ゼロからはじめるWEB制作【ブログ編】

お問い合わせ
公開:2021年2月19日 / 更新:2021年11月14日

ロリポップ【プラン比較】スタンダードとハイスピードの違いを徹底解説!

ロリポップ公式サイトにあるプラン一覧表(料金表)

ロリポップ でブログを始めたいけれど、どのプランにすれば良いのかわからない…

という方は多いかと思います。

そのような方むけに、「スタンダードプラン」と「ハイスピードプラン」の違いをわかりやすく説明します。

また、どちらのプランにするかの判断ポイントも紹介します。

したがって、当記事を読めばレンタルサーバー利用料を無駄にすることはありません。

【掲載データ: 2021年11月9日時点】

↑ 12月21日まで

»»» 公式サイトをチェックする

どちらのプランでも簡単にブログを始められる

ブログ初心者の女性(イラスト)

スタンダードプランとハイスピードプランの違いを説明する前に、伝えたいことが1つあります。

それは、どちらのプランでも簡単にブログを始められるということです。

もう少しいうと、どちらのプランでも

を利用できるので、簡単にブログを始められることです。

ちなみに、WordPress(ワードプレス)は個人ブログを運営するための必須機能です。

参考:WordPress公式サイト

↑ 目次にもどる

スタンダードプランとハイスピードプランの違い【ブログに関係あるもの】

ロリポップ公式サイトにあるプラン一覧表(料金表)

スタンダードプランとハイスピードプランには、たくさんの違いがあります。

しかし、それらすべてを知る必要はありません。
なぜかというと、ブログに関係ないものがあるからです。

これから紹介するのは、スタンダードプランとハイスピードプランの違いのうち、ブログに直接関係のあるものです。

ブログに関係ないものついては、こちらをご覧ください。

それでは、紹介していきます。

費用【2つ】

初期費用

↓ 表はスクロール出来ます

スタンダード ハイスピード
初期費用 1,650円 0

月額利用料

↓ 表はスクロール出来ます

↓ 契約期間 スタンダード ハイスピード
1ヶ月 880円 1,320円
3ヶ月 770円 1,210円
6ヶ月 715円 990円
12ヶ月 660円 825円
24ヶ月以上 550円 770円
36ヶ月以上 440円 550円

 税込価格

参考:ロリポップ公式サイト

容量【5つ】

以下、使用できる容量の最大値。

↓ 表はスクロール出来ます

スタンダード ハイスピード
ディスク容量 250GB 350GB
データ転送量 24TB/月 30TB/月
独自ドメイン 200 無制限
サブドメイン ドメイン毎に500 無制限
データベース 50 無制限

ちなみに個人ブログを運営する場合は、スタンダードプランの容量で十分です。

言葉の意味、ブログに必要な容量については次の記事をご覧ください。

データベース数について

データベース数は、運営するブログの数だけあればOK
ブログを1つだけ運営する場合ならば、データベース数は1でOK

参考:ロリポップ公式サイト

サーバー性能【ハイスピードはスタンダードの7倍】

ハイスピードプランのサーバー性能は、スタンダードプランのサーバー性能の7倍

根拠は、ロリポップ公式サイトにある下記情報。

ウェブページの表示速度

  • スタンダード … 約0.25秒
  • ハイスピード … 約0.035秒

計算式
0.25秒 ÷ 0.035秒 = 7.14...

スタンダードプランよりもハイスピードプランの方がウェブページ表示が7倍早い。

ハイスピードプランのサーバー性能は、スタンダードプランのサーバー性能の7倍。

「ハイスピードプラン」と「スタンダードプラン」のウェブページ表示速度の違い

ハイスピードプランだけの機能【無料自動バックアップ】

ハイスピードプランにはあるけれどスタンダードプランにはない機能は、

無料で、サーバーにあるデータを自動バックアップしてくれる機能。

正式名称は「無料自動バックアップ」。

まとめ

スタンダードプランとハイスピードプランの違いをまとめると、以下のとおり。

費用

  • 初期費用
  • 月額利用料

»»» もう一度みる

容量(ディスク容量・データ転送量など)

