はじウェブ

レンタルサーバーの『独自ドメイン無料制度』についてわかりやすく解説!

公開:2021年5月23日

コアサーバー【独自ドメイン更新費用が永久無料】を徹底解説!契約時の注意点も紹介

CORESERVER(コアサーバー)公式サイトのトップページ

CORESERVER(コアサーバー)の「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用したいけれどデメリットがないか不安。たとえば、違約金があるとか…

と思っていませんか?

私は、思っていました。同時に「デメリットがなければ最高にお得」とも思いました。

そこで、「独自ドメイン更新費用が永久無料」について徹底的に調べました。その結果をまとめたのが当記事です。

めちゃくちゃ詳しく説明していますので、当記事を読めば「独自ドメイン更新費用が永久無料」を完璧に理解できます。

先にいっておくと、かなりお得な制度です。

お得度  4

筆者について

ホームページに関する仕事をしています。
ホームページ運用をコストパフォーマンス良くする方法を日々調査しています。

»»» 詳細プロフィール

要点を紹介。「独自ドメイン更新費用が永久無料」が2分でわかる

「独自ドメイン更新費用が永久無料」について大まかに説明する講師

はじめに、「独自ドメイン更新費用が永久無料」の要点を紹介します。読めば「独自ドメイン更新費用が永久無料」のことが8割わかります。

»»» コアサーバー公式サイトを表示する

メリット:ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年1,500円~3,000円得

「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用すると、コアサーバーと契約しているあいだ独自ドメインを1つ無料で使えます。

お名前.comムームードメインといったドメイン取得サービスを利用するよりも、毎年1,500円~3,000円得です。

得する金額はドメイン末尾(下画像の赤線部分)ごとに違います。

ドメイン種類(末尾)

ペナルティ:なし

「独自ドメイン更新費用が永久無料」にペナルティはありません。違約金など一切不要です。

デメリット:なし

「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用することにデメリットはありません。

無料にできる独自ドメインの条件

無料にできる独自ドメインには条件があります。それは以下のものです。

  • 無料にできる独自ドメインは1つ
  • ドメイン末尾をコアサーバーが指定するものにする

ドメイン末尾(下画像の赤線部分)

ドメイン種類(末尾)

↓ コアサーバーが指定するドメイン末尾

.com / .net / .org / .info / .biz /.jp


利用条件

「独自ドメイン更新費用が永久無料」には利用条件があります。それは、新規契約するときにプランを下記3つのどれかにすることです。

  • CORE-X
  • CORE-Y
  • CORE-Z
コアサーバー公式サイトにあるV2プラン一覧リスト

参考:コアサーバー公式サイト

※プラン以外は自由です。

利用方法(利用手順)

「独自ドメイン更新費用が永久無料」の利用方法(利用手順)は以下のとおりです。

「サーバー契約と同時に取得する独自ドメイン」を無料にする場合

  1. 無料体験を申し込むときに「無料で使う独自ドメイン」を取得する
  2. コアサーバーと正式契約する

↓ 無料体験を申し込むときに「無料で使う独自ドメイン」を取得する

mixhost公式サイトの申込み画面にある独自ドメイン設定欄

-

「取得済み(所有している)独自ドメイン」を無料にする場合

  1. 「取得済み(所有している)独自ドメイン」の管理会社を、バリュードメインに変更する
  2. コアサーバーとレンタルサーバー契約する
  3. 「取得済み(所有している)独自ドメイン」とサーバー契約を関連づける
  4. 「ドメインの自動更新・延長設定」を「個別設定を優先」にする

-

↓「取得済み(所有している)独自ドメイン」とサーバー契約を関連づける

選択したサーバーとドメインの紐づけが完了しました。選択したサーバはこちらから
                ご確認ください。」というメッセージが表示されている
出典:既存ドメインを永久無料対象として紐付け | CORESERVER(コアサーバー)

-

↓「ドメインの自動更新・延長設定」を「個別設定を優先」にする

バリュードメイン管理画面の「ドメインの自動更新・延長設定(個別設定)」ページ
出典:既存ドメインを永久無料対象として紐付け | CORESERVER(コアサーバー)

