はじウェブ

『レンタルサーバーで独自ドメインを無料で使う方法』をわかりやすく解説!

公開:2021年7月19日 / 更新:2022年11月17日

ConoHa WINGの料金プランを比較【初心者向け】に違いを解説!おすすめプランも紹介

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイト「トップページ」

出典:ConoHa WING(コノハウィング)

レンタルサーバーの公式サイトには専門用語がたくさん使われています。

そのためブログ初心者の方は『自分のやりたいことを最安値で出来るプラン』を選ぶことができません。

当記事はレンタルサーバー用語を知らない方向けに、ConoHa WINGの料金プランを分かりすく解説したものです。

またConoHa WINGと契約するときの注意点も説明しています。

先にいっておくと

  • 全プラン、WordPress(ワードプレス)使用可能
  • おすすめプランは最安値の『ベーシック

です。

WordPress(ワードプレス)…ホームページ制作の知識がなくてもブログができる機能

当サイトの管理人のイラスト
当サイトの管理人のイラスト

筆者:タケヨシ

ホームページに関する仕事をしています。難しいことをわかりやすく説明できるよう訓練しています。

»»» 詳細プロフィール  »»» 仕事用サイト

ConoHa WING:Early Winter キャンペーン

※2022年11月30日まで

ConoHa WING 公式サイト

ConoHa WING の料金プランは6つ

ConoHa WING の料金プランは下記6つです。

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のベーシック、スタンダード、プレミアムの比較表。
  • ベーシック
  • スタンダード
  • プレミアム

参考:料金|ConoHa WING

-

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のリザーブド 1GB、リザーブド 2GB、リザーブド 4GBの比較表。
  • リザーブド 1GB
  • リザーブド 2GB
  • リザーブド 3GB

参考:リザーブドプラン|ConoHa WING


↑ 目次にもどる

『リザーブド』という言葉があるプランと無いプランの違い

先述したようにConoHa WINGの料金プランは下記6つです。

  • ベーシック
  • スタンダード
  • プレミアム
  • リザーブド 1GB
  • リザーブド 2GB
  • リザーブド 3GB

『リザーブド』という言葉があるプランと無いプランには、大きな違いがあります。

それは『使用するサーバー能力』が保証されるかどうかです。具体的には次のとおり。

  • 『リザーブド』があるプラン…保証される
  • 『リザーブド』がないプラン…保証されない

画像を使って説明すると以下のとおりです。

リザーブドプランは1契約ごとにメモリ・vCPUが割り当てられている(リソース確保されている)。そのため、他のユーザーの影響を受けない

出典:リザーブドプランとは|ConoHa WING

  • 青色部分…『リザーブド』があるプラン
  • 黒色部分…『リザーブド』がないプラン

使用するサーバー能力が保証されることを、『リソース確保』という言葉で表現しています。

※サーバー能力 = ウェブページ表示やプログラム処理を、同時にできる量

↓ 公式サイトの説明

1契約毎にメモリ・vCPUが割り当てられた安定稼動できるプランです。他のユーザーの利用状況に応じたメモリやvCPUの割り当て変動がないため(中略)収容状況に影響されない安定した環境をお使いいただけます。

出典:リザーブドプランとは|ConoHa WING

『リザーブド』があるプランと無いプランの料金比較

『リザーブド』があるプランの料金

↓ 表はスクロール出来ます

契約期間 リザーブド1GB リザーブド2GB リザーブド4GB
3ヶ月 1,540円 3,190円 6,380円
6ヶ月以上 1,430円 3,025円 6,050円
12ヶ月以上 1,320円 2,805円 5,610円
24ヶ月以上 1,265円 2,695円 5,390円
36ヶ月以上 1,210円 2,585円 5,170円

-

『リザーブド』がないプランの料金

↓ 表はスクロール出来ます

契約期間 ベーシック スタンダード プレミアム
3ヶ月 1,210円 2,530円 5,060円
6ヶ月以上 1,100円 2,365円 4,730円
12ヶ月以上 990円 2,145円 4,290円
24ヶ月以上 935円 2,035円 4,070円
36ヶ月以上 880円 1,925円 3,850円

参考:料金|ConoHa WING

リザーブプランを使用するメリット

使用できるサーバー能力が保証されるメリットは下記2つです。

  • ウェブページの表示速度が安定する
  • 同時にブログを見れる人数が安定する(503エラーが発生しづらい)