個人ブログを運営する場合は、スタンダードプランの容量で十分

»»» もう一度みる

サーバー性能

ハイスピードプランのサーバー性能は、スタンダードプランの7倍。

»»» もう一度みる

ハイスピードプランだけの機能

無料で、サーバーにあるデータを自動バックアップしてくれる機能


正式名称「無料自動バックアップ」

参考:バックアップ機能|ロリポップ

以上で、「スタンダードプランとハイスピードプランの違い」の説明は終了です。

»»» ロリポップ公式サイトをチェックする


↑ 目次にもどる

初期費用無料キャンペーン期間外ならハイスピードプランを選んだ方が「得」

ロリポップ初期費用無料キャンペーン

出典:2021年10月初期費用無料キャンペーン

「自分に最適なプランの選び方」を説明する前に、伝えたいことがあります。

それは、

「初期費用無料キャンペーン」を実地していない場合は、スタンダードプランではなくハイスピードプランにした方が「得」

ということです。

なぜかというと、2つのプランのサーバー利用料はほぼ同じ。 契約期間によっては、ハイスピードプランの方が安いからです。

そして、先述したように、スタンダードプランよりもハイスピードプランの方がサービス内容が圧倒的に良いからです。

初期費用と月額利用料を足した場合、スタンダードとハイスピードの利用料はぼ同じになる

スタンダードプランとハイスピードプランの違い」で紹介したように、両プランは費用面において

  • 初期費用
  • 月額利用料

が違います。

しかし、上記2つを合計した場合、スタンダードプランとハイスピードプランのサーバー利用料はほぼ同じ。契約期間によってはハイスピードプランの方が低くなります。

具体的には、以下のとおり。

ハイスピードとスタンダードの料金比較(契約期間の総額)

↓ 表はスクロール出来ます

↓ 契約期間 スタンダード ハイスピード
1ヶ月 2,530円 1,320円
3ヶ月 3,690円 3,630円
6ヶ月 5,940円 5,940円
12ヶ月 9,570円 9,900円
24ヶ月以上 14,850円 18,480円
36ヶ月以上 17,490円 19,800円

 税込価格

上記みると、

初期費用と月額利用料を足した場合、スタンダードプランとハイスピードプランのサーバー利用料はほぼ同じ。
契約期間によってはハイスピードプランの方が安い

ということがわかるかと思います。

そして、

初期費用無料キャンペーンを実地していない場合は、スタンダードプランではなくハイスピードプランにした方が「得」

ということが分かるかと思います。

»»» ロリポップ公式サイトをチェックする

初期費用無料キャンペーン期間中は、スタンダードプランも検討する

なお、初期費用無料キャンペーン期間中は、プラン選びの選択肢にスタンダードプランを入れてください。

なぜかというと、スタンダードプランにするとサーバー費用をかなり節約できるからです。
具体的には、以下のとおりです。

ハイスピードプランとスタンダードプランの料金比較(契約期間の総額)

↓ 表はスクロール出来ます

↓ 契約期間 スタンダード ハイスピード
1ヶ月 880円 1,320円
3ヶ月 2,310円 3,630円
6ヶ月 4,290円 5,940円
12ヶ月 7,290円 9,900円
24ヶ月以上 13,200円 18,480円
36ヶ月以上 15,840円 19,800円

 税込価格

上記リストをみると、スタンダードプランにするとサーバー費用をかなり節約できる、ということがわかるかと思います。

そして、初期費用無料キャンペーン期間中はスタンダードプランにすることも検討すべき、ということがわかるかと思います。

初期費用キャンペーンの実施は不定期

ちなみに、初期費用キャンペーンの実施は不定期です。

ロリポップ初期費用無料キャンペーン

»»» ロリポップ公式サイトをチェックする


↑ 目次にもどる

自分に最適なプランを選ぶ方法【判断ポイントは2つ】

プランを選ぶときのポイント

ここからは、自分に最適なプランはスタンダードとハイスピードのどちらなのか、を判断する方法を紹介します。

判断方法は、サーバー利用料を多く払ってでも下記2つを使いたいかどうか、を考えることです。

ハイスピードプランだけが使えるもの

  • 高性能サーバー(スタンダードプランの7倍)
  • 無料自動バックアップ機能

そして、1つでも使いたいと思ったらハイスピードプラン。
そうでなければ、スタンダードプランを選ぶことです。

無料自動バックアップ機能の注意点:データ使用時に手数料がかかる

無料自動バックアップ機能を使いたいからハイスピードプランにする!
という方に、知っておいてほしいことが1つあります。

それは、

  • データのバックアップは「無料」
  • バックアップデータを使用するときには「手数料 11,000円」必要

ということです。

そして、バックアップデータを使用するときの手数料を考慮してハイスピードプランにするかどうかを決めてほしい、ということです。

参考:バックアップ機能一覧|ロリポップ

ハイスピードプランにすると得られるメリット

参考までに、ハイスピードプランにすると得られるメリット。具体的には、下記2つを使用するメリットを紹介します。

ハイスピードプランだけが使えるもの

  • 高性能サーバー(スタンダードプランの7倍)
  • 無料自動バックアップ機能

高性能サーバーを使うメリット

高性能サーバーを使うメリットは、ブログを見る人が増えることです。

もう少しいうと、高性能サーバーを使うと

  • ウェブページ表示が早い
  • 大量アクセスがあってもブログが表示される(503エラーが表示されにくい)

ので、ブログをみる人が増えることです。

参考:同時アクセスに強いレンタルサーバーを選ぶべき理由

無料自動バックアップ機能を使うメリット

無料自動バックアップ機能を使うメリットは、ブログ運営に関する作業が減ることです。

そして、作業が減った分だけ体への負担が減り自由に使える時間が増えることです。

まとめ

「自分に最適なプランを選ぶ方法」をまとめると以下のとおり。

プランを決めるときの判断方法

サーバー利用料を多く払ってでも下記2つを使いたいかどうか、を考える。

ハイスピードプランだけが使えるもの

  • 高性能サーバー(スタンダードプランの7倍)
  • 無料自動バックアップ機能

1つでも使いたいと思ったらハイスピードプラン。
そうでなければ、スタンダードプランを選ぶ。

無料自動バックアップ機能の注意点

  • データのバックアップは「無料」
  • バックアップデータを使用するときには「手数料 11,000円」必要

参考:ロリポップの自動バックアップを徹底解説!

