WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開:2019年12月22日 / 更新:2021年 2月21日

同時アクセス数の制限とは|レンタルサーバー基礎知識

ウェブサーバー の同時アクセス数の制限を説明したイラスト

インターネットでおすすめのレンタルサーバーを調べると、たいてい以下の情報が出てきます。

おすすめのレンタルサーバーは、エックスサーバー。

理由は、同時アクセス数が多いから。

先に結論を言っておくと、この情報は正しいです。

»»» 参考:エックスサーバー公式サイト

ただ、上記情報をみて「同時アクセス数ってなに?」と思う方も多いかと思います。
過去の私も同じでした。

当記事は、そのような方向けに「レンタルサーバーの同時アクセス数」についてイラストや具体例を使って分かりやすく説明したものです

同時アクセス数とは

同時アクセス数の意味を説明する先生

レンタルサーバーの同時アクセス数について、以下の順で説明していきます。

  • 大まかな意味
  • 正確な意味【難しめ】

大まかな意味:ブログを同時に見ている人数

まず、レンタルサーバーの同時アクセス数について「大まか」に説明します。

レンタルサーバーの「同時アクセス数」とは、ブログを同時に見ている人数です。

ウェブサーバー の同時アクセス数の制限を説明したイラスト

上画像の場合ならば、同時アクセス数は「4」です。

同時アクセスの「大まか」な説明は以上です。
なお、ここまでに説明した内容は、同時アクセス数の正確な意味ではありません。

同時アクセス数の正確な意味については、これから説明していきます。
少し内容が難しいので、興味のない方は下記リンクをクリックしてください。

»»» 同時アクセス数の制限に移動する

ちなみに、ブログに必要な知識は、ここまでの内容で充分です。

同時アクセス数の正確な意味【難しめ】

先述したように「同時アクセス数 = ブログを同時に見ている人数」という説明は正確ではありません。

なぜかというと、下記2つを省略して説明したからです(難しくなるから)。

  • 同時アクセス数 =データを送受信しているアクセス数
  • データの送受信が完了したアクセスは、同時アクセス数から除外する

上記2つを省略せずに、同時アクセス数の正確な意味を紹介すると以下のとおり。

現在、データを送受信しているアクセス数

ここからは、上記の意味について分かりやすく説明していきます。

同時アクセス数=データを送受信しているアクセス数

まず、「同時アクセス数=データを送受信しているアクセス数」の意味について説明します。

1 人で同時に4つのデータをダウンロード = 同時アクセス数4
ウェブサーバーの「同時アクセス数の制限」とは、サーバーとクライアント(ウェブブラウザ等)間で同時にやり取りするデータの数に上限を設定すること

