WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開:2020年2月1日 / 更新:2020年12月30日

2020年|SEOに最適なタイトルタグの文字数【2/1更新】

パソコンでGoogle検索をした際に表示される結果ページ。ページタイトルが28文字表示されている

検索結果に表示されるページタイトルが「…」と省略されてしまう…
省略されずに表示される文字数が知りたい!

そのような方向けに、検索結果で省略されずに表示されるタイトル文字数を紹介するのが当記事です。

ちなみに、当記事で紹介するタイトル文字数は、スマホ・パソコンのどちらにも対応しています。

SEOに最適なタイトルタグの文字数は全角28文字

Googleの検索エンジンで「SEO」というキーワードで検索する画像

SEOに最適なタイトルタグの文字数は、全角28文字です。

もう少しいうと、パソコンとスマホで「Googleの検索結果」を表示したときに、タイトルタグが省略されずに表示されるのが全角28文字です。

パソコンとスマホでの最少タイトル文字数が「全角28」という証拠は、下記画像です。

パソコンでGoogle検索をした際に表示される結果ページ。ページタイトルが28文字表示されている

↑ パソコンでの検索結果

スマートフォンでGoogle検索をした際に表示される結果ページ。ページタイトルが28文字表示されている

↑ スマホでの検索結果

ちなみに、半角文字は全角0.5文字としてカウントします。(詳しくは後述

調査内容と調査環境

今回の調査内容および調査環境は以下のとおり。

調査内容:Googleの検索結果をスマホ・パソコンで50件ずつ調査

  • 検索エンジン ... Google
  • 調査した件数:スマホとPC 各50件ずつ(検索結果 5ページ分)… ①
  • ① のなかから一番少ない文字数を選択

調査環境:ウェブブラウザは Google Chrome

  • ウェブブラウザGoogle Chrome(グーグルクロム)を使用
  • PC ... Mac
  • スマホ ... Android

50件ずつ調査した理由:文字数にバラツキがあるから

ちなみに、パソコンとスマホで50件ずつ調査した理由は、検索結果に表示されるタイトルタグの文字数にはバラツキがあるからです。

具体的には、以下のとおり。

パソコンでのタイトル文字数は 28 〜 32文字
  • 最少:28文字
  • 最大:32文字
スマホでのタイトル文字数 28 〜 38.5文字
  • 最少:28文字(5%未満)
  • 最大:38.5文字(5%未満)
  • 平均:32文字前後(90%以上)
スマートフォンでGoogle検索をした際に表示される結果ページ。ページタイトルが28文字表示されている
スマートフォンでGoogle検索をした際に表示される結果ページ。ページタイトルが38.5文字表示されている