コアサーバー解約後も「無料で使用していた独自ドメイン」は利用できる

コアサーバーを解約した後も「無料で使用していた独自ドメイン」は利用できます。ただし、ドメイン費用が必要になります。

ドメイン更新料

ムームードメイン公式サイトにあるドメイン価格一覧表

独自ドメインを使わない場合はドメイン契約を解約。使う場合はドメイン契約を更新します。

注意点2つ

「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用するときの注意点は、下記2つです。

  • ドメイン取得料が必要。正式契約しなくても必要
  • 「無料で使う独自ドメイン」は変更できない

参考:ドメイン費用をやさしく説明!

すごい点:「.jp」を無料で使えるのはコアサーバーだけ

「独自ドメイン更新費用が永久無料」のすごい点は「.jp」を無料で使えるところです。

独自ドメインを無料で使えるレンタルサーバーはコアサーバー以外にもあります。
しかし、「.jp」を無料で使えるのはコアサーバーだけです。

参考:レンタルサーバー6社の独自ドメイン無料制度を比較。違いを徹底解説

評価:かなりお得な制度

「独自ドメイン更新費用が永久無料」はかなりお得だと私は思います。理由は以下のものです。

  • 残念な点…ドメイン取得料が必要
  • 良い点…上記以外に悪いところがない
お得度  4

以上で、要点紹介はおわりです。

»»» コアサーバー公式サイトをみる

ここからは、「独自ドメイン更新費用が永久無料」について詳しく説明していきます。
興味のあるところから読みたい方は、目次に移動してください。下記リンクです。

↑ 目次にもどる

メリット:ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年1,500円~3,000円得

※ドメイン取得サービス…「お名前.com」や「ムームードメイン」のこと

「お名前.com」の公式サイトのトップページ

「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用すると、ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年1,500円~3,000円得です。

そのようにいう理由は、次の2つです。

理由

  • ドメイン取得サービスを利用すると毎年1,500円~3,000円必要。「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用すると0円
  • サーバー費用は「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用しない場合と同じ

ここからは上記について詳しく説明します。説明が不要な方は下記リンクを押してください。

»»»  「無料にできる独自ドメインの条件」に移動する

ドメイン取得サービスを利用すると毎年1,500円~3,000円必要。「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用すると0円

通常、独自ドメインを使用するときにはドメイン取得サービスを利用します。そして、毎年1,500円~3,000円ほど支払います。下記参照。

ムームードメインの管理画面にある支払い情報画面。4年間で支払った費用が記載されている

↑ ムームードメインの管理画面

これに対して「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用した場合はドメイン費用は不要です。

上記2つのドメイン費用を比較すると以下のとおりです。

ドメイン費用 比較

  • ドメイン取得サービス…年間 1,500~5,000円
  • 「独自ドメイン更新費用が永久無料」……0円

以上のことから「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用すると、ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年1,500円~3,000円得」といえます。

参考:ドメイン費用をやさしく説明!取得から解約まで料金の仕組みを徹底解説!

サーバー費用は、「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用しない場合と同じ

下記2つのサーバー費用は同じです。

「独自ドメイン更新費用が永久無料」を

  • 利用する場合
  • 利用しない場合

たとえば、下記条件で契約するとします。

  • プラン…A
  • 契約期間…1年
  • サーバー費用…5,000円

この場合ならば以下のとおりです。

「独自ドメイン更新費用が永久無料」を

  • 利用する場合…5,000円
  • 利用しない場合…5,000円

以上のことから「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用すると、ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年1,500円~3,000円得」といえます。

得する金額は「1,500円~3,000円」という理由

ドメイン種類(末尾)

得する金額は「1,500円~3,000円」という理由は、ドメイン末尾ごとに費用が違うからです。そして、無料にできるドメイン末尾は6種類あるからです。下記参照。

.com / .net / .org / .info / .biz /.jp


ドメイン費用比較

  • .com …年間 1,408円
  • .jp…年間 3,124円

参考:ドメイン料金一覧|お名前.com


以上で、「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用すると、ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年1,500円~3,000円得」の説明はおわりです。

↑ 目次にもどる

デメリットはない

「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用することにデメリットはありません。そのようにいう理由は下記3つです。