たとえば、上画像のように、1人が「レンタルサーバーから4つのデータを同時に」ダウンロードしているとします。

この場合、同時アクセス数は4です。

これが、「同時アクセス数 = データを送受信しているアクセス数」の意味です。

「同時アクセス数 = ブログを見ている人数」は、間違い

データの送受信が完了したアクセスは、同時アクセス数から除外する

次に、「データの送受信が完了したアクセスは、同時アクセス数から除外する」の意味について説明します。

具体例
ウェブサーバーの「同時アクセス数の制限」とは、サーバーとクライアント(ウェブブラウザ等)間で同時にやり取りするデータの数に上限を設定すること

たとえば、上画像のように、1人が「レンタルサーバーから4つのデータを同時に」ダウンロードしているとします。

ダウンロードしているデータ

  • HTML
  • 画像
  • CSS
  • JS

そして、ダウンロードを開始してから10秒後の状況が以下のとおりだとします。

ダウンロード完了データ「3」

  • HTML
  • CSS
  • JS

ダウンロード中データ「1」

・画像

この場合ならば、ブログの同時アクセス数は「1」です

これが、「データの送受信が完了したアクセスは、同時アクセス数から除外する」の意味です。

同時アクセス数の正確な意味まとめ

  • 同時アクセス数 =データを送受信している数
  • データの送受信が完了したアクセスは、同時アクセス数から除外する

上記2つのことから、同時アクセス数の正確な意味は下記であると言えます。

同時アクセス数 = 現在、データを送受信しているアクセス数


以上で、同時アクセス数とは、は終了です。

↑ 目次にもどる

同時アクセス数の制限とは

「同時アクセス数制限」の意味を説明する先生

同時アクセス数の制限について、以下の順で説明していきます。

  • 大まかな意味
  • 正確な意味【難しめ】

大まかな意味:ブログを同時に表示できる人数を制限

まず、下記条件のもとに、同時アクセス数の制限について「大まか」に説明します。

同時アクセス数 = ブログを同時に見ている人数

同時アクセス数の制限は、ブログを同時に見ることができる人数を制限することです。

上記の意味を、具体的に説明します。

同時アクセス数を4に制限 = 同時にブログを見られるのは4人

たとえば、レンタルサーバーの同時アクセス数が「4」に制限されているとします。

ウェブサーバー の同時アクセス数の制限を説明したイラスト

この場合、ブログを同時に見ることができるのは4人です。

これが、「同時アクセス数の制限は、ブログを同時に見ることができる人数を制限すること」の意味です。

5人目以降には、ブログの代わりに503エラーが表示される

ちなみに、先ほど紹介した具体例の5人目以降には、ブログの代わりに下記の「503エラー」が表示されます。

エラーメッセージ

  • 503 Service Unavailable
  • 503 Service Temporarily Unavailable

»»» 関連:【初心者向け】503エラーの意味・表示される理由を徹底解説!

ブログを表示できるのは先着〇〇名

ブログを表示できるのは先着〇〇名

また、レンタルサーバーに同時アクセス数が制限されている場合、ブログを表示できるかどうかは「アクセスした順番」で決まります。

もう少しいうと、同時アクセス数に達するまでにアクセスした人のみがブログを表示することができます。

同時アクセス数を 4に制限 = ブログが表示されるのは先着4名

たとえば、レンタルサーバーの同時アクセス数を4に制限しているとします。

そして、上記サーバー内にあるブログへのアクセス状態が下記のとおりだとします。

ブログを同時に見ようとした人

Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさん、


ブログにアクセスした順番

1位: Aさん、2位: Bさん、3位: Cさん、4位: Dさん、5位: Eさん

この場合ならば、ブログが表示されるのは下記4人です。

ブログを表示できる4人 … Aさん、Bさん、Cさん、Dさん

これが、「同時アクセス数に達するまでにアクセスした人のみがブログを表示することができる」の意味です。


ここから先は、少し専門的な内容になりますので、興味のない方は下記リンクをクリックしてください。

»»» 「同時アクセス数を制限する理由」に移動する

同時アクセス数制限の正確な意味【難しめ】

先述したように、同時アクセス数の正確な意味は以下のものです。

同時アクセス数 = 現在、データを送受信しているアクセス数

上記をもとに、「同時アクセス数の制限」の意味を説明すると以下のとおり。

同時アクセス数の制限 = 同時にデータを送受信できるアクセス数を制限すること

これが「同時アクセス数制限」の正確な意味です。


以上で、同時アクセス数の制限とは、終了です。



↑ 目次にもどる

同時アクセス数を制限する理由:サーバーダウンを防ぐため

ウェブサーバーがダウンする(電源が落ちたり・処理が止まる)

レンタルサーバーで「同時アクセス数の制限」をする理由は、レンタルサーバーがダウン(電源が落ちたり・処理が止まったり)するのを防ぐためです。

もう少しいうと、「大量アクセスによって必要になった処理能力」が「レンタルサーバーの処理能力」を超えて、レンタルサーバーがダウンするのを防ぐためです。

具体例で説明すると以下のとおり。

  • レンタルサーバーの処理能力:100
  • 1アクセスに対して必要な処理能力:5
  • →→ 同時アクセス数が20を超えるとサーバーがダウンする「5 × 20 = 100」

同時アクセス数を20に制限すれば、サーバーはダウンしない

レンタルサーバーはパソコンは似ている

ちなみに、レンタルサーバーは基本的にパソコンと同じような仕組みで出来ています。
具体的には、OS・CPU・メモリ・ハードディスク(SSD)などで構成されています。

