WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

最終更新日:2020年5月3日

SEOで重要な検索意図とは?調べ方と記事作成の方法も説明

検索意図の基礎知識から記事作成の方法まで分かりやすくまとめました。

当記事を読むと、検索意図の意味、SEOで重要な理由、調べ方、検索意図を満たした記事作成の方法がわかります。

検索意図とは

検索意図とは、検索エンジンを使用する人が「キーワード検索をして、どんな情報を知りたいと思っているか」のことです。

例えば、検索ユーザーが「SEOとは」というキーワードで検索をしたとします。

この場合ならば「SEOの意味が知りたい」というのが検索意図になります。

「SEOとは」でキーワード検索する人は「SEOの意味が知りたい」と思っている

つまり「SEOとは」の検索意図は「SEOの意味が知りたい」である

「検索意図」の別の言い方

  • 検索インテント
  • ユーザーインテント
  • クエリインテント

検索意図がSEOで重要な理由

検索意図がSEOで重要と言われる理由は、ウェブページの検索順位に影響するからです。

具体的には「キーワードの検索意図」と「ウェブページの内容」の一致度が高いほうが検索結果の上位に表示されるようになっています。

たとえば、次のようなウェブページが2つあるとします。

  • ページA … SEOの「方法」を説明
  • ページB … SEOの「意味」を説明

そして「SEO やり方」というキーワードで検索をしたとします。この場合ならば、ウェブページの検索順位は次のようになります。

  • 1位:ページA … SEOの「方法」を説明
  • 2位:ページB … SEOの「意味」を説明

「SEO やり方」の検索意図 … SEOの「方法」が知りたい!

このように、ウェブページの検索順位は「検索キーワードの検索意図」と「ウェブページの内容」の一致度で決まります。

これが、検索意図がSEOで重要と言われる理由です。

検索意図を調べる方法 + 無料ツールの紹介

キーワードの検索意図を調べる方法は次の3つです。

  • 検索結果の上位に表示されているウェブページの内容を確認する
  • サジェストキーワード・関連キーワードから推測する
  • Q & Aサイトを参考にする

それぞれの方法について順番に説明していきます。

検索結果の上位に表示されているウェブページの内容を確認する

一つ目の方法は、実際にキーワード検索をして検索結果の上位に表示されているウェブページの内容を確認することです。

先述したようにウェブページの検索順位は「検索キーワードの検索意図」と「ウェブページの内容」の一致度で決まっています。

つまり、検索結果の上位に表示されているウェブページの内容を確認すれば「その検索キーワードの検索意図」を調べる事ができるという訳です。

確認するのは検索結果の上位20件まで(基本的には上位10件でOK)

ウェブページの内容を確認するのは、検索結果の上位20件までにしましょう。

理由は、21位以降のウェブページを参考にすると「正しい検索意図」からズレていく可能性が高いからです。

先述したように検索順位は「キーワードの検索意図」と「ウェブページの内容」の一致度で決まります。言い換えれば、検索順位が低いウェブページは検索意図とズレているということです。

検索意図がズレたページから検索意図を調べると「正しい検索意図」からドンドンと離れていきます。このような事にならないために、ウェブページの内容を確認するのは検索結果の上位20件までにしてください。

「検索意図を調べる」と「コンテンツをコピーする」は違うので注意

ページ内容を参考にする目的は「コピーコンテンツを作る」ためではありません。「検索意図を調べる」ことが本来の目的なのを忘れないでください。

具体例で説明

たとえば、ページ内容を参考にして「SEO」というキーワードの検索意図が「SEOという言葉の意味が知りたい」という事だとわかったとします。

この場合ならば「SEOという言葉の意味」については自分の言葉で書くべきです。間違っても、参考にしたウェブページの内容をコピーしてはいけません。

このように「検索意図を調べる」は「コンテンツをコピーする」とは違います。ページ内容を参考にして検索意図を調べる際は、この点に注意してください。

サジェストキーワード・関連キーワードから推測する

二つ目の方法は、検索をする際に表示される「サジェストキーワード」と「関連キーワード」から検索意図を推測することです。

サジェストキーワードは、検索キーワードを入力した際に「候補」として自動で表示されるキーワードのことです(下の画像参照)。

Googleの検索エンジンに「SEO」というキーワードを入力した際に表示されたサジェストキーワード

そして、関連キーワードは検索結果ページの下部に表示されるキーワードのことです(下の画像参照)。

Googleの検索エンジンで「SEO」というキーワードで検索した際に表示された関連キーワード

この「サジェストキーワード」と「関連キーワード」を確認することでも、そのキーワードの検索意図を調べることができます。

たとえば「SEO」でキーワード検索をすると次のような「サジェストキーワード」と「関連キーワード」が表示されます。

  • SEOとは
  • SEO本
  • SEO会社
  • SEO対策 費用
  • SEOツール

そして、上記のキーワードから次のような検索意図があることが分かります。

  • SEO(対策)とは … SEOの意味が知りたい
  • SEO本 … SEOに役立つ本が知りたい(SEOを成功させたい)
  • SEO会社 … 良いSEO業者を探している
  • SEO対策 費用 … SEO対策を業者に依頼する費用がいくらかかるのか知りたい
  • SEOツール … SEOに役立つ便利なツールが知りたい

