WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

ホームページのリニューアル製作

ホームページのリニューアル製作を考えている方むけのページです。

ウェブサイトをリニューアルする際のポイント、作業の進め方、料金についての説明しています。

ホームページのリニューアル案の打ち合わせをしている写真

リニューアルをお考えのお客様へ

ホームページを運営することで、どんな成果をあげたいかを考える女性の写真

ホームページを運営しているけれど成果が感じられない、他のサイトと比べるとデザインが古い、スマートフォンに対応していない、などリニューアルを考える理由は色々とあります。

リニューアルを成功させるためには、その理由に関係なく重要なことがあります。それは「リニューアルする理由、リニューアル後のホームページの目的とターゲットを明確にする」ことです。

リニューアルの進め方とともに具体的にどのような事を行うかを説明していきます。

ホームページのリニューアル製作の進め方

リニューアルの理由を明確化

ホームページをリニューアルする理由を明確にするイメージ写真

はじめに、ホームページのリニューアルを考えた理由を明確にします。よくある理由は次のとおりです。

  • デザインが古くなった
  • スマートフォンに対応していない
  • 問合せ・売上が上がらない
  • 検索結果の上位に表示されない
  • コンテンツ構成が複雑で、どこに何があるか分からなくなってきた

はじめに理由を明確にすることでリニューアルの方向性をしっかりと定めることができ、それにより作業の無駄やリニューアルが間違った方向に進むのを防ぐことが出来ます。

ホームページの目的を明確化

リニューアル後のホームページの目的を明確にするイメージ写真

次に、リニューアル後のホームページの目的を明確にします。

リニューアルの理由が「デザインが古くなったから新しくする」だとすると「デザインを新しくしてどのような成果を期待するのか」が、リニューアル後のホームページの目的です。

もう少し詳しく言うと「リニューアルしたホームページを運営することでどういった成果を期待するのか、ユーザーにどういった行動をしてもらいたいか」ということです。

ホームページを運営する目的には次のようなものがあります。

  • 実店舗への集客アップ
  • 資料請求・お問い合わせの増加
  • 商品・サービスのアピール
  • 会社・店舗の認知度向上
  • 新規取引先の開拓
  • 求人募集

ホームページの目的を明確にする理由は、目的ごとに成果につながりやすいデザイン、コンテンツ、レイアウトが異なるためです。

ホームページのターゲットを明確化

ホームページの目的を決めた後は「誰に見てもらいたいか」を明確にします。これが、ホームページのターゲットの明確化です。

ホームページ製作時とリニューアル後でターゲット層が違うこともありますので、再確認という意味でも重要です。

リニューアル後のホームページのターゲットを明確にするイメージ写真

ターゲットの分け方は色々とありますので、具体例として一部を紹介します。

  • 性別(男性・女性)
  • 年齢(20代・30代...)
  • 学生(小学生・中学生・高校生…)
  • 職業(会社員・自営業…)

ホームページのターゲットを明確にする理由は、好まれる色やデザイン、知りたい情報がターゲットごとに異なるからです。

ホームページに掲載する内容を検討

ホームページの目的とターゲットが決まった後は、掲載する内容(コンテンツ)について考えます。

リニューアル後のホームページに追加する内容、目立たせる内容について考える女性の写真

新しく追加する内容・目立たせる内容

リニューアル前のホームページの目的が「会社の認知度を向上させること」で、リニューアル後のホームページの目的が「求人」の場合は掲載すべき内容が異なります。

求人を目的としたホームページならば「会社で働いてみたい」と思わせるコンテンツが必要になります。例えば、どういった環境で仕事をしているのかが分かるような写真入りの職場紹介や、先輩社員のインタビュー、社長から社員へのメッセージなどがあると良いでしょう。

これらの情報を新しく追加するとともにホームページの目立つ場所に配置して、ユーザーに見てもらえるように工夫します。

リニューアル前の内容を選別する

リニューアル前のホームページコンテンツを、リニューアル後のホームページにどのような形で掲載するかを検討する画像

Googleアナリティクスを使ってリニューアル前ウェブサイトのページ別アクセス数を分析します。これにより、リニューアル後のホームページに必要な内容を選別します。

アクセス数が多いページはホームページの目立つ場所に配置し、アクセス数が少ないページは目立たない場所に配置するか削除を検討します。情報が多すぎると見てもらいたい情報が埋もれてしまいますので、情報に優先順位をつけ見せ方を工夫することが重要です。

また、Googleサーチコンソールで「検索キーワード」を分析して、ユーザーがどういった検索キーワードでホームページを表示しているかを把握することも情報の優先づけに役立てます。

リニューアル後のSEOについて考える

ホームページをリニューアルしても、見てもらえなくては成果は期待できません。新しく設定したターゲット(ユーザー)が、どのようなキーワードでホームページを表示させるかを考えてコンテンツを制作することも重要です。

実際のサイト制作から公開まで

ここまでに決めた内容をもとにデザイン、レイアウト、コンテンツの配置を決めて実際にホームページとして形していきます。

作業を進める際はリニューアル用のテスト環境を用意しますので、お客様はパソコンやスマートフォンから製作中のホームページの状態や作業の進み具合を常に確認することが出来ます。

ホームページの確認についてのお願い

リニューアル作業中のホームページを常に確認できる状態にしておくことには理由があります。それは、お客様に定期的にホームページを確認していただくことで、お客様が持っている完成イメージと制作するホームページとのズレを防ぐためです。

そのため、お客様にホームページの確認を定期的にお願いすることになりますので、あらかじめご了承ください。また、イメージと違う場合は遠慮なくご指摘ください。

リニューアルサイト公開(現在運用中のサイトと切り替え)

お客様がリニューアル後のホームページにOKを出された時点で、現在のホームページ(リニューアル前)と入れ替えます。

また、切り替え作業が終わりしだいホームページの変更をGoogleに通知します(SEO)。

その他設定

ご要望があれば、お客様のパソコンでホームページ分析ツールを使えるように設定します。

Google Analytics(アナリティクス)
Google Search Console(サーチコンソール)

リニューアル製作料金

ホームページの規模、リニューアルの内容によって作業量が異なるため一律にいくらとは言えません。おおよその目安としてお考えください。

レスポンシブデザインでリニューアルしたホームページを、パソコンやスマートフォンで表示した写真

標準的なホームページ

店舗・会社などの一般的なホームページを全面リニューアルした場合の見積もり例です。ウェブサイトの総ページ数は10ページ前後を想定しています。

ホームページの主な内容

  • スマートフォン対応1
  • デザイン変更
  • コンテンツの整理
  • 追加コンテンツ制作
  • SEO初期設定
  • Google Analytics(アナリティクス)3
  • Google Search Console(サーチコンソール)3

1...レスポンシブWEBデザイン
2...WordPress
3...ホームページ分析ツール

制作料金…30万円前後(税別)


トップへ戻るボタン