はじウェブ

『レンタルサーバーで独自ドメインを無料で使う方法』をわかりやすく解説!

公開:2021年2月19日 / 更新:2022年9月25日

ロリポップ【料金プラン比較】スタンダードとハイスピードの違い、選び方、評判を解説

困っている女性

レンタルサーバーの公式サイトには専門用語がたくさん使われています。言葉の意味を知らないとプランの違いが分かりません。

そのためブログ初心者の方は

自分のやりたいことを最安値で出来るプラン

を選ぶことができません。

当記事はレンタルサーバー用語を知らない方向けに、ロリポップ『スタンダードプラン』と『ハイスピードプラン』の違いを解説したものです。

ロリポップ公式サイトにあるプラン一覧表(料金表)

»»» ロリポップ公式サイト

当記事を読めば、自分のやりたいことを最安値で出来るプランを選ぶことができます。

先にいっておくと、どちらのプランでも『WordPress(ワードプレス)を使ってブログができます。

※ホームページ制作の知識がなくてもブログができる機能

当サイトの管理人のイラスト
当サイトの管理人のイラスト

筆者:タケヨシ

ホームページに関する仕事をしています。当サイトで、難しいことをわかりやすく説明できるよう訓練しています。

»»» 詳細プロフィール

スタンダードプランとハイスピードプランの違いは12個

スタンダードプランとハイスピードプランの違いは下記12個です。

↓ 表はスクロール出来ます

スタンダードプラン ハイスピードプラン
料金
初期費用 / 月額料金
1,650円 / 440円 なし / 550円
作成できる
ブログの数
50個 無制限
文章、画像などを
保存できる量
300GB 400GB
使用できるドメインの数
独自 / サブ
200個 / ドメインごとに
500個
無制限 / 無制限
ウェブページの
表示速度
普通 とても速い
ホームページを同時に
見ることができる人数
普通 多い
自動バックアップ機能 なし あり
WebDAV…
データ操作機能の1つ
有り なし
アクセスログ解析…
閲覧者の情報がわかる
有り なし
独自ドメインを
無料で使える特典
なし 有り※2
受信できるメールの数 普通 スタンダードの
4倍
メーリングリスト 10個 20個

ここからは各項目について詳しく説明していきます。

先に言っておくとプランを選ぶときに重要なのは下記5つです。

  • 料金
  • ウェブページの表示速度
  • 同時にブログを見ることが出来る人数
  • 自動バックアップ機能:ハイスピードプランのみ
  • ハイスピードプランは独自ドメインを無料で使える

理由は各項目の説明をみると分かります。

»»»今すぐ知りたい方はこちら

-

ロリポップ公式サイトはこちら

違い1. 料金

初期費用

初期費用はスポーツジムの入会金みたいなものです。レンタルサーバーを契約するときに1度だけ支払う費用です。

  • スタンダード … 1,650円
  • ハイスピード … 無料

月額料金

月額料金は、スポーツジムでいうところの利用料です。契約期間を長くするほど安くなります。

契約期間 スタンダード ハイスピード
1ヶ月 880円 1,320円
3ヶ月 770円 1,210円
6ヶ月 715円 990円
12ヶ月 660円 825円
24ヶ月 550円 770円
36ヶ月 440円 550円

【注意】契約期間分の月額料金を一括払いする

月額料金の支払いは「月払い」ではないです。契約期間の月額料金をまとめて「一括払い」します。

たとえば下記内容で契約したとします。

  • 月額料金…100円
  • 契約期間…12か月

この場合だと1,200円を一括で払います。

違い2.作成できるブログの数(MySQL5)

スタンダードプランとハイスピードプランは作成できるブログの数が違います。具体的には次のとおり。

  • スタンダードプラン … 50個
  • ハイスピードプラン … 無制限

ちなみにロリポップ公式サイトにある『MySQL(マイスキューエル)』の数値が、作成できるブログの数です。

MySQL5 … WordPressを使用するときに必要な機能

違い3. 画像、文章などを保存できる量(ファイル容量)

ブログに記載する文章や画像はレンタルサーバーに保存されます。保存できる容量はスタンダードプランとハイスピードプランで違います。具体的には次のとおり。

  • スタンダード…250GB
  • ハイスピード…350GB

ちなみにロリポップ公式サイトにある『ファイル容量』の数値が、画像や文章などを保存できる容量です。

ブログ1つあたり50GBあれば十分

保存できる容量が50GBの場合、ブログ記事を5,000個作成できます。したがって保存できる容量は、ブログ1つあたり50GB有れば十分です。

»»»【レンタルサーバー】ディスク容量の意味・ブログに必要な容量を徹底解説!