このように、検索をする際に表示される「サジェストキーワード」と「関連キーワード」を確認することでも検索意図を調べることができます。

参考リンク

「サジェストキーワード」と「関連キーワード」が表示される仕組みについて知りたい方は「検索結果をより速く取得する」をご覧ください。

Q & Aの質問文を参考にする

三つ目の方法は「Yahoo!知恵袋」や「教えて!Goo」などのQ &Aサイトを参考にすることです。

理由は、Q&Aサイトにしか表示されない検索意図があるからです。

たとえば「Yahoo!知恵袋」で「SEO」というキーワードで検索をすると、次のような質問が表示されます。

Yahoo!知恵袋にある「SEOとLPOの違いを詳しくお願いします。」という質問

このような検索意図が「SEO」というキーワードにあると思いつく人は少ないはずです。そして、ここまでに紹介した方法でも調べることが出来なかった検索意図です。

ここまでに紹介した方法

  • 検索結果の上位に表示されているウェブページの内容を確認する
  • サジェストキーワード・関連キーワードから推測する

このようにQ &Aサイトを参考にすると、上記2つの方法では見つからなかった検索意図を調べることが出来ます。

無料ツールの紹介【関連キーワード取得ツール(仮名・β版)】

ここまでの説明を読んで「検索意図を調べるのって大変…」とか「面倒くさい…」と思った方は多いと思います。

そんな方にオススメなのが「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」という無料ツールです(下の画像参照)。

「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」に「検索意図」とを入力した際に表示されたサジェストワードとQ&Aサイトの情報

このツールを使用すると、ここまでに紹介した次の2つを一瞬で調べることができます。

  • サジェストキーワード
  • Q &Aサイト

なお、次の2つについてはツールで調べることが出来ないため、自分で作業をして調べる必要があります。

  • 関連キーワード
  • 検索結果の上位に表示されているウェブページの内容

【関連キーワード取得ツール(仮名・β版)】の使用方法

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)の使用方法は、検索キーワードを入力して「取得開始」ボタンを押すだけです。

「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」のトップページ

そうすると、入力したキーワードに関する「サジェストキーワード」と「Q & Aサイト」の情報を一瞬で取得することができます(下の画像を参照)。

「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」に「検索意図」とを入力した際に表示されたサジェストワードとQ&Aサイトの情報

検索意図を満たすコンテンツの制作方法【4ステップ】

検索意図を満たすコンテンツの制作方法は次の4ステップです。

  1. 上位表示したい検索キーワードを決める
  2. 検索キーワードの検索意図を調べる
  3. 検索意図を取捨選択する
  4. 記事を書く(コンテンツ制作)

それぞれについて説明していきます。

1. 上位表示したい検索キーワードを決める

はじめに、検索結果で上位表示したいキーワードを決めます。

理由は、検索キーワードを決めないと検索意図を調べることができないからです。

2. 検索キーワードの検索意図を調べる

次に、ステップ 1 で決めたキーワードの検索意図を次の方法で調べます。

  • 検索結果の上位に表示されているページ内容を確認する
  • サジェストキーワード・関連キーワードから推測する
  • Q & Aサイトを参考にする

上記の詳しい方法については先述したとおりです。

3.検索意図を取捨選択する【網羅性を意識しすぎない】

次に、ステップ 2 で調べた検索意図からコンテンツに入れるものを選びます(取捨選択する)。

理由は、調べた検索意図をすべて記事に全て入れようとすると、文章が長くなりすぎたり内容が分かりづらくなることがあるからです。

「SEOでは網羅性が大切」と言われていますが、網羅性ばかりを意識すると読者にとって分かりづらいコンテンツになってしまいますので注意してください。

なお、検索意図をすべて入れても「読みやすい」と考えた場合は、この作業は必要ありません。

4. 記事を書く(コンテンツ制作)

コンテンツに入れる検索意図を決めた後は「検索意図ごとに」見出しを作ります。

そして、見出しの作成が終わったら「どのような順番で説明すると内容が伝わりやすいか」を考えて見出しの順番を決めます。

それが終わったら、あとは見出しに従って内容を追加していくだけです。

このようにすると「読者に内容が伝わりやすい」かつ「検索意図を満たした」記事を簡単に作ることが出来ます。

具体例で説明

当記事を例に「記事を書く」流れを具体的に説明します。

まず、当記事は「検索意図」というキーワード上位表示を狙っています。そして、次の検索意図を満たしたいと考えて作ったものです。

  • 「検索意図の意味」が知りたい
  • 「SEOで重要と言われる理由」が知りたい
  • 「検索意図の調べ方」が知りたい
  • 「検索意図を満たすコンテンツ作りの方法」が知りたい

①まず、検索意図ごとに次のような見出しを作成しました。

  • 検索意図とは
  • 検索意図がSEOで重要な理由
  • 検索意図の調べ方
  • 検索意図を満たすコンテンツの制作方法

②そして、見出しができた後「どのような順番で説明すると内容が伝わりやすいか」を考えて上記の順番に決定しました。

③その後は見出しに従って内容を追加していきました。

これが、当記事を制作した流れです。

まとめ

検索意図とは、検索エンジンを使用する人が「キーワード検索をして、どんな情報を知りたいと思っているか」のことです。

そして、検索意図がSEOで重要と言われる理由は、ウェブページの検索順位に影響するからです。具体的には「キーワードの検索意図」と「ウェブページの内容」の一致度が高いほうが検索結果の上位に表示されるようになっています。

検索意図を満たしたコンテンツを制作するために必要な作業は次の4つです。

  1. 上位表示したい検索キーワードを決める
  2. 検索キーワードの検索意図を調べる
  3. 検索意図を取捨選択する
  4. 記事を書く(コンテンツ制作)

そして、検索意図を調べるための方法は次の3つです。

  • 検索結果の上位に表示されているウェブページの内容を確認する
  • サジェストキーワード・関連キーワードから推測する
  • Q & Aサイトを参考にする

以上で、当記事の内容は終了です。


おわり

  • カテゴリ:
  • SEO
タグ:

【初心者向け】まとめ記事

SEOまとめ記事

トップへ戻るボタン