別の言い方をすると、ウェブページからの売上および問合せを逃す確率、が低くなることです。

メリットについて詳しく知りたい方は、下記ページをご覧ください。

»»» 高性能レンタルサーバーを使うとブログで稼ぎやすい理由【3つ】


↑ 目次にもどる

ベーシックプラン、スタンダードプラン、プレミアムプランの違い【3つ】

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のベーシック、スタンダード、プレミアムの比較表。

-

ベーシックプラン、スタンダードプラン、プレミアムプランの違いは下記3つです。

  • 月額料金
  • 文章や画像を保存できる量
  • 同時に、ホームページを見れる人数

具体的には以下のとおりです。

1. 月額料金

↓ 表はスクロール出来ます

契約期間 ベーシック スタンダード プレミアム
3ヶ月 1,210円 2,530円 5,060円
6ヶ月以上 1,100円 2,365円 4,730円
12ヶ月以上 990円 2,145円 4,290円
24ヶ月以上 935円 2,035円 4,070円
36ヶ月以上 880円 1,925円 3,850円

※初期費用なし

2. 文章や画像を保存できる量(SSD)

  • ベーシックプラン……300GB
  • スタンダードプラン…400GB
  • プレミアムプラン……500GB

↓用語説明

ブログに記載する画像や文章はレンタルサーバーに保存されます。

画像や文章を保存できる量は、公式サイトにある『SSD』の数値です。

参考:ブログ1つあたり50GBあれば十分

保存できるデータ量が50GBの場合、ブログ記事を5,000個作成できます。

1つのブログに5000記事作成する人は、滅多にいないでしょう。
したがって保存できるデータ量は、ブログ1つあたり50GB有れば十分です。

根拠:【レンタルサーバー】ディスク容量の意味・ブログに必要な容量を徹底解説!

3.ホームページを同時に見れる人数

  • ベーシックプラン
  • スタンダードプラン…ベーシックプランの1.5倍
  • プレミアムプラン……ベーシックプランの2倍

↓ 補足

ConoHa WING は、ホームページを同時に見れる人数を公表していません。
上記は vCPU、メモリの数値をもとに計算したものです。下記参照。

↓ 表はスクロール出来ます

ベーシック
プラン
スタンダード
プラン
プレミアム
プラン
vCPU 6コア 8コア 10コア
メモリ 8GB 12GB 16GB

※vCPUとメモリの数値が多いほどサーバーの処理能力は高い

参考:ConoHa WING公式サイト

参考:ホームページを同時に見れる人数が、多いメリット

ホームページを同時に見れる人数が多いほど、売上および問い合わせ数が多いです。実際の店舗と同じです。


↑ 目次にもどる

リザーブド1GBプラン、リザーブド2GBプラン、リザーブド4GBプランの違い【3つ】

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のリザーブド 1GB、リザーブド 2GB、リザーブド 4GBの比較表。

リザーブド1GB、リザーブド2GB、リザーブド4GBの違いは下記3つです。

  • 月額料金
  • 文章や画像を保存できる量
  • 同時に、ホームページを見れる人数

具体的には以下のとおりです。

1.月額料金

月額料金は契約期間が長いほど安くなります。

↓ 表はスクロール出来ます

契約期間 リザーブド1GB リザーブド2GB リザーブド4GB
3ヶ月 1,540円 3,190円 6,380円
6ヶ月以上 1,430円 3,025円 6,050円
12ヶ月以上 1,320円 2,805円 5,610円
24ヶ月以上 1,265円 2,695円 5,390円
36ヶ月以上 1,210円 2,585円 5,170円

初期費用なし

文章や画像を保存できる量(SSD)

  • リザーブド1GB…300GB
  • リザーブド2GB…400GB
  • リザーブド4GB…500GB

↓用語説明

ブログに記載する画像や文章はレンタルサーバーに保存されます。

画像や文章を保存できる量は、公式サイトにある『SSD』の数値です。

参考:ブログ1つあたり50GBあれば十分

保存できるデータ量が50GBの場合、ブログ記事を5,000個作成できます。

1つのブログに5000記事作成する人は、滅多にいないでしょう。
したがって保存できるデータ量は、ブログ1つあたり50GB有れば十分です。

根拠:【レンタルサーバー】ディスク容量の意味・ブログに必要な容量を徹底解説!

