WEB歴 8年の専門家が、ブログを始めるのに必要な知識を『どこよりも』わかりやすく説明!

お問い合わせ
公開:2021年2月8日 / 公開:2021年8月3日

【独自ドメイン対応】ロリポップにWordPressをインストールする方法

ロリポップ!爆速宣言のハイスピードプラン

当記事は、ロリポップWordPress(ワードプレス)をインストールする方法を、17枚の画像を使ってわかりやすく説明したものです。

作業時間は、約3分。

当記事を見ながら作業すれば、いっさい迷うことなくWordPressをインストールすることができます。

なお、これからロリポップを契約する方は、ぜひ次の記事もご覧ください。

期間限定キャンペーン 9月20日まで!

ロリポップ初期費用無料キャンペーン9月20日まで!

↓ サーバー利用料が半額(実質)

ロリポップ契約期間2倍延長キャンペーン

ロリポップ公式サイト

独自ドメインを使用する場合は、事前に使えるようにしておく

チェックポイントを表すイラスト

»»独自ドメインを使わない方は、こちらをクリック

これからインストールするWordPressで独自ドメインを使う場合は、まず、独自ドメインをロリポップで使えるようにします。

具体的には、独自ドメインのネームサーバーをロリポップに変更します。

作業内容については、次の記事を参考にしてください。

WordPressインストール後に、独自ドメイン設定するのは難易度が高い

ちなみに、WordPressインストール後に、独自ドメインを使えるようにすることもできます。

しかし、その場合、作業難易度がかなり高くなります。次の記事参照。

»»» 【図解】お名前.comの独自ドメインをロリポップのブログで使う方法

そのため、特別な理由がない限りは、WordPressをインストール前にロリポップで独自ドメインを使えるようにしてください。


↑ 目次にもどる

2. ロリポップ「ユーザー管理画面」にログイン

ロリポップのユーザー管理画面(会員ページ)のログインページ

まず、ロリポップのユーザー管理画面(会員ページ)にログインしてください。

下記リンクです。

»»» 「ユーザー管理画面」ログインページ

2.「WordPress簡単イントール」画面を表示

ユーザー管理画面にログインしたら、次は、「WordPress簡単イントール」画面を表示します。

手順は以下のとおり。

①「サイト作成ツール」にマウスカーソルを合わせる

ユーザー管理画面(会員ページ)左側にある「サイト作成ツール」にマウスカーソルを合わせた画像

まず、ユーザー管理画面の左側にあるメニューの「サイト作成ツール」にマウスカーソルを合わせてください(上の画像参照)。

そうすると、「サイト作成ツール」の右側に詳細メニューが表示されます。

②「サイト作成ツール」詳細メニューの「WordPress簡単イントール」を押す

「サイト作成ツール」詳細メニューのなかにある「WordPress簡単イントール」にマウスカーソルを合わせた画像

「サイト作成ツール」詳細メニューが表示されたら、そのなかにある「WordPress簡単イントール」をクリックしてください(上の画像参照)。

そうすると、「WordPress簡単インストール」画面が表示されます。下の画像参照。

ロリポップの「WordPress簡単イントール」画面

↑ 目次にもどる

3.「WordPress簡単イントール」画面でブログの基本情報を設定する

「WordPress簡単イントール」の「サイト情報設定」画面

「WordPress簡単イントール」画面が表示されたら、ブログの基本情報を設定します。

具体的には、下記項目を設定します。

  • サイトURL
  • 利用データベース
  • サイトのタイトル
  • ユーザー名
  • パスワード
  • パスワード(確認)
  • メールアドレス
  • プライバシー

