はじウェブ

レンタルサーバーの『独自ドメイン無料制度』についてわかりやすく解説!

公開:2021年7月19日 / 更新:2022年7月27日

ConoHa WINGの料金プランは12種類!各プランの違いを解説。おすすめも紹介

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイト「トップページ」

ConoHa WING の料金プランは 12種類あります。
当記事は、各プランの違いをわかりやすく説明したものです。

プラン選びで失敗したくない方は、ぜひご覧ください。

先にいっておくと、ブログ初心者におすすめのプランは「WINGパック ベーシック」です。下記参照。

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のベーシック、スタンダード、プレミアムの比較表。

»»» ConoHa WING公式サイトをみる

»»» 「WINGパック ベーシック」をおすすめする理由をみる

【安心】全プラン WordPressを使用してブログができる

WordPress(ワードプレス)…専門知識がなくてもブログを運営できる機能

「OKマーク」を出す女性(イラスト)

はじめに知っておいてほしいことがあります。

それは、全プランWordPress(ワードプレス)を使用してブログができることです。

別の言い方をすると、どのプランを選んでも「ブログができない…」と後悔することはないです。安心してください。

»»» ConoHa WING の料金プランは12種類:通常契約6つ。WINGパック契約6つ

ブログを始めるのも簡単:WordPress簡単インストールと電話サポートがある

↓ WordPress簡単インストール

エックスサーバー公式サイトにある、WordPress簡単インストールの使用方法を解説したページ
出典:WordPressをインストールする | ConoHa WING

全プラン下記2つを利用できます。

そのため、どのプランを選んでも簡単にブログを始めることができます。安心してください。

先述したように、ブログ初心者におすすめのプランは「WINGパック ベーシック」です。下記参照。

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のベーシック、スタンダード、プレミアムの比較表。

»»» ConoHa WING公式サイトをみる

»»» 「WINGパック ベーシック」をおすすめする理由をみる

料金プランは12種類:通常契約6つ。WINGパック契約6つ

ConoHa WING が扱っているプランは12種類。具体的には以下のものです。

通常契約6つ

ベーシック、スタンダード、プレミアム

ConoHa WINGの料金プラン一覧。通常契約のベーシック、スタンダード、プレミアムの比較表。

リザーブド 1GB、リザーブド 2GB、リザーブド 4GB

ConoHa WINGの料金プラン一覧。通常契約のリザーブド 1GB、リザーブド 2GB、リザーブド 4GBの比較表。

WING パック契約6つ

ベーシック、スタンダード、プレミアム

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のベーシック、スタンダード、プレミアムの比較表。

リザーブド 1GB、リザーブド 2GB、リザーブド 4GB

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のリザーブド 1GB、リザーブド 2GB、リザーブド 4GBの比較表。

ここからは、各プランの違いについて説明します。

通常契約とWINGパック契約の違い【2つ】

まず、通常契約とWINGパック契約の違いを説明します。

具体的には、

  • 「通常契約のベーシック」と「WINGパック契約のベーシック」
  • 「通常契約のスタンダード」と「WINGパック契約のスタンダード」
  • 「通常契約のプレミアム」と「WINGパック契約のプレミアム」
  • 「通常契約のリザーブド 1GB」と「WINGパック契約のリザーブド 1GB」
  • 「通常契約のリザーブド 2GB」と「WINGパック契約のリザーブド 2GB」
  • 「通常契約のリザーブド 4GB」と「WINGパック契約のリザーブド 4GB」

の違いを説明します。

【通常契約】ベーシック、スタンダード、プレミアム

ConoHa WINGの料金プラン一覧。通常契約のベーシック、スタンダード、プレミアムの比較表。

【WINGパック契約】ベーシック、スタンダード、プレミアム

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のベーシック、スタンダード、プレミアムの比較表。

-

通常契約とWINGパック契約の違いは、次の2点です。

  • 独自ドメインを無料で使えるかどうか
  • 契約期間

ここからは、上記2つについて詳しく説明していきます。

違い1:独自ドメインを無料で使えるかどうか

WINGパック契約をすると、独自ドメインを2つ無料で使えます。

通常契約をすると、独自ドメインを使うときに費用が必要です。

以下、根拠です。

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトにある独自ドメイン無料制度の説明

»»» WINGパック|ConoHa WING

参考:ConoHa WING (コノハウィング)の【独自ドメイン無料制度】を徹底解説!

違い2:契約期間

通常契約とWINGパック契約、それぞれの契約期間は以下のとおりです。

  • 通常契約 … なし。利用した分だけ料金を払う
  • WINGパック契約 … 3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月のどれか

※通常契約…1時間2.2円~8.8円。下記参照。

ConoHa WINGの料金プラン一覧。通常契約のベーシック、スタンダード、プレミアムの比較表。

»»» ConoHa WING 公式サイト

以上2つが、通常契約とWINGパック契約の違いです。

「リザーブド」という言葉があるプランと無いプランの違い

次に、下記2種類の違いについて説明します。

  • 「リザーブド」という言葉があるプラン
  • 「リザーブド」という言葉がないプラン

具体的には、下記2種類の違いを説明します。

↓ リザーブド1GB、2GB、4GB

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のリザーブド 1GB、リザーブド 2GB、リザーブド 4GBの比較表。

