WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開:2020年9月30日 / 更新:2020年10月25日

ドメイン取得後にやることを徹底解説!サーバー設定からメールアドレスの作成まで

ドメイン取得後は、ネームサーバーとレンタルサーバーの設定が必要

当記事は、独自ドメインを取得したあとに、

  • ホームページ(ブログ)のドメインとして使用する
  • メールアドレスに独自ドメインを使う

ために必要な設定について分かりやすく説明したものです。

説明は不要、手順だけ知りたいという方は、次の記事をご覧ください。

独自ドメインをホームページで使うための設定【2つ】

取得したドメインをホームページやブログで使用するためには、以下の 2つを設定する必要があります。


Domain Name System(ドメインネームシステム)の略称

上記2つの設定を行わないと、いつまで経っても、取得したドメインをホームページやブログで使用することができません。

サーバーの設定と聞くと難しそうに聞こえますが、作業はとても簡単です。
そして、作業時間も 2つ合わせて 5分程度。

なので、パソコンが苦手…という方でも大丈夫です。

ネームサーバー(DNSサーバー)の設定

まず、ネームサーバーの設定について説明します。

作業内容は、

取得した独自ドメインのネームサーバーを、

「ドメイン業者1」から「レンタルサーバー会社2」のものに変更する


1 独自ドメインを取得したドメイン業者

2 独自ドメインを使用したいホームページ(ブログ)があるレンタルサーバー会社

です。

これだけで、ネームサーバーの設定は完了です。

具体例:ネームサーバーを「ムームードメイン」から「ロリポップ!」に変更

用語説明

  • ムームードメイン … ドメイン管理業者
  • ロリポップ! … レンタルサーバー会社

たとえば、独自ドメインを「ムームードメイン」で取得したとします。

そして、このドメインを「ロリポップ!」で使用したいとします。

この場合ならば、

取得した独自ドメインのネームサーバーを、

「ムームードメイン」から「ロリポップ!」のものに変更

します。

これだけで、ネームサーバーの設定は完了です。
実際の設定画面を紹介すると、以下のとおり。

ドメイン取得後は、ネームサーバーとレンタルサーバーの設定が必要

ネームサーバーの設定はドメイン業者のユーザー管理画面で行う

ネームサーバーの設定は、ドメイン業者のユーザー管理画面で行います。

先ほど紹介した具体例の場合ならば、「ムームードメイン」のユーザー管理画面でネームサーバーの設定を行います。

なお、レンタルサーバー会社側の作業は不要です。

レンタルサーバーの設定

次に、レンタルサーバーの設定について説明します。

レンタルサーバーの設定ですることは、下記 2つを関連づける(ひも付ける)ことです。

  • 取得した独自ドメイン
  • 独自ドメインで表示したいホームページのデータ

これだけで、レンタルサーバーの設定は完了です。

具体例:独自ドメインを「ロリポップ!」にあるホームページのデータと関連づける

たとえば、以下の内容でドメインを取得したとします。

  • ドメイン:tk-create.xyz
  • ドメインの取得先:ムームードメイン

そして、取得したドメインを下記ホームページのドメインとして使用するとします。

  • ホームページ名:〇〇ブログ
  • データの場所:ロリポップ!にある「muumuu」というフォルダ

この場合ならば、以下の二つを関連づけます。

  • ドメイン:tk-create.xyz
  • ホームページデータ:ロリポップ!にある「muumuu」というフォルダ

これだけで、レンタルサーバーの設定は完了です。
実際の設定画面を紹介すると、以下のとおり。

「ロリポップ!」のDNSサーバーの設定方法を説明する画像5

作業はレンタルサーバー会社のユーザー管理画面で行う

レンタルサーバーの設定は、レンタルサーバー会社のユーザー管理画面で行います。

先ほど紹介した具体例の場合ならば、「ロリポップ!」のユーザー管理画面でネームサーバーの設定を行います。

なお、ドメイン事業者側の作業は不要です


以上で、独自ドメインをホームページで使うための設定【2つ】、は終了です。

ここまでの内容を行えば、独自ドメインをホームページのドメインとして使用できるようになります。

↑ 目次にもどる

WordPressの場合は「一般設定」の変更が必要

»»»WordPressを使ってない人はこちらをクリック

WordPressを使用してホームページを運用している場合は、WordPressの設定画面で「アドレス(URL)」を変更する必要があります。

具体的には、「一般設定」画面にある