違い4.使用できるドメインの数(独自ドメイン、サブドメイン)

↓ ドメイン(ドメイン名ともいう)

Yahoo.co.jpというドメイン名全体に赤線をひいたもの

↓ ドメインが表示される場所

ウェブブラウザのURL欄に「https://www.yahoo.co.jp」という文字列を入力

参考:【初心者向け】ブログに必要なドメイン知識を完全解説!

使用できる有料ドメインの数(独自ドメイン)

自分だけが使えるドメインが欲しい場合は、ドメイン会社やレンタルサーバーでドメインを購入する必要があります。

スタンダードプランとハイスピードプランは、購入したドメインを使える数が違います。具体的には次のとおり。

  • スタンダード…200個
  • ハイスピード…無制限

ちなみにロリポップ公式サイトにある『独自ドメイン』の数値が、購入したドメインを使える数です。

必要な有料ドメインの数=運営するブログの数

必要な有料ドメインの数は、運営するブログの数です。ブログを1つ運営する場合ならば必要な有料ドメインは1つです。

有料ドメインを分割できる数(サブドメイン)

有料ドメイン(独自ドメイン)は分割して利用できます。

↓ 独自ドメイン「aaa.com」を3つに分割

  • aaa.com
  • 111.aaa.com
  • 222.aaa.com

※独自ドメインの前に文字列をつけると分割できる

スタンダードプランとハイスピードプランは、有料ドメインを分割できる数が違います。具体的には次のとおり。

  • スタンダード…ドメインごとに500個
  • ハイスピード…無制限

ちなみにロリポップ公式サイトにある『サブドメイン』の数値が、有料ドメイン(独自ドメイン)を分割できる数です。

参考:【レンタルサーバー】独自ドメイン(マルチドメイン)の意味・ブログに必要な数を徹底解説

違い5.ウェブページの表示速度

スタンダードプランよりハイスピードプランの方が、ウェブページ表示が速いです。

根拠1

↓ 表はスクロール出来ます

使用しているプログラム プログラムの処理速度
スタンダード PHP モジュール版 高速
ハイスピード PHP LiteSpeed版 最高速

補足…プログラムの処理が速いほどウェブページ表示も速い

引用元:CGI、SSI、PHP、SENDMAILについて|ロリポップ

根拠2

LiteSpeedは人気のCMSであるWordPressとの相性がとてもよく、これまで使用していたものよりも10倍のパフォーマンスを出せるということで、速さに特化するハイスピードプランで採用しました。

出典:ロリポップが高速化・安定化のために取り組んでいること

違い6.同時にブログを見ることが出来る人数(同時アクセス数)

スタンダードプランには、同時にブログを見ることができる人数が設定されています。数値は不明です。

一方ハイスピードプランには、同時にブログを見ることができる人数は設定されていないです。別の言い方をすると、何人でもブログを同時に見ることが出来ます。

したがって同時にブログを見ることが出来る人数は、スタンダードプランよりもハイスピードプランの方が多いです。

根拠

プランごとに設定された同時アクセス数の制限値※を一時的に緩和できる機能です(中略)ハイスピードプラン・エンタープライズプランの同時アクセス数は無制限です。

出典:同時アクセス数拡張| ロリポップ

参考:スタンダードプランは、同時にブログを見ることが出来る人数を一時的に増やせる

スタンダードプランには、同時にブログを見ることが出来る人数を一時的に増やす機能があります。機能名は『同時アクセス拡張』です。

なおスタンダードプランで同時アクセス拡張機能を使っても、同時にブログを見ることができる人数はハイスピードプランの方が多いです。

»»» 同時アクセス数拡張|ロリポップ

違い7.自動バックアップ機能:ハイスピードプランのみ

ハイスピードプランのみ自動バックアップ機能があります。この機能があると、レンタルサーバー内にあるデータが自動的に保存されます。

なお保存したデータを使用するときには手数料が必要です。金額は1回あたり11,000円です。

»»» バックアップ|ロリポップ

スタンダードプランで自動バックアップ機能を使いたい場合は、追加料金を払う

ロリポップには有料オプションがあります。そのなかにはレンタルサーバーにあるデータを自動保存するものがあります。

オプション名は、7世代バックアップ。料金は月額300円です。

なお7世代バックアップを利用して保存したデータは、無料で使用できます。

»»» バックアップオプションについて|ロリポップ

違い8. WebDAV(データ操作機能):スタンダードプランのみ

↓ WebDAV(ウェブダブ)

