WEB歴 8年の専門家が、ブログを始めるのに必要な知識を『どこよりも』わかりやすく説明!

お問い合わせ
公開:2021年2月7日 / 更新:2021年6月4日

ロリポップ【ドメインずっと無料】を徹底解説!利用時の注意点も紹介

ロリポップ!レンタルサーバーは独自ドメインをずっと無料で使えます!

ロリポップの「ドメインずっと無料制度」が、いまいち分からない… といった方は多いと思います。

当記事は、そのような方向けに「ドメインずっと無料」制度を、限りなく分かりやすく説明したものです(どこよりも)。

当記事を読んでからロリポップを契約すれば、毎年1,500円ほど得することが出来ます。

なお、ドメインの知識やレンタルサーバーの知識は一切不要です。

【意味】レンタルサーバー契約中は、ドメイン更新料が無料

ムームードメイン公式サイトにあるドメイン価格一覧表

はじめに、ロリポップ「ドメインずっと無料」制度について大まかに説明をします。

ロリポップ「ドメインずっと無料」制度は、レンタルサーバーを契約している間、独自ドメイン更新料が無料になる制度です。

ドメイン更新料 … 毎年 1,500円ほど必要

»»» 参考:6社のドメイン費用を徹底比較【2021年3月版】

なお、無料にできる独自ドメインの数は1つです。

また、サーバー料金は「ドメインずっと無料」制度を利用しない場合と同じです。

ロリポップ「ライトプラン」で説明

ロリポップ公式サイトにあるプラン一覧表(料金表)

先ほどの説明だと分からない人もいるかと思いますので、「ライトプラン」を例にして「ドメインずっと無料」制度を説明します。

ロリポップ「ライトプラン」の月額利用料は、220円(36ヶ月契約 税込)

このプランで「ドメインずっと無料」制度を利用すると、月額220円で下記2つを利用することが出来ます。

  • レンタルサーバー
  • 独自ドメイン

 レンタルサーバーを契約している間ずっと(半永久的)

これが、ロリポップ「ドメインずっと無料」制度です。

»»» 参考:【ブログ初心者むけ】ロリポップおすすめプラン3選!

「ドメイン取得料金」と「Whois情報公開代行」も無料

お名前.comのWhois情報公開説明ページ

↑ 出典:お名前.com公式サイト

ロリポップ「ドメインずっと無料」制度では、ドメイン更新料のほかにも下記2つが無料になります。

ちなみに、Whois情報公開代行は、「自分の住所や電話番号などの個人情報をインターネット上に公開しない」ためのサービスです。

ロリポップを解約しても独自ドメインは使用可能(有料になる)

「ドメインずっと無料」制度で利用していた独自ドメインは、ロリポップを解約した後も使い続けることができます。

ただし、その場合は、毎年ドメイン更新料を支払う必要があります。

ちなみに、ロリポップ解約後のドメイン更新料は、独自ドメインを「普通に」ドメイン会社で取得した場合と同じです。

解約後のドメイン管理は「ムームードメイン」

「ムームードメイン」公式サイトのトップページ

ロリポップ解約後のドメイン管理は、「ムームードメイン」というドメイン会社で行います(詳しくは後述)。

»»» 参考:ムームードメインの会社概要と契約時の注意点


以上で、ロリポップ「ドメインずっと無料」制度についての大まかな説明は終了です。

ここからは、この制度の特徴を詳しく説明していきます。

↑ 目次にもどる

無料になるのは新規取得ドメイン【1つ】

「ドメインずっと無料」制度を利用した場合に、無料にできる独自メインの数は1つだけです。

もう少しいうと、無料にできる独自ドメインは、レンタルサーバー契約と同時に取得する(新規取得)ドメイン1つです。

言い換えると、下記ドメインを無料にすることは出来ません。

無料にできないドメイン

  • レンタルサーバー契約「前」に取得したもの
  • レンタルサーバー契約「後」に取得したもの

ドメインの取得方法については、次の記事をご覧ください。

»»» ロリポップ【ドメインずっと無料】の利用方法を徹底解説

選べるドメイン(末尾の)種類は、45以上

ドメイン種類(末尾)

