WEB歴 8年の専門家が、ブログを始めるのに必要な知識を『どこよりも』わかりやすく説明!

お問い合わせ
公開:2019年12月22日 / 更新:2021年5月15日

同時アクセス数の制限とは|レンタルサーバー基礎知識

レンタルサーバーの同時アクセス数の制限について疑問をもつ女性

おすすめのレンタルサーバーは〇〇。
なぜかというと、ウェブページの表示が高速なうえに同時アクセスに強いから。

という情報を、インターネット上でよく見かけます。

当記事は、この情報のなかにある「同時アクセスに強い」の意味について分かりやすく説明したものです。

同時アクセスに強いレンタルサーバーとは

ウェブサーバー の同時アクセス数の制限を説明したイラスト

同時アクセスに強いレンタルサーバーとは、たくさんの人が同じタイミングでウェブサイトを見ることが出来るという意味です。

具体的に説明します。
たとえば、下記2つのレンタルサーバーがあるとします。

  • レンタルサーバーA … 同じタイミングでサイトをみることが出来る人数「10」
  • レンタルサーバーB … 同じタイミングでサイトをみることが出来る人数「100」

この場合ならば、レンタルサーバーAよりもレンタルサーバーBの方が、同時アクセスに強いと言えます。

これが、同時アクセスに強いレンタルサーバーの意味です。

ほとんどのレンタルサーバーは同時アクセス数を公開していない

ほとんどのレンタルサーバーは、同時アクセス数の上限を公開していません。

私が調査したところ、同時アクセス数を公開しているのは下記4社だけです。

上記について詳しくは、次の記事をご覧ください。

»»» レンタルサーバーの同時アクセス数を調査|具体的な数値を発見!

同時アクセスに強いレンタルサーバーかどうかの見分け方

同時アクセスに強いレンタルサーバーかどうかの見分けている女性

先述したように、ほとんどのレンタルサーバーは「同時アクセス数の上限値」を公開していません。

そのため、「同時アクセスに強いレンタルサーバーかどうか」を見分けるときに、同時アクセス数の上限値は使用できません。

「同時アクセス数に強いレンタルサーバーかどうか」を見分けたいときには、そのレンタルサーバーを「人気サイトが使用しているかどうか」を調べます。

なぜかというと、

人気サイト = たくさんの人が、同じタイミングでサイトを見る

からです。

人気サイト(ブログ)が使用しているレンタルサーバー

たくさんの人気サイト(ブログ)が使用しているレンタルサーバーは、次の2社です。

エックスサーバー

使用している人気サイト


 独自調査(調査方法は、後日追加)

»»» エックスサーバー公式サイトを表示する

ConoHa WING(コノハウィング)

