WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

最終更新日:2020年4月11日

クローラーの巡回(クロール)状況を確認する方法|SEO基礎

Googleサーチコンソールのクロール統計情報ページ

ウェブサイトにクローラーが「どのくらい」来ているかを確認したい!

という方を対象に「Googleサーチコンソールを使ってクローラーの巡回状況を確認する方法」を紹介します。

当記事を読めば、次の 2つのことを確認できるようになります。

  • 1日にクロールされたページ数
  • 各ページの最新クロール日

参考知識

クロール … クローラーがウェブページに来ること

最新クロール日 … クローラーが最後にウェブページに来た日

それでは順番に紹介していきます。

クローラーが 1日に巡回(クロール)したページ数を確認する方法

はじめに紹介するのは「クローラーが1日あたりに巡回(クロール)したウェブページの数」を確認する方法です。作業はとても簡単で時間も 1分程度です。

それでは説明していきます。

1. Googleサーチコンソールにログイン

はじめに、Google サーチコンソールにログインします。

Google サーチコンソールのログイン画面

ちなみに、Google サーチコンソールを使用するためには「Googleアカウント」が必要です。持っていない人は作成してください(無料)。

2.「以前のツールとレポート」を選択

Goolgleサーチコンソールにログインしたら画面左のメニューにある「以前のツールとレポート」を左クリックします。(下画像の赤枠部分)

Goolgleサーチコンソールにログインした後、画面左のメニューから「以前のツールとレポート」を左クリック

そうすると「以前のツールとレポート」の下に詳細メニューが表示されます。画面については、次のステップにある画像を参照。

3.「クロールの統計情報」を選択

「以前のツールとレポート」の下に詳細メニューが表示されたら、そのなかにある「クロールの統計情報」を左クリックしてください。(下画像の赤枠部分)

「以前のツールとレポート」の下に詳細メニューが表示されますので、そのなかから「クロールの統計情報」を左クリック

そうすると、ウェブブラウザの新しいタブが開き「クロールの統計情報」が表示されます。(下の画像参照)

Googleサーチコンソールのクロール統計情報ページ

あとは、この「クロールの統計情報」の内容を確認するだけです。

4.「クロールの統計情報」からクローラーが 1日に巡回(クロール)したページ数を確認する

「クロールの統計情報ページ」には 3つのグラフがありますが、そのなかで確認するのは一番上の青線で書かれたグラフです。

Googleサーチコンソールのクロール統計情報ページ

この一番上にある「1日あたりにクロールされたページ数」という青線で書かれたグラフが「クローラーが 1日に巡回(クロール)したページ数」を表しています。

Googleサーチコンソールのクロール統計情報ページの「1日あたりにクロールされたページ数」の拡大画像

上記のグラフを見てみるとクローラーの巡回状況について次のことが分かります。

  • クロールされたページが 1番多い日 … 526ページ
  • クロールされたページが 1番少ない日 … 15ページ
  • 1日あたりにクロールされる平均ページ数 … 153ページ

以上で「クローラーが 1日に巡回(クロール)したページ数を確認する方法」の説明は終了です。



↑ 目次にもどる

1日あたりに巡回(クロール)されるページ数について

インターネットには次のような情報がありますが、これは間違いです。

ウェブサイトにクローラーがたくさん巡回するようになると検索順位が上がる

ウェブサイトにクローラーがたくさん巡回するようになっても、検索結果に表示されるウェブページの表示順位は上がりません。

したがって、1日あたりに巡回(クロール)されるページ数が少ないからといって「あまり」気にする必要はありません。

注意するべきケース

ただし、次のような場合はウェブサイトに問題があるかも知れません。

ウェブサイトの総インデックス数(検索エンジンに登録されているページ数)が100ページ以上あるけれど「いつも」5ページくらいしかクロールされない…

このような場合は、クローラーが巡回しづらいウェブサイトになっている可能性がありますので改善を検討した方が良いかもしれません。

参考:当ウェブサイトの総インデックス数とクローラーの巡回状況

参考までに、当ウェブサイト(TK-CREATE)の総インデックス数とクローラーの巡回状況を紹介します(2020年4月11日時点)。

下の画像が当ウェブサイトの「1日あたりに巡回(クロール)されたページ数」です。

Googleサーチコンソールのクロール統計情報ページ「1日あたりにクロールされたページ数」のグラフ

そして、検索エンジンにインデックスされている総ページ数は125ページです(下記画像を参照)。

Googleサーチコンソールのカバレッジに表示されるウェブサイトの総インデックス数

クローラーが巡回しやすいウェブサイトにする方法

クローラーが巡回しやすいウェブサイトにする方法については次の記事で詳しく説明していますので、そちらをご覧ください。




↑ 目次にもどる

各ページの最新クロール日を確認する方法

次に紹介するのは「クローラーがウェブページに最後に訪問した日(最新クロール日)」を確認する方法です。

同じウェブサイトにあるページでも各ページごとに最新クロール日は違います。「このページが最後にクロールされた日はいつなんだろう?」と思ったときに当手順は役立ちます。

