WEB歴 8年の専門家が、ブログを始めるのに必要な知識を『どこよりも』わかりやすく説明!

お問い合わせ
公開日:2021年4月7日

【図解】URL検査(旧 Fetch as Google)の使用方法を徹底解説!

Google サーチコンソールのログイン画面

当記事は、Googleサーチコンソールの「URL検査」を使用して、Googleクローラーがウェブサイトに来るよう依頼する方法を分かりやすく説明したものです。

なお、パソコンが苦手…という方も安心してください。

たくさんの画像を使いながら説明しているので、当記事を見ながら作業をすれば一切迷うことはありません。

»»» 関連:ブログ・ホームページが検索結果に表示されない時の解決方法

1. Googleサーチコンソールにログイン

Google サーチコンソールのログイン画面

まず、Googleサーチコンソールにログインします。下記リンクです

»»» Googleサーチコンソール:ログイン画面

2.「URL検査」を選択

Goolgleサーチコンソールにログインしたら、画面左にあるメニューの中から「URL検査」をクリックしてください。(下画像の矢印部分)

サーチコンソールの左メニューから「URL検査ツール」を選択

そうすると、画面全体が黒っぽくなります(下の画像参照)。

サーチコンソール上部にあるURL入力欄

そして、画面が黒っぽく変化するのと同時に、画面上部のURL入力欄(上の画像赤枠)にマウスカーソルが自動で移動します。

↑ 目次にもどる

3.クローラーに巡回してほしいページのURLを入力

画面上部のURL入力欄にマウスカーソルが移動したら、そこに「クローラーに巡回してほしいページのURL」を入力してください。

たとえば、クローラーに巡回して欲しいページのURLが「https://tk-create.com/」ならば、画面上部にあるURL入力欄に「https://tk-create.com/」と入力します。

そして、URLの入力が終わったらエンターキー(Enter)を押してください。

そうすると、画面が黒っぽくなるのと同時に「Googleインデックスからデータを取得しています」というメッセージが表示されます(下の画像参照)。

サーチコンソールのメッセージ表示「Googleインデックスからデータを取得しています。」

上記メッセージが表示されてから1分〜2分すると、次のステップで紹介する「URL検査」画面に変わります。

↑ 目次にもどる

4.「URL検査」画面でインデックス登録をリクエスト

Googleサーチコンソールの「URL検査」画面

「URL検査」画面が表示されたら、そこにある「インデックス登録をリクエスト(上画像の赤枠)」をクリックしてください。

そうすると、画面が黒っぽく変化するのと同時に「公開URLがインデックスに登録可能かどうかをテストする」というメッセージが表示されます(下の画像参照)。

サーチコンソールのメッセージ表示「公開URLがインデックスに登録可能かどうかをテストする。」

上記メッセージが表示されたら、次のステップで紹介する作業を行なってください。

参考:画面上部に表示されるメッセージについて

Googleサーチコンソール「URL検査」画面

「URL検査」画面の上部には、かならず下記どちらかのメッセージが表示されます。

  • URLがGoogleに登録されていません
  • URL は Google に登録されています

上記のどちらが表示されても、当記事で説明している作業に影響はありません。

したがって、メッセージ内容について気にする必要はありません。

↑ 目次にもどる

作業完了

先ほど紹介した「公開URLがインデックスに登録可能かどうかをテストする」というメッセージが表示されてから 1〜 2分経つと、次のような画面に変わります。

サーチコンソールのメッセージ表示「インデックス登録をリクエスト済み」

この「インデックス登録をリクエスト済み」というメッセージが表示されたら、そのメッセージの右下にある「OK」をクリックしてください。

以上で、ウェブサイトにGoogleクローラーを呼ぶための作業は完了です。


↑ 目次にもどる

参考:以前までは「 Fetch as Google」と呼ばれていた

最後に、参考情報を一つ紹介します。

それは、Googleサーチコンソール「URL検査」機能は、以前まで「Fetch as Google(フェッチ アズ グーグル)」と呼ばれていたことです。

このことを覚えておくと、ほんの少し役にたちます。

なぜかというと、インターネット上には「Fetch as Google」について書かれた情報がたくさんあり、それらを読むときに役立つからです。


↑ 目次にもどる

おわり

以上で、当記事は終了です。

  • カテゴリ:
  • SEO
タグ:
トップへ戻るボタン