公開:2020年9月30日 / 更新:2022年10月22日

【ブログ初心者向け】独自ドメイン取得後に必要な設定を徹底解説!

【ブログ初心者向け】独自ドメイン取得後に必要な設定を徹底解説!

ブログのドメインを、独自ドメインにする方法をわかりやすく説明します。

先にいっておくと

  • A…ブログを作成した後に、独自ドメインをブログで使えるようにする
  • B...ブログを作成するときに、独自ドメインをブログで使えるようにする

上記2つのうち作業が簡単なのは Bです。

参考:【初心者向け】独自ドメインの取得方法を解説!サービス選びのポイントも紹介

当サイトの管理人のイラスト
当サイトの管理人のイラスト

筆者:タケヨシ

ホームページに関する仕事をしています。今年で10年目。現在はフリーランスで働いています。

ホームページに関する困りごとがあればご相談ください。

»»» 相談する

作業の流れ

はじめに作業の流れを紹介します。

  1. 独自ドメインを、レンタルサーバーで使えるようにする
  2. 独自ドメインを、ブログで使えるようする
  3. 独自ドメインにアクセスして、ブログが表示されるか確認する

ここからは各作業について詳しく説明していきます。

1.独自ドメインをレンタルサーバーで使えるようにする(ネームサーバーを変更する)

ブログを始めるために必要な設定【3つ】を解説する女性

※レンタルサーバーで独自ドメインを取得した場合は、これから説明する作業は不要です。下記リンクを押してください。

»»» 次の作業へ移動する

必要な作業:ドメイン会社のネームサーバーを変更する

独自ドメインをレンタルサーバーで使えるようにする方法は、

独自ドメインを取得した会社で、独自ドメインの ネームサーバー(DNS)を変更する

ことです。変更作業は、独自ドメインを取得した会社の管理画面で行います。

「お名前.com」ユーザー管理画面の「ネームサーバー設定」画面にある「その他のネームサーバーを使う」という項目

お名前.comの管理画面

ネームサーバーの変更内容

ネームサーバーの変更内容は以下のとおりです。

  • 変更前…ドメインを取得した会社
  • 変更後…レンタルサーバー

以下、具体例です。

↓ お名前.comの管理画面で、ネームサーバーをロリポップに変更

「お名前.com」ユーザー管理画面の「ネームサーバー設定」画面にある「その他のネームサーバーを使う」という項目

お名前.comの管理画面

ネームサーバーの変更方法(作業手順)

ドメイン会社の公式サイトには、ネームサーバーの変更方法を解説したページがあります。下記参照。

解説ページが見つからない場合は、下記キーワードでGoogle検索してください。

ドメイン会社名 ネームサーバーの設定


※具体例…お名前.com ネームサーバーの設定

当サイトにある解説ページ

ネームサーバーの変更が反映するのは、作業をしてから6時間~72時間後

ネームサーバーの変更が反映するのは、作業をしてから6時間~72時間後です。

ムームーDNSに設定を変更した場合、ネームサーバーの変更情報がインターネット全体に浸透される時間が必要になるため、ドメインをご利用いただけるまで2〜3日程度お時間がかかる場合がございます。

出典:ムームーDNSの設定がうまくいきません|ムームードメイン

通常切替時間に、数時間から72時間かかるのは、キャッシュによるものとなりますため、弊社側で反映時間の短縮や時間指定などの調整は行うことができません。

出典:【ドメイン】DNS設定の変更手続きをしてから有効になるまでの期間は?|お名前.com

-

ネームサーバーの変更が反映していないと、レンタルサーバーでエラーが出る

ネームサーバーの変更が反映していないと、次に紹介するレンタルサーバーの作業でエラーが出ます。
エラーが出た場合は作業を中止してください。そして時間をおいてからもう一度作業をしてください。

