WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開::2019年12月8日 / 更新日:2020年11月9日

ムームードメインで取得したドメインをロリポップで使う方法|ネームサーバーとレンタルサーバー設定

「ムームードメイン」公式サイトのトップページ

独自ドメインを取得(購入)したけれど、ホームページ(ブログ)のドメインとして使う方法がわからない…

といった方は多いと思います。当記事は、そのような方向けに

ムームードメイン」で取得した独自ドメインを「ロリポップ!」で使う方法を、わかりやすく説明したものです。

パソコンが苦手…という方でも安心してください。
たくさんの画像を使いながら、一つ一つの作業を詳しく説明していきます。

必要な時間は全部で 10分程度です。

それでは、順番に説明していきます。

作業概要:やることは3つだけ

まず、今回行う作業を紹介します。

それは、以下の3つです。

  1.  ムームードメインのネームサーバーを設定
  2.  ロリポップ!の 独自ドメインを設定
  3.  独自ドメインにアクセスしてホームページの表示を確認

ちなみに、各項目の一番左側にある数字は、作業する順番です。

また、作業時間は、先ほど紹介したように全部で10分程度です。

それでは、各作業について順番に説明していきます。


以上で、作業概要:やることは3つだけ、は終了です。

↑ 目次にもどる

1. ムームードメインのネームサーバーを設定

はじめに行う作業は、ムームードメインのネームサーバー設定です。

この作業に必要な時間は 3〜5分ほど。

それでは、説明していきます。

1. ユーザー管理画面(会員ページ)にログイン

「ムームードメイン」会員ページのログイン画面

まず、「ムームードメイン」のユーザー管理画面(会員ページ)にログインします。
下記リンクよりどうぞ。

»»» ムームードメイン ログイン

2. 「ネームサーバ設定変更」画面を表示してドメインを選択

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像1

次に、「ネームサーバー設定変更」画面を表示して、「ネームサーバーの設定をするドメイン」を選択します。

手順は、以下のとおり。

画面左にあるメニューの「ドメイン操作」をクリック

会員ページにログインをしたら、画面左にあるメニューのなかの「ドメイン操作」をクリックします。

そうすると、「ドメイン操作」の下に「ドメイン一覧」などの詳細メニューが表示されます(下画像を参照)。

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像2

表示された詳細メニューの「ネームサーバ設定変更」をクリック

「ドメイン操作」の下に詳細メニューが表示されたら、そのなかにある「ネームサーバ設定変更」をクリックします(上の画像赤枠)。

そうすると、ドメイン一覧画面が表示されます(下の画像参照)。

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像3

ドメイン一覧から「ネームサーバーの設定をするドメイン」を選択

ドメイン一覧画面が表示されたら、ドメインリストの中から「ネームサーバーの設定をするドメイン」を探します。

ドメインが見つかったら、そのドメインの右側にある「ネームサーバ設定変更」という青色のボタンをクリックします(上の画像赤枠)。

そうすると、「ネームサーバ設定変更」詳細ページが表示されます(下の画像参照)。

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像4

3. 「ネームサーバの設定」を「ロリポップ!」に変更

最後に、ドメインのネームサーバー設定をロリポップにします。

手順は、以下のとおり。

「ロリポップ!レンタルサーバー」をチェック状態にする

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像4

まず、「ネームサーバ設定変更」詳細ページのなかから「ロリポップ!レンタルサーバー」という項目を探します(上の画像参照)。

「ロリポップ!レンタルサーバー」が見つかったら、その左側にある丸印をクリックしてチェック状態にします(下の画像参照)。

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像5

「ネームサーバ設定変更」ボタンを押す

「ロリポップ!レンタルサーバー」をチェック状態にしたら、ページ下部にある「ネームサーバ設定変更」という水色のボタンをクリックします(下の画像参照)。

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像6

確認メッセージが表示されたら「OK」ボタンを押す

「ネームサーバ設定変更」ボタンを押すと、「ネームサーバの設定変更を行ってもよろしいですか。」という確認メッセージが表示されます(下の画像参照)。

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像7

上記メッセージが表示されたら、そのメッセージの下にある「OK」ボタンを押します。

「OK」ボタンを押すと、下画像のような「ネームサーバーの設定を変更しました」という画面が表示されます。

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像8

「ネームサーバーの設定を変更しました」と表示されたら作業完了

「ネームサーバーの設定を変更しました」という画面が表示されたら「ムームードメインのネームサーバー設定」は完了です。

ムームードメイン会員ページは、このまま閉じても大丈夫です。


↑ 目次にもどる

2. ロリポップ!レンタルサーバーで独自ドメインを設定

次に、ロリポップ!レンタルサーバーで独自ドメインの設定をします。

この作業に必要な時間は 5分くらいです。

それでは、説明していきます。

最終更新日:2020年7月12日