作業はとても簡単で時間も 2分程度です。それでは、手順を紹介していきます。

1. Googleサーチコンソールにログイン

はじめに、Google サーチコンソールにログインします。

Google サーチコンソールのログイン画面

ちなみに、Google サーチコンソールを使用するためには「Googleアカウント」が必要です。持っていない人は作成してください(無料)。

2.「URL検査」ツールを選択

Goolgleサーチコンソールにログインしたら画面左のメニューにある「URL検査」を左クリックします。(下記画像の赤枠部分)

Goolgleサーチコンソールにログイン後、画面左のメニューから「URL検査」を左クリック

そうすると、画面が下の画像のように変わります。それと同時にマウスカーソルが画面上部のURL入力欄(下記画像の赤枠部分)へ自動で移動します。

Goolgleサーチコンソールの画面が変わり、マウスカーソルが画面上部のURL入力欄へ自動で移動

3. 最新クロール日を確認したいページのURLを入力

マウスカーソルが移動したURL入力欄に「最新クロール日を確認したいウェブページのURL」を入力します。

例えば「当ウェブサイトのトップページの最新クロール日を確認したい」場合ならばURL入力欄には次のURLを入力することになります。

URL入力例

https://tk-create.com/

ウェブページのURLは「http」または「https」から記述。


【参考】当サイトのトップページURL:https://tk-create.com/

注意点は、上記例にも書きましたが「URLは「http」または「https」から記述する」ことです。

URLを入力したらエンターキー(Enter)を押します。そうすると、画面が下の画像のように変わります。

処理中画面「Googleインデックスからデータを取得しています」というメッセージが表示される

上記画像メッセージ…Googleインデックスからデータを取得しています。

そして、数秒待つと次のステップで紹介する画面に変わります。

4.「カバレッジ」の詳細情報を表示

画面が下の画像のように変わったら「カバレッジ」の右端にある下向きの矢印を左クリックします。(下画像の赤枠部分)

「カバレッジ」の右端にある下向きの矢印を左クリック

そうすると、カバレッジの詳細情報が表示されます(下の画像を参照)。

「カバレッジ」の詳細情報が表示される。前回のクロール日「2019年10月5日」

詳細画面のなかにある「前回のクロール」という項目(上画像の赤枠部分)の日付が、ウェブページにクローラーが来た最新の日付です。

以上で「各ページの最新クロール日を確認する方法」の説明は終了です。



ウェブページにクローラーが1度も来ていない場合

ちなみに、ウェブページにクローラーが1度も来ていない場合は「前回のクロール」という項目に「該当なし」と表示されます。(下画像の赤枠部分)

「カバレッジ」の詳細情報が表示される。前回のクロール日「該当なし」

このような場合は「自分から」検索エンジンのクローラーに対してウェブページへ来るように申請をします。

現在、開いている画面から簡単に行えますので「ぜひ」やっておきましょう。

クローラーに「ウェブページに来るよう」に申請する方法

まず、下の画像をみてください。

Googleサーチコンソールの画面にある「インデックス登録のリクエスト」をクリック

①画像の赤枠部分にある「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

②そうすると、画面が下の画像のように変わり処理がスタートします。

URL検査ツールを使用したGoogleクローラーへの巡回申請手順の説明画像5

上記画像メッセージ…公開URLがインデックスに登録可能かどうかをテストする。

③そして 1〜 2分待つと画面が次のように変わります。

URL検査ツールを使用したGoogleクローラーへの巡回申請手順の説明画像6

上記画像メッセージ…インデックス登録をリクエスト済み

④上記メッセージの右下にある「OK」をクリックすれば作業は完了です。

クローラーが来ていないページが多数ある場合

クローラーが巡回していないページが多数ある場合は「XMLサイトマップを送信してクローラーに巡回依頼する」ことをオススメします。

詳しい手順については次の記事にまとめていますので、そちらをご覧ください。


おわり

以上で、当記事の内容は終了です。

↑ 目次にもどる

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

タグ:

これからブログを始めたい人にオススメの記事

トップへ戻るボタン