ブログ初心者向けに「ドメイン取得」「レンタルサーバー選び」に役立つ情報を配信

お問い合わせ
公開:2019年12月22日 / 更新:2022年1月25日

レンタルサーバーの「同時アクセス数の制限」を解説【初心者向け】

503エラーが表示されづらいレンタルサーバー

出典:ロリポップ!公式サイト

503エラーに強いレンタルサーバーは、同時アクセス数の制限値が高い
という言葉をよく目にします。

そして、次のような声をよく耳にします。

  • 同時アクセス数ってなに?
  • 制限があるの?
  • 503エラーに強いレンタルサーバーはどこ?

当記事は、上記3つの疑問を解決するものです。

イラストおよび具体例を使ってわかりやすく説明しているので、スラスラと読み進めることができます。
根拠も紹介しているので安心してください。

参考:【ブログ初心者向け】503エラーの意味を徹底解説!稼ぎたい人必見

筆者(タケヨシ)について

ホームページに関する仕事をしています。今年で9年目です。 »»» 詳細プロフィール

大まかな意味:同時に「ウェブサイトを見る」人数を制限する

同時アクセス数の制限について解説する講師

同時アクセス数の制限は、ウェブサイトを同時に見ることができる人数を制限することです。

具体例で説明すると以下のとおりです。

同時アクセス数の制限(上限)値… 4

ウェブサイトを同時に見ることができる人数…4

下記参照。

ウェブサーバー の同時アクセス数の制限を説明したイラスト

同時アクセス数の制限値をこえると、レンタルサーバーは「503エラー」を表示します。
503エラーが表示されると、ウェブサイトは表示されません。

参考:【ブログ初心者向け】503エラーの意味・表示された時の解決方法を説明

根拠

以下、情報が正しい根拠です。

GMOデジロックへの問合せ結果

ご質問いただいている「ウェブサーバーへの同時接続数」ですが 回答としては下記「【1】」になります。

>【1】ウェブサイトを同時に「見ることができる人数」の上限
> 同時アクセスの上限値が100ならば、100人が同時にウェブサイトを見ることができる


出典:GMOデジロックからのメール(一部抜粋)

↓ 該当箇所…上段

GMOデジロックからのメール(同時アクセス数の制限についての問合せ結果)

参考:iCLUSTA+アイクラスタ byGMO

カラフルボックスへの問合せ結果

ご質問いただきました「同時アクセス数」についてですが(中略) 。

回答としては
「【1】ウェブサイトを同時に「見ることができる人数」の上限
同時アクセスの上限値が100ならば、100人が同時にウェブサイトを見ることができる」


出典:カラフルボックスからのメール(一部抜粋)

↓ 該当箇所…中段

カラフルボックスからのメール(同時アクセス数の制限についての問合せ結果)

参考:カラフルボックス公式サイト


以上で、大まかな説明は終了です。

↑ 目次にもどる

「大まかな意味がわかればOK」という方は、下記リンクを押してください。

»»» 読みとばす

正確な意味:同時に「ウェブサイトとデータの送受信をする」人数を制限する

WEBサーバーソフトとクライアント(ウェブブラウザ)の関係を説明したイラスト

↑「ウェブサーバー」を「ウェブサイト」として見てください。

ウェブサイトを見ているときには、ウェブサイトとデータの送受信をしています。下記参照。

ウェブサイトを表示するとき

サイト表示に必要な「画像、HTML、CSSなど」をダウンロードする

お問い合わせフォームを利用するとき

「名前、電話番号など」のテキストデータを送信する

このデータの送受信を同時にしている人の数が同時アクセス数です。
そして、その人数を制限するのが同時アクセス数の制限です。

大まかな意味との違い

大まかな意味

同時に「ウェブサイトを見る人数」を制限する

正確な意味

同時に「ウェブサイトとデータの送受信をする人数」を制限する

上記2つの違いを、具体例を使って説明すると以下のとおりです。

①ウェブサイトを同時にみている人数…10

②データのダウンロード状況

  • ダウンロード中…7人
  • ダウンロード完了…3人

③サイトの同時アクセス数

  • 大まかな意味…10
  • 正確な意味…7

参考:データの送受信が終わった人は同時アクセス数から除外される

ウェブサイトとのデータ送受信が終わった人は、同時アクセス数から除外されます。
別の言いかたをすると、ウェブサイトの同時アクセス数は1減ります。

除外される理由は、データの送受信が終わるとウェブサイトとの接続が切れるからです。
言いかえると、ウェブサイトにアクセスしていない状態になるからです。

WEBサーバーソフトとクライアント(ウェブブラウザ)の関係を説明したイラスト

↑「ウェブサーバー」を「ウェブサイト」として見てください。

根拠

以下、情報が正しい根拠です

GMOデジロックからのメール

上限を100とした場合、「Webブラウザと Webサーバーとの通信」の同時並行接続数が100までとなります。
Webサイトの読み込みが終わると「WebブラウザとWebサーバーとの通信」は通常切断されますので、Webサイトを開いたままのブラウザが上限数以上あっても問題ありません。