① 違約金なし

② 「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用してもしなくてもサーバー費用は同じ

③ コアサーバーを解約した後も「無料で使用していた独自ドメイン」を使える

③について詳しくは後述しています。

↑ 目次にもどる

無料にできる独自ドメイン:条件が2つある

「ルール」と書いてある看板(イラスト)

無料にできる独自ドメインには条件があります。それは下記2つです。

  • 無料にできるドメインは1つ
  • コアサーバーが指定するドメイン末尾にする

上記について詳しく説明します。

1.無料にできる独自ドメインは1つ

1つ目の条件は、無料にできる独自ドメインは1つということです。

説明は不要だと思いますので省略します。

2.コアサーバーが指定するドメイン末尾にする

ドメイン種類(末尾)

2つ目の条件は、コアサーバーが指定するドメイン末尾にすることです。具体的には、下記のどれかにすることです

.com / .net / .org / .info / .biz /.jp


補足:所有している(取得済み)独自ドメインも無料にできる

下記2つどちらも無料にできます。

コアサーバーと

  • 「契約する前」に取得した独自ドメイン
  • 「契約した後」に取得する独自ドメイン

以上で「無料にできる独自ドメイン」の説明はおわりです。

↑ 目次にもどる

利用条件:コアサーバーが指定する内容で新規契約する

「独自ドメイン更新費用が永久無料」には利用条件があります。それは、新規契約するときにプランを下記3つのどれかにすることです。

  • CORE-X
  • CORE-Y
  • CORE-Z
コアサーバー公式サイトにあるV2プラン一覧リスト

参考:コアサーバー公式サイト


↑ 目次にもどる

利用方法は2種類:「無料で使う独自ドメイン」を取得するタイミングで違う

「独自ドメイン更新費用が永久無料」の利用方法は

  • 「サーバー契約と同時に取得する独自ドメイン」を無料にする場合
  • 「取得済み(所有している)独自ドメイン」を無料にする場合

で違います。

ここからは上記2種類の利用方法について詳しく説明していきます。

利用方法:「サーバー契約と同時に取得する独自ドメイン」を無料にする場合

まず、「サーバー契約と同時に取得する独自ドメイン」を無料にする場合の利用方法を説明します。

興味のない方は、下記リンクを押してください。

»»» 「取得済み(所有している)独自ドメインを無料にする場合」へ移動する

1.無料体験を申し込むときに「無料で使う独自ドメイン」を取得する

まず、無料体験を申し込むときに「無料にする独自ドメイン」を取得します。手順は以下のとおりです。

①公式サイトを表示する

»»» コアサーバー公式サイト

②料金プラン(下の画像)を探す。

コアサーバー公式サイトにあるV2プラン一覧リスト

③下記3プランどれかの「お申込みボタン」を押す(上画像の赤色ボタンを押す)

  • CORE-X
  • CORE-Y
  • CORE-Z

※「独自ドメイン更新費用が永久無料」の利用条件は、プランを上記3つのどれかにすること

④無料体験申込み画面が表示される(下記参照)

コアサーバーの無料お試し申込み画面

-

⑤「無料にする独自ドメイン」を取得する

mixhost公式サイトの申込み画面にある独自ドメイン設定欄

作業手順

  1. ドメイン取得申込み(WordPress可)という項目を探す
  2. 「ドメインを検索して申込む」をチェックする
  3. 「ドメインを検索する」に「無料で使う独自ドメイン」を入力してチェックボタンを押す
  4. 「3で入力したドメイン」は取得可能です、と表示されたら作業完了

-

⑥「無料体験申込み画面」にある必須項目をすべて入力する

※「WordPressインストール」は利用しても利用しなくても良い

-

⑦「お試し登録ボタン」を押す

「お試し登録ボタン」

以上で、無料体験を申し込むときに「無料で使う独自ドメイン」を取得する、作業は完了です。

2. コアサーバーと正式契約する

次に、コアサーバーと正式契約します。具体的には以下の作業をします。

①バリュードメイン管理画面にログインする

»»» バリュードメインへのログインの手順

②左側メニューにある「コアサーバー」をクリックする

バリュードメイン管理画面の左側メニューにある「コアサーバー」
出典:アカウントの購入 | CORESERVER(コアサーバー)