-

↓ ベーシック、スタンダード、プレミアム

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のベーシック、スタンダード、プレミアムの比較表。

違いは「使用できるサーバー能力」が保証されているかどうか

「リザーブド」という言葉があるプランと無いプランの違いは、「使用できるサーバー能力」が保証されているかどうかです。

具体的には、以下のとおりです。

  • リザーブドがある…保証されている
  • リザーブドがない…保証されていない

下記参照。

リザーブドプランは1契約ごとにメモリ・vCPUが割り当てられている(リソース確保されている)。そのため、他のユーザーの影響を受けない

リザーブドがあるプランは青色。無いプランは黒色のイラスト

»»» リザーブドプラン|ConoHa WING

参考:「使用できるサーバー能力」が保証されるメリット

使用できるサーバー能力が保証されるメリットは、ウェブページの表示が安定することです。
具体的には、表示速度と同時にみることができる人数が安定することです。

ちなみに、ウェブページ表示が早いと検索順位が上がりやすくなります。
また、ウェブページを同時にみることができる人数が多いほど、機会損失が発生する確率は低いです。

根拠:高性能レンタルサーバーを使うとブログで稼ぎやすい理由【3つ】

ベーシック、スタンダード、プレミアムの違い

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のベーシック、スタンダード、プレミアムの比較表。

次に、上記3プランの違いを説明します。違いは以下のとおりです。

↓ 表はスクロール出来ます

ベーシック スタンダード プレミアム
料金(通常契約) 2.2円/時間 4.4円/時間 8.8円/時間
料金(WINGパック契約) 660円~ 1,925円~ 3,850円~
保存できるデータ量(ディスク容量) 300GB 400GB 500GB
サーバー性能(メモリ、vCPU) 8GB/6コア 12GB/8コア 16GB/10コア

以下、補足です。

料金

通常契約

↓ 表はスクロール出来ます

契約期間 ベーシック スタンダード プレミアム
1時間あたり 2.2円 4.4円 8.8円
金額の上限 1,320円/月 2,640円/月 5,280円/月

※1か月あたりに支払う料金の上限。ベーシックの場合ならば、何時間使っても1,320円を超えない。

WINGパック契約

↓ 表はスクロール出来ます

契約期間 ベーシック スタンダード プレミアム
3ヶ月 1,210円 2,530円 5,060円
6ヶ月以上 1,100円 2,365円 4,730円
12ヶ月以上 990円 2,145円 4,290円
24ヶ月以上 935円 2,035円 4,070円
36ヶ月以上 880円 1,925円 3,850円

保存できるデータ量(ディスク容量)

保存できるデータ量(ディスク容量)は、ブログ1つあたり50GBあれば十分です。

根拠:【レンタルサーバー】ディスク容量の意味・ブログに必要な容量を徹底解説!

サーバー性能

»»» 高性能レンタルサーバーを使うとブログで稼ぎやすい理由【3つ】

以上で「ベーシック、スタンダード、プレミアムの違い」の説明はおわりです。

リザーブド1GB、リザーブド2GB、リザーブド4GBの違い

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のリザーブド 1GB、リザーブド 2GB、リザーブド 4GBの比較表。

次に、上記3プランの違いを説明します。違いは以下のとおりです。

↓ 表はスクロール出来ます

リザーブド1GB リザーブド2GB リザーブド4GB
料金(通常契約) 2.8円/時間 5.5円/時間 11円/時間
料金(WINGパック契約) 1,210円~ 2,585円~ 5,170円~
保存できるデータ量(ディスク容量) 300GB 400GB 500GB
サーバー性能(メモリ、vCPU) 1GB/2コア 2GB/3コア 4GB/4コア

以下、補足です。

料金

通常契約

↓ 表はスクロール出来ます

契約期間 リザーブド1GB リザーブド2GB リザーブド4GB
1時間あたり 2.8円 5.5円 11円
金額の上限 1,650円/月 3,300円/月 6,600円/月

※1か月あたりに支払う料金の上限。リザーブド1GBの場合ならば、何時間使っても1,650円を超えない。

WINGパック契約

↓ 表はスクロール出来ます

契約期間 リザーブド1GB リザーブド2GB リザーブド4GB
3ヶ月 1,540円 3,190円 6,380円
6ヶ月以上 1,430円 3,025円 6,050円
12ヶ月以上 1,320円 2,805円 5,610円
24ヶ月以上 1,265円 2,695円 5,390円
36ヶ月以上 1,210円 2,585円 5,170円

保存できるデータ量(ディスク容量)

保存できるデータ量(ディスク容量)は、ブログ1つあたり50GBあれば十分です。

根拠:【レンタルサーバー】ディスク容量の意味・ブログに必要な容量を徹底解説!

サーバー性能

»»» 高性能レンタルサーバーを使うとブログで稼ぎやすい理由【3つ】

以上で「リザーブド1GB、2GB、4GBの違い」の説明はおわりです。

おすすめプランはWINGパック「ベーシック」

最後に、おすすめプランを紹介します。

おすすめプランは、WINGパック契約のスタンダードです。
※WINGパック契約の1番安いプラン

ConoHa WINGの料金プラン一覧。WINGパック契約のベーシック、スタンダード、プレミアムの比較表。

おすすめする理由は次の3つです。

  • 個人ブログの運営には十分すぎるほどのサービス内容
  • 契約期間中いつでも上位プランに変更できる。プラン変更にデメリットはない
  • 独自ドメインを2つ無料で使える

上記をみると、WINGパック契約のスタンダードにすれば間違いない、ということがわかると思います。

生徒が「Good」と言っているイラスト

»»» ConoHa WING公式サイトをみる

以上で、当記事はおわりです。

トップへ戻るボタン