ゼロからはじめるWEB制作【ブログ初心者】編

お問い合わせ
公開:2021年12月13日

エックスサーバードメインを快適に利用する方法|自動更新とWhois情報公開代行

笑顔でパソコン作業をしている女性(イラスト)

エックスサーバードメインを快適に利用する方法を紹介します。
それは次の2つです。

  • 長期間ドメインを使う場合は契約更新の手続きを自動化する
  • ドメイン取得申込み画面でWhois情報公開代行を有効にする

ここからは、上記2つについて詳しく説明していきます。

1. 長期間ドメインを使う場合は契約更新の手続きを自動化する

エックスサーバードメインには、ドメイン契約の更新手続きを自動化するサービスがあります。

長期間ドメインを使う場合は、このサービスを利用すると便利です。

利用方法は、ユーザー管理画面にある「自動更新設定」を有効にすることです。下記参照。

エックスサーバードメインのユーザー管理画面にある「自動更新設定」機能を有効にする画面
出典:クレジットカードによる自動更新|エックスドメイン

利用方法について詳しくは、次のページをご覧ください。

»»» クレジットカードによる自動更新|エックスドメイン

なお、自動更新設定を有効にするタイミングはドメイン取得後です。

ドメインを解約するときには「自動更新設定」を無効にする

ドメインを解約するときには、「自動更新設定」を無効にします。

無効にするタイミングは、公式サイトに記載されていません。
「契約期間が終わる○○日前までに無効にする」という情報はありません。

しかし、契約期間が終わる2か月前までに「自動更新設定」を無効にしてください。
理由は、設定変更できない可能性があるからです。下記参照。

以下の条件に該当する場合は、自動更新の設定を解除することができません

  • ドメイン契約期間の終了日まで31日未満
  • オプション契約期間の終了日まで11日未満
  • 自動更新が処理されている最中

自動更新設定を無効にする方法は、次のページをご覧ください。

»»» クレジットカードによる自動更新|エックスドメイン


以上で、長期間ドメインを使う場合は契約更新の手続きを自動化する、はおわりです。

↑ 目次にもどる

2. ドメイン取得申込み画面でWhois情報公開代行を有効にする

Whois情報公開代行サービスの設定項目

エックスサーバードメインは、ドメイン取得申込み画面で「Whois情報公開代行」を有効にできます。上の画像参照。

※有効にする…利用している状態にする

Whois情報公開代行…「ドメイン所有者の個人情報」を非公開にするサービス

自分の個人情報を一瞬でも公開したくない場合は、ドメイン取得申込み画面で「Whois情報公開代行」を有効にしておきましょう。

設定方法については、次の記事をご覧ください。

»»» 【図解】エックスドメインでの独自ドメイン取得方法を徹底解説!


以上で、ドメイン取得申込み画面でWhois情報公開代行を有効にする、はおわりです。

↑ 目次にもどる

おわりに

以上で、当記事は終了です。

これからエックスサーバードメインと契約する方は、ぜひ次の記事をご覧ください。

»»» 【図解】エックスドメインでの独自ドメイン取得方法を徹底解説!

また、ドメイン取得サービスを決めていない方は、ぜひ次の記事をご覧ください。

当記事が役に立ったという方は、ぜひ他の人に紹介してださい。

↑ 目次にもどる

トップへ戻るボタン