1. 会員ページにログイン

「ロリポップ!」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像1

まず、「ロリポップ!」の会員ページにログインします。下記リンクよりどうぞ。

»»» ロリポップ会員ページ ログイン画面

2. 「独自ドメイン設定」ページを表示

「ロリポップ!」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像2

会員ページにログインしたら、

画面左のメニューから「サーバーの管理・設定」→「独自ドメイン設定」をクリック

します(上画像の赤枠)。

そうすると、下の画像のような「独自ドメイン設定」ページが表示されます。

「独自ドメイン設定」ページ

3. 独自ドメイン設定

ドメイン一覧の下にある「独自ドメイン設定」ボタンをクリック

「独自ドメイン設定」ページが表示されたら、

ドメイン一覧の下にある「独自ドメイン設定」ボタンをクリック

します。

そうすると、下画像のような「ステップ2.独自ドメインをロリポップ!に設定する」というページが表示されます。

「ロリポップ!」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像5

設定箇所と内容は次のとおり(下記①②)。

① 設定する独自ドメイン… お名前.comで取得したドメイン

② 公開(アップロード)フォルダ… 上記ドメインで表示したいホームページ(ブログ)のルートフォルダ


ルートフォルダ

  • WordPressの場合 … Wordpressをインストールしたフォルダ
  • CMSを使っていない場合…トップページの index.html が入っているフォルダ

なお、ロリポップ!アクセラレーターの設定は変更しなくてもOKです。
おそらく、チェック状態になっていますので、そのままにしておいてください。

上記項目①②を入力したら「独自ドメインをチェックする」ボタン(上の画像③)をクリックします。

そうすると、下の画像のような確認画面が表示されます。

「ロリポップ!」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像6

上記画像に表示されている文章

「下記のドメインで設定を行います。間違いがなければ、設定ボタンをクリックしてください。」

表示されている内容を確認して問題がなければ「設定」ボタン押してください。

そうすると「〇〇の登録が完了しました」という次のような画面が表示されます。

「ロリポップ!」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像7

以上で、ロリポップ の独自ドメイン設定は完了です。

ロリポップ会員ページは、このまま閉じても大丈夫です。




↑ 目次にもどる

WordPressの場合:「一般設定」のアドレス(URL)を 独自ドメインに変更する

ここからは、独自ドメインを WordPressで使用するために必要な設定を紹介します。

»»» WordPressを使用していない人は、こちらをクリック

WordPressの「一般設定」画面にある「WordPressアドレスURL」と「サイトアドレス(URL)」という項目

WordPressで独自ドメインを使用するためには、

「一般設定」にある

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

に、独自ドメインを設定する

必要があります(上画像の赤枠)。

この作業を行わないと、ウェブページが正しく表示されません。
具体的には、下画像のようにウェブサイトのデザインが崩れて表示されてしまいます。

ウェブサイトのデザインが崩れて表示されている

ちなみに、上画像のホームページ(ブログ)の正しいデザインは以下のとおり。

ウェブサイトのデザインが崩れずに「きれいに」表示されている

WordPressの設定変更については別の記事で詳しく説明しています。
下記リンクよりご覧ください。

»»» WordPressで独自ドメインを使うための設定


↑ 目次にもどる

3. 独自ドメインにアクセスしてホームページの表示を確認する

いよいよ、最後の作業です。

最後に行うことは、独自ドメインにアクセスをして「ホームページ(ブログ)が表示されるかどうか」の確認です。

ホームページ(ブログ)がきちんと表示されれば、独自ドメインの設定は完了です。

確認作業をするのは設定変更から24時間後

ネームサーバーの設定変更が反映されていない場合に、ウェブブラウザに表示される画面

独自ドメインにアクセスをして「ホームページ(ブログ)が表示されるかどうか」の確認は、以下の作業が終了してから24時間後に行なってください。

  • お名前.com の ネームサーバーを設定
  • ロリポップ!の 独自ドメインを設定

なぜかというと、独自ドメインの設定変更は、すぐに反映されないからです。

一般的には、独自ドメインの設定変更が反映されるのに必要な時間は 24時間から72時間と言われています。

以下、お名前.com 公式サイトの引用です。

ネームサーバーの変更 数時間から72時間程度

ネームサーバーの設定変更が反映されていない場合に表示される画面

ちなみに、ネームサーバーの設定変更が反映されていないうちに独自ドメインにアクセスすると、以下のようなメッセージが表示されます。

ネームサーバーの設定変更が反映されていない場合に、ウェブブラウザに表示される画面

上記メッセージ

このサイトにアクセスできません

tk-create.xyzのサーバーの IP アドレスが見つかりませんでした。

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN


tk-create.xyzの部分は、設定した独自ドメインによって違う

上記メッセージが表示された場合は、少し時間をおいてから「ホームページ(ブログ)が表示されるかどうか」を確認してください。

ほとんどの場合は、24時間以内に反映される(経験上)

