ゼロからはじめるWEB制作【ブログ編】

お問い合わせ
公開:2021年9月21日

エックスサーバーに契約申込みする方法を徹底解説【画像23枚使用】

XSERVER公式サイトのトップページ

レンタルサーバーの契約をしたいけれど、はじめてなので不安…

という方は、多いかと思います。

そのような方向けに、23枚の画像を使ってエックスサーバーと契約する方法をわかりやすく説明します。

当記事を読みながら作業すれば、一切迷うことなくエックスサーバーと契約することができます。

↑ 12月9日まで

»»» エックスサーバー公式サイト

なお、契約申込みをする際には、以下のものが必要です。

必要なもの

  • 携帯電話か固定電話(すぐに連絡できるもの)
  • メールアドレス1
  • クレジットカード情報2

1. Gmail などのフリーメールでもOK

2. 支払い方法をクレジットカードにする場合

≪10月4日≫プラン名称の変更あり

  • X10 → スタンダード
  • X20 → プレミアム
  • X30 → ビジネス

1. エックスサーバー公式サイトを表示する

XSERVER公式サイトのトップページ

まず、エックスサーバーの公式サイトを表示してください。

下記リンクです。

»»» エックスサーバー 公式サイト


↑ 目次にもどる

2. 「お申し込みはこちら」ボタンを押す

「XSERVER公式サイト トップページ」上部中央にある「お申し込みはこちら」ボタン

公式サイトが表示されたら、ページ上部中央にある「お申し込みはこちら」ボタンを押してください。

上画像のオレンジ色のボタン

そうすると、次のステップで紹介する「お申し込みフォーム」画面が表示されます。


↑ 目次にもどる

3. 「10日間無料お試し 新規お申込み」ボタンを押す

エックスサーバー レンタルサーバーお申し込みフォーム

「お申し込みフォーム」画面が表示されたら、その画面の左にある「10日間無料お試し 新規お申込み」ボタンを押してください。

上画像のオレンジ色のボタン

そうすると、次のステップで紹介する「契約内容 設定」画面が表示されます。


↑ 目次にもどる

4. サーバIDとプランを決める

エックスサーバーお申し込みフォーム「サーバー契約内容」画面

「契約内容 設定」画面が表示されたら、下記2つを設定します。

  • サーバーID
  • 契約プラン

サーバーIDを設定する

サーバーIDは、パソコンでいうところのユーザーアカウントです。

エックスサーバーの場合、サーバーIDを顧客管理に使うのだけではなく、ホームページのURL(ドメイン部分)としても使用します。

具体的には、下記のように使用します。

https://サーバーID.xsrv.jp/

なので、自分のブログのURL(ドメイン)をどうしたいのかをしっかりと考えて、ユーザーを設定してください。

ちなみに、独自ドメインを使用する場合は、サーバーIDはなんでもOKです。

»»» 独自ドメインは自分専用のドメイン(有料)