ハイスピードプランにするメリット

  • 高性能サーバーを使うとブログを見る人が増える。
  • 無料自動バックアップ機能を使うと、体への負担が減り自由に使える時間が増える

以上で、「自分に最適なプランの選び方」の説明は終了です。

»»» ロリポップ公式サイトをみる

↑ 目次にもどる

プラン選びに迷ったらスタンダードにする

プラン選びのアドバイスをする先生

スタンダードプランにするかハイスピードプランにするか決められない…

という場合は、スタンダードプランを選んでください。

なぜかというと、契約期間中にハイスピードプランへ変更することができるからです。
そして、プラン変更によるデメリットはないから
です。

参考: プランの変更方法|ロリポップ

【注意】ハイスピードからスタンダードへはプラン変更できない

ちなみに、ハイスピードプランからスタンダードプランへは変更することができません。

本契約中(ご入金後)の場合は、上位プランへのプラン変更のみ行うことができます。


↑ 目次にもどる

まとめ

最後に、当記事のまとめです。

スタンダードとハイスピード、どちらのプランでも簡単にブログを始められる

理由は、どちらのプランでも下記2つを利用できるから。

スタンダードプランとハイスピードプランの違い

費用

  • 初期費用
  • 月額利用料

»»» もう一度みる

容量(ディスク容量・データ転送量など)

個人ブログを運営する場合は、スタンダードプランの容量で十分

»»» もう一度みる

サーバー性能

ハイスピードプランのサーバー性能は、スタンダードプランの7倍。

»»» もう一度みる

ハイスピードプランだけの機能

無料で、サーバーにあるデータを自動バックアップしてくれる機能


正式名称「無料自動バックアップ」

参考:バックアップ機能|ロリポップ

キャンペーン期間外ならハイスピードプランを選んだ方が「得」

理由

初期費用と月額利用料を足した場合、スタンダードとハイスピードの利用料は、ほぼ同じ。

スタンダードよりもハイスピードプランの方がサービス内容が圧倒的に良い。

»»» もう一度みる

自分に最適なプランを選ぶ方法

サーバー利用料を多く払ってでも下記2つを使いたいかどうか、を考える。

ハイスピードプランだけが使えるもの

  • 高性能サーバー(スタンダードプランの7倍)
  • 無料自動バックアップ機能

1つでも使いたいと思ったらハイスピードプラン。
そうでなければ、スタンダードプランを選ぶ。

無料自動バックアップ機能の注意点

  • データのバックアップは「無料」
  • バックアップデータを使用するときには「手数料 11,000円」必要

参考:ロリポップの自動バックアップを徹底解説!

»»» もう一度みる

迷ったらスタンダードプランにする

理由

  • スタンダードからハイスピードへプラン変更できる
  • プラン変更によるデメリットはない

以上で、当記事は終了です。

自分に最適なプランはどちらでしたか?

↑ 12月21日まで

ロリポップ公式サイトをみる

独自ドメインを使用したい!
という方は、レンタルサーバーを契約する前に次の記事をご覧ください。

»»» ロリポップ【ドメインずっと無料】を徹底解説!利用時の注意点も紹介

当記事が役に立ったという方は、ぜひ他の人にに紹介してださい。

↑ 目次にもどる

【参考】スタンダードとハイスピードの違い(プラン選びで無視してよいもの)

メーリングリストの数

↓ 表はスクロール出来ます

スタンダード ハイスピード
メーリングリスト 10 20

ハイスピードだけの機能【ownCloud】

ownCloudとは

「ownCloud」とは、オンラインストレージを簡単に構築できるアプリケーション


参考:ownCloud|ロリポップ

スタンダードプランだけの機能3つ

プランを選ぶ際に上記3つを無視して良い理由は、以下のとおり。

WebDAVが不要な理由

通常、ファイルマネージャーFTPソフトを使用するから。

アクセス解析が不要な理由

通常、Googleアナリティクスを使用するから。

同時アクセス数拡張が不要な理由

ハイスピードプランには同時アクセス数の上限がないから。

»»» レンタルサーバーの同時アクセス数を調査|具体的な数値を発見!


↑ 目次にもどる

ロリポップに関する記事

↑ 目次にもどる

トップへ戻るボタン