3.ホームページを同時に見れる人数

  • リザーブド1GB
  • リザーブド2GB … リザーブド1GBの『1.5~2倍』
  • リザーブド1GB … リザーブド1GBの『2~4倍』

↓ 補足

ConoHa WING は、ホームページを同時に見れる人数を公表していません。
上記は vCPU、メモリの数値をもとに計算したものです。下記参照。

↓ 表はスクロール出来ます

リザーブド
1GB
リザーブド
2GB
リザーブド
3GB
vCPU 2コア 3コア 4コア
メモリ 1GB 2GB 4GB

※vCPUとメモリの数値が多いほどサーバーの処理能力は高い

参考:リザーブドプラン|ConoHa WING

参考:ホームページを同時に見れる人数が、多いメリット

ホームページを同時に見れる人数が多いほど、売上および問い合わせ数が多いです。実際の店舗と同じです。


↑ 目次にもどる

全プランの共通点

»»» 興味がない方はこちら

全プランの共通点は以下のとおりです。

WordPress(ワードプレス)を使ってブログができる

根拠

WordPress (6.0.2) といった便利なアプリケーションプログラムを、手間なく簡単にインストールできます。

出典:機能一覧|ConoHa WING

»»» WordPressかんたんセットアップ

作成できるブログの数:無制限

根拠

下記ページの『データベース』項目が『無制限』。

ブログ(WordPress)に関する機能

機能名 内容
WordPress
かんたんセットアップ
ホームページ制作の知識がなくても
WordPressでブログ作成できる機能
WordPress
かんたん移行
他社で運用しているブログを
ConoHa WING に自動で移行する機能
WordPress
プラグイン
WordPressの管理画面上からレンタルサーバーの設定が
できる機能
ログイン回数制限 短時間で複数回のログインを検知した場合、
一定時間アクセス制限する機能
海外アクセス制限 海外のIPアドレスからのアクセスを制限する機能
不正ログインやDDoS攻撃の踏み台になることを防げる
スパムコメント/
トラックバック制限
短時間で大量のコメントやトラックバックが行われた場合、
一時的にコメント・トラックバックを制限する機能
海外コメント/
トラックバック制限
海外のIPアドレスからのコメント投稿や
トラックバックを
制限する機能

根拠:下記ページの『WordPress関連』部分

»»» 機能一覧|ConoHa WING

使用できる独自ドメインとサブドメインの数:無制限

根拠:下記ページの『マルチドメイン』と『サブドメイン』項目が、『無制限』

»»» 機能一覧|ConoHa WING

※マルチドメイン = 独自ドメイン

-

参考:ドメインの説明

↓ ドメイン(ドメイン名ともいう)

Yahoo.co.jpというドメイン名全体に赤線をひいたもの

↓ ドメインが表示される場所

ウェブブラウザのURL欄に「https://www.yahoo.co.jp」という文字列を入力

レンタルサーバーが送受信できるデータ量(転送量):無制限

根拠:下記ページの『転送量目安』項目が『無制限』

»»» 機能一覧|ConoHa WING

-

参考:レンタルサーバーが送受信するデータ

送信するデータ

ブログで使われている画像や文字データなどを、ブログ閲覧者に送信

受信するデータ

  • ブログ閲覧者がお問い合わせフォームに入力した内容、など
  • ブログ記事で使う画像や文字データ(ブログ作成者のパソコンから送られてくる)

レンタルサーバーが送受信するデータを暗号化する機能(独自SSL)

根拠

無料独自SSL……Let's EncryptのSSL証明書を利用可能。

出典:機能一覧|ConoHa WING

オプション独自SSL……国内シェアNo.1のグローバルサイン社の提供する、クイック認証SSL、企業認証SSL、EV SSLを利用できます。
※有料オプション機能。

出典:機能一覧|ConoHa WING

-

※独自SSLを使うとブログを常時HTTPS化できる

ブログ作成時にレンタルサーバーとデータを送受信する、機能と技術

機能名 機能説明
ファイルマネージャ Webブラウザを使用して、
レンタルサーバーとデータの送受信をするツール
FTPソフト レンタルサーバーとデータの送受信をするソフトウェア
サブFTPアカウント
の追加
FTPソフトを使える人数を増やす機能
(何人でも増やせる)
FTPS、SFTP レンタルサーバーと送受信するデータを暗号化する技術

根拠:機能一覧|ConoHa WING

便利機能

作業時間を短縮する機能

機能名 機能説明
無料自動バックアップ レンタルサーバーにあるデータを自動でバックアップする機能
(保存データは無料で使える)