「ドメインずっと無料」制度で利用できるドメイン(末尾の)種類は、以下のものです。(2020年3月3日時点)。

.com / .net / .info / .org / .xyz / .work /.tokyo / .shop / .mobi / .club / .biz / .me / .pro / .in.net / .okinawa / .cloud / .art / .nagoya / .blue /.yokohama / .link / .group / .jp.net / .dev / .company / .asia / .promo / .icu / .jpn.com / .pink / .ryukyu / .red / .in / .click / .page / .be / .us / .business / .pet / .top / .コム / .kim / .pictures /.vip / .futbol / .rocks


最新情報については、公式サイトをご覧ください(下画像の青色矢印)。

ロリポップ公式サイトにある「ドメイン無料制度のバナー」

»»» ロリポップ公式サイトを表示する

以上で、「ドメインずっと無料」制度の対象となるドメインの説明は終了です。

↑ 目次にもどる

「ドメインずっと無料」制度の利用条件4つ

利用条件:新規契約の際、3つの条件をクリアする)

ロリポップ「ドメインずっと無料」制度を利用するためには、下記4つの条件をすべてクリアする必要があります。

  •  新規契約をする際に申し込む
  •  プラン :「ライト」以上
  •  契約期間:「12ヶ月」以上
  • 「契約の自動更新」を設定する

ここからは、上記4つの条件について詳しく説明していきます。

1. 新規契約をする際に「ドメインずっと無料」の利用申込み

1つ目の条件は、新規契約をする際に「ドメインずっと無料」の利用申込みすることです。

言い換えると、新規契約の際に「ドメインずっと無料制度」を申し込まないと利用できませんので、注意してください。

注意! 契約後は、申し込みできない

2. プラン:「ライト」以上

ロリポップ公式サイトにあるプラン一覧表(料金表)

2つ目の条件は、プランを「ライト」以上にすることです。

具体的には、プランを下記4つのどれかにする必要があります。

  • ライト
  • スタンダード
  • ハイスピード
  • エンタープライズ

 月額220円〜

ちなみに、上記4プランはすべて、ブログをするのに必要なWordPressを使用することができます

各プランの内容について詳しくは、公式サイトをご覧ください。

»»» 参考:ロリポップ公式サイト

3. 契約期間:12ヶ月以上

3つ目の条件は、契約期間を12ヶ月以上にすることです。

 12ヶ月(1年契約)でもOK

4.「契約の自動更新」を設定する

ロリポップ公式サイトにある「契約の自動更新」の設定方法を解説したページ
出典:ロリポップ「クレジット決済」の場合

4つ目の条件は、サーバー契約の申込みから「6日以内に」契約の自動更新を設定することです。

自動更新の設定方法(公式サイト)

決済方法は「クレジットカード」か「おさいぽ!」のみ

ちなみに、契約の自動更新を設定するためには、決済方法を下記2つのどちらかにする必要があります。

  • クレジットカード決済
  • おさいぽ!

»»» おさいぽ!公式サイト

以上4つが「ドメインずっと無料」制度の利用条件です。

【参考】ドメインずっと無料を利用するために必要な「最低金額」

レンタルサーバーの費用が予算内に収まるかを確認する女性

参考までに、「ドメインずっと無料」を利用するために必要な最低金額を紹介すると、以下のとおりです。

ライトプラン 1年契約

最低金額:5,610円(下記内訳)


  • 初期費用:1,650円
  • サーバー利用料:3,960円

»»» 参考:ロリポップ公式サイト


↑ 目次にもどる

「ドメインずっと無料」制度の利用方法

ムームードメインのドメイン申込み画面なる「クーポンコード入力欄」

「ドメインずっと無料」制度の利用方法は、以下のとおりです。

  1. レンタルサーバーの契約申し込みする
  2. サーバー契約申込みから6日以内に「契約の自動更新」を設定する
  3. 「ドメイン無料クーポン」を使用して独自ドメインを取得する

「ドメインずっと無料」制度の利用方法について詳しくは、次の記事をご覧ください。

»»» ロリポップ【ドメインずっと無料】の利用方法を徹底解説


↑ 目次にもどる

「ドメインずっと無料」を利用する際の注意点【3つ】

「ドメインずっと無料」を利用する際の注意点【2つ】

「ドメインずっと無料」制度を利用する場合の注意点は、下記3つです。

  • 入金処理後は「お試し期間中の契約キャンセル」でも返金なし
  • 契約後も利用条件がある(レンタルサーバー契約時と同じ)
  • 独自ドメインを使用しない場合は、ドメイン契約を「自分で」解約する