したがって、パソコンと同様に処理能力を超えると不具合が起こります。

»»»参考:Web(ウェブ)サーバーとは


以上で、同時アクセス数を制限する理由:サーバーダウンを防ぐため、は終了です。

↑ 目次にもどる

「大量」同時アクセスに強いレンタルサーバーを選ぶべき理由

「大量アクセスに強いレンタルサーバーを選ぶべき理由」の意味を説明する先生

同時アクセスに強いレンタルサーバーを選ぶべき理由は、ブログの機会損失を防ぐためです。具体的に説明すると、以下のとおり。

具体例の条件

  • レンタルサーバーの同時アクセス数制限は「1,000」
  • 上記に、同時アクセスが「2,000」あった

結果

1,000人はブログを表示できない = 1,000人ぶんの機会損失が発生


機会損失 = 下記チャンスを逃す

  • 新規ファン
  • 被リンク
  • アフィリエイト報酬

以上で、大量アクセスに強いレンタルサーバーを選ぶべき理由、終了です。

↑ 目次にもどる

レンタルーバーの同時アクセス数の調べ方【調査結果も紹介】

「大量」同時アクセスに強いレンタルサーバーを選んでいる女性

レンタルサーバーの同時アクセス数の調べかたは、次の2つです。

  • 公式サイトを、すみずみまで見る
  • サポートセンターに問い合わせる

同時アクセス数の調査結果

下記リストは、私が調べたレンタルサーバーの同時アクセス数の制限(上限値)です。

同時アクセス数の制限(上限値)なし

同時アクセス数の制限(上限値)あり


プランごとに違う。上位プランあり。

上記情報が正しいという根拠は、次の記事で紹介しています。

»»» レンタルサーバーの同時アクセス数を調査|具体的な数値を発見!

同時アクセス数を公開していないレンタルーバーが「ほとんど」

ちなみに、ほとんどのレンタルサーバー会社は、同時アクセス数を公開していません。
理由は、セキュリティのためです。

同時アクセス数を公開していないレンタルサーバーを知りたい方は、次の記事をご覧ください。

»»» 同時アクセス数を公開していないレンタルサーバー(先ほど紹介した記事と同じ)


以上で、「大量」同時アクセスに強いレンタルサーバーの選びかた、は終了です。

↑ 目次にもどる

「大量」同時アクセスに強い格安レンタルサーバー【3選】

大量の同時アクセスに強い格安レンタルサーバーを探している方には、下記プランをおすすめします。

  • mixhost … スタンダード
  • エックスサーバー … X10
  • ロリポップ … ハイスピード

ここからは、上記プランをおすすめする理由について説明していきます。

mixhost「スタンダード」をおすすめする理由

mixhostの公式サイト

mixhost「スタンダード」をおすすめする理由を説明すると、以下のとおり。

  • 同時アクセス数の制限なし(スタンダードは、mixhostの最安値プラン)
  • インターネット上の評判が高い

「スタンダード」プランの概要

  • 月額料金:880円
  • WordPress(簡単インストール)
  • 無料独自SSL(常時HTTPS化)
  • 自動バックアップ(無料)

 36ヶ月契約(税抜き)

»»» mixhost公式サイトをチェックする

ロリポップ「ハイスピード」をおすすめする理由

ロリポップ!爆速宣言のハイスピードプラン

ロリポップ「ハイスピード」をおすすめする理由は、下記2つ。

  1. 同時アクセス数の制限(上限値)なし
  2. 料金が、他社と比べて格安
  3. 国内シェアが高い

»»» 参考:国内シェアが高い会社を選ぶメリット3つ

「ハイスピード」プランの概要

  • 月額料金:500円
  • WordPress(簡単インストール)
  • 無料独自SSL(常時HTTPS化)
  • 自動バックアップ(無料)
  • 電話サポート:あり

 36ヶ月契約(税抜き)

»»» ロリポップ!公式サイトをチェックする

エックスサーバー「X10」をおすすめする理由

「XSERVER」の公式サイト
  • インターネット上の評判がメチャクチャ高い
  • 多くの有名ブログが使用している = 大量アクセスに強い
  • エックスサーバーは国内シェアNo.1

マナブログ(manablog)など

»»» 参考:国内シェアが高い会社を選ぶメリット3つ

「X10」プランの概要

  • 月額料金:900円
  • WordPress(簡単インストール)
  • 無料独自SSL(常時HTTPS化)
  • 自動バックアップ(無料)
  • 電話サポート:あり

 36ヶ月契約(税抜き)

»»» エックスサーバー公式サイトをチェックする


以上で、「大量」同時アクセスに強い格安レンタルサーバー【3選】は終了です。

↑ 目次にもどる

おわり

以上で当記事の内容は終了です。

↑ 目次にもどる

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

人気記事

トップへ戻るボタン