-

③正式契約するアカウントの「購入」をクリックする。下記参照。

バリュードメイン管理画面の「コアサーバーの管理・購入」ページ
出典:アカウントの購入 | CORESERVER(コアサーバー)

-

④必要事項を設定して「購入ボタン」を押す

バリュードメイン管理画面の「コアサーバーの購入」ページ
出典:アカウントの購入 | CORESERVER(コアサーバー)

※設定項目(購入する期間など)は自由に決めてよい。

以上の作業をするとコアサーバーと正式契約できます。作業について詳しくは下記ページをご覧ください。

»»» アカウントの購入 | CORESERVER(コアサーバー)

作業完了

ここまでの作業を終えると「独自ドメイン更新費用が永久無料」が自動的に適用されます。


↑ 目次にもどる

利用方法:「取得済み(所有している)独自ドメイン」を無料にする場合

ここからは、「取得済み(所有している)独自ドメイン」を無料にする場合の利用方法を説明します。

興味のない方は、下記リンクを押してください。

»»» 「コアサーバー解約後の無料独自ドメインについて」へ移動する

1.「取得済み(所有している)独自ドメイン」の管理会社を、バリュードメインに変更する

バリュードメイン公式サイト

バリュードメイン公式サイト

まず、「取得済み(所有している)独自ドメイン」の管理会社をバリュードメインに変更します。

たとえば、「aaa.com」という独自ドメインをお名前.comで管理しているとします。
そして「独自ドメイン更新費用が永久無料」の対象ドメインを「aaa.com」にするとします。
この場合ならば、「aaa.com」のドメイン管理会社をお名前.comからバリュードメインに変更します。

ドメイン管理会社の変更方法については下記ページをご覧ください。

»»» 他社で取得したドメインを移管させることはできますか? | バリュードメイン

2.コアサーバーとレンタルサーバー契約をする

独自ドメインの管理会社をバリュードメインに変更したら、コアサーバーとレンタルサーバー契約をします。

1.無料体験を申し込む

まず、無料体験を申し込みます。手順は以下のとおりです。

①公式サイトを表示する

»»» コアサーバー公式サイト

②料金プラン(下の画像)を探す

コアサーバー公式サイトにあるV2プラン一覧リスト

-

③下記3プランどれかの「お申込みボタン」を押す(上画像の赤色ボタンを押す)

  • CORE-X
  • CORE-Y
  • CORE-Z

※【独自ドメイン更新費用が永久無料】の利用条件は、プランを上記3つのどれかにすること。

-

④無料体験申込み画面が表示される(下記参照)

コアサーバーの無料お試し申込み画面

-

⑤「無料体験申込み画面」にある必須項目をすべて入力する

以下補足。

  • 「ドメイン同時申込み」をしてはダメ!
  • 「WordPressインストール」は利用しても利用しなくても良い

-

⑥「お試し登録ボタン」を押す

「お試し登録ボタン」

以上で、無料体験の申込み作業はおわりです。

2.正式契約する

次に、コアサーバーと正式契約します。手順は以下のとおりです。

①バリュードメイン管理画面にログインする

»»» バリュードメインへのログインの手順

②左側メニューにある「コアサーバー」を押す

バリュードメイン管理画面の左側メニューにある「コアサーバー」
出典:アカウントの購入 | CORESERVER(コアサーバー)

-

③正式契約するアカウントの「購入」を押す(下記参照)

バリュードメイン管理画面の「コアサーバーの管理・購入」ページ
出典:アカウントの購入 | CORESERVER(コアサーバー)

-

④必要事項を設定して「購入ボタン」を押す

バリュードメイン管理画面の「コアサーバーの購入」ページ
出典:アカウントの購入 | CORESERVER(コアサーバー)

※契約期間は自由

以上の作業をするとコアサーバーと正式契約できます。作業について詳しくは下記ページをご覧ください。

»»» アカウントの購入 | CORESERVER(コアサーバー)