WebDAVの操作画面
出典:WebDAVとは?その機能と使い方|カゴヤのサーバー研究室

WebDAV(ウェブダブ)は、

  • パソコンからレンタルサーバーにデータを送信
  • レンタルサーバーにあるデータを、パソコンで受信(ダウンロード)
  • レンタルサーバーにあるデータを操作(移動・削除など)

するための機能です。

WebDAV(ウェブダブ)を使用できるのは、スタンダードプランのみです。

参考:レンタルサーバーのWebDAV(ウェブダブ)とは?

ハイスピードプランは『ロリポップ!FTP』か『 FPTソフト』を使う

ハイスピードプランの場合は、WebDAV(ウェブダブ)のかわりに下記2つのどちらかを使います。

ロリポップ!FTP

ロリポップ!FTPソフトの操作画面
出典:ロリポップ!FTPについて

»»» ロリポップ!FTPについて詳しくはこちら

FTPソフト

FTPソフト「FFFTP」の操作画面
出典:FFFTP公式サイト

»»» FTPソフトについて詳しはこちら

なおスタンダードプランも『ロリポップ!FTP』と『 FPTソフト』を使えます。

違い9.アクセスログ解析(閲覧者の情報を分析する機能):スタンダードプランのみ

アクセスログログ解析は、ブログ閲覧者の情報を分析するための機能です。ブログ閲覧者の

  • ウェブブラウザ
  • パソコンのOS
  • IPアドレス

などが分かります。詳しくは下記参照。

参考:アクセスログ解析|ロリポップ

Googleアナリティクスを使う場合は、アクセス解析は不要

アクセスログ解析機能の他にも、ブログ閲覧者の情報を分析するツールがあります。代表的なものを上げると『Google アナリティクス』です。下記参照。

Googleマーケティングプラットフォーム公式サイトの「Googleアナリティクス」紹介ページのスクリーンショット

参考:Googleアナリティクス公式サイト

GoogleアナリティクスはGoogleが提供している無料ツールです。WEBに関する専門家も使用するほど高性能です。

なのでGoogleアナリティクスを使う場合は、アクセスログ解析機能は不要です。

違い10.ハイスピードプランは独自ドメインを無料で使える(利用条件あり)

ロリポップには、独自ドメインを無料で使える特典があります。特典の名前は『ドメインずっと無料』です。

ロリポップ!レンタルサーバーは独自ドメインをずっと無料で使えます!