※エラーが出ても問題ないです。気にしなくて大丈夫です。


↑ 目次にもどる

2.独自ドメインを、ブログで使えるようにする

  • これから作るブログのドメインを、独自ドメインにする場合
  • 作成してあるブログのドメインを、独自ドメインにする場合

上記2つは作業内容が違います。

作業をする場所は、上記2つともレンタルサーバーの管理画面です。

これから作るブログのドメインを、独自ドメインにする場合

ブログを作成するときには『WordPress簡単インストール』機能を利用します。

WordPress…ホームページ制作の知識がなくてもブログ運営できるシステム

↓ ロリポップの場合

「ロリポップの「WordPress簡単イントール」画面にある入力項目

WordPress簡単インストールには、ブログのドメインを設定する項目があります。そこに独自ドメインを入力します。

WordPress簡単インストールの処理が終わるとブログが作成されます。作成されたブログのドメインは、先ほど設定した独自ドメインです。

WordPress簡単インストールの使用方法

WordPress簡単インストール機能の使用方法はレンタルサーバーの公式サイトで解説されています。下記参照。

参考: 【独自ドメイン対応】ロリポップにWordPressをインストールする方法

作成してあるブログのドメインを、独自ドメインにする場合

作成してあるブログのドメインを独自ドメインにする場合は、次の作業をします。

レンタルサーバーで『独自ドメイン』と『ブログのデータ』を関連づける

たとえば下記ブログがあるとします。

  • ブログ名 … 書評ブログ
  • ブログのデータ … レンタルサーバーにある『blog』フォルダ

そして上記ブログのドメインを『book.com』という独自ドメインにするとします。
この場合ならば下記2つを関連づけます。

  • 独自ドメイン … 『book.com』
  • ブログのデータ … レンタルサーバーにある『blog』フォルダ

↓ ロリポップの設定画面

ロリポップのユーザー管理画面「独自ドメイン設定」ページに、
            「ステップ2.独自ドメインをロリポップ!に設定する」が表示される

-

ブログと独自ドメインを関連づける方法

ブログと独自ドメインを関連付ける方法を解説しているレンタルサーバーは少ないです。私が知るかぎりロリポップだけです。

»»» ロリポップ公式サイトの解説ページ

ロリポップ以外のレンタルサーバーの場合は、下記キーワードでGoogle検索してください。

レンタルサーバー名 独自ドメインの設定


※具体例…ロリポップ 独自ドメインの設定

参考:【図解】お名前.comの独自ドメインをロリポップのブログで使う方法

関連づけした後に、WordPressの設定を変更する

ブログと独自ドメインを関連づけたら WordPress の設定を変更します。変更するのは下記2つです。

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

 下画像の赤枠部分

WordPressの「一般設定」画面にある「WordPressアドレスURL」と「サイトアドレス(URL)」という項目

変更内容については次の記事で解説しています。

»»» WordPress管理画面の「一般設定」にあるアドレス(URL)を変更する

ちなみに設定を変更しないと、ブログのデザインが崩れたり画像が表示されなかったりします。下記参照。

↓ 変更しない場合

ブログのデザインが崩れて表示されている

↓ 変更した場合

ブログのデザインが崩れずに「きれいに」表示されている

以上の作業をすると、ブログのドメインが独自ドメインになります。

↑ 目次にもどる

独自ドメインにアクセスしてブログが表示されるか確認する

スマホでブログやホームページを見ている女性

最後に独自ドメインにアクセスして、ブログが表示されるか確認します。

具体的には、ウェブブラウザのURLに独自ドメインを入力します。

ウェブブラウザのURL欄に「https://www.yahoo.co.jp」という文字列を入力

※『https://www』は入力しないでください。

ブログが表示されれば「独自ドメイン取得後に必要な設定」は完了です。

上記は、ウェブブラウザで「Yahoo! JAPAN」を表示したものです。URL欄(赤色の矢印部分)には次の文字列が表示されています。

ブログのドメインを「book.com」にしたとします。
この場合ならば、「book.com」にアクセスしてブログが表示されるかを確認します。

ブログが表示されない場合

ウェブブラウザに「403error。現在、このページへのアクセスは禁止されています。サイト管理者の方はページの権限設定等が適切かご確認ください。」と表示されている

ブログが表示されない場合は、先述した『独自ドメインを、ブログで使えるようにする』作業で失敗している可能性が高いです。

これから作るブログのドメインを、独自ドメインにする場合

WordPress簡単インストールを使ってブログを作成するときに、ドメイン名を間違えた可能性が高いです。

解決方法は下記2つです。

  • 『独自ドメイン』と『ブログのデータ』を関連づける
  • ブログを作り直す(新しいブログを作る)