3.「取得済み(所有している)独自ドメイン」とサーバー契約を関連づける

コアサーバーと正式契約したら、「取得済み(所有している)独自ドメイン」をサーバー契約と関連づけます。
手順1で管理会社をバリュードメインに変更したドメイン

作業手順は以下のとおりです。

①バリュードメイン管理画面にログインする

»»» バリュードメインへのログインの手順

②左側メニューにある「コアサーバー」を押す

バリュードメイン管理画面の左側メニューにある「コアサーバー」
出典:既存ドメインを永久無料対象として紐付け | CORESERVER(コアサーバー)

-

③サーバー名の下にある「ドメイン更新永久無料設定はこちら」を押す

バリュードメイン管理画面の「コアサーバーの管理・購入」ページ
出典:既存ドメインを永久無料対象として紐付け | CORESERVER(コアサーバー)

-

④「【V2プラン】永久無料ドメインの登録」をする

バリュードメイン管理画面の「【V2プラン】永久無料ドメインの登録」ページ
出典:既存ドメインを永久無料対象として紐付け | CORESERVER(コアサーバー)

-

バリュードメイン管理画面に「選択したドメインを紐づけます。一度紐づけたドメインは変更することができません。よろしければOKを押してください」というメッセージが表示されている
出典:既存ドメインを永久無料対象として紐付け | CORESERVER(コアサーバー)

-

選択したサーバーとドメインの紐づけが完了しました。選択したサーバはこちらから
        ご確認ください。」というメッセージが表示されている
出典:既存ドメインを永久無料対象として紐付け | CORESERVER(コアサーバー)

-

⑤正常に終わったか確認する

バリュードメイン管理画面の「コアサーバーの購入」ページ
出典:既存ドメインを永久無料対象として紐付け | CORESERVER(コアサーバー)

※サーバー名のドメイン(上画像の赤枠)が「取得済み(所有している)独自ドメイン」ならば正常終了している。

-

以上で、「取得済み(所有している)独自ドメイン」とサーバー契約を関連づける作業はおわりです。

【重要】正式契約をした日から1ヶ月以内に作業する

「取得済み(所有している)独自ドメイン」とサーバー契約を関連づける作業は、コアサーバーと正式契約した日から1ヶ月以内に行う必要があります。下記参照。

永久無料対象ドメイン紐付けの申請期限は、サーバーアカウントの初回購入から1ヶ月以内となります

出典:既存ドメインを永久無料対象として紐付け | CORESERVER(コアサーバー)

4.「ドメインの自動更新・延長設定」を「個別設定を優先」にする

取得済み独自ドメインをサーバー契約と関連づけたら「ドメインの自動更新・延長設定(個別設定)」を変更します。

バリュードメイン管理画面の「ドメインの自動更新・延長設定(個別設定)」ページ
出典:既存ドメインを永久無料対象として紐付け | CORESERVER(コアサーバー)

変更内容は以下のとおりです。

変更内容

  • 全体設定を「個別設定を優先」にする
  • サーバー契約と関連付けたドメインの自動更新設定を「自動更新する」にする

ドメインの自動更新・延長設定(個別設定)の表示方法

ドメインの自動更新・延長設定(個別設定)ページの表示方法は以下のとおりです。

バリュードメイン管理画面の左側メニューにある「ドメイン」を押した後に表示されるドメインの詳細メニュー
出典:既存ドメインを永久無料対象として紐付け | CORESERVER(コアサーバー)
  1. バリュードメイン管理画面の左側メニューにある「ドメイン」を押す
  2. ドメインの詳細メニューが表示される
  3. 上記メニューにある「ドメインの自動更新・延長設定」を押す

作業完了

ここまでの作業を終えると「独自ドメイン更新費用が永久無料」が自動的に適用されます。


↑ 目次にもどる

コアサーバー解約後の無料独自ドメインについて

無料独自ドメインは有料ドメインになる

コアサーバーを解約すると「無料で使用している独自ドメイン」は有料になります。年間1,500円~3,000円必要になります。

※ドメイン更新料が必要。金額はドメイン末尾ごとに違う

参考:ドメイン費用をやさしく説明!

