WEB歴 8年の専門家が、ブログを始めるのに必要な知識を『どこよりも』わかりやすく説明!

お問い合わせ
公開:2019年12月26日 / 更新:2020年12月26日

ブログ【初心者向け】HTTPSの意味から設定方法まで徹底解説!

ブログ初心者の女性

当記事は、ブログ運営に必要な「HTTPS」の知識を分かりやすく説明したものです。

対象読者は、ブログ初心者です。

たくさんの画像や具体例を使って説明していますので、「パソコンが苦手…」という方でも内容をスッキリと理解することができます。

HTTPSはインターネットでデータを送受信する際のルール

HTTPS化されているホームページを、Google Chromeで表示したパソコン画面のスクリーンショット画像

HTTPSは、「インターネット上でデータを送受信する際のルール」みたいなものです。

もう少しいうと、「インターネット上でデータを送受信する際は、HTTPSという方法で行なってください」というルールです。

具体的には、以下のような場合に使用されます。

  • ホームページを表示するとき
  • 個人情報を入力して送信

ホームページ表示に必要なデータをダウンロードするとき(HTML、画像など)

ちなみに、「データを送受信する際のルール」のことを専門用語で「通信プロトコル」といいます。

»»» 関連:【初心者向け】通信プロトコルの意味を徹底解説


以上で、HTTPSはインターネットでデータを送受信する際のルール、終了です。

↑ 目次にもどる

HTTPS は HTTP の安全性を高めたもの

HTTPS化されているウェブサイトのイメージイラスト

HTTPS以外にも「インターネット上でデータを送受信する」方法はあります。
それは、HTTPです。

HTTPSは、このHTTPの安全性(セキュリティ)を高めたものです。

もう少しいうと、HTTPという通信方法を「SSLという技術」を使って安全性を高めたものが、HTTPSです。

HTTP × SSL = HTTPS


HTTP を「SSL」という技術で安全性を高めたものが、HTTPS

ちなみに、ウェブブラウザのURL欄を見ると「HTTPよりもHTTPSの方が安全性が高い」ことが何となく分かるかと思います。

具体的には、以下のとおり。

HTTPS化されていないホームページを、Google Chromeで表示したパソコン画面のスクリーンショット画像

↑ HTTP:保護されていない通信

HTTPS化されているホームページを、Google Chromeで表示したパソコン画面のスクリーンショット画像

↑ HTTPS:鍵マーク

安全性の面で、HTTPよりもHTTPSが優れている点

HTTPは閲覧者がウェブサイトを安全に見ることが出来るようにするための通信方法

HTTPよりもHTTPSが優れている点は、ブログ閲覧者を下記リスクから守ることです。

  • 個人情報が盗まれる(クレジットカードなど)
  • インターネットでの取引内容の改ざん
  • 詐欺サイト

盗聴などのリスクからブログ閲覧者を守る技術

先ほど紹介したリスクからブログ閲覧者を守る方法として、HTTPSは次のような技術を使用しています。

  • 暗号化通信 … 盗聴防止
  • メッセージダイジェスト … 通信データの改ざん防止
  • SSLサーバー証明書 … 詐欺サイト(なりすまし)防止

おすすめ書籍:HTTPSについて詳しく知りたい人向け

HTTPSに詳しく知りたい方には、以下の書籍がおすすめです。

イラスト図解式  この一冊で全部わかるWeb技術の基本 Kindle版
↑ amazonへのリンク。試し読みできます。


以上で、HTTPS は HTTP の安全性を高めたもの、は終了です。



↑ 目次にもどる

ブログで稼ぐためには常時HTTPS化が必須

「ブログで稼ぎたい」という場合は、ブログの常時HTTPS化が必須です
(常時HTTPS化の意味は後述)。

なぜかというと、ブログを常時HTTPS化すると以下の効果があるからです。

  • ユーザーの離脱率ダウン
  • 検索順位アップ

上記内容について詳しくは、次の記事をご覧ください。

»»» ブログに【常時HTTPS化】(独自SSL)が必須な理由を徹底解説

常時HTTPS化の意味:ブログ全体の通信方法をHTTPSにする

常時HTTPS化の意味は、ブログにある全ページの通信方法(プロトコル)をHTTPSにする、ということです。

もう少し具体的にいうと、ブログにある「どのページを表示してもURLがHTTPSから始まる状態にする」ということです(下の画像参照)。

HTTPS化されているホームページを、Google Chromeで表示したパソコン画面のスクリーンショット画像

↑ HTTPSのウェブブラウザ表示

ブログが常時HTTPS化しているかの確認方法については、後述しています。

»»» 参考:【初心者向け】URLとドメインの違いをやさしく説明!


以上で、ブログで稼ぐためには常時HTTPS化が必須、は終了です。

↑ 目次にもどる

常時HTTPS化する方法:独自ドメインに独自SSLを設定する

ブログの常時HTTPS化する方法は、独自ドメインに「独自SSL」を設定することです。

なお、設定作業は「レンタルサーバーのユーザー管理画面」で行います。
内容について詳しくは、次の記事をご覧ください。

»»» ロリポップの無料独自SSLを設定してブログを常時HTTPS化する方法

ブログが常時HTTPS化しているかどうかの確認方法

HTTPS化されているホームページを、Google Chromeで表示したパソコン画面のスクリーンショット画像

ブログがHTTPS化しているかどうかの確認方法は、ウェブブラウザのURL欄を見ることです(上の画像参照)

先述したように、ブログにある「どのページを表示してもURLがHTTPSから始まる状態」ならば、そのブログは常時HTTPS化しています。


以上で、常時HTTPS化する方法:独自ドメインに独自SSLを設定する、は終了です。

↑ 目次にもどる

レンタルサーバーの「独自SSL」は「HTTPS化」と同じ意味

無料で常時 HTTPS化できるレンタルサーバー「ロリポップ!」

↑ 出典:ロリポップ

レンタルサーバー会社のホームページには、上画像のような「独自SSL 無料」という記述があります。

この言葉の意味は、次のとおりです。

ブログを無料で常時HTTPS化できます

ちなみに、独自SSLと常時HTTPSが同じ意味になる理由は、

「HTTP」を「SSLという技術を使って」安全性を高めたものが HTTPS

だからです。

»»»無料で常時HTTPS化できる「おすすめ」レンタルサーバー


以上で、レンタルサーバーの「独自SSL」は「HTTPS化」と同じ意味、は終了です。

↑ 目次にもどる

おわりに

以上で、当記事の内容は終了です。

当記事を読んで、HTTPSのことが理解できた!という方が少しでもいれば嬉しいです。

関連記事

↓ HTTPSの関連関連

↓ 独自ドメインの関連関連

当記事の内容が役にたったという方は、ぜひ、他の方に紹介してください。

  • カテゴリ:
  • SEO
トップへ戻るボタン