン知識まとめ

URLとドメイン名の違い:ドメイン名はURLを構成する要素

ウェブブラウザのURL欄に「https://www.yahoo.co.jp」という文字列を入力

ドメイン名はURLを構成する要素の一つです。

「Yahoo! JAPAN」を例に説明すると、以下のとおり。

  • URL … https://www.yahoo.co.jp
  • ドメイン名 … yahoo.co.jp

URL = https(http) + www + ドメイン名

上記を見るとわかるように、ドメイン名はURLを構成する要素の一つです。

これが、URLとドメイン名の違いです。


以上で、URLとドメイン名の違い:ドメイン名はURLを構成する要素、は終了です。

↑ 目次にもどる


http と https はデータを送受信する際のルール

ウェブブラウザのURL欄に「https://www.yahoo.co.jp」という文字列を入力

ここからは、もう少しURLについて知りたい方向けです。

URL = https(http) + www + ドメイン名

まず、「https(http)」について説明していきます。

また、https と http の違いについても簡単に説明します。

https(http)はインターネットでデータを送受信する際のルール

https(http)は、「インターネット上でデータを送受信する際のルール」みたいなものです。

具体的には、ホームページ(ブログ)のデータを送受信するときは「https(http)という通信プロトコル」を使用する、というルールです(世界共通)。

レンタルサーバー(ウェブサーバー)の役割を説明したイラスト。WEBサーバーソフトとクライアント(ウェブブラウザ)の関係を説明

上の画像を例に説明すると、

  • 「ウェブページが見たい」と要求
  • 要求に応えてウェブページのデータを送信

というやりとりを「https(http)という通信プロトコル」を使用して行ないます。

このように、https(http)は、「インターネット上でデータを送受信する際のルール」みたいなものです。

通信プロトコルを別のもので例えてみる

通信プロトコルを、別のもので例えるなら以下のようなイメージです。

  • 電気のコンセントは〇〇という形にする
  • パソコンの周辺機器の接続方法は「USB」で行う
  • 携帯電話の「SIMカード」のサイズは〇〇にする

上記の共通点は、「〇〇という規格で統一する」という点です。

通信プロトコルも、具体例と同じです。

「インターネットでデータを送受信する際は、https(https)を使用する」と、規格を統一しています。

http と https の違い:http の安全性を高めたものが https

常時 SSL (HTTPS) 化 されているウェブサイトのイメージイラスト

http とhttps の違いは、安全性(セキュリテイ)です。
もう少しいうと、http よりも httpsの方が安全性(セキュリテイ)が高いです。

ちなみに、http の安全性を高めたものが https です。
具体的には、以下のとおり。

http × SSL = https


http を「SSL」という技術で安全性を高めたものが、https

httpsについて詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

»»» HTTPS(SSL)とは?検索順位(SEO)に影響はあるのか?

おすすめ書籍

「httpsの説明」の最後に、「通信プロトコルの勉強」におすすめの書籍を紹介します。

それは、以下のものです。

イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb技術の基本(amazonへのリンク)

上記は、私が実際に読んだもので「わかりやすい」と感じたものです。
「amazon」だと試し読みができます。良かったらどうぞ。


以上で、HTTPSはインターネットでデータを送受信する際の仕組み、は終了です。

↑ 目次にもどる

www はホスト名:インターネット上の住所を細分化

ウェブブラウザのURL欄に「https://www.yahoo.co.jp」という文字列を入力

URL = https(http) + www + ドメイン名

最後に、URLを構成する要素の一つ「www」について説明します。

www はホスト名の種類の一つ

車の種類

www は、ホスト名の種類の一つです。

ちなみに、ホスト名の種類は、数えきれない程あります。
イメージとしては、車の種類がいくつもあるような感じです。

ホスト名の具体例を紹介すると、以下のとおり。

  • 検索サイト … https://www.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!ニュース … https://news.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!ショッピング … https://shopping.yahoo.co.jp/