参考:自動バックアップ|ConoHa WING

-

アクセス解析機能

機能名 できること
アクセス解析ツール Webサイトへのアクセス状況をグラフや数値でみる
ログ確認 Webサーバーのログを確認する

-

その他

内容
Webフォント設定 本来は有料のWebフォントを、無料で使える
ads.txt(アズテキスト) ads.txtをコントロールパネルから設定する
モニタリング CPU・メモリ・ディスク使用率を確認できる
Webページアクセス制限 特定の人だけに公開するページを作れる
SSH UNIXコマンドを用いて、サーバーを遠隔操作できる
.htaccess編集機能 ディレクトリ単位で、
アクセス制限やユーザー認証を設定できる
サイト転送 URLを指定して、他のサイトへ自動転送できる
サーバーマイグレーション サーバー収容環境の混雑時に、
収容率の低いサーバーにデータの移行できる
自動プランアップ CPU・メモリ・ディスク使用率が
設定値を超えたときに、自動でプランアップできる
エラーページ 自分でカスタマイズしたエラーページを表示できる
動作確認URL ドメインのネームサーバーを変更する前に、ConoHa WINGに
設置したホームページの表示内容を確認できる

便利機能がある証拠:機能一覧|ConoHa WING

プログラム関連

補足
使用できるプログラム言語 Perl、Ruby、Python、PHP
使用できるPHPのバージョン PHP8、PHP7、PHP5
php.ini編集 編集できる
CGI 使用できる
Cron 指定時間に指定コマンド(プログラム)を
自動的に実行させるサーバー機能

参考:Cron設定|ConoHa WING

メール関連

容量

作成できるメールアドレス 無制限

-

出来ること

専門用語 できること
メーリングリスト 複数の相手に同じ内容のメールを送信
Webメール Webブラウザからメールの送受信
メール転送 受信したメールをあらかじめ指定したメールアドレスへ
自動転送
メール自動返信 受信したメールに対し定型文を自動で返信

-

メールセキュリティ

専門用語 用語説明
ウイルスチェック ウィルスメールの駆除機能。F-Secureを使用
迷惑メールフィルター 自動でスパムメールを判定、排除する機能。F-Secureを使用

-

メール関連の根拠:機能一覧|ConoHa WING

ウェブサイトを高速化する技術

技術名 技術説明
HTTP/2 通信効率の改善により、SSL化したWebサイトの表示速度を
大幅に向上する通信規格
LiteSpeed LSAPI PHPの処理を高速化する技術
OPcache PHPの処理を高速化する技術
ブラウザ
キャッシュ設定
ブラウザのキャッシュ利用を指示する設定をExpiresヘッダに
付加し、
Webページへ再アクセス時にキャッシュデータを
読み込むことでサイトの表示速度を上げる機能
コンテンツキャッシュ ウェブサイトで使用しているデータのキャッシュを
サーバーに保持することで、
表示速度を上げる機能

根拠:機能一覧|ConoHa WING

-

参考:ウェブサイトを高速化するメリット

»»» 高性能レンタルサーバーを使うとブログで稼ぎやすい理由【3つ】

ウェブサイトの安全性を高める機能

専門用語 用語説明
WAF Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃から
Webサイトを保護する機能
IPアクセス制限 指定したIPアドレスからのアクセスを遮断する機能
ディレクトリアクセス制限 Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃から
Webサイトを保護する機能

根拠:機能一覧|ConoHa WING

ウェブサーバーの種類、データの保存方法(RAID構成)

