WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開:2020年10月12日 / 更新:2020年11月8日

WordPressで独自ドメインを使うための設定|デザイン崩れを解決する方法

ウェブサイトのデザインが崩れて表示されている

↑独自ドメイン設定「後」

ウェブサイトのデザインが崩れずに「きれいに」表示されている

↑独自ドメイン設定「前」

WordPressで作ったブログのドメインを独自ドメインに変更したら、上画像のようにデザインがおかしくなってしまった…

という方向けの記事です。

当記事は、このデザインが崩れてしまったときの解決方法を、たくさんの画像と具体例を使ってわかりやすく説明したものです。

したがって、パソコンが苦手…という方も安心してください。
作業は簡単で、必要な時間は 1分程度。

それでは、順番に説明していきます。


独自ドメインを取得した方で「先ほど紹介した画像」の状態まで進んでいない方は、以下の記事をご覧ください。

»»» 参考:ドメイン取得後にやることを徹底解説!サーバー設定・メールアドレス作成

作業概要:WordPress「一般設定」のアドレス(URL)を変更する

はじめに、作業することを紹介します。
それは、以下のものです。

WordPress の「一般設定」画面にある

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

に、独自ドメインを設定する(下画像の赤枠に設定)

WordPressの「一般設定」画面にある「WordPressアドレスURL」と「サイトアドレス(URL)」という項目

それでは、作業内容について詳しく説明していきます。


以上で、作業概要:WordPress「一般設定」のアドレス(URL)を変更する、は終了です。

↑ 目次にもどる

手順1.WordPressの「一般設定」画面を表示

WordPress のダッシュボード左にあるメニューの「設定」をクリック

最初の作業は、WordPressの「一般設定」画面を表示することです。

手順は、以下のとおり。

  1. WordPress にログインする
  2. ダッシュボード左にあるメニューの「設定」をクリック

上記作業を行えば、WordPressの「一般設定」画面が表示されます(下の画像参照)。

WordPressの「一般設定」画面にある「WordPressアドレスURL」と「サイトアドレス(URL)」という項目

以上で、手順1.WordPressの「一般設定」画面を表示、は終了です。

↑ 目次にもどる

手順2.「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」に独自ドメインを設定

WordPressの「一般設定」画面にある「WordPressアドレスURL」と「サイトアドレス(URL)」という項目

WordPressの「一般設定」画面が表示されたら、以下2項目に独自ドメインを設定します(上画像の赤枠部分)。

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

設定内容:初期設定のドメインを独自ドメインに変更

先ほど紹介した下記項目には、初期設定として「独自ドメインに変更する前のURL」が設定されています

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

変更するのは、この初期設定(あらかじめ設定されている)URLの「ドメイン部分だけ」です。

具体例を使って説明すると、以下のとおり。

  • 変更前:http:example.com/wordpress/
  • 変更後:http:tk-create.xyz//wordpress/

ピンク色の部分(ドメイン)だけを変更する。

※ WordPressアドレス(URL)、サイトアドレス(URL)両方とも。

変更するのはドメイン部分だけ:ディレクトリは変更しない

先述したように、変更する部分は「ドメイン部分」だけです。
ドメインの下にある「ディレクトリ部分」を変更しないように注意してください。

サイトアドレス(URL)が空白の場合は、空白のままでOK

サイトアドレス(URL)が空白になっている場合は、そのままの状態(空白のまま)にしておいてください。

独自ドメインを設定したら「変更を保存」ボタンを押す

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

上記項目の設定が終わったら、「一般設定」画面の下部にある「変更を保存」ボタンをクリックしてください。

そうすると、WordPress のログイン画面が表示されます。

WordPressのログイン画面が表示されたら設定完了

WordPressのログイン画面

WordPress のログイン画面が表示されたら、設定作業は完了です。

WordPressのログイン画面URLをメモしておく

設定作業とは関係ありませんが、表示されたWordPressログイン画面のURLをメモしておいてください。

なぜかというと、ここまでに紹介した「一般設定のアドレス(URL)」を変更すると、WordPressログイン画面のURLが変わるからです。

URLの具体例

https://sample.com/wordpress/wp-login.php

後日、WordPressにログインできない…

といった事態を防ぐために、画面を閉じる前にWordPressのログイン画面URLをメモしておいてください。


以上で、手順2.「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」に独自ドメインを設定、は終了です。

↑ 目次にもどる

確認作業:独自ドメインにアクセスしてデザインをチェック

最後に行う作業は、独自ドメインにアクセスして「WordPressのデザイン崩れが解決(改善)したか」をチェックすることです。

デザイン崩れが解決(改善)していれば、作業は完了です。

デザイン崩れが解決していない場合はブラウザの履歴を消去する

デザイン崩れが解決(改善)していない場合は、ウェブブラウザの履歴を消去してください。

そうすると、デザイン崩れが解決(改善)する場合があります。

ウェブブラウザ

ホームページをみるときに使用するアプリケーションソフト。

Google Chrome(クロム)、Microsoft Edge(エッジ)など

ウェブブラウザの履歴を消去する方法

ウェブブラウザの履歴を消去する方法については、以下のページをご覧ください。

上記以外のウェブブラウザを使用している方は、下記キーワードでGoogle検索して説明ページを見つけてください。

ウェブブラウザ 履歴消去 ウェブブラウザ名


〇〇にウェブブラウザ名を入力…例:firefox

ブラウザの履歴を消去しても解決しない場合:設定を再チェック

ウェブブラウザの履歴を消去してもWordPressのデザイン崩れが解決しない場合は、設定変更した部分に間違いがないかをチェックしてください。


以上で、確認作業:独自ドメインにアクセスしてデザインをチェック、は終了です。

↑ 目次にもどる

おわり

以上で、当記事の内容は終了です。

当記事が、これからホームページ(ブログ)を運営する方の役に立てば嬉しいです。

参考:アフィリエイト初心者におすすめのサービス:A8.net(公式サイトが開きます)

関連記事

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

タグ:

これからブログを始めたい人にオススメの記事

トップへ戻るボタン