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

を変更する必要があります(下画像の赤枠部分)。

WordPressの「一般設定」画面にある「WordPressアドレスURL」と「サイトアドレス(URL)」という項目

「一般設定」を変更をしないとデザインが崩れる

先ほど紹介した「一般設定」を変更しないと、ホームページのデザインが崩れます。
具体的には、以下のとおり。

ウェブサイトのデザインが崩れて表示されている

ちなみに、上画像のホームページの正しいデザインは以下のものです。

ウェブサイトのデザインが崩れずに「きれいに」表示されている

「一般設定」に独自ドメインを設定する方法

WordPress の「一般設定」に 独自ドメインを設定する方法については、次の記事をご覧ください。

»» 【図解】ドメイン取得後に必要なWordPressの設定変更


以上で、WordPressを使用している場合は「一般設定」の変更が必要、は終了です。

↑ 目次にもどる

メールアドレスに独自ドメインを使うための設定【2つ】

次に、取得した独自ドメインをメールアドレスとして使うための設定について説明します。それは、以下の 2つです。

  • ネームサーバー(DNSサーバー
  • レンタルサーバー

Domain Name System(ドメインネームシステム)の略称

ちなみに、ネームサーバーの設定は、先ほど説明した「ホームページで独自ドメインを使うための設定」と同じです。

したがって、すでにネームサーバーの設定が終わっている方は、レンタルサーバーのみ設定すれば良いこととになります。あてはまる方は、下記をクリックしてください。

»»»「レンタルサーバーの設定」に移動する

ネームサーバー(DNSサーバー)の設定

まず、ネームサーバーの設定について説明します。

作業内容は、

取得した独自ドメインのネームサーバーを、

「ドメイン業者1」から「レンタルサーバー会社2」のものに変更する


1 独自ドメインを取得したドメイン業者

2 独自ドメインを使用したいホームページ(ブログ)があるレンタルサーバー会社

です。

これだけで、ネームサーバーの設定は完了です。

具体例:ネームサーバーを「ムームードメイン」から「ロリポップ!」に変更

用語説明

  • ムームードメイン … ドメイン管理業者
  • ロリポップ! … レンタルサーバー会社

たとえば、独自ドメインを「ムームードメイン」で取得したとします。

そして、このドメインを「ロリポップ!」で使用したいとします。

この場合ならば、

取得した独自ドメインのネームサーバーを、

「ムームードメイン」から「ロリポップ!」のものに変更

します。

これだけで、ネームサーバーの設定は完了です。
実際の設定画面を紹介すると、以下のとおり。

ドメイン取得後は、ネームサーバーとレンタルサーバーの設定が必要

ネームサーバーの設定はドメイン業者のユーザー管理画面で行う

ネームサーバーの設定は、ドメイン業者のユーザー管理画面で行います。

先ほど紹介した具体例の場合ならば、「ムームードメイン」のユーザー管理画面でネームサーバーの設定を行います。

なお、レンタルサーバー会社側の作業は不要です。

レンタルサーバーでメールアドレスを作成する

ネームサーバーの設定が完了したら、レンタルサーバー会社のユーザー管理画面でメールアドレスを作成します。

エックスサーバーのユーザー管理画面「メールアカウント設定」
引用元:メールアカウントの追加 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

メールアドレスを作成する手順は、各レンタルサーバー会社によって異なります。

したがって、メールアドレスの作成手順については、各レンタルサーバー会社の公式ホームページをご覧ください。

以下、代表的なレンタルサーバー会社の公式ホームページへのリンクです。


以上で、メールアドレスに独自ドメインを使うための設定【2つ】、は終了です。

ここまでの内容を行えば、メールアドレスに独自ドメインを使用できるようになります。

↑ 目次にもどる

独自ドメインで作成したメールアドレスをメールソフトで使用する方法

独自ドメインで作成したメールアドレスを、「Gmail」や「Outlook」などのメールソフトで使用するためには「メールソフトの設定」をする必要があります。

具体的には、アカウントの追加などです(下の画像参照)。

Outlook 2019(Outlook 365)設定手順 の説明画像
引用元:Outlook 2019(Outlook 365)設定手順 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