私の経験上、独自ドメインでホームページ(ブログ)が表示されるまでの時間は、設定作業を終えてから24時間以内がほとんどです。

早いときだと、3時間くらいで表示されることもあります。

したがって、独自ドメインでホームページ(ブログ)が表示されるかどうかを早く確認したい方は、1時間おきにチェックするのが良いかと思います。


以上で、独自ドメインにアクセスしてホームページの表示を確認する、は終了です。

»»» 設定がうまくいった方は、こちらをクリック

403エラーが表示された方は、次に紹介する内容をお読みください。

↑ 目次にもどる

独自ドメインにアクセスすると「403 error(エラー)」と表示される場合の解決方法

独自ドメインにアクセスすると「403 error(エラー)」と表示される

独自ドメインにアクセスすると、上の画像のように「403 error(エラー)」と表示されることがあります。

この場合の解決方法について説明していきます。

1.ロリポップ!の設定が間違っていないかを確認する

まず、ロリポップ!の以下 2点の設定を確認してください。

① 公開(アップロード)フォルダの名前が正しいか

②公開(アップロード)フォルダ に「index.html」があるか

「ロリポップ!」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像5

2.設定間違いを修正する

先ほど紹介した確認すべき点に間違いがある場合は、その点を修正します。

修正方法は、以下のとおり。

公開(アップロード)フォルダの名前が間違っている場合

公開(アップロード)フォルダの名前が間違っている場合は、公開(アップロード)フォルダの名前を正しいものに修正します。

公開(アップロード)フォルダに index.htmlがない場合

公開(アップロード)フォルダに index.htmlがない場合は、公開(アップロード)フォルダに index.htmlを追加します。

そうすると、ホームページ(ブログ)が表示されるようになるはずです。

3.ホームページ(ブログ)が表示されるかを確認する

独自ドメインでホームページ(ブログ)が表示されるかどうかの確認は、設定の間違いを修正してから24時間後
に行なってください。

なぜかというと、先ほど説明したように「独自ドメインの設定変更はすぐに反映されないから」です。

この反映時間は、設定を変更(修正)した場合も同じです。

したがって、独自ドメインにアクセスをして「ホームページ(ブログ)が表示されるかどうか」の確認は、設定を変更してから24時間後に行なってください。

index.htmlを追加した場合は、1分前後で表示されるようになる

ちなみに、先ほど修正方法として紹介した以下の作業を行なった場合は、作業をしてから1分前後でホームページ(ブログ)が表示されるようになります。

②公開(アップロード)フォルダに index.htmlを追加

ホームページがすぐに表示される理由は、ネームサーバーの変更ではないからです。
詳しい説明は、当記事の内容からそれてしまうので省略します。

【注意点】公開(アップロード)フォルダ名の入力ミス

特に注意してほしいのが、公開(アップロード)フォルダ名の入力ミスです。

なぜかというと、実際に存在しないフォルダ名を「公開(アップロード)フォルダ」に指定してもエラーにならないからです。

ロリポップ!の場合、指定したフォルダがないと、システムが自動で作成するようになってます。
具体的には、以下のとおり。

サーバーに「sample」というフォルダがない場合、システムが「sample」というフォルダを自動作成する

このような仕組みになっているため、自分がフォルダ名を間違えていることに「なかなか」気づきません。

したがって、ロリポップの公開(アップロード)フォルダを設定する際は、フォルダ名の入力ミスに注意してください。


以上で、独自ドメインにアクセスすると「403 error(エラー)」と表示される場合の解決方法、は終了です。



↑ 目次にもどる

おわりに:無料で出来る常時SSL(HTTPS)化のすすめ

HTTPS(SSL)化されたウェブサイトは安全に通信できるというイメージ画像

最後に、ロリポップ!で独自ドメインを使うと利用できる「お得なサービス」について紹介します。

それは、無料でホームページ(ブログ)を常時SSL(HTTPS)化するサービスです。

常時SSL(HTTPS)化をおすすめする理由は、次の二つ。

  • ユーザーの個人情報を守ることができる
  • 検索順位が上がりやすくなる

»»» 参考:HTTPSとは?検索順位(SEO)に影響はあるのか?

上記をみるとわかるように、ホームページ(ブログ)を常時SSL(HTTPS)化をすると、大きなメリットを得ることができます。

ちなみに、デメリットは特にありません。

したがって、独自ドメインの設定が終わったら、ホームページ(ブログ)を常時SSL(HTTPS)化することをおすすめします。

設定方法については次の記事で詳しく説明していますので、そちらをご覧ください。


以上で、当記事の内容は終了です。

当記事が、これからホームページ(ブログ)を運営する方の役に立てば嬉しいです。

参考:アフィリエイト初心者におすすめのサービス:A8.net(公式サイトが開きます)

関連記事

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

  • カテゴリ:
  • SEO

これからブログを始めたい人にオススメの記事

トップへ戻るボタン