ユーザーIDの設定方法

ユーザーIDの設定方法は、以下のとおり。

  • サーバーIDの右側にある「自分で決める」をクリック
  • 好きな文字列を入力

 半角英数小文字、3~12文字以内

プランを選ぶ

エックスサーバーお申し込みフォーム「サーバー契約内容」画面

サーバーIDを設定した後は、プランを選びます。

具体的には、下記3つのなかから選びます。

  • スタンダード
  • プレミアム
  • ビジネス

プランの設定方法は、プラン名の下にあるチェックボタンをクリックして、チェック状態にすることです。

最安値プラン「スタンダード」がおすすめ

契約するプランを決めていない場合は、利用料が1番安いスタンダードプランを選んでください。

理由は、下記2つです。

  • いつでも上位プランへ変更できる
  • プラン変更によるデメリットはない

参考:エックスサーバーの全プランを徹底比較!3つの違いを詳しく説明

「Xserverアカウントの登録へ進む」ボタンを押す

エックスサーバーお申し込みフォーム「サーバー契約内容」画面

≪10月4日≫プラン名称の変更あり

  • X10 → スタンダード

サーバーIDとプランの設定が終わったら、ページ下部にある「Xserverアカウントの登録へ進む」ボタンを押してください。

上画像のオレンジ色のボタン

そうすると、次のステップで紹介する「契約者情報 入力」画面が表示されます。


↑ 目次にもどる

5. 契約者情報を入力する

エックスサーバーお申し込みフォーム「契約者情報 入力」画面の上部

「契約者情報 入力」画面が表示されたら、そこにある必須項目をすべて入力してください。

そして、「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」に同意する、をチェック状態にしてください。

エックスサーバーお申し込みフォーム「契約者情報 入力」画面の下部

最後に、ページ下部にある「次へ進む」ボタンを押してください。

上画像のオレンジ色のボタン

そうすると、次のステップで紹介する「確認コード入力」画面が表示されます。


↑ 目次にもどる

6. メールアドレス確認コードを入力する

エックスサーバーお申し込みフォーム「確認コード入力画面」

確認コード入力画面が表示されたら、「契約者情報に入力したメールアドレス」に、エックスサーバーから下記メールが届いているか確認してください。

メールの件名

【Xserverアカウント】ご登録メールアドレス確認のご案内

上記メールに記載されている【認証コード】が、入力すべき確認コードです。

確認コードをチェックしたら、ウェブブラウザでの作業にもどります。

エックスサーバーお申し込みフォーム「確認コード入力画面」

確認コード欄に「チェックした認証コード」を入力して、その下にある「次へ進む」ボタンを押してください。

上画像のオレンジ色のボタン

そうすると、次のステップで紹介する「契約者情報 確認」画面が表示されます。


↑ 目次にもどる

7. 契約内容を確認する

エックスサーバーお申し込みフォーム「契約者情報 確認画面」上部

「契約者情報 確認」画面が表示されたら、内容に問題がないかを確認してください。

そして、問題がなければページ下部にある「SMS・電話認証へ進む」ボタンを押してください。

下画像のオレンジ色のボタン

エックスサーバーお申し込みフォーム「契約者情報 確認画面」下部

そうすると、次のステップで紹介する「SMS・電話認証」画面が表示されます。


↑ 目次にもどる

8. 本人確認(認証)コードを受け取る

エックスサーバーお申し込みフォーム「SMS・電話認証画面」

「SMS・電話認証」画面が表示されたら、本人確認(認証)コードを受け取るための作業をします。

具体的には、以下の作業をおこないます。

取得する電話番号を入力する

エックスサーバーお申し込みフォーム「SMS・電話認証画面」

まず、本人確認コードを受け取る電話番号を指定します。

具体的には、「取得する電話番号を入力する」という見出しの下にある入力欄に、すぐに連絡がとれる電話番号を記述します。

連絡がとれる … 自分の近くにある電話

取得方法を選択する

次に、本人確認コードの受取り方法を指定します。

具体的には、SMSで受け取るか音声で受け取るかを指定します。

指定方法は、「取得する電話番号を入力する」という見出しの下にあるチェックボタンを押して選択状態にすることです。

選択状態 … チェックボタンが青色になっている状態

「認証コードを取得する」ボタンを押す

エックスサーバーお申し込みフォーム「SMS・電話認証画面」

最後に、ページ下部にある「認証コードを取得する」ボタンを押してください。

上画像のオレンジ色のボタン

そうすると、すぐに、指定した電話番号に本人確認(認証)コードが送られてきます。

そして、ウェブブラウザに「認証コード入力」画面が表示されます。


↑ 目次にもどる

9. 本人確認(認証)コードを入力する

エックスサーバーお申し込みフォーム「本人確認(認証)コード 入力画面」

認証コード入力画面が表示されたら、ページ中央にある入力欄に「先ほど受け取った本人確認(認証)コード」を入力してください。

そして、その下にある「認証して申込みを完了する」ボタンを押してください。

「お申込みが完了しました」というメッセージ

そうすると、「お申込みが完了しました」というメッセージが表示されます(上画像)。

そして、その数分後、エックスサーバーから「サーバー設定完了のお知らせ」という件名のメールが届きます。
エックスサーバー 公式サイト


↑ 目次にもどる

10. お試し期間スタート

先述したエックスサーバーからのメールを受け取ったら、お試し期間がスタートします。

お試し期間は 10日間

使い勝手を確認する

お試し期間中に、エックスサーバーの使い勝手を確認してください。

なお、どんなに時間がなくても、「自分でWordPressをインストールできるかどうか」だけは確認してください。

WordPress … ブログをするために必要なシステム(パソコンで例えるならば、Word や Excell などのソフト)