以上で、SEOに最適なタイトルタグの文字数は全角28文字、は終了です。

↑ 目次にもどる


「文字数」制限に対応したタイトルタグの設定方法

「文字数」制限に対応したタイトルタグの設定方法を解説する女性

「文字数」制限に対応したタイトルタグの設定方法は、「検索ユーザーに伝えたいこと」を前半に書くことです。

なぜかというと、「検索ユーザーに伝えたいこと」をタイトルタグの前半に書けば、文字数が省略されても「伝えたいこと」が検索結果に表示されるからです。

言い換えると、タイトルタグの文字数が省略されても、「自分が伝えたいと思っていること」が検索ユーザーに伝わるからです。

したがって、「文字数」制限に対応したタイトルタグの設定方法は、「検索ユーザーに伝えたいこと」を前半に書くことです。

「検索ユーザーに伝えたいこと」を前半に書くメリットを解説

先述した、「検索ユーザーに伝えたいこと」をタイトルタグの前半に書けば、文字数が省略されても「伝えたいこと」は検索結果に表示される、の意味について説明します。

たとえば、以下のようなタイトルタグがあるとします。

タイトルタグの内容

無料ツールを使ったサイトマップの作成方法|SEO基礎知識|TK-CREATE


検索ユーザーに伝えたいこと

「無料ツールを使ったサイトマップの作成方法」の説明記事


タイトル文字数 … 全角32文字

そして、検索結果に表示されるタイトルタグが全角20文字だとします。

この場合、先ほど紹介したタイトルタグは、検索結果に次のように表示されます。

パソコンでGoogle検索をした際に表示される結果ページ。ページタイトルが20文字表示されている

↑ 表示されている文字数20文字

上記をみると、検索結果に表示されるタイトルタグの文字数が20文字になっても「検索ユーザーに伝えたいこと」が、ちゃんと表示されていることが分かるかと思います。

これが、タイトルタグの前半に「検索ユーザーに伝えたいこと」を書くメリットです。


以上で、「文字数」制限に対応したタイトルタグの設定方法、は終了です。

↑ 目次にもどる

タイトルタグに多くの情報を入れたい場合は、半角文字を使う

タイトルタグを設定する際のポイント

タイトルタグに多くの情報を入れたい場合は、「半角でも全角でも入力できる文字」を半角で入力すべきです。

なぜかというと、半角で入力した文字は「全角0.5文字」として、Googleの検索結果で扱われるからです。

具体的には次のとおりです。

123456789-|: @ 全角6.5文字

123456789ー|:@ 全角13文字

上記をみると分かるように、タイトルタグに多くの情報を入れたい場合は、「半角でも全角でも入力できる文字」を半角で入力すべきです

半角でも全角でも入力できる文字

参考までに、半角でも全角でも入力できる文字を紹介します。
それは、以下のものです。

スペース

半角…テ ス ト

全角…テ ス ト

記号

半角… -|: @

全角…ー|:@

数字

半角…1,2,3

全角…1,2,3

上記以外にも半角入力できる文字があるかも知れませんので、ぜひ自分で調べてみてください。


以上で、タイトルタグに多くの情報を入れたい場合は半角文字を使う、は終了です。

↑ 目次にもどる

検索結果に表示されないタイトル部分にもSEO効果はある

SEO対策のイメージ画像

「文字数」制限により検索結果に表示されないタイトルタグ部分にも、SEO効果はあります。

なぜ、そのように言い切れるかというと、下記実験をしたところ検索順位に違いがあったからです。

実験内容

省略されて表示されないタイトルタグ部分に、「都道府県名」がある場合と無い場合の検索順位を比較


使用した検索キーワード

検索キーワード:SEO 岐阜

岐阜 = 都道府県名


実験結果

都道府県名「岐阜」を入れた方が検索順位が高かった

上記の結果から、「文字数」制限により検索結果に表示されないタイトルタグ部分にもSEO効果はある、と言えます。


以上で、検索結果に表示されないタイトル部分にもSEO効果はある、は終了です。

↑ 目次にもどる


タイトルタグの確認方法:ブラウザで「site:ページURL」

Google Chrome のURL入力欄(下の画像赤枠部分)に「site:ホームページのURL」を入力する

検索結果でのタイトルタグ表示の確認方法は、Google ChromeのURL欄(上画像の赤枠)に下記コマンドを入力することです。。

site:ページURL(ブログ記事のURL)


「 : 」はコロン

たとえば、当記事の場合ならば以下のとおり。

site:https://tk-create.com/seo/title-word-count/


↑ クリックすると検索結果が表示されます。

GoogleクロムのURL欄に「site:https://tk-create.com/seo/title-word-count/」を入力した結果

»»»Google Chromeをダウンロード


以上で、タイトルタグの確認方法:ブラウザで「site:ページURL」、は終了です。

↑ 目次にもどる

【注意点】スマホ表示のタイトルタグ確認は「実機」で

スマホ(実機)で検索結果のタイトル文字数を確認する女性

最後に、検索結果でのタイトルタグ表示を確認するときの注意点を紹介します。

それは、「スマホで検索結果を表示した場合のタイトルタグ文字数」の確認は、実際のスマートフォン(実機)を使ってやるべきということです。

もう少しいうと、「スマホで検索結果を表示した場合のタイトルタグ文字数」の確認に、ウェブブラウザ開発者ツールは使用しないことです。

»»»開発者ツールを使わない人は、こちらをクリック

スマホで検索結果を表示した場合のタイトル文字数を、Googleクロムのデベロッパー(開発者)ツールで確認している様子

ウェブブラウザ開発者ツール

なぜかというと、スマートフォンで表示した検索結果と、ウェブブラウザ開発者ツールで表示した検索結果では、表示されるタイトル文字数が違うからです。

したがって、「スマホで検索結果を表示した場合のタイトルタグ文字数」の確認は、実際のスマートフォン(実機)を使ってやるべきです。

実際のスマホと開発者ツールでは、5文字違うこともある!

先述したように、スマートフォンで表示した検索結果と、ウェブブラウザ開発者ツールで表示した検索結果では、表示されるタイトル文字数が違います。

どのくらい違いがあるかというと、最大で5文字前後です。
その証拠となるのが、次の画像です。

スマートフォン(実機)とGoogleのデベロッパー(開発者)ツールを使用した時のタイトルタグの文字数を比較した画像

上画像のように、スマートフォンで表示した検索結果と、ウェブブラウザ開発者ツールで表示した検索結果では、表示されるタイトル文字数が大きく違います。

このことから、スマホで検索結果を表示した場合のタイトルタグ文字数の確認は、実際のスマートフォン(実機)を使ってやるべき、といえます。


以上で、【注意点】スマートフォンでの表示確認は「実機」で、は終了です。

↑ 目次にもどる

おわりに

以上で、当記事の内容は終了です。

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

タグ:

人気記事

トップへ戻るボタン