項目 内容
OS CloudLinux
Webサーバー Apache + nginx
RAID構成 RAID10

根拠:機能一覧|ConoHa WING

↓用語説明

※nginx は大量の同時アクセスへの処理に最適化されたウェブサーバー

※RAID構成はレンタルサーバーにあるデータを、複数のHDDまたはSSDに保存する技術。RAIDには種類があり、RAID10は高速かつ高い障害耐性を兼備する構成

初期費用:なし

根拠…下記ページに『初期費用無料』と記載されている。

ConoHa WING公式サイトにある「初期費用無料」という文字

»»» ConoHa WING公式サイト

利用できるサポート

  • メール……24時間受付(回答は平日10:00~18:00)
  • チャット…平日10:00~18:00
  • 電話………平日10:00~18:00

根拠:サポートについて|ConoHa WING


↑ 目次にもどる

契約期間中にプラン変更できるので安心

契約期間中にプランを変更できます。

根拠

ConoHa WINGはどのプランをお選びいただいても、お申し込み後にすべてのプランへ変更出来ます。

出典:料金|ConoHa WING

したがって契約期間中に

  • サービス費用を節約したい
  • サービス内容を充実したい

といった場合も安心です。

参考:プランを変更する|ConoHa WING


おすすめプランは最安値の『ベーシック』

参考までに。

私のおすすめプランは、最安値のベーシックです。

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のベーシック、スタンダード、プレミアムの比較表。

参考:料金|ConoHa WING

ベーシックプランをおすすめする理由は下記2つです。

理由1. サービス内容が充実している

ベーシックプランのサービス内容は、とても充実しています。

『個人ブログ』および『個人事業主のホームページ』を運営するうえで、サービス内容に不満を感じることは、ほぼ無いです。

理由2. 契約期間中にプラン変更できるので、金銭的に損しない

ベーシックプランは契約期間中いつでも料金の高いプランへ変更できます。

根拠

ConoHa WINGはどのプランをお選びいただいても、お申し込み後にすべてのプランへ変更出来ます。

出典:料金|ConoHa WING

先述したようにベーシックプランは最安値プランです。

以上のことから、ベーシックプランで契約して、サービスが物足りない場合は上位プランに変更すれば良いそうすれば金銭的に損しない、と言えます。


»»» ConoHa WING公式サイトをみる

↑ 目次にもどる

ConoHa WINGと契約するときの注意点【2つ】

ConoHa WING と契約するときの注意点は下記2つです。

注意点1. 通常契約とWINGパック契約がある

ConoHa WINGとの契約方法は2種類あります。それは以下のものです。

  • 通常契約
  • WINGパック契約

↓ 通常契約

ConoHa WINGの料金プラン一覧。ベーシック、スタンダード、プレミアムプランを通常契約した場合の金額が表示されている

↓ WINGパック契約

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のベーシック、スタンダード、プレミアムの比較表。

参考:料金|ConoHa WING

通常契約とWINGパック契約の違い【4つ】

通常契約とWINGパック契約の違いは、下記4つです。

1.料金体系
  • 通常契約…1時間○○円
  • WINGパック契約…月額料金

具体例:ベーシックプランの場合

  • 通常契約 … 1時間2.2円
  • WINGパック契約 … 月額891円(3か月契約の場合)

補足:通常契約の料金について

①1か月あたりの上限額がある

↓ 金額

  • ベーシックプラン……1,320円
  • スタンダードプラン…2,640円
  • ベーシックプラン……5,280円

※毎日 24時間使っても、上記金額しか払わなくて良い

②契約申込日から1か月経つと月額料金に変わる

通常契約の料金説明

出典:料金|ConoHa WING

月額料金は『1か月あたりの上限額』と同じ。

参考:料金|ConoHa WING

2. 最低利用期間
  • 通常契約…なし
  • WINGパック契約…3ヶ月
3.独自ドメインを無料で使える、かどうか
  • 通常契約…使えない
  • WINGパック契約…使える

»»» 独自ドメインを無料で使う方法

4.WINGパック契約すると、契約申込みをした月、レンタルサーバーを無料で使える
契約申込みをした月は、ConoHa WING を無料で使える、ということを説明するイラスト
出典:ご利用の流れ|ConoHa WING

↓ 具体例

契約申込日 無料で使える期間
4月1日 4月1日 ~ 4月30日
4月15日 4月15日 ~ 4月30日
4月30日 4月30日

-

3か月利用する場合は、WINGパック契約の方が金銭的に得

ConoHa WING を 3か月以上利用する場合は、通常契約するよりもWINGパック契約する方が金銭的に得です。下記参照。

ベーシックプランを3か月利用した場合の料金

  • 通常契約…3,960円
  • WINGパック契約…3,630円

注意点2. 無料お試し期間がない

↓根拠

無料トライアルはございません(後略)

出典:お申し込みについて|ConoHa WING

-

使い心地を試したい場合は、通常契約にする

先述したようにベーシックプランで通常契約すれば、1時間2.2円でレンタルサーバーを使用できます。

ConoHa WINGの料金プラン一覧。ベーシック、スタンダード、プレミアムプランを通常契約した場合の金額が表示されている

参考:料金|ConoHa WING


以上で当記事はおわりです。
WINGパック契約する方は、ぜひ次の記事をご覧ください。

»»» ConoHa WING の独自ドメイン無料特典を徹底解説!契約時の注意点も紹介

※「利用料 最大62%OFF」キャンペーン実施中です。

ConoHa WING 公式サイト

↑ 目次にもどる

ConoHa WINGに関する記事

トップへ戻るボタン