ホスト名 … www、news、shopping

上記は実際に存在するURLです。

上記をみると、www 以外にも「news」と「shopping」というホスト名があることが分かるかと思います。

このように、ホスト名は何種類もあります。
そして、www は、その中の一つです。

ホスト名の役割:インターネット上の住所を細分化

ウェブブラウザのURL欄に「https://www.yahoo.co.jp」という文字列を入力

ホスト名の役割は、インターネット上の住所を細分化することです。

たとえば、日本を「47都道府県」に分割するようなイメージです。

先ほど紹介した「Yahoo! JAPAN」のURLをもう一度見てください。

  • 検索サイト … https://www.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!ニュース … https://news.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!ショッピング … https://shopping.yahoo.co.jp/

ホスト名 … www、news、shopping

上記3つのドメイン名はすべて「yahoo.co.jp」です。
つまり、上記 3サイトのインターネット上の住所は同じ
、ということです。

しかし、それぞれのURLにアクセスすると、別々のウェブサイト(ホームページ)が表示されます。

このような事ができるのは、「yahoo.co.jp」という住所を「www」「news」「shopping」というホスト名を使って3つに分割しているからです。

このように、ホスト名の役割は、インターネット上の住所を細分化することです。

ホスト名は「アパートやマンションの部屋番号」に例えられる

ホスト名は「アパートやマンションの部屋番号」に例えられる

ちなみに、ドメインは「住所」、ホスト名は「アパートやマンションの部屋番号」と、よく例えられています。

先ほど紹介した「Yahoo! JAPAN」のURLで説明すると以下のとおり。

  • https://www.yahoo.co.jp/
  • https://news.yahoo.co.jp/
  • https://shopping.yahoo.co.jp/

「Yahoo.co.jp」という住所に「www」「news」「shopping」という名前の部屋がある。

上記のように考えるとホスト名の意味がわかりやすいため、ドメインは「住所」ホスト名は「アパートやマンションの部屋番号」と、よく例えらます。

ホスト名の正確な役割:複数のコンピュータから一台を特定する

スト名の正確な役割を教えます

ここまでにした「ホスト名の役割」の説明は、ブログ初心者の方が理解しやすいようにしたものです。

ホスト名の正確な役割は、次のとおりです。

ホスト名は同じドメインにある複数のコンピュータから一台のコンピュータを特定するための文字列。

具体的に説明すると以下のとおり。

「Yahoo.co.jp」というドメインにある複数のコンピュータのなかから、一台のコンピュータをホスト名で特定

  • 検索サイト … https://www.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!ニュース … https://news.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!ショッピング … https://shopping.yahoo.co.jp/

www、news、shopping には、それぞれ違うコンピュータがある

もう少し具体的に説明すると、以下のとおり。

ウェブサイトのデータがある場所


「ヤフオク」

https://www.yahoo.co.jp

「 yahoo.co.jp という住所」にあるwwwという名前のコンピュータ」


「Yahoo! ニュース」

https://news.yahoo.co.jp

「 yahoo.co.jp という住所」にあるnewsという名前のコンピュータ」


「Yahoo!ショッピング」

https://shopping.yahoo.co.jp

「 yahoo.co.jp という住所」にあるshoppingという名前のコンピュータ」

このように、ホスト名は同じドメインにある複数のコンピュータから一台のコンピュータを特定するための文字列です。

初心者は「ホスト名の正確な役割」を覚えなくてもOK

初心者は「ホスト名の正確な役割」を覚えなくてもOK

先ほど、ホスト名の正確な役割を説明しました。

しかし、「情報処理」業界に進む人以外は、正確な役割を覚えなくてもOKです。

もう少しいうと、普通の人は「ホスト名の種類でアクセスする場所を変えている」という知識だけでOKです。

なぜかというと、その知識さえあれば、ブログ運営およびウェブサイト制作で困ることはないからです。

したがって、「情報処理」業界に進む人以外は、ホスト名の正確な役割を覚える必要はありません。


以上で、「www」はホスト名、は終了です。

↑ 目次にもどる

おわりに

以上で、当記事の内容は終了です。

もっとドメインのことを学びたい! という方には次の記事がおすすめです。

関連記事

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

タグ:

これからブログを始めたい人にオススメの記事

トップへ戻るボタン