出典:ドメインずっと無料

ドメインずっと無料を利用できるのはハイスピードプランのみです。

利用条件が2つある

プランをハイスピードにするだけではドメインずっと無料を利用できません。利用するためには下記2つの条件をクリアする必要があります。

条件1

下記内容で『無料お試し10日間』を申し込む

  • プラン…ハイスピード
  • 契約期間…12ヶ月以上

条件2

『無料お試し10日間』の申込み日から6日以内に『契約の自動更新』を有効にする。
※ サーバー契約を自動で更新するサービス

解説記事

»»» ロリポップ【ドメインずっと無料】を徹底解説!利用時の注意点も紹介

違い11. 受信できる(保存できる)メールの数

受け取った電子メールはレンタルサーバー内に保存されます。保存できるメールの数には上限があり、上限を超えると電子メールを受け取れなくなります。

郵便ポストが一杯になると手紙を受け取れなくなると同じです。

スタンダードプランとハイスピードプランは、保存できる(受信できる)メールの数が違います。具体的には次のとおり。

  • スタンダードプラン…5GB
  • ハイスピードプラン…20GB

数値がメールの数ではなくデータ量になっているのは、メールごとにデータ量が違うからです。メールのデータ量は下記2つによって違います。

  • 文章の量
  • 添付ファイル

容量が不足したらメールを削除すれば良い

レンタルサーバーに保存されたメールは削除できます。

保存できるメールの上限に達したらメールを削除します。そうすれば電子メールを受け取れます。

参考:メールの容量または保存件数が一杯になってきましたがどうすれば良いですか|ロリポップ

違い12. 設定できるメーリングリストの数

↓ メーリングリストの意味

メーリングリスト(英: mailing list)とは、複数の人に同時に電子メールを配信(同報)する仕組み

出典:メーリングリスト - Wikipedia

↓ 設定できるメーリングリストの数

  • スタンダードプラン…10個
  • ハイスピードプラン…20個

参考:ロリポップ!メーリングリストについて

以上がスタンダードプランとハイスピードプランの違いです。

12個の違いのうち、プランを選ぶときに重要なのは5個

自分に最適なプランを3分で選ぶ方法を紹介する講師

先述したようにスタンダードプランとハイスピードプランの違いは11個あります。そのうちプランを選ぶときに重要なのは下記5つです。

↓ 表はスクロール出来ます

スタンダードプラン ハイスピードプラン
料金
初期費用 / 月額料金
1,650円 / 440円 なし / 550円
ウェブページの
表示速度
普通 とても速い
ホームページを同時に
見ることができる人数
普通 多い
自動バックアップ機能 なし あり
独自ドメインを
無料で使える特典
なし 有り※2

上記5つ以外が重要ではない理由は次のものです。

↓ 表はスクロール出来ます

重要ではない理由 スタンダードプラン ハイスピードプラン
作成できる
ブログの数
スタンダード
プランで十分
50個 無制限
文章、画像などを
保存できる量
スタンダード
プランで十分
300GB 400GB
使用できるドメインの数
独自 / サブ
スタンダード
プランで十分
200個 / ドメインごとに
500個
無制限 / 無制限
WebDAV…
データ操作機能の1つ
他の機能を
使えば良い
有り なし
アクセスログ解析…
閲覧者の情報がわかる
Googleアナリティクス
を使えば良い
有り なし
受信できるメールの数 スタンダード
プランで十分
普通 スタンダードの
4倍
メーリングリスト スタンダード
プランで十分
10個 20個

メーリングリストについてはスタンダードプランだと不足する人がいるかもしれません。

↓ メーリングリストの意味

メーリングリスト(英: mailing list)とは、複数の人に同時に電子メールを配信(同報)する仕組み

出典:メーリングリスト - Wikipedia

参考:ロリポップ!メーリングリストについて

プランを選ぶときの注意点:ハイスピードプランからスタンダードプランには変更できない

ロリポップと契約した後に、プランを変更することが出来ます。

ただしプラン変更できるのは料金が高いプランにする場合のみです。下記参照。

  • 「スタンダード」から「ハイスピード」へはプラン変更できる
  • 「ハイスピード」から「スタンダード」へはプラン変更できない

したがってプラン選びで迷った場合はスタンダードにしてください。そうすれば金銭的に損しません。

プラン変更について詳しくは下記ページをご覧ください。

»»» 本契約中(入金後)のプラン変更はどうしたらいいですか

スタンダードとハイスピードの評判

口コミをイメージさせるイラスト

最後にスタンダードプランとハイスピードプランの評判を紹介します。

スタンダードプランの評判

良い口コミ

はじめてWEBサービスを作る人におすすめのプラン

-

5年使っているが不満はない

-

おすすめのプランは「スタンダード」と 「ハイスピード」

参考:ロリポップ【プラン比較】スタンダードとハイスピードの違いを解説

悪い口コミ:なし

悪い評判は見当たりませんでした。

原因は、不満な点があっても「料金が安いので仕方ない」と考える人が多いからだと私は推測します。

ハイスピードプランの評判

良い口コミ

ウェブページの表示が早い

-

-

-

悪い口コミ

他社の方がウェブページ表示が早い

»»» ConoHa WINGの評判を集めてブログ初心者におすすめされる理由を分析!

両プラン共通の評判

ロリポップのおすすめプランは「スタンダード」と「ハイスピード」

以上で、当記事はおわりです。

ハイスピードプランにする方は、ぜひ次の記事をご覧ください。

»»» ロリポップ【ドメインずっと無料】を徹底解説!利用時の注意点も紹介

ロリポップ公式サイトをみる

ロリポップに関する記事

ロリポップの特徴

»»» 【ブログ初心者向け】ロリポップの良い点・悪い点を解説!契約時の注意点も紹介

プラン比較・プラン解説・おすすめプラン

»»» ロリポップ!ハイスピードプランの良い点、悪い点を解説。評判も紹介

»»» 【個人ブログ向け】ロリポップおすすめプラン3選(WordPress使用可)

ブログの初期設定

»»» 【独自ドメイン対応】ロリポップにWordPressをインストールする方法

»»» ロリポップの無料独自SSLを設定してブログを常時HTTPS化する方法

トップへ戻るボタン