WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開日:2019年7月7日・更新日:2020年4月5日

【初心者向け】コンテンツSEOの意味をわかりやすく説明

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、ブログ記事などを書いてウェブサイトにコンテンツを増やすことで Yahoo! や Googel などの検索エンジンからの集客を増やす手法のことです。

ウェブサイトに増やすコンテンツは次の条件を満たすもの。

  • 検索ユーザーの興味・関心があるもの(検索されるキーワード)
  • 読んだ人の役に立つ情報
  • ウェブサイトに関連するキーワード

そして、検索エンジンからの集客が増える理由は次のとおりです。

  • ウェブサイトが表示される検索キーワードの増加
  • 被リンクの増加

それぞれについて順番に説明していきます。

どのようなコンテンツを追加するべきか【3つの条件】

ウェブサイトに増やしていくコンテンツは何でも良いという訳ではありません。

次の3つの条件を満たさないとコンテンツSEOは失敗します。

  • 検索ユーザーの興味・関心があるもの(検索されるキーワード)
  • 読んだ人の役に立つ情報
  • ウェブサイトに関連するキーワード

なぜ、上記の条件を満たす必要があるか順番に説明していきます。

検索ユーザーの興味・関心があるもの(検索されるキーワード)

一つ目の条件は検索されるキーワードに関連するコンテンツにすることです。

理由は、検索されないキーワードに関するコンテンツを作成しても誰も見ないからです。具体的には次のとおり。

検索回数 0回 = 誰も見ない = ウェブサイトの集客 0

検索ユーザーの役に立つ情報

二つ目の条件は、コンテンツを見たユーザーが「役に立った」と感謝してくれるようなコンテンツを作成することです。

理由はコンテンツを読んだ人に対して次の行動を期待しているからです。

  • 良い印象を持ってもらい仕事の獲得につなげる(CVアップ)
  • 被リンクの増加

どういうことか説明します。

良い印象を持ってもらい仕事の獲得につなげる(CVアップ)

コンテンツを読んだ人に良い印象を持ってもらえば「次に〇〇を依頼する時はこの会社にしよう」と思ってもらえる確率が上がります。

つまり、ユーザーが「役に立った」と感謝してくれるようなコンテンツを作成すれば仕事の獲得やお問い合わせの増加につながる、というわけです。

被リンクの増加

コンテンツを読んだ人が「役に立つから〇〇さんにも教えてあげよう」と考えて被リンクを貼ってくれることもあります。

被リンクの数が増えればウェブサイトの検索順位が上がります。そして、検索順位が上がればウェブサイトへのアクセスも増えます。

ウェブサイトに関連するキーワード

三つ目の条件は、ウェブサイトの内容に関連するコンテンツにすることです。

たとえば「SEO」に関するウェブサイト運営しているならば「SEO」に関連するコンテンツを作成する必要があります。

理由は次の 2つです。

  • 良い印象を持ってもらい仕事の獲得につなげる(CVアップ)
  • ウェブサイトの専門性をあげる

順番に説明します。

良い印象を持ってもらい仕事の獲得につなげる(CVアップ)

先述したように、コンテンツを読んだ人に良い印象を持ってもらえば「次に〇〇を依頼する時はこの会社にしよう」と思ってもらえる確率が上がります。

しかし、そのコンテンツがウェブサイトと関連のないものだと仕事の獲得にはつながりません。たとえば、次のような場合です。

「SEO」に関するウェブサイトを運営

コンテンツ「パソコンの調子が悪いときに試したい5つの方法」

この場合、コンテンツを読んだ人が「役に立った」と思ってくれても「次にSEOを依頼する時はこの会社にしよう」となる確率は「ほぼ無い」でしょう。

このような状況にならならないために、追加するコンテンツはウェブサイトの内容に関連するものにする必要があります。


ウェブサイトの専門性をあげる

二つ目の理由は、Googleが専門性のあるウェブサイトを高く評価しているからです。

根拠はGoogle公式サイトの次の記述です。

評価の高いサイトは信頼できるサイトです。特定の分野で専門性と信頼性に対する評価を得られるようにしましょう。

Googleはウェブサイトに関連性の低いコンテンツを追加するとウェブサイトの専門性が下がるとは言っていません。

しかし、ウェブサイトの専門性は下がると考えるのが普通ではないでしょうか?

仮にウェブサイトの専門性が下がるとします。そうすると、検索エンジンからの評価も下がりウェブサイトの検索順位も下がります。

このようなことを考えると、追加するコンテンツはウェブサイトの内容に関連するものだけにするべき、と言えます。

検索エンジンからの集客が増える理由(仕組み)

コンテンツSEOをするとウェブサイトに集客が増える理由は次の2つです。

  • ウェブサイトが表示される検索キーワードが増加するため
  • 被リンクが増加するため

上記の理由でウェブサイトの集客が増える仕組みについて分かりやすく説明します。

ウェブサイトが表示される検索キーワードが増加するため

一つ目の理由は、ウェブサイトが表示される検索キーワードが増加するためです。

具体的に説明します。たとえば、次のようなウェブサイトがあるとします。

東京でSEOサービスを提供している会社

ウェブサイトの構成(計4ページ)

  • トップページ
  • サービスの紹介
  • 会社案内
  • お問い合わせ

このウェブサイトが検索エンジンに表示されるのは次のキーワードの場合です。

検索キーワード(コンテンツSEO前)

  • SEO
  • SEO 東京

このウェブサイトにコンテンツSEOとして次のようなコンテンツを追加したとします。

追加コンテンツ

  • SEOに効果的なタイトタグにする方法
  • SEO初心者向けにサイトマップの送信方法を説明

そうすると、このウェブサイトが検索エンジンに表示されるキーワードが増えます。具体的には次のとおりです。

検索キーワード(コンテンツSEO後)

  • SEO
  • SEO 東京
  • SEO タイトル ← 増えた
  • SEO サイトマップ 送信方法 ← 増えた

検索エンジンに表示されるキーワードが増えればウェブサイトへのアクセス数も増えます。これが、コンテンツSEOでウェブサイトの集客が増える一つ目の理由です。

被リンクが増加するため

二つ目の理由は被リンクが増加するためです。

先述したように、コンテンツを読んだ人が「役に立つから〇〇さんにも教えてあげよう」と考えて被リンクを貼ってくれることもあります。

被リンクの数が増えればウェブサイトの検索順位が上がります。理由は、Google がウェブサイトの検索順位を決めるのに被リンクが利用しているからです。

4. ウェブ上の民主主義は機能する。

(前略)Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としている(後略)

ウェブサイトの検索順位が上がれば、検索結果に表示される回数とクリック率が上がります。そうするとウェブサイトへのアクセス数も増えます。

これが、コンテンツSEOでウェブサイトの集客が増える二つ目の理由です。

コンテンツSEOが注目されている理由

最後に、近年コンテンツSEOが注目されている理由について説明します。

その理由は、Googleの技術が向上して検索エンジンが賢くなっているからです。

Googleは「検索ユーザーの役に立つ情報を検索結果の上位に表示させたい」と考えて常に検索エンジンをアップデートしています。そのため、コンテンツの良し悪し以外は徐々に検索順位に影響しなくなってきています。

このような状況下でウェブサイトの検索順位を上げるためには「検索ユーザーの役に立つコンテンツを作ることが一番効率が良い」と考えられたのが、近年コンテンツSEOが注目されるようになった理由です。


おわり

以上で、当記事の内容は終了です。

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

  • カテゴリ:
  • SEO
タグ:

これからブログを始めたい人にオススメの記事

トップへ戻るボタン