WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開:2021年2月19日

ロリポップ【プラン比較】スタンダードとハイスピードの違いを徹底解説!

ロリポップのスタンダードプランとハイスピードプランの説明

当記事は、これからブログを始めたい人向けに、ロリポップの「スタンダードプラン」と「ハイスピードプラン」の違いをわかりやすく解説したものです。

また、どちらを選べば良いかの判断方法についても、わかりやすく説明しています。

»»» 参考:ロリポップ公式サイト

スタンダードプランとハイスピードプランの違いは15個

はじめに、ロリポップの「スタンダード」と「ハイスピードプラン」の違いを紹介します。

なお、後ほどプラン選びのポイントを紹介しますので、「スタンダード」と「ハイスピードプラン」の違いを覚える必要は、一切ありません。

料金の違い【2個】初期費用と月額費用

↓ 表はスクロール出来ます

スタンダード ハイスピード
初期費用 1500 0
月額料金(1年契約) 500 750

容量の違い【7個】

次に、「スタンダードプラン」と「ハイスピードプラン」の容量の違いを紹介すると、以下のとおり。

ブログに関係あるもの【6個】

↓ 表はスクロール出来ます

スタンダード ハイスピード
ディスク容量 150GB 250GB
転送量 200GB/日 600GB/日
独自ドメイン 200 無制限
サブドメイン ドメイン毎に500 無制限
データベース 50 無制限
ファイル数上限 500,000 1,000,000

ブログに直接関係ないもの【1個】

↓ 表はスクロール出来ます

スタンダード ハイスピード
メーリングリスト 10 20

サーバー性能(処理能力)の違い【1個】

次に、「スタンダードプラン」と「ハイスピードプラン」のサーバー性能(処理能力)の違いを紹介すると、以下のとおり。

↓ 表はスクロール出来ます

スタンダード ハイスピード
PHP 高速 最高速

どちらかのプランにしかない機能【5個】

↓ 表はスクロール出来ます

スタンダード ハイスピード
WebDav あり
アクセス解析 あり
同時アクセス数の拡張 あり
ownCloud あり
自動バックアップ あり(復元有料)

»»» ロリポップ公式サイトをチェックする


以上で、スタンダードプランとハイスピードプランの違いは15個、終了です。

↑ 目次にもどる

プラン選びのポイント【サーバー性能と自動バックアップ】

プラン選びのポイントは「サーバー性能と自動バックアップの2つ」と説明する講師

「スタンダード」と「ハイスピードプラン」の違いを紹介した後は、プラン選びのポイントを紹介します。

それは、以下のものです。

  • サーバー性能
  • 自動バックアップ(無料)

上記のどちらかが気になる方は「ハイスピードプラン」を検討してください。そうでない方は、スタンダードプランでOKです。

上記2つ以外を気にする必要がない理由は、ブログをするための機能・および容量は、スタンダードプランのもので十分だからです。

»»» 参考:ブログに必要な機能は、ライトプランに全てある

ここからは、サーバー性能と自動バックアップ(無料)が必要かどうかの判断方法について詳しく説明していきます。

サーバー性能【ページの表示速度と、同時アクセスに対する強さ】

プラン選びの 1つ目のポイントは、「サーバー性能が高いもの」にする必要があるかどうかです。

具体的には、次の能力が高いものにする必要があるかどうかです。

  • ページの表示速度
  • 同時アクセス数に対する強さ

ちなみに、上記能力が高いと以下のようなメリットがあります。

サーバー性能が高いことによるメリット

ページの表示速度が高い

  • 検索順位が上がりやすい
  • ユーザー離脱率が下がる

同時アクセス数に強い

機会損失を防げる

»»» 関連:高速レンタルサーバーを選ぶべき3つの理由を徹底解説!

上記メリットに魅力を感じる方は、「ハイスピードプラン」を検討してください。

»»» ロリポップ公式サイトをチェックする

自動バックアップ【ハイスピードプランは無料】

プラン選びの 2つ目のポイントは、自動パックアップ機能が必要かどうかです。

もう少しいうと、自動バックアップ機能を無料で使いたいかどうかです。

»»» 関連:レンタルサーバーの自動バックアップの意味を徹底解説!