出典:GMOデジロックからのメール(一部抜粋)

↓ 下部にある【回答】部分

GMOデジロックからのメール(同時アクセス数の制限についての問合せ結果)

参考:iCLUSTA+アイクラスタ byGMO

上限を100とした場合、
ブラウザとWebサーバーとの通信の同時並行接続数が、100までになる(中略)
サイトの読み込みが終わったらブラウザとWebサーバーとの通信は切断されるので サイトを開いたままのブラウザの数が上限数以上あっても問題ない(後略)


出典:カラフルボックスからのメール(一部抜粋)

↓ 下部にある「例えばですが…」部分

カラフルボックスからのメール(同時アクセス数の制限についての問合せ結果)

参考:カラフルボックス公式サイト


↑ 目次にもどる

同時アクセス数の制限値を公表しているレンタルサーバーは少ない

レンタルサーバーの公式サイトをスマートフォンで見る女性

同時アクセス数の制限値(上限値)を公表しているレンタルサーバーは少数です。
26社を調査したところ公表しているのは8社でした。

参考までに、公表しているレンタルサーバーを3社紹介します。


プランごとに違う

調査については、次の記事をご覧ください。

»»» レンタルサーバーの同時アクセス数を調査|具体的な数値を発見!


↑ 目次にもどる

同時アクセス数が無制限でも503エラーは表示される

レンタルサーバーの503エラー

同時アクセス数が無制限(制限なし)でも503エラーは表示されます。

以下、根拠です。

ロリポップから送られてきたメール

ハイスピードプランでは、同時アクセス数を基準に503エラーを返すという設定を行っておりませんが、少ないアクセス数でもサイトに設置されたコンテンツの処理によってサーバー側の負荷が高まった場合、503エラーを返すことがございます。


出典:「ロリポップ」カスタマーセンターからのメール

下の画像参照。

「ロリポップ」カスタマーセンターからのメール。以下、メール内容。ハイスピードプランの同時アクセス数は無制限。しかし、サーバー負荷が高くなると503エラーは表示される。

ロリポップ「ハイスピード」の同時アクセス数

※ハイスピードプラン・エンタープライズプランの同時アクセス数は無制限です。

参考:ロリポップ公式サイト


↑ 目次にもどる

503エラーに強いレンタルサーバー

レンタルサーバー選びで迷っている女性

503エラーに強いレンタルサーバーは、別の記事にしました。

下記リンクよりご覧ください。

»»» 503エラー(同時アクセス)に強いレンタルサーバー【個人ブログ向け】


↑ 目次にもどる

レンタルサーバーが同時アクセス数を制限する理由【2つ】

レンタルサーバーが同時アクセス数を制限する理由を説明する先生

レンタルサーバーが同時アクセス数を制限する理由は、次の2つです。

  • 契約者が「サーバーの処理能力」を平等に使うため
  • サーバーに不具合が発生するのを防ぐため

ここからは、上記2つについて分かりやすく説明していきます。

1.契約者が「サーバーの処理能力」を平等に使うため

一般的なレンタルサーバーの場合、1台のサーバー(コンピュータ)を複数の契約者で使用しています。
別の言いかたをすると、サーバーの処理能力を「平等に」分け合って使用しています。

サーバーの処理能力を平等に分けるためには、「契約者ごとに使用できる処理能力」を制限する必要があります。

その方法として、レンタルサーバーは同時アクセス数を制限しています。

※一般的なレンタルサーバー…共用サーバー(月額料金9,000円以下ならば、ほぼ共用)

2.サーバーに不具合が発生するのを防ぐため

ウェブサーバーがダウンする(電源が落ちたり・処理が止まる)

レンタルサーバーは、ウェブサイトを表示するたびに特定の処理をしています。
たくさんの人が同時にウェブサイトをみると、同時にたくさんの処理をする必要があります。

処理能力には限界があります。限界を超えると不具合が発生します。

不具合を発生させないためには、処理能力を超えないように作業量を調整する必要があります。

この調整方法として、レンタルサーバーは同時アクセス数を制限しています。

不具合が起こるとウェブサイトが表示されなくなる


以上2つが、レンタルサーバーが同時アクセス数を制限する理由です。

↑ 目次にもどる

おわり

以上で、当記事は終了です。

↑ 目次にもどる

※リンクを貼って紹介していただけると「とても」うれしいです。

↑ 目次にもどる

おすすめ記事

独自ドメインを無料で使えるサーバー

おすすめプランを紹介する男性。紹介するプランは独自ドメインを無料で使えるうえにWordPressが使えるもの

»»» 独自ドメイン無料のおすすめレンタルサーバープラン4選【WordPress使用可】

---

ロリポップ!レンタルサーバーは独自ドメインをずっと無料で使えます!

レンタルサーバーのプラン解説

ロリポップ公式サイトにあるプラン一覧表(料金表)

↑ 目次にもどる

トップへ戻るボタン