有料になった独自ドメインを使わない場合:何もしなくて良い

有料になった独自ドメインを使わない場合は、何もしなくてOKです。コアサーバーを解約すると、無料で使っていた独自ドメインは「自動で」解約されます。

有料になった独自ドメインを使い続ける場合:バリュードメインに連絡する

有料になった独自ドメインを使い続ける場合は、バリュードメインに連絡します。連絡するとバリュードメインが必要な手続きをすべて行ってくれます。

根拠

↓ バリュードメイン カスタマーサポートへの問い合わせ結果

「コアサーバー解約後の無料独自ドメインの手続き」についてバリュードメインに問い合わせた結果

↓ 上画像から該当部分を抜粋したもの

質問内容

「ドメインの更新料が永久無料」が適用されているサーバー契約を解約したとします。
この場合に必要な手続きを教えてください。
教えていただきたいのは下記ケースです。

【1】サーバー解約後は「無料で使用していた独自ドメイン」を使わない場合

【2】サーバー解約後も「無料で使用していた独自ドメイン」を使う場合

回答

【1】につきましては、特に行っていただく作業はございません。

【2】につきましては、ご連絡いただきますと、弊社にて必要な
手続きを行わせていただきます。今後は更新料をお支払いいただく必要が
ございます。


↑ 目次にもどる

注意点2つ

注意マークのイラスト

「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用するときの注意点は下記2つです。

  • ドメイン取得料が必要。正式契約しなくても必要。
  • 「無料で使う独自ドメイン」は変更できない

ここからは上記2つについて詳しく説明していきます。

1.ドメイン取得料が必要。正式契約しなくても必要。

1つ目の注意点は、ドメイン取得料が必要なことです。わかりやすく説明すると以下のとおりです。

  • 独自ドメインを取得しない場合…サーバ利用料のみ
  • 独自ドメインを取得する場合……サーバー利用料 + ドメイン取得料

サーバー利用料が10,000円。ドメイン取得料が3,000円の場合は以下のとおりです。

  • 独自ドメインを取得しない場合…10,000円
  • 独自ドメインを取得する場合……13,000円

正式契約しなくてもドメイン取得料は必要

コアサーバーと正式契約する場合はもちろんですが、正式契約をしない場合もドメイン取得料は必要です。

ドメイン取得料が3,000円ならば、コアサーバーと正式契約をしなくても3,000円支払う必要があります。

なお、取得した独自ドメインはコアサーバーと正式契約しなくても使えます。コアサーバー以外のレンタルサーバーで使うことができます。

ドメインを取得する場合は初期費用が無料になる

ドメインを取得する場合は、コアサーバーの「初期費用1,650円」が無料になります。

2.「無料で使う独自ドメイン」は変更できない

2つ目の注意点は、「無料で使う独自ドメイン」を設定できるのは1回ということです。
別のいい方をすると、1度設定したドメインは変更できないことです。

たとえば、無料で使う独自ドメインを「sample.com」にしたとします。
この場合、サーバー契約が終わるまで無料で使える独自ドメインは「sample.com」です。


まとめ

ドメインずっと無料の要点を説明する先生

最後に、ここまでの内容のまとめです。

説明が不要な方は下記リンクを押してください。

»»»「おわりに:筆者の評価と失敗しないためのポイント」へ移動する

メリット:ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年1,500円~3,000円得

※ドメイン取得サービス…「お名前.com」や「ムームードメイン」のこと

「お名前.com」の公式サイトのトップページ

お名前.com公式サイト

コアサーバーと契約しているあいだ独自ドメインを1つ無料で使える。ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年1,500円~3,000円得。

以下、理由。

  • ドメイン取得サービスを利用すると毎年1,500円~3,000円必要。独自ドメイン永久無料特典を利用すると0円
  • サーバー費用は、独自ドメイン永久無料特典を利用しない場合と同じ

↑ 詳細説明にもどる

ペナルティ:なし

ペナルティはない。違約金などは一切不要。

デメリット:なし

デメリットはない。以下理由。

① 違約金なし

② 独自ドメイン永久無料特典を利用してもしなくてもサーバー費用は同じ

③ コアサーバーを解約した後も「無料で使用していた独自ドメイン」を使える

無料にできる独自ドメイン:条件が2つある

無料にできる独自ドメインは、下記2つの条件を満たしたもの。

  • 無料にできる独自ドメインは1つ
  • ドメイン末尾をコアサーバーが指定するものにする

ドメイン末尾(下画像の赤線部分)