上記2つのうち作業が簡単なのは、ブログを作り直す方です。

なおブログを作り直す場合は、先ほど作成したブログを削除してください。

»»» ブログを作り直す方はこちら

»»» 『独自ドメイン』と『ブログのデータ』を関連づける方はこちら

作成してあるブログのドメインを、独自ドメインにする場合

ブログが表示されない場合は、先述した

レンタルサーバーで『独自ドメイン』と『ブログのデータ』を関連づける

作業が間違っている可能性が高いです。

↓ ロリポップの設定画面

ロリポップのユーザー管理画面「独自ドメイン設定」ページに、
            「ステップ2.独自ドメインをロリポップ!に設定する」が表示される

『ブログのデータ名』が正しいか確認してください。

»»» もう一度、作業説明をみる

参考:ロリポップで 403 error(エラー)が表示される場合の解決方法


↑ 目次にもどる

独自ドメインを使えるようにしたら、ブログを常時HTTPS化すると良い

ブログのドメインを独自ドメインにすると、ブログを常時HTTPS化することができます。下記参照。

↓ 常時HTTPS化してない

HTTPS化されていないホームページを、Google Chromeで表示したパソコン画面のスクリーンショット画像

-

↓ 常時HTTPS化している

HTTPS化されているホームページを、Google Chromeで表示したパソコン画面のスクリーンショット画像

ブログを常時HTTPS化するメリット

ブログを常時HTTPS化すると下記メリットがあります。

  • レンタルサーバーとブログ閲覧者が送受信するデータ、の盗聴を防ぐ
  • 他人がブログを改ざんするのを防ぐ
  • ブログ閲覧者に信頼されやすい
  • ブログを常時HTTPS化していない場合よりも検索順位が上がりやすい

参考:ブログを常時HTTPS化するの意味、稼ぎやすくなる理由を徹底解説

したがってブログのドメインを独自ドメインにしたら、ブログを常時HTTPS化すると良いです。

ブログを常時HTTPS化する方法

レンタルサーバーの独自SSLという機能を使うと、ブログを常時HTTPS化できます。

ロリポップのユーザー管理画面にある「独自SSL(無料)」設定画面

作業手順はレンタルサーバーの公式サイトに記載されています。下記参照

参考:ロリポップの無料独自SSLを設定してブログを常時HTTPS化する方法


↑ 目次にもどる

運用しているブログのドメインを変更した場合は、URLの転送設定をすると良い

すでにブログを公開している場合に必要な作業を解説する女性

運用しているブログのドメインを、独自ドメインに変更した場合は次の作業をすると良いです。

『変更前に使っていたドメイン』に対するアクセスを、『変更したドメイン』に転送する

具体的に説明します。

  • 変更前 … sample.com
  • 変更後 … book.com

上記の場合ならば『sample.com』へのアクセスを『book.com』に転送すると良いです。

変更前のドメインに対するアクセスを、変更後のドメインに転送するメリット

『変更前に使っていたドメイン』に対するアクセスを『変更したドメイン』に転送すると、下記メリットがあります。

  • ①ドメイン変更前のブログをブックマーク(お気に入り登録)している人がいる
  • ②ドメイン変更前のブログに対して、リンクを貼っている人がいる
  • ③ブログの検索順位が下がるのを防ぐ

②リンクの数が多いほど Googleでの検索順位が上がりやすい

③ドメインを変更するとブログに対するGoogleの評価がリセットされる
»»» 詳しくはこちら

変更前のドメインに対するアクセスを、変更後のドメインに転送する方法:URLの転送設定

『変更前に使っていたドメイン』に対するアクセスを『変更したドメイン』に転送する方法は、URLの転送設定をすることです。

具体的には下記2つのどちらかを行うことです。

  • ①レンタルサーバーのURL転送機能を利用する
  • ②.htaccessというファイルに、命令文(301リダイレクト)を書く

作業が簡単なのは①です。

↓ エックスサーバーのURL転送機能

エックスサーバーのユーザー管理画面にある「サイト転送設定」
出典:サイト転送設定|エックスサーバー

作業手順はレンタルサーバーの公式サイトに記載されています。下記参照

URL転送機能がないレンタルサーバがある

レンタルサーバーのなかには「URLの転送機能」がないところがあります。
人気レンタルサーバーのなかだとロリポップです。

.htaccess の設定方法についてはレンタルサーバーの公式サイトをご覧ください。

»»» ロリポップでアドレスの転送|ロリポップ

【補足】Googleサーチコンソールの設定を変更する

Google Search Console(サーチコンソール)のウェブページ

参考:Googleサーチコンソール公式サイト

ドメインを変更するとGoogleサーチコンソールが使えなくなります。
もう少しいうと、変更前のドメインで作成したプロパティが使えなくなります。

※プロパティ … アカウントのようなもの

解決方法は、変更した独自ドメインでプロパティを作りなおすことです。

※解説記事は準備中。


以上で当記事はおわりです。

↑ 目次にもどる

独自ドメインに関連する記事

独自ドメインの取得

ドメイン名

»» ブログで稼ぎやすいドメイン名の作り方【3ステップ】を解説

↑ 目次にもどる

トップへ戻るボタン