WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開:2019年12月28日 / 更新:2020年6月9日

ムームードメインをロリポップで使う方法【ネームサーバー(DNS)と独自ドメイン設定】

「ムームードメイン」公式サイトのトップページ

ムームードメイン で取得した独自ドメインを、ロリポップ! のレンタルサーバーで使う方法を、画像を使いながらわかりやすく説明していきます。

作業は 次の 3ステップです。

  • 1. ムームードメインのネームサーバー(DNS)を設定
  • 2. ロリポップ!で独自ドメインを設定
  • 3. 独自ドメインにアクセスして設定が上手くできたか確認する

必要な時間は全部で 10分程度です。

また、作業手順の他に「403 error(エラー)」と表示される場合の解決方法についても記載しています。

それでは、順番に説明していきます。

1. ムームードメインのネームサーバー(DNS)を設定

まず『ムームードメイン』のネームサーバーの設定します。

作業に必要な時間は 3分ほどです。

それでは、説明していきます。

1. 会員ページにログイン

「ムームードメイン」会員ページのログイン画面

はじめに、「ムームードメイン」の会員ページにログインします。

»»»ムームードメイン会員ページ

2. 「ネームサーバ設定変更」画面を表示

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像1

会員ページにログインをしたら、画面左にあるメニューのなかから「ドメイン操作」をクリックします。

そうすると「ドメイン操作」の下に「ドメイン一覧」などの詳細メニューが表示されます(下画像を参照)。

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像2

表示された詳細メニューの中から「ネームサーバ設定変更」をクリックしてください。

そうすると、下の画像のようなドメイン一覧画面が表示されます。

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像3

表示されているドメイン一覧の中から「ネームサーバーの設定をしたいドメイン」を探します。

ドメインが見つかったら、そのドメインの右側にある「ネームサーバ設定変更」という青色のボタンをクリックしてください。

そうすると、次のステップで紹介する「ネームサーバ設定変更」画面が表示されます。

2. 「ネームサーバの設定」を「ロリポップ!」に変更

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像4

「ネームサーバ設定変更」画面が表示されたら、「ロリポップ!レンタルサーバー」という項目を探してください。

そして「ロリポップ!レンタルサーバー」が見つかったら、その左側にある丸印をクリックしてチェック状態にしてください(下画像を参照)。

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像5

「ロリポップ!レンタルサーバー」をチェック状態にしたら、ページ下部にある「ネームサーバ設定変更」という水色のボタンを押してください。

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像6

そすると、下の画像のような「ネームサーバの設定変更を行ってもよろしいですか。」というメッセージが表示されますので「OK」ボタンを押してください。

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像7

「OK」ボタンを押すと、下の画像のような「ネームサーバーの設定を変更しました」というページが表示されます。

「ムームードメイン」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像8

この画面が表示されれば「ムームードメインのネームサーバー(DNS)設定」は完了です。

ムームードメイン会員ページは、このまま閉じても大丈夫です。

2. ロリポップ!で独自ドメインを設定

次に、ロリポップ で独自ドメインの設定をします。

必要な時間は 5分くらいです。

それでは、説明していきます。

1. 会員ページにログイン

「ロリポップ!」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像1

まず、「ロリポップ!」の会員ページにログインします。

»»» ロリポップ会員ページ ログイン画面

2. 「独自ドメイン設定」ページを表示

「ロリポップ!」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像2

会員ページにログインしたら、画面左にあるメニューから「サーバーの管理・設定」→「独自ドメイン設定」をクリックします。

そうすると、下の画像のような「独自ドメイン設定」ページが表示されます。

「独自ドメイン設定」ページ

3. 独自ドメイン設定

ドメイン一覧の下にある「独自ドメイン設定」ボタンをクリック

「独自ドメイン設定」ページが表示されたら、ドメイン一覧の下にある「独自ドメイン設定」ボタンをクリックします。

そうすると、下の画像のような「ステップ2.独自ドメインをロリポップ!に設定する」というページが表示されます。

「ロリポップ!」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像5

設定箇所と内容は次のとおり。

① 設定する独自ドメイン… ムームードメインで取得したドメイン

② 公開(アップロード)フォルダ… 設定するドメインで表示したいウェブサイトのルートフォルダ


ルートフォルダ … トップページの index.html が入っているフォルダ

上記項目①②を入力したら「独自ドメインをチェックする」ボタン(上の画像③)をクリックします。

そうすると、下の画像のような確認画面が表示されます。

「ロリポップ!」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像6

上記画像に表示されている文章

「下記のドメインで設定を行います。間違いがなければ、設定ボタンをクリックしてください。」

表示されている内容を確認して問題がなければ「設定」ボタンを押してください。

そうすると「〇〇の登録が完了しました」という次のような画面が表示されます。

「ロリポップ!」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像7

これで、ロリポップ の独自ドメイン設定は完了です。

ロリポップ!会員ページは、このまま閉じても大丈夫です。

3. 独自ドメインにアクセスして設定が上手くできたか確認する

ムームードメインとロリポップ!の設定が終わったら、独自ドメインの設定が上手く出来ているかを確認しましょう!

