はじウェブ

レンタルサーバーの『独自ドメイン無料制度』についてわかりやすく解説!

公開:2021年7月19日 / 更新:2021年12月24日

ConoHa「WINGパック」ベーシック、スタンダード、プレミアムの違い

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイト「トップページ」

はじめてレンタルサーバーを契約する方に、ConoHa WING(コノハウィング) が扱っているプランの違いをわかりやすく説明します。

説明するプランは下記3つ。

  • WINGパック「ベーシック」
  • WINGパック「スタンダード」
  • WINGパック「プレミアム」

※上から利用料が安い順

参考:ConoHa WING 公式サイト

また、プラン選びで100%成功する方法も紹介します。
先に結論をいっておくと、はじめは WINGパック「ベーシック」で契約することです。

なお、全プラン WordPress(ワードプレス)使用可能です。

WordPress(ワードプレス)

ブログをするのに必要。
パソコンで例えるならば「Word」「Excel」などのソフト(アプリ)みたいなもの

参考:WordPress(ワードプレス)公式サイト

ベーシック、スタンダード、プレミアムの違いは【4つ】

WINGパック「ベーシック、スタンダード、プレミアム」の違いは4つ

WINGパック「ベーシック、スタンダード、プレミアム」の違いは、以下4つです。

  • サーバー利用料(月額料金)
  • 保存できるデータ容量
  • データ転送量 目安
  • リソース(使用できるサーバー能力)

具体的には、以下のとおりです。

1. サーバー利用料(月額料金)

↓ 表はスクロール出来ます

↓ 契約期間 ベーシック スタンダード プレミアム
3ヶ月 1,210円 2,530円 5,060円
6ヶ月以上 1,100円 2,365円 4,730円
12ヶ月以上 891円 2,145円 4,290円
24ヶ月以上 842円 2,035円 4,070円
36ヶ月以上 740円 1,925円 3,850円

※キャンペーン価格。12月24日まで

参考:ConoHa WING 公式サイト

※初期費用は全プラン無料。

2. 保存できるデータ容量(ディスク SSD)

  • ベーシック …… 300GB
  • スタンダード … 400GB
  • プレミアム …… 500GB

出典:コノハウィング|機能一覧

※ストレージの種類(媒体)は同じ。全プランSSD。

参考:ディスク容量の意味・ブログに必要な容量を徹底解説!

3. データ転送量(1か月あたりの最大値)

  • ベーシック …… 27TB
  • スタンダード … 36TB
  • プレミアム …… 45TB

出典:コノハウィング|機能一覧

»»» 関連記事:データ転送量の意味・ブログに必要な容量を徹底解説!

4. リソース(使用できるサーバー能力)

↓ 表はスクロール出来ます

ベーシック スタンダード プレミアム
vCPU 6コア 8コア 10コア
メモリ 8GB 12GB 16GB

※メモリ・vCPUコア数は目安値です。共用サーバーの混雑度が低い場合、最大値までご利用いただけます。


※目安値。完全保証(リソース保証)ではない。

リソース保証

1契約ごとにメモリ・vCPUが割り当てらること。
他のユーザーの影響を受けないためウェブサイトの動作が安定する。

リソース保証のイメージ … パソコンと同じ。CPUのコア数とメモリが多いほど、たくさんの作業を同時にできる

参考:リザーブドプラン|ConoHa WING


以上4つが、WINGパック「ベーシック、スタンダード、プレミアム」の違いです。

参考:ConoHa WING 公式サイト

↑ 目次にもどる

おすすめはプランはベージック:理由はプラン変更できるから

おすすめプランを紹介する男性

おすすめプランは最安値のWINGパック「ベーシック」です。

理由は、いつでも上位プランに変更できるから。
そして、プラン変更によるデメリットはないからです。

「WINGパック」契約期間中のサーバープラン変更はできますか?

できます。お好きなタイミングでコントロールパネルよりサーバープランをご変更いただけます。


プラン変更はすごく簡単

コノハウィング公式サイトにある「プランの変更方法」解説画像
出典:プラン変更の方法|公式サイト

プラン変更は簡単にできます。下記ページ参照。

»»» プラン変更の方法|ConoHa WING

ここまでの内容をよむと、はじめはWINGパック「ベーシック」にすべき、ということが分かったと思います。

»»» ConoHa WING 公式サイトをみる


↑ 目次にもどる

サーバー性能は全プラン同じ。同時アクセス(大量アクセス)に対する強さは違う

バスマークを出すひよこのイラスト

レンタルサーバーの性能は、全プラン同じです。
具体的には、下記3つは同じです。

  • ウェブページの表示速度
  • プログラムの処理速度
  • サーバーの稼働率

以下、根拠です。

↓ ConoHa WING のサポートセンターから送られてきたメール

(前略)WINGパックのプランの違いといたしましては、利用料金、
ディスク容量、転送量目安の3点となっております。

それ以外の機能としての違いはございません(後略)

ConoHa WING のサポートセンターから送られてきたメール

↑ 2021年7月8日に送られてきたメール

同時アクセス(大量アクセス)に対する強さは違う

同時アクセス(大量アクセス)に対する強さは、プランごとに違います。
具体的には、以下のとおり。

大量アクセスに強い順

  1. ベーシック
  2. スタンダード
  3. プレミアム

イメージとしては次のような感じです。

ウェブサイトを同時に見ることができる人数

  • ベーシック ……… 200人
  • スタンダード …… 150人
  • プレミアム … 100人

理由:使用できるサーバー能力(リソース)が違うから

同時アクセスに対する強さが違う理由は、プランごとに使用できるサーバー能力(リソース)が違うからです。
もう少しいうと、使用できるサーバー能力は上位プランほど多いからです。

詳しい説明は、先述したので省略します。

»»» ConoHa WING 公式サイトをみる


↑ 目次にもどる

まとめ

最後に、当記事のまとめです。

紹介したプラン

  • WINGパック「ベーシック」
  • WINGパック「スタンダード」
  • WINGパック「プレミアム」

※上から利用料が安い順

参考:ConoHa WING 公式サイト

スタンダード、プレミアム、ビジネスの違い【4つ】

  • サーバー利用料(月額料金)
  • 保存できるデータ容量
  • データ転送量 目安
  • リソース(使用できるサーバー能力)

»»» もう一度みる

おすすめプランはベーシック【理由は3つ】

理由

  • いつでもプラン変更できる
  • プラン変更によるデメリットはない
  • プラン変更はすごく簡単

»»» もう一度みる

サーバー性能は全プラン同じ

下記能力は、全プラン同じ。

  • ウェブページの表示速度
  • プログラムの処理速度
  • サーバーの稼働率

»»» もう一度みる

同時アクセス(大量アクセス)に対する強さはプランごとに違う

大量アクセスに強い順

  1. ベーシック
  2. スタンダード
  3. プレミアム

理由…リソース(使用できるサーバー能力)が違うから

»»» もう一度みる


以上で、当記事のまとめは終了です。

プランの違いはわかりましたか?
はじめはWINGパック「ベーシック」にすべき、といった理由が理解できましたか。

以上で、当記事は終了です。

参考:WINGパックお申し込み方法|公式サイト

ConoHa WING 公式サイト

当記事が役に立ったという方は、ぜひ他の人に紹介してださい。

↑ 目次にもどる

レンタルサーバー選びに役立つ記事

トップへ戻るボタン