WEB歴 8年の専門家が、ブログを始めるのに必要な知識を『どこよりも』わかりやすく説明!

お問い合わせ
公開:2020年4月16日 / 更新:2021年4月9日

【図解】Jimdoでのページ概要(ディスクリプション)設定方法

Google検索結果に表示されるページ概要の説明画像

当記事は、Jimdoのページ概要(上記画像の赤枠部分)の設定方法を画像を使いながら分かりやすく説明したものです

なお、ページ概要(メタディスクリプション)の基礎知識およびSEO効果を上げる方法について知りたい方は、次の記事をご覧ください

»»» メタディスクリプションとは?SEO効果と適切な書き方

ページ概要(メタディスクリプション)はSEOメニューで設定する

Jimdoの編集画面:「SEO」というページにある「ホーム」タブをクリック

Jimdoのページ概要は、編集画面にある「SEO」メニューで設定します(上の画像参照)。

なお、ページ概要に設定した文章は、Google検索結果で次のように表示されます。

Google検索結果に表示されるページ概要の説明画像

また、Jimdoのページ概要は、HTMLではメタディスクリプションとして記述されます。


↑ 目次にもどる

ページ概要の設定方法(手順)【トップページ】

ここからは、Jimdoでページ概要を設定する具体的な方法(手順)について説明していきます。

1. 「アクセス解析」画面を表示する

まず、編集画面の管理メニューにある「パフォーマンス」をクリックしてください(下の画像①)。

Jimdoの編集画面:ダッシュボードにある「パフォーマンス」をクリック

そうすると、次のステップで紹介する「アクセス解析」画面が表示されます。

2.「SEO」画面を表示する

Jimdoの編集画面:「アクセス解析」というページが表示される

「アクセス解析」画面が表示されたら、左側のメニューにある「SEO」をクリックしてください(上の画像②)。

そうすると、下画像の「SEO」画面が表示されます。

Jimdoの編集画面:「SEO」というページが表示される

3.「ホーム」画面を表示する

Jimdoの編集画面:「SEO」というページにある「ホーム」タブをクリック

「SEO」画面が表示されたら、上画像のように「ホーム」タブ(上画像の赤枠)が選択されているかを確認してください。

もしも、「ホーム」タブが選択されていない場合は「ホーム」タブを一度クリックして選択状態にください。

4.「ページ概要」入力欄にホームページ説明文を入力する

Jimdoの編集画面:「SEO」というページにある「ホーム」タブをクリック。画面が変わったら、その中にある「ページ概要」という入力欄にウェブページの説明文(ページ概要)を入力する。

SEO 画面の「ホーム」タブを選択状態にしたら、その中にある「ページ概要」という入力欄(上画像の③)にホームページの説明文を入力します。

たとえば、検索結果に表示するページタイトルを下画像のようにしたいとします。

Google検索結果に表示されるページ概要の説明画像

この場合ならば、ページ概要入力欄に次の文章を入力します。

SEO対策をしてホームページを検索結果の上位に表示しませんか(中略)まずは、多くの人に見てもらえるウェブサイトを目指しましょう!

5.保存ボタンを押す(作業完了)

Jimdoの編集画面:「SEO」というページにある「保存ボタン」

SEOメニューにある「ホーム」画面でページ概要を入力したら、入力画面の下部にある「保存ボタン」を押してください。

以上で、Jimdoでのページ概要設定作業は完了です。


↑ 目次にもどる

有料プランはトップページ以外もページ概要が設定可能

Jimdo 有料プランの場合は、ウェブサイトにある全ページにページタイトルを設定することが出来る。

無料プラン(Jimdo Free)でページ概要を設定できるのは、先ほど紹介したトップページのみです。

それに対して、有料プランは、ウェブサイトにある全ページにページ概要を設定することができます(上の画像参照)。

トップページ以外のページ概要の設定方法は、先ほど紹介した「トップページのページ概要設定」とほぼ同じです。

料金が一番安いPROプランでも全ページ設定可能

ちなみに、有料プランならばどれでも、ウェブサイトにある全ページにページ概要を設定することができます。

»»»参考:【Jimdo公式サイト】各プランの料金

SEO対策に力を入れたいという場合は、有料プランにすることをおすすめします。


↑ 目次にもどる

ページ概要を設定しない場合の検索結果

最後に、ページ概要を設定しなかった場合、検索結果のページ説明文はどのように表示されるを紹介します。

その場合は、ホームページに書かれている文章の一部が、検索結果のページ説明文として表示されます。

そして、その場合に表示されるページ説明文のほとんどは、検索ユーザーがクリックしたいと思うものではありません。

したがって、先述したように、SEO対策に力を入れたいという場合は、有料プランにすることをおすすめします。

»»»参考:【Jimdo公式サイト】各プランの料金

参考情報:ページ概要を設定しない場合のHTML

Jimdo Free(無料版)の場合、トップページ以外はページ概要を設定するHTMLタグの値が「空白」になる。

Jimdoでページ概要を設定していない場合は、「meta name = "description"」の「content」の値が空になります。

ちなみに、この「meta name = "description"」は、検索エンジンに対してページ概要文を伝えるためのHTMLタグです。


↑ 目次にもどる

おわり

以上で、当記事の内容は終了です。

  • カテゴリ:
  • SEO
トップへ戻るボタン