WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

ホームページを更新する重要性

「ホームページは作ったら終わりではない。そこからがスタート」とよく言われています。この言葉が意味するのは「ホームページで成果を上げるには、制作後の定期的な更新作業が重要」というです。

本当に更新作業が必要なのかと疑問に思う方もいるかと思いますが、これは事実です。なぜ、ホームページの更新作業が必要かとその重要性について説明をします。

ホームページの更新をイメージさせる写真「UP DATE」

ホームページを更新しないことによる悪影響

ホームページを更新しないと様々な面で悪影響が出ます。具体的には、次のものです。

  • イメージダウンと見込み客を逃す
  • 検索結果の表示順位が下がる
  • トラブル・クレームの原因になる

それぞれの悪影響について、具体的に説明していきます。

イメージダウンと見込み客を逃す

ある会社のホームページを見たとします。トップページにある「お知らせ」の最新情報が3年前の日付けだったら、あなたはどう思いますか?

ホームページの内容を見て不安を感じる男性ビジネスマンのイラスト

おそらく次のようなことを考えるのではないでしょうか?

  • 営業しているのか?
  • 経営状況は大丈夫か?
  • 商品、サービスの品質が不安…

そして、その会社のホームページを見るのを止めて別の会社のホームページを探すのではないでしょうか。

おそらく、ほとんどのユーザーはこのような行動をとります。「ホームページを更新していなくても、会社が営業していることは調べれば分かる」という考えは間違いです。

インターネットユーザーは、疑問や不安に思っても電話などで確認はしません。同じ商品やサービスを提供している別の会社のホームページを見ることがほとんでです。

このようにホームページの更新をしていないと、ユーザーに不安感を与えてしまうことがあります。そして、それは見込み客を逃すことにつながります。

検索結果の表示順位が下がる

ホームページの更新は、検索結果の表示順位にも影響します。

ホームページの検査結果での表示順位が下がっていくイラスト

GoogleやYahoo!は、検索結果の表示順位を決める際にホームページの情報の鮮度について評価しています。情報が新しいページは検索結果の上位に上がりやすく、古いページは下位に表示されやすくなります。

また、ホームページの情報量についても評価しており、情報量が多いウェブサイトは検索結果の上位に表示されやすく、少ないサイトは下位に表示されやすくなります。

これらのことから、ホームページを検索結果の上位に表示させるには、定期的に新しい情報を発信してサイトの情報量を増やしていく必要があります。

トラブル・クレームの原因になる

ホームページに掲載している情報と事実が異なる場合、お客様とトラブルになる恐れがあります。

特にトラブルになりそうな情報には、次のようなものです。

  • 営業日、営業時間
  • 料金の変更
  • 取り扱いを辞めた商品・サービスを掲載
ホームページの内容が違っていたために怒る女性のイラスト

例えば、お客様がホームページを見て来店したのに休業日だったらどうでしょう?当然、嫌な気持ちになります。なかには、怒るお客様もいるでしょう。

また、商品の価格が現在は3,000円なのに、ホームページには以前の価格で2,000円と記載されていたとします。ホームページを見て安いと思って商品を買いにきたお客さんも同様です。

ユーザーは、ホームページに間違った情報が載っているとは基本的に考えていません。したがって、ホームページの情報は常に最新の状態にしておく必要があります。

重要な内容を変更しないで放置することは無いとは思いますが、それをしなかったことによりトラブルになる恐れがあることを忘れてはいけません。

どういった内容を追加、更新すれば良いのか

ホームページの更新内容について考える女性の話

ここまでは、ホームページを更新しないことで起こる悪影響について説明をしました。それでは、どのような内容を定期的に発信していくと良いのでしょうか。

それは、自分の業種やサービスに関係する情報でユーザーの役に立つものです。「ランチに何を食べた」などの情報ではありません。

具体例として、建売住宅を販売している会社を例に考えてみます。新規物件の追加やイベント情報の他に「家を長持ちさせるメンテナンスの方法」や「家の定期メンテナンスにかかるお金の話」などを発信すると良いと思います。

このような情報を定期的に発信する事で、ホームページの情報鮮度を維持するとともにウェブサイトの情報量を増やすことが出来ます。そうなるとGoogleやYahoo!などの評価が高くなり検索結果の上位表示につながります。

また、ホームページが定期的に更新される事で「現在もしっかりと営業をしている」ことがユーザーに伝わり、企業に対する信頼感を持ってもらうことにつながります。

専門的な知識がなくても更新できるシステム

WordPressのロゴ画像

ホームページを更新するたびに業者に頼むと、費用が高額になるし連絡などのやり取りが面倒だと思われる方が多いと思います。そういった場合は、お客さま自身がホームページを更新できる「WordPress」というシステムの導入をおすすめしています。

WordPressはワープロソフトのような感覚で、ホームページを簡単に更新ができるようにするシステムです。とても有名で「クックパッド」や「価格.com」といった大手ウェブサイトにも使用されています。

WordPressの操作手順について分からない事がありましたら、サポートも行なっていますのでご安心ください。

まとめ

冒頭の「ホームページは作ったら終わりではない。そこからがスタート」の意味を分かっていただけたかと思います。ホームページで成果を上げるには、制作後の定期的な更新作業が欠かせません。

大切な時間とお金をかけて作るホームページです。定期的に更新をして、たくさんの人に見てもらい多くの成果を上げてくれるホームページに育てていきましょう。


トップへ戻るボタン