正式契約するか選ぶ

使い勝手が良い、と感じたら本契約(正式契約)手続きをしましょう。

そうでない場合は、この先の作業をする必要はありません。


↑ 目次にもどる

11. お試し期間中にサーバー利用料を払えば、正式契約になる【契約申込み完了】

お試し期間中にサーバー利用料を支払うと、仮契約から正式契約になります。

正式契約 .…サーバー契約の申込み完了

サーバ利用料の支払い方法(正式契約の手続き)は、以下のとおりです。

「Xserverアカウント」にログインする

「Xserverアカウント」ログインページ

まず、エックスサーバーサーバー「Xserverアカウント」にログインします。

下記リンクです。

»»» 「Xserverアカウント」ログインページ

Xserverアカウント = ユーザー管理画面

2.「料金支払い」をクリック

「Xserverアカウント画面」の画面上部のメニューにある「料金支払い」をクリック

Xserverアカウントにログインしたら、画面上部のメニューにある「料金支払い」をクリックします。

上画像の赤枠をクリック

そうすると、次のステップで紹介する「料金のお支払い手続き」画面が表示されます。

3.表の左端にチェックを入れ、契約期間を選択し、「支払方法を選択する」ボタンをクリック

「Xserverアカウント画面」の「料金のお支払い手続き」画面

「料金のお支払い手続き」画面が表示されたら、下記作業を行います。

  1. 正式契約するサーバーIDにチェックを入れる
  2. 契約期間を選択する
  3. 「支払方法を選択する」ボタンをクリック

そうすると、次のステップで紹介する「お支払い方法の選択」が表示されます。

4.希望する支払い方法を選択

「Xserverアカウント画面」の「お支払い方法の選択」

「お支払い方法の選択」が表示されたら、自分の希望するものにチェックを入れます。

選択肢

  • クレジットカード
  • 翌月後払い(コンビニ/銀行)
  • コンビニエンスストア
  • 銀行振込
  • ペイジー

そして、「決済画面へ進む」ボタンを押します。

後は、画面の指示にしたがって作業をすれば、自然と「サーバー利用料の支払い方法」設定は完了します。

参考:クレジットカードの場合

「Xserverアカウント画面」の「クレジットカード情報 入力」

参考までに、クレジットカードにする場合の作業を紹介します。

「お支払い方法の選択」画面でクレジットカードを選ぶと、そのカード情報を入力するように指示されます(下記参照)。

  • カード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード

なので、上記情報をすべて入力します。
そして、それが終わったら「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

そうすると、「クレジットカード情報 確認」画面が表示されます(下の画像参照)。

「Xserverアカウント画面」の「クレジットカード情報 内容確認」画面

「クレジットカード情報 確認」画面が表示されたら、入力した内容が正しいかどうかをチェックします。

そして、内容が正しければ「支払いをする」ボタンをクリックします。

上画像の赤枠をクリック

以上で、支払い方法をクレジットカードにする場合の作業は完了です。

サーバー利用料を払えば、正式契約になる

最後に、サーバー利用料を支払います。

これで、エックスサーバーと正式契約をしたことになります。
別の言い方をすると、サーバー契約の申込み作業は完了です。

正式契約になるのは、サーバー利用料を支払ったことをエックスサーバーが認識した時点

なお、正式契約になるのは、サーバー利用料を支払った直後ではありません。
サーバー利用料を支払ったことをエックスサーバーが認識した時点です。

以下、サーバー利用料支払い後、エックスサーバーが認識するまでの時間の目安です。

  • クレジットカード払い・・・支払い方法に設定した時点
  • 銀行振込・・・お振込み日~最大2銀行営業日程度で反映
  • コンビニ決済・・・コンビニ窓口でのお支払い後、数時間程度で反映
  • ペイジー決済・・・決済後、数時間程度で反映
  • 翌月後払い(コンビニ/銀行)・・・決済後、即時完

クレジットカード払いの場合、「支払い方法を設定した時点」で正式契約になる


↑ 目次にもどる

以上で、当記事は終了です。

↑ 12月2日まで

エックスサーバー 公式サイト

トップへ戻るボタン