WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開:2020年5月28日 / 更新:2020年6月13日

独自ドメインとは?

独自ドメインとは?

独自ドメインの意味について分かりやすく説明します。

独自ドメインとは

独自ドメインは、自分用に購入した家や自動車と同じようなイメージ

独自ドメインとは「自分に所有権があるドメイン」のことです。

ドメインの所有権と聞くと難しく感じるかもしれませんが、そんなことはありません。イメージとしては、自分用に購入した住宅や自動車と同じです。

たとえば、自分用に購入した家ならば次のようなことが可能です。

  • 使いみちが自由(ペットと暮らす・シェアハウスにする)
  • 立ち退きを要求される事がない = 住み続けられる
  • 不要になったら売却

独自ドメインも上記と同じようなことが可能です。たとえば、次のようなことです。

  • ドメインで運用するサイト数を決定(一つ or 複数)
  • 自分の思ったとおりのコンテンツを掲載できる(制約がない)
  • 同じドメインを使用し続けることが出来る
  • 不要になったら売却

このように「自分に所有権があるドメイン」のことを独自ドメインと言います。

独自ドメインの反対は「共有ドメイン」

ちなみに、独自ドメインの反対の意味を持つ言葉として共有ドメインがあります。

共有ドメインのイメージは、マンションやアパート

共有ドメインの意味は「一つのドメインを複数人で使用しているドメイン」です。イメージとしてはマンションやアパートのような感じです。

共有ドメインについては次の記事で詳しく説明していますので、興味のある方はそちらをご覧ください。

»»» 共有ドメインとは?

独自ドメインの特徴

独自ドメインの特徴は、自分の好きな文字列を組み合わせることが出来る点です。

「tk-create.com」を例に説明すると次のとおりです。

tk-create.com


「tk-create」部分 … 自分の好きな文字列の組み合わせが可1

「.com」部分 … 既存のドメイン種類から好きなものを選ぶ2


1.一部使用できない文字列あり

2. 「.net」「.jp」など500種類以上から選択

ドメイン名を決める際のポイントについて知りたい! という方は、次の記事をご覧ください。

独自ドメインの取得方法

「ムームードメイン」公式サイトのトップページ

独自ドメインは、ドメイン管理会社で購入します。

ドメイン管理会社には、次のような会社があります。

上記のなかで特に有名なのが「お名前.com」と「ムームードメイン」です。

もしかしたら、一度くらいは名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

ちなみに、私のおすすめは「ムームードメイン」です。詳しい理由については、次の記事で説明しています。

»»» お名前.comではなくムームードメインを勧める4つの理由

ドメイン取得の申込みは公式サイトから

「ムームードメイン」公式サイトのトップページ

独自ドメインの取得申し込みは、ドメイン管理会社の公式サイトから行います。

下記、公式サイトへのリンクです。

「お名前.com」と「ムームードメイン」の 2 社に関しては、ドメイン取得手順を詳しく説明した記事があります。

興味のある方は下記リンクよりご覧ください。

独自ドメインの費用

独自ドメインのコスト

独自ドメインを利用するのに必要な費用は 次の 2つです。

  • 取得費(登録料金)
  • 利用料(更新費用)

取得費は、ドメインを取得する際に一度だけ支払う費用のことです。

そして、利用料は年間〇〇円と決まっている費用のことで、ドメイン契約をしている間は毎年支払う必要があります。

具体的な金額を紹介

独自ドメインの費用は次の2つの要素で異なります。

  • ドメイン管理会社
  • ドメインの種類「.com」や「.jp 」など

参考までに、具体的な金額を紹介します(2020年5月28日調べ 金額は全て税抜き)。

ドメイン管理会社ごとの料金比較:『.com』費用

ドメイン管理会社ごとの『.com』の取得費と利用料は次のとおりです。

取得費(登録料金)


利用料(更新費用)

会社名をクリックすると公式サイトへ移動します。

ドメインの種類ごとの料金比較:『.com 』と『.jp』

ムームードメインでの『.com 』と『.jp』の取得費と利用料金は次のとおりです。

取得費(登録料金)

  • .com … 1,160円
  • .jp … 2,049円

利用料(更新費用)

  • .com … 1,480円
  • .jp … 3,040円

公式サイト:『.com』の料金『.jp』の料金

このように、独自ドメインの費用は次の2つの要素で異なります。

  • ドメイン管理会社
  • ドメインの種類「.com」や「.jp 」など

参考知識:ドメイン移管費用(移転費用)

ここまで独自ドメインの費用は「取得費」と「利用料」の2つと説明してきましたが、実はもう一つあります。

それは、ドメイン移管費用(移転費用)です。

ドメイン移管費用(移転費用)は、ドメイン管理会社を変更したいときに支払う費用のことです。

具体的には『お名前.com』で管理している独自ドメインを『ムームードメイン』で管理するように変更する場合などに支払います。

とはいえ、ドメイン管理会社を変更することは滅多にありません。したがって、参考程度に覚えておけば良いと思います。

金額について

ドメイン移管料の金額も「取得費」や「利用料」と同様に次の2つの要素で異なります。

  • ドメイン管理会社
  • ドメインの種類「.com」や「.jp 」など

詳しく知りたいという方は各ドメイン管理会社の公式サイトをご覧ください。

独自ドメインのメリット・デメリット

最後に、独自ドメインのメリット・デメリットを紹介します。

メリット

  • 悪い印象を持たれない
  • 同じドメインを「ずっと」使用できる
  • 検索結果での表示において「ドメインによる悪影響」を受けない
  • サービス(会社)を選択できる

デメリット

  • 費用がかかる
  • 初期設定が必要 ← 人によって異なる

それぞれの内容について詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

»»»有料(独自)ドメインのメリット・デメリット


以上で、当記事の内容は終了です。

タグ:

【初心者向け】まとめ記事

SEOまとめ記事

トップへ戻るボタン