WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

最終更新日:2020年6月1日

ドメイン名は検索順位(SEO)に影響するの?

ドメイン名を何にするのか迷っている…
なぜかというと、検索順位(SEO)で損をしたくないから

という方は多いと思います。

私も同じでした。初めてドメイン名を決める時は、かなり悩みました。

そして、悩みの原因となったのが「インターネットにある様々な意見」です。
根拠がないものが多く、どれを信じて良いのかサッパリ分かりませんでした。

インターネット上にあるドメイン名の情報は、どれが正しいのか分からない

そこで、ドメイン名に関して自分が気になった情報を一つ一つ検証しました。

当記事は、その内容をまとめたものです。

当記事の内容が、これからドメインを取得する人の役に立てばと思います。

ドメイン名に関する4つのウワサ

インターネットには「ウェブサイトの検索順位を良くするためにはドメイン名を〇〇すべき」という次のような情報があります。

  • ー(ハイフン)を使用しない
  • 数字を使用しない
  • ドメイン名にSEOキーワードを入れる
  • ドメイン名の末尾は〇〇にすべき

先に結論をいうと、上記 4つは全て検索順位に影響しません。

それぞれの根拠について順番に紹介していきます。


↑ 目次にもどる

1. ー(ハイフン)を使用しない

ドメイン名に数字とハイフンを使用しない方が良い?

一つ目のウワサは、上記画像の赤枠部分に「ー(ハイフン)を使用すると検索順位に悪影響がある」というものです。

先述したように、このウワサは間違いです。

ドメイン名に「ー(ハイフン)」を使用しているかどうかで検索順位が変わる、ということはありません。

根拠:Google公式サイトの情報

根拠は Google公式サイトの次の記述です。

URL では区切り記号を使うと効果的です。

http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.htmlという URLよりずっとわかりやすくなります。

上記文章をみると、Googleがウェブサイトの URLに「ー(ハイフン)」の使用を推奨していることが分かります。

このことから、ドメイン名に「ー(ハイフン)」を使用してもウェブサイトの検索順位に影響がないことが分かります。

ー(ハイフン)使用すると英単語の区切りが明確になる

ちなみに先ほど紹介した Google の文章の意味は、URLに「ー(ハイフン)」を追加すると英単語の区切りが明確になるのでページ内容も伝わりやすくなるという意味です。

  • green-dress ←「green」と「dress」という単語があることが分かりやすい
  • greendress

↑ 目次にもどる

2. 数字を使用しない

ドメイン名に数字とハイフンを使用しない方が良い?

二つ目のウワサは、上記画像の赤枠部分に「数字を使用すると検索順位が上がりにくい」というものです。

このウワサも、間違いです。

ドメイン名に数字を使用してもウェブサイトの検索順位は変わりません。

根拠 1:Google公式サイトに記載がない

一つ目の根拠は Google の公式サイトにそのような情報が一切ないことです。

このように言うと「Googleが発表していないだけではないか?」と思う方もいるかと思います。しかし、その可能性は限りなくゼロだと私は考えています。

理由は「ドメインに数字が入っているから検索順位を下げる」という「くだらない」ことを Google がするとは考えられないからです。

根拠 2:有名ブロガーが使用している

二つ目の根拠は、有名ブロガーさんが「数字が入っているドメイン」を使用していることです。具体的には次のサイトで使用されています。

クロネさんのブログのPV(ページビュー)は月100~300万PVだそうです。そのような人が「わざわざ」検索順位で不利になるドメインを使用するとは考えられません。

したがって「ドメイン名に数字を使用してもウェブサイトの検索順位は変わらない」と考えるのが妥当だと思います。


↑ 目次にもどる

3. ドメイン名にSEOキーワードを入れる

ドメイン名に検索結果の上位表示を狙っているキーワードを入れるべきか?

三つ目のウワサは、上記画像の赤枠部分に「SEOキーワードを入れると検索順位が上がる」というものです。

SEOキーワード … 検索結果で上位表示を狙っているキーワード

このウワサも、間違いです。ドメイン名にSEOキーワードを入れてもウェブサイトの検索順位は変わりません。

根拠 :実際の検索結果を調査

根拠は、検索結果の上位に表示されているサイトのURLに「検索キーワード」が含まれている割合を調べたところ、その数字が低かったことです。

調査内容と結果は次のとおりです。

調査内容

① Googleの検索エンジンで「ダイエット」と検索

Googleの検索エンジンで「ダイエット」と検索

② 上位100位のウェブページで、ドメイン名のなかに「diet」というキーワードが入っているものがいくつあるか調査


※ ダイエットは英語で「diet」= SEOキーワード

調査結果

ドメイン名に「diet」が入っているウェブページは下記 1件のみ。

Googleの検索エンジンで「ダイエット」と検索した結果

dietclub.jp … 34位


【結果】ドメイン名にSEOキーワードが入っているウェブページの割合は1%。


調査日:2020年2月22日

この結果から「ドメイン名にSEOキーワードを入れても検索順位は変わらない」ということが分かるかと思います。


↑ 目次にもどる

4. ドメイン名の末尾は〇〇にすべき

ドメインの末尾の種類も検索順位に影響するのか?

四つ目のウワサは「ドメイン名の末尾を〇〇にすると検索順位が上がりやすい」というものです(〇〇を何にするかは諸説あります)。

このウワサも間違いです。ドメイン名の末尾の種類でウェブサイトの検索順位が変わる、ということはありません。

根拠 :Google公式サイトの情報

根拠は Google公式サイトにある次の記述です。

検索において、特定の TLD のキーワードが有利に働くことも不利に働くこともありません。

上記文章にある「TLD」はドメイン末尾の種類を意味します。

トップレベルドメイン(TLD)の説明イラスト

上記文章を読むと、Googleが「ドメイン末尾の種類は検索順位に影響しない」とハッキリ言っていることが分かります。

したがって「ドメイン名の末尾を〇〇にすると検索順位が上がりやすい」というウワサは間違いである、と言えます。

おすすめは「.com」

ちなみに、おすすめは「.com」です。

理由は、多くの人にとって「見慣れたもの」のため、ドメインを見て不信感などを持つ人が少ないからです。

「.com」をおすすめする理由については別の記事で詳しく説明しています。興味のある方は下記リンクよりご覧ください。

»»»ドメイン種類を選ぶときの 2つのポイント


↑ 目次にもどる

まとめ

ここまでに紹介したように「ウェブサイトの検索順位を良くするためにはドメイン名を〇〇すべき」という下記情報は、全て間違いです。

  • ー(ハイフン)を使用しない
  • 数字を使用しない
  • ドメイン名にSEOキーワードを入れる
  • ドメイン名の末尾は〇〇にすべき

したがって、ドメインを取得する際はこれらのことを気にする必要はありません。

以上で、当記事の内容は終了です。

当記事の内容が、「ドメイン名を何にするか迷っている」という方にとって、少しでも役に立てば嬉しいです。


↑ 目次にもどる

— スポンサーリンク— 

— — —

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

タグ:

これからブログを始めたい人にオススメの記事

トップへ戻るボタン