ただし、設定変更後すぐに確認することは出来ません。

理由は、ムームードメインとロリポップ!のドメイン設定の変更が反映するのに少し時間がかかるからです。

ドメイン設定の変更が反映されるまでの時間:24時間から72時間

「お名前.com」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像1

独自ドメインの設定変更が反映されるのに必要な時間は、24時間から72時間です。

しかし、それほど時間がかからないこともあります。

ムームードメインとロリポップの組み合わせの場合、早いときは 2 〜 3時間くらいで独自ドメインの設定変更が反映されます。

したがって「早く設定変更の確認をしたい」という人は、6時間ごとに確認するのが良いかと思います。

独自ドメイン設定が上手くできているか確認する方法

独自ドメイン設定が上手くできているか確認する方法は、設定した独自ドメインにアクセスして「自分の意図したウェブサイト」が表示されるかを確認します。

たとえば「tk-create.com」という独自ドメインを設定したとします。

この場合ならば「tk-create.com」にアクセスして「tk-create.com で表示したいと思っているウェブサイト」が表示されるかを確認します。

  1. 「tk-create.com」にアクセス
  2. 「tk-create.comで表示したいと思っているウェブサイト」が表示されればOK

設定した独自ドメインにアクセスして「自分の意図したウェブサイト」が表示されれば、独自ドメインの設定が上手く出来ている証拠です。

したがって、今回の作業「ムームードメインをロリポップで使う方法【ネームサーバー(DNS)と独自ドメイン設定】」は完了です。

独自ドメインにアクセスすると「403 error(エラー)」と表示される場合の解決方法

独自ドメインにアクセスすると「403 error(エラー)」と表示される

独自ドメインにアクセスすると「403 error(エラー)」と表示されることがあります。

こういった場合は、次の2点を確認してください。

① 「公開(アップロード)フォルダ」の名前が正しいか

②「公開(アップロード)フォルダ」の中に「index.html」があるか

修正が反映されるまでの時間

①独自ドメイン設定画面の「公開(アップロード)フォルダ名」を変更すると、反映されるまでに少し時間がかかります。

正確な時間は分かりませんが、おそらく3時間くらいだと思います。

②「index.html」が無い場合は、フォルダの中に「index.html」を追加すれば、すぐにウェブページが表示されるようになります。

公開(アップロード)フォルダ名の入力ミスに注意

ロリポップの場合、実際に存在しないフォルダ名を「公開(アップロード)フォルダ」に指定してもエラーになりません。

そのため、自分がフォルダ名を間違えていることに「なかなか」気づかないことがありますので注意してください。

フォルダが無い場合は自動作成される

ロリポップでは「公開(アップロード)フォルダ」に指定したフォルダがウェブサーバーに無い場合、そのフォルダを自動作成する仕組みになっています。

たとえば「公開(アップロード)フォルダ」に「test」というフォルダ名を指定したとします。
そして、ウェブサーバーに「test」というフォルダが無かったとします。

この場合なら「test」といフォルダがウェブサーバーに自動作成されます。

① 「公開(アップロード)フォルダ」に「test」を指定

② 「test」は存在しないフォルダ

③ ロリポップ!は「test」というフォルダを自動作成する

あわせて行いたい設定:常時HTTPS(SSL)化

HTTPS(SSL)化されたウェブサイトは安全に通信できるというイメージ画像

独自ドメインの設定が完了したら「ウェブサイトの常時SSL(HTTPS)化」設定も一緒にしておくことをオススメします。

参考:HTTPSとは?検索順位(SEO)に影響はあるのか?

おすすめする理由は、次の2つです。

  • 常時SSL(HTTPS)化は検索順位に影響する
  • 独自ドメインがあれば無料で常時HTTPS(SSL)化できる(ロリポップの場合)

設定方法については「ロリポップで無料独自 SSL化(HTTPS)する方法」で詳しく説明していますので、そちらをご覧ください。

以上で、当記事の内容は終了です。

  • カテゴリ:
  • SEO
タグ:

【初心者向け】まとめ記事

SEOまとめ記事

トップへ戻るボタン