使用している人気サイト


 公式サイト「導入事例」より

»»» ConoHa WING(コノハウィング)公式サイト


以上で、同時アクセスに強いレンタルサーバーの説明は終了です。

↑ 目次にもどる




同時アクセス数とは

同時アクセス数の意味を説明する先生

ここからは、同時アクセス数の意味について詳しく説明していきます。

大まかな意味:ブログを同時に見ている人数

まず、レンタルサーバーの同時アクセス数について「大まか」に説明します。

レンタルサーバーの「同時アクセス数」とは、ブログを同時に見ている人数です。

ウェブサーバー の同時アクセス数の制限を説明したイラスト

上画像の場合ならば、同時アクセス数は「4」です。

以上が、同時アクセスの「大まか」な意味です。
ちなみに、ブログをやるだけならば、ここまでの内容で充分です。

同時アクセス数の正確な意味【難しめ】

次に、同時アクセス数の正確な意味を説明します。

同時アクセス数の正確な意味は、同じタイミングで送受信しているデータの数です。

具体的説明します。

1人が「レンタルサーバーから4つのデータを同時に」ダウンロードしている

たとえば、上画像のように、1人が「レンタルサーバーから4つのデータを同時にダウンロードしている」とします。

この場合、同時アクセス数は4です。

これが、先述した「同じタイミングで送受信しているデータの数」の意味です。
そして、これが、同時アクセス数の正確な意味です。

  • 大まかな意味 = 同じタイミングで、ブログを見ている人の数
  • 正確な意味 = 同じタイミングで、送受信しているデータの数

データの送受信が完了したアクセスは、同時アクセス数から除外する

ちなみに、データの送受信が完了したアクセスは、同時アクセス数から除外します。

1人が「レンタルサーバーから4つのデータを同時に」ダウンロードしている

たとえば、上画像のように、1人が「レンタルサーバーから4つのデータを同時に」ダウンロードしているとします(下記も参照)。

ダウンロードしているデータ

  • HTML
  • 画像
  • CSS
  • JS

そして、ダウンロードを開始してから10秒後の状況が以下のとおりだとします。

ダウンロード完了データ「3」

  • HTML
  • CSS
  • JS

ダウンロード中データ「1」

・画像

この場合ならば、ブログの同時アクセス数は「1」です


以上で、同時アクセス数の説明は終了です。

↑ 目次にもどる

同時アクセス数の制限とは

ここからは、同時アクセス数の制限について説明していきます。

先述したように、同時アクセス数の意味は以下のとおりです。

  • 大まかな意味 = 同じタイミングで、ブログを見ている人の数
  • 正確な意味 = 同じタイミングで、送受信しているデータの数

上記を制限するのが、同時アクセス数の制限です。

同時アクセス数を制限する理由:サーバーダウンを防ぐため

ウェブサーバーがダウンする(電源が落ちたり・処理が止まる)

ちなみに、同時アクセス数を制限する理由は、レンタルサーバーがダウン(電源が落ちたり・処理が止まったり)するのを防ぐためです。

もう少しいうと、大量アクセスによって必要になった処理能力が、レンタルサーバーの処理能力を超えて、レンタルサーバーがダウンするのを防ぐためです。


以上で、同時アクセス数の制限についての説明は終了です。

↑ 目次にもどる

同時アクセス数の制限がかかるまでの流れ

ここからは、レンタルサーバーに同時アクセス数の制限がかかるまでの流れを、具体例を使って説明していきます。

まず、レンタルサーバーに設定している「同時アクセス数の上限が4」とします。

そして、このレンタルサーバーに、次のようなアクセスがあったとします。

ブログを同時に見ようとした人

Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさん、


ブログにアクセスした順番

1位: Aさん、2位: Bさん、3位: Cさん、4位: Dさん、5位: Eさん

この場合、ブログが表示されるのは下記4人です。

ブログを表示できる4人 … Aさん、Bさん、Cさん、Dさん

なお、ブログを見れるかどうかは、アクセスした順番で決まります。分かりやすくいうと、先着順です。

ブログを表示できるのは先着〇〇名

ちなみに、ブログを見ることができないEさんには、503エラーが表示されます。

»»» 関連:【初心者向け】503エラーの意味・表示される理由を徹底解説!


以上で、「同時アクセス数の制限がかかるまでの流れ」の説明は終了です。

↑ 目次にもどる

同時アクセスに強いレンタルサーバーを選ぶべき理由

最後に、同時アクセスに強いレンタルサーバーを選ぶべき理由を説明します。

それは、ブログの機会損失を防ぐためです。具体的に説明すると、以下のとおりです。

具体例の条件

  • ① レンタルサーバーの同時アクセス数の上限値「1,000」
  • ② 上記に、同時アクセスが「2,000」あった
  • ③ 1,000人はブログを表示できない = 1,000人分の機会損失が発生 

 機会損失 = 下記チャンスを逃す

  • 新規ファン
  • 被リンク
  • アフィリエイト報酬

以上で、「大量アクセスに強いレンタルサーバーを選ぶべき理由」の説明は終了です。

↑ 目次にもどる

おわり

以上で当記事の内容は終了です。

↑ 目次にもどる

関連記事

当記事の内容が役にたったという方は、ぜひ、他の方に紹介してください。

トップへ戻るボタン