スタンダードプランの場合は、月額300円必要

スタンダードプランでも、サーバー利用料のほかに月額300円払えば、自動バックアップ機能を使うことができます。

»»» 参考:月額300円で利用できる自動バックアップ機能「7世代バックアップ」

ただし、その場合、毎月支払う費用がハイスピードプランと同じくらいになります。具体的な金額を紹介すると、以下のとおり。

↓ 表はスクロール出来ます

スタンダード ハイスピード
1ヶ月 900 1000
6ヶ月 800 750
24ヶ月 800 630

このことを考えると、自動バックアップ機能を使う場合は「ハイスピードプラン」がお得といえます。

注意点:ハイスピードプランのデータ復旧料は10,000円

ただし、ハイスピードプランの自動バックアップには注意点があります。
それは、データを復旧する際に、手数料10,000円を支払う必要があることです。

»»» 参考:手数料については「自動バックアップ」部分を参照

スタンダードプランは無料でデータ復旧ができる

ハイスピードプランに対して、スタンダードプランで使用する有料バックアップ機能は、データ復旧の手数用がかかりません。

»»» 参考:有料バックアップのデータ復旧は(手数料不要)

ハイスピードプランを検討する際には、利用料だけではなく、このデータ復旧料のことも頭に入れておいてください。

»»» ロリポップ公式サイトをチェックする

参考:エックスサーバーは自動バックアップ・復旧手数料ともに無料

ちなみにですが、エックスサーバーは、全プラン、自動バックアップ・復旧手数料ともに無料です。

»»» エックスサーバー公式サイトをチェックする


以上で、プラン選びのポイント【サーバー性能と自動バックアップ】、終了です。

↑ 目次にもどる

ハイスピードをおすすめしたい人【独自ドメインと長期契約】

ハイスピードをおすすめしたい人【独自ドメインと長期契約】

最後に、私が考える「ハイスピードプランをおすすめしたい人」を紹介します

それは、下記2つのどちらかに当てはまる人です。

ここからは、上記のどちらかに当てはまる人に、ハイスピードプランをおすすめする理由について説明していきます。

独自ドメインを使用する場合:月額250円プラスでハイスピードになる

ます、独自ドメインを使用する人に「ハイスピードプラン」をおすすめする理由を説明します。それは、以下のものです

  1. 契約期間を1年以上にすると、独自ドメインの費用が永久無料
  2. 契約期間が1年の場合、スタンダードとハイスピードの月額料金の差額は250円
  3. 月額250円多く払うだけで、圧倒的なサーバー性能が手に入る

»»» 関連:ロリポップ【ドメインずっと無料】を徹底解説!

2.長期契約の場合:ハイスピードプランは割引率が高い

次に、長期契約する人に「ハイスピードプラン」をおすすめする理由を説明します。それは、以下のものです。

  1. 「ハイスピードプラン」は長期契約の割引率が高い
  2. 長期契約をするほど、料金の差額は小さくなる
  3. わずかな差額を払うだけで、圧倒的なサーバー性能が手に入る

契約期間ごとの月額料金

参考までに、契約期間ごとの「スタンダードプラン」と「ハイスピードプラン」の月額料金を紹介します。

↓ 表はスクロール出来ます

スタンダード ハイスピード
1ヶ月 600 1000
6ヶ月 500 750
24ヶ月 500 630
32ヶ月 500 500

»»» ロリポップ公式サイトをチェックする


以上で、ハイスピードをおすすめしたい人【独自ドメインと長期契約】、は終了です。

↑ 目次にもどる

おわりに

以上で、当記事は終了です。

当記事が、これからレンタルサーバーを選ぶ方の少しでも役にたてば嬉しいです。

»»» ロリポップ公式サイトをチェックする

ロリポップの「設定解説」記事

レンタルサーバー「プラン比較」記事

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

人気記事

トップへ戻るボタン