ここからは、上記3つについて簡単に説明していきます。

1. 入金処理後は「お試し期間中の契約キャンセル」でも返金なし

レンタルサーバー利用料が銀行の口座から引き落とされる

1つ目の注意点は、入金処理後は「お試し期間中の契約キャンセル」でも返金がないことです。

「ドメインずっと無料」制度を利用する場合、「契約の申込みから7日後」に入金処理が自動で行われます。

 サーバー契約の申込みから「6日以内に」契約の自動更新を設定するため

この入金処理が行われると、お試し期間中にサーバー契約をキャンセルしても、入金したお金は一切返金されません。

 お試し期間…10日間

キャンセルは、契約の申込みから6日以内にする!

2.契約後も利用条件がある(レンタルサーバー契約時と同じ)

2つ目の注意点は、契約中は下記条件をクリアし続ける必要があることです。

利用条件(レンタルサーバー契約時と同じ)

  • プラン :「ライト」以上
  • 契約期間:「12ヶ月」以上
  • 契約の自動更新を設定する

上記条件を1つでもクリアしていない状態になると、その時点からドメイン更新料が必要になります。

なお、上記利用条件は、レンタルサーバー契約時の利用条件と同じです。

3.独自ドメインを使用しない場合は、ドメイン契約を「自分で」解約する

3つ目の注意点は、次のどちらかに当てはまる場合で、ドメイン更新料を支払いたくないときには「自分で」ドメイン契約を解約する必要があることです。

解約を検討すべきタイミング

  •  ロリポップを解約
  • 「ドメインずっと無料」制度が適用されなくなった(注意点2の場合)

 上記のどちからに当てはまると、ドメイン更新料が必要になる

なぜ、自分でドメイン契約を解約する必要があるかというと、「ドメインずっと無料」制度が利用できなくなっても、ドメイン契約は解約されないからです。

そして、ドメイン契約を「自分で」解約しないかぎり、ドメイン更新料を支払い続けることになるからです。


以上3つが、「ドメインずっと無料」を利用する際の注意点です。

↑ 目次にもどる

ドメインの取得・管理・解約はムームードメインで行う

「ムームードメイン」公式サイトのトップページ

「ドメインずっと無料」制度を利用する場合、ドメインの取得および管理は「ムームードメイン」というドメイン会社で行います。

ちなみに、ムームードメインは、私がおすすめするドメイン会社の1つです。

»»» 参考:2021年おすすめドメイン取得サービス3選!

ロリポップ解約後のドメイン管理もムームードメイン【変更可能】

ロリポップ解約後のドメイン管理も、自分でドメイン会社を変更しない限り、ムームードメインで行うことになります。

逆にいうと、ロリポップ解約後は、ドメイン会社をムームードメインから別の会社に変更することができます。

たとえば、ムームードメインからお名前.comに変更することができます。

»»» 参考:ドメイン移管料 = ドメイン会社を変更する時に支払う費用

ドメイン契約の解約方法

先述したように、独自ドメインを使用しない場合は、ドメイン契約を「自分で」解約する必要があります。

解約方法については、次のページをご覧ください。

»»» ドメインの解約はどうするのですか|ムームードメイン公式サイト


↑ 目次にもどる

おわりに

ロリポップの「ドメインずっと無料」制度には、デメリットはありません。

したがって、これからレンタルサーバーを契約する方は、ぜひ「ドメインずっと無料」制度を利用してください。

そうすれば、毎年、1500円ほど得することができます。

ムームードメイン公式サイトにあるドメイン価格一覧表

なお、先述したように、ドメインずっと無料」制度は「利用条件」や「利用方法」がすこし複雑です。

間違えて「ドメインが無料にならなかった…」ということにならないよう注意してください。

以上で、当記事は終了です。

 ロリポップ公式サイトをみる

↑ 目次にもどる

関連記事

人気レンタルサーバーの「ドメイン無料制度」比較

XSERVER公式サイトにある「ドメイン無料キャンペーン実施中」とう文字

出典:エックスサーバー公式サイト

»»» 人気レンタルサーバー3社の【独自ドメイン無料制度】を徹底比較!

ロリポップの初期設定 解説

ロリポップのユーザー管理画面「独自ドメイン設定」ページにあるステップ2.独自ドメインをロリポップ!に設定する」部分
トップへ戻るボタン