ドメイン種類(末尾)

↓ コアサーバーが指定するドメイン末尾

.com / .net / .org / .info / .biz /.jp


利用条件:コアサーバが指定するプランで新規契約する

「独自ドメイン更新費用が永久無料」の利用条件は、新規契約するときにプランを下記3つのどれかにすること。

  • CORE-X
  • CORE-Y
  • CORE-Z
コアサーバー公式サイトにあるV2プラン一覧リスト

参考:コアサーバー公式サイト

※プラン以外は自由。

利用方法は2種類:「無料で使う独自ドメイン」を取得するタイミングで違う

「独自ドメイン更新費用が永久無料」の利用方法は2種類ある。具体的には以下のとおり。

「サーバー契約と同時に取得する独自ドメイン」を無料にする場合

  1. 無料体験を申し込むときに「無料で使う独自ドメイン」を取得する
  2. コアサーバーと正式契約する

↓ 無料体験申込み画面にある「独自ドメインを取得する」項目

mixhost公式サイトの申込み画面にある独自ドメイン設定欄

↑ 詳細説明にもどる

「取得済み(所有している)独自ドメイン」を無料にする場合

  1. 「取得済み(所有している)独自ドメイン」の管理会社を、バリュードメインに変更する
  2. コアサーバーとレンタルサーバー契約する
  3. 「取得済み(所有している)独自ドメイン」とサーバー契約を関連づける
  4. 「ドメインの自動更新・延長設定」を「個別設定を優先」にする

↓「取得済み(所有している)独自ドメイン」とサーバー契約を関連づける

選択したサーバーとドメインの紐づけが完了しました。選択したサーバはこちらから
                ご確認ください。」というメッセージが表示されている
出典:既存ドメインを永久無料対象として紐付け | CORESERVER(コアサーバー)

↓「ドメインの自動更新・延長設定(個別設定)」に変更する

バリュードメイン管理画面の「ドメインの自動更新・延長設定(個別設定)」ページ
出典:既存ドメインを永久無料対象として紐付け | CORESERVER(コアサーバー)

↑ 詳細説明にもどる

コアサーバー解約後の無料独自ドメインについて

コアサーバーを解約すると「無料で使用している独自ドメイン」は有料になる。年間1,500円~3,000円ほど必要になる。

独自ドメインを使わない場合はドメイン契約を解約。使う場合はドメイン契約を更新する。

↑ 詳細説明にもどる

注意点2つ

「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用するときの注意点は下記2つ。

  • ドメイン取得料が必要。正式契約しなくても必要。
  • 「無料で使う独自ドメイン」は変更できない

↑ 詳細説明にもどる


以上で、まとめは終了です。

参考:コアサーバー公式サイト

おわりに:筆者の評価と失敗しないためのポイント

「独自ドメイン更新費用が永久無料」について、どのような感想を持ちましたか?

私はかなりお得だと思います。理由は以下のものです。

  • 残念な点…ドメイン取得料が必要
  • 良い点…上記以外に悪いところがない

「独自ドメイン更新費用が永久無料」を利用する方は下記2点に気をつけてください。

  • ドメイン取得料が必要
  • 無料独自ドメインを設定できるのは1回だけ。変更不可

以上で、当記事は終了です。

コアサーバー公式サイトをみる

これからドメイン名を決める方には次の記事がおすすめです。

»»» ブログに最適なドメイン名の決め方。稼ぎやすくなる理由を解説

↑ 目次にもどる

関連記事:独自ドメインを無料で使えるサーバー

おすすめプランを紹介する男性。紹介するプランは独自ドメインを無料で使えるうえにWordPressが使えるもの

»»» 独自ドメイン無料のおすすめレンタルサーバープラン4選【WordPress使用可】

---

XSERVER公式サイトのトップページ

↑ 目次にもどる

トップへ戻るボタン