ここからは、上記項目に設定する内容と、設定方法について説明していきます。

サイトURL

ウェブブラウザのURL欄に「https://www.yahoo.co.jp」と表示されている

サイトURLには、「ブログのトップページ」のURL欄を設定します。

たとえば、Yahoo! JAPANの場合ならば、

https://www.yahoo.co.jp

をサイトURLに設定します。

設定方法:使用するドメインを選ぶ

ロリポップ「WordPressインストール画面」のドメイン選択項目

①まず、「入力は任意です」のすぐ左にある「下矢印」をクリックしてください(上画像の青枠)。

そうすると、ドメイン一覧が表示されます(上画像参照)。

②ドメイン一覧が表示されたら、そのなかから 、今回インストールするWordPressで使用するものを選んでください。

以上で、サイトURLの設定は完了です。

ドメイン一覧が表示されない場合

ドメイン一覧が表示されない場合は、ドメインを設定する必要はありません。

理由については、説明すると長くなるので省略します。

利用データベース

下記2つのどちらかに当てはまる場合は、利用データベースを設定する必要はありません。

  • はしめてWordPressをインストールする
  • 契約プランが「ライト」

最初から設定されているものでOKです。

利用データベースを設定すべき人

利用データベースを設定すべき人は、下記2つ両方に当てはまる人です。

  • 複数のWordPressを、同時に使用する
  • 契約プランが「スタンダード」か「ハイスピード」

 複数のブログを、同時に運営する場合

理由については、説明すると長くなるので省略します。

サイトタイトル

サイトタイトルには、ブログ名(サイト名)を設定してください。

たとえば、当サイトの場合ならば、

TK-CREATE

をサイトタイトルに設定します。

設定方法

サイトタイトルの設定方法は、入力欄に文字を打ち込むことです。

インストール後に設定しても良い

ちなみに、サイトタイトルを設定しなくてもWordPressのインストールは可能です。

また、サイトタイトルは、WordPressインストール後に簡単に変更できます(方法については後述)。

そのため、サイトタイトルを決めていない場合は、設定する必要はありません。

ユーザー名・パスワード

WordPressユーザー管理画面のログインページ

ユーザー名とパスワードは、WordPressを操作するときに使用するものです。

具体的には、WordPress管理画面にログインするときに使用するものです(上の画像参照)。

設定内容は、自分の好きな文字列でOKです。

設定方法

設定方法は、それぞれの入力欄に文字を打ち込むことです。

メールアドレス【必須ではないが設定すべき】

メールアドレスの設定は必須ではありません。

しかし、設定することを強くおすすめします。

なぜかというと、メールアドレスは下記2つに必要だからです。

  • パスワードの再設定(パスワードを忘れたときなど)
  • WordPressに関する情報を受けとる

ちなみに、メールアドレスはGmailやYahooメールなどのフリーメールも使用できます。

設定方法

設定方法は、入力欄にメールアドレスを打ち込むことです。

プライバシー【必須ではない】

プライバシーは、Googleの検索結果にブログを表示するかどうかの設定です。

具体的に説明すると、以下のとおり。

  • チェック状態 … Googleにブログが表示される
  • チェックしていない状態 … Googleにブログが表示されない

上記のどちらを選んでも問題はありません。

もう少しいうと、WordPressインストール後に変更できるので、どちらを選んでも問題ありません(方法については後述)。

設定方法

プライバシーの設定方法は、チェックボタンをクリックすることです。


以上で、WordPressインストール時に行う「ブログの基本情報設定」についての説明は終了です。

↑ 目次にもどる

4. WordPressのインストール処理を開始する

ブログの基本情報を入力したら、WordPressのインストール処理を開始します。

手順は、以下のとおりです。

1.「入力内容確認」ボタンをおす

「WordPress簡単イントール」の「サイト情報設定」画面にある「入力内容確認ボタン」

まず、「ブログの基本情報を設定した画面」の下の方にある「入力項目確認」ボタンを押してください(上の画像参照)。

そうすると、「ブログの基本情報」を確認する画面が表示されます。下の画像参照。

「WordPress簡単イントール」の「サイト情報設定」確認画面にある「インストールボタン」

2.設定内容を確認して「インストール」ボタンをおす

「WordPress簡単イントール」の「サイト情報設定」確認画面にある「インストールボタン」

「ブログの基本情報」確認画面が表示されたら、内容に間違いがないかを確認してください。

そして、問題なければ、下記作業を行ってください。

  1. 「インストール先のディレクトリに同じ名前のファイルがある場合は上書きされます」のすぐ下にある「承認する」をチェック状態にする
  2. 画面の下の方にある「インストール」ボタンをおす