メールソフトの設定方法については、エックスサーバーおよびロリポップ!の公式ホームページに分かりやすくまとめられています。

リンクを貼っておきますので、そちらをご覧ください。


以上で、「取得した独自ドメインをメールアドレスとして使うための設定」は終了です。

↑ 目次にもどる

設定完了後、ドメインが使えるようになるまでの時間

ここまでに紹介した独自ドメインを使うための設定が完了しても、すぐにホームページのドメインやメールアドレスとして使えるようになる訳ではありません。

ホームページのドメインやメールアドレスとして使えるようになるのは、設定が完了してから数時間から72時間後です。

その理由は、以下のとおりです。

ネームサーバーにつきましては、インターネットにアクセスする際、プロバイダーの「キャッシュネームサーバー」が利用されます。その際、「キャッシュネームサーバー」が「キャッシュ」と呼ばれる以前の情報を保持しております。

通常切替時間に、数時間から72時間かかるのは、キャッシュによるものとなりますため、弊社側で反映時間の短縮や時間指定などの調整は行うことができません。

上記文章を要約すると、インターネット(ドメイン)の仕組み上、数時間から72時間かかるのは仕方がないということです。

したがって、ドメインが使えるようになるまで待つしか方法はありません。

急いでドメインを使いたい場合は、ドメインが使えるようになったかを「こまめに」確認するようにしてください。

独自ドメインが使えるようになったかを確認する方法

独自ドメインが使えるようになったかを確認する方法は、以下のとおりです。

ホームページが表示されるどうかで確認する

  1. 設定した独自ドメインにアクセス
  2. 自分の意図したホームページ(ブログ)が表示されればOK

具体例

たとえば「tk-create.com」という独自ドメインを設定したとします。

この場合の確認作業は、以下のとおり。

  1. 「tk-create.com」にアクセス
  2. 表示したい(設定した)ホームページ・ブログが表示されればOK

以上で、設定完了後、ドメインが使えるようになるまでの時間、は終了です。

↑ 目次にもどる

検索順位を上げ、ホームページの離脱率を下げるための設定

常時 SSL (HTTPS) 化 されているウェブサイトのイメージイラスト

最後に、下記2つに効果がある設定について紹介します。

  • 検索順位アップ(SEO対策)
  • ホームページからユーザーが離脱する確率を減らす

それは、ウェブサイト(ホームページ全体)の常時SSL(HTTPS)化です。

»»» 参考:HTTPS(常時SSL)化とは?検索順位に影響はあるのか?

無料で常時SSL(HTTPS)化できるレンタルサーバー会社がある

レンタルサーバー会社によっては、独自ドメインを使用しているホームページ(ブログ)を「無料」で常時SSL(HTTPS)化できるところがあります。

たとえば、以下のレンタルサーバーです。

  • エックスサーバー
  • さくらインターネット
  • ロリポップ!
  • mixhost

上記のレンタルサーバーを使用している方は、独自ドメインの初期設定が完了したら「ウェブサイトの常時SSL(HTTPS)化」も一緒にやっておきましょう。

ウェブサイトを常時SSL(HTTPS)化する方法

常時 SSL (HTTPS) 化 されているウェブサイトのイメージイラスト

ウェブサイトを無料で常時SSL(HTTPS)化する方法については、次の記事を参考にしてください。


以上で、「検索順位を上げ、ホームページの離脱率を下げるための設定」は終了です。

↑ 目次にもどる

おわりに

以上で、当記事は終了です。

当記事の内容が「これからドメインを取得する!」という人の少しでも役に立てば嬉しいです。

もっとドメインのことを学びたい! という方には次の記事がおすすめです。

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

タグ:

これからブログを始めたい人にオススメの記事

トップへ戻るボタン