上記作業が終わると、すぐにWordPressインストール処理がはじまります。


↑ 目次にもどる

5. WordPressのインストール完了

WordPress簡単インストールが正常に終わった時に表示される画面

WordPressのインストール処理は、1分ほどで終わります。

そして、正常にインストール処理が終わると、画面上部に下記メッセージが表示されます。

正常にインストールが完了しました。早速サイトをカスタマイズしてみましょう!

管理者ページURLをメモしておく

インストールが正常に終了したら、「管理者ページURL」をメモしてください。

具体的には、「インストールしたWordPress」という見出しの下にある「管理者ページURL」をメモしてください。

なお、メモではなく、ウェブブラウザのブックマーク機能を使ってもOKです。

管理者ページURLをメモする理由

ちなみに、管理者ページURLをメモする理由は、それがWordPressの「管理画面ログインページ」のURLだからです。

WordPress管理画面のログインページ

↑WordPress管理者画面ログインページ

サイトURLと利用データベースは、メモ不要

下記2つをメモする必要はありません。

  • ①サイトURL
  • ②利用データベース

理由は、以下のとおりです。

  • ①WordPress管理画面を使うと、簡単にブログを表示できる(URLがわかる)
  • ②基本的に使用しない

とはいえ、覚えておいて損はないので、時間に余裕のある方はメモしてください。


以上で、ロリポップでのWordPressインストール作業は完了です。

↑ 目次にもどる

WordPressインストール後に設定すべきこと

WordPress管理画面の「一般設定」ページにある「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」項目

↑ WordPress「一般設定」

参考までに、WordPressインストール後に設定すべきことを紹介します。

それは、以下のものです。

  • サイト名とサイト説明文
  • デザイン(WordPressテーマ)
  • URLの表示形式(パーマリンク)
  • Google に対して、検索結果にブログを表示することを許可する

なお、WordPressインストール時に設定した項目に関しては、再度設定する必要はありません。

各項目の設定方法については、次の記事をご覧ください。

»»» WordPressでブログを始める方法|インストールからGoogle登録まで徹底解説


↑ 目次にもどる

おすすめ設定:ブログの常時HTTPS化

HTTPS化されているウェブサイトのイメージイラスト

最後に。

独自ドメインを使ってブログを運営する方には、ブログを常時HTTPS化することをおすすめします。

参考:【初心者向け】HTTPSと常時HTTPS化の意味を解説!設定方法も紹介

なぜかというと、下記メリットがあるからです。

  • ユーザーの離脱率ダウン
  • 検索順位アップ

参考:ブログに【常時HTTPS化】(独自SSL)が必須な理由を徹底解説

ブログを常時HTTPS化する方法については、次の記事をご覧ください。

»»» ロリポップの無料独自SSLを設定してブログを常時HTTPS化する方法

なお、ブログを常時HTTPS化したいけれど独自ドメインを持っていない…という方は、次の記事をご覧ください。

以上で、当記事は終了です。

当記事が役に立ったという方は、ぜひ、他の方に紹介してください。

また、サイト運営に協力していただけると助かります。

15円~

応援する

↑ 目次にもどる

これからロリポップと契約する方におすすめの記事


期間限定キャンペーン 9月20日まで!

ロリポップ初期費用無料キャンペーン9月20日まで!

↓ サーバー利用料が半額(実質)

ロリポップ契約期間2倍延長キャンペーン

ロリポップ公式サイト


トップへ戻るボタン