ゼロからはじめるWEB制作(ブログ含む)

お問い合わせ

公開:2021年2月28日 / 更新:2021年8月15日

ロリポップの自動バックアップを徹底解説!複雑な料金体系もスッキリ理解

ロリポップ!爆速宣言のハイスピードプラン

ロリポップの「自動バックアップ機能」は、かなり複雑です。

当記事は、この複雑な「自動バックアップ機能」をわかりやすくまとめたものです。

レンタルサーバーをロリポップにするか迷っている…という方は、ぜひ、ご覧ください

»»» 関連:【ブログ初心者むけ】ロリポップおすすめプラン3選!順位も紹介

自動バックアップ機能は2種類ある

「ロリポップ自動バックアップ機能の概要」を説明する講師

ロリポップが提供している「自動バックアップ機能」は、2種類あります。
それは、以下のものです

  • 無料自動バップアップ
  • 7世代バックアップ(有料オプション)

ここからは上記2つの違いについて詳しく説明していきます

「無料自動バックアップ」と「7世代バックアップ」の違い【5つ】

「ロリポップ自動バックアップ機能の概要」を説明する講師

「無料自動バックアップ」と「7世代バックアップ」の違いは、以下5点です。

無料自動バックアップ 7世代バックアップ
利用申込み 不要 必要
基本使用料 なし 月額330円
使用できる機能 2つ 5つ
作業料金 必要 不要
利用条件 「ハイスピード」か「エンタープライズ」プラン なし

ここからは、上記5つについて詳しく説明していきます。

1.利用申込み【必要かどうか】

一つ目の違いは、利用申込みが必要かどうかです。

具体的には、以下のとおりです。

  • 無料自動バックアップ…不要
  • 7世代バックアップ…必要

上記のようになる理由は、このあとに紹介する基本使用料をみると分かります。

参考情報

バックアップオプション について

ロリポップ!のバックアップオプションに申込むと(後略)

 バックアップオプション…7世代バックアップ

2.基本使用料【無料と有料】

二つ目の違いは、基本使用料が必要かどうかです。

具体的には、以下のとおりです。

  • 無料自動バックアップ…不要
  • 7世代バックアップ…月額330円

参考情報

自動バックアップ

ハイスピードプラン・エンタープライズプラン限定で利用できる無料の自動バックアップ作成機能です

 自動バックアップ…無料自動バックアップ

7世代バックアップ

月額330円で簡単にWebサーバーとデータベースサーバーの自動バックアップが行える機能(後略)

3.使用できる機能

3つ目の違いは、使用できる機能です。

具体的には、以下のとおりです。

1日あたりにバックアップできる回数

  • 無料自動バックアップ…1回
  • 7世代バックアップ…複数回(上限は不明)

バックアップのタイミング指定

  • 無料自動バックアップ…できない
  • 7世代バックアップ…できる

バックアップするデータの指定

  • 無料自動バックアップ…できない
  • 7世代バックアップ…できる

 レンタルサーバー内のデータを丸ごとバックアップ

バックアップデータのダウンロード

  • 無料自動バックアップ…できない
  • 7世代バックアップ…できる

 ファイルおよびフォルダ単位。データベースもダウンロード可能。

»»» 参考:バックアップオプションについて|ロリポップ

4.作業料金【無料と有料】

4つ目の違いは、先ほど紹介した機能を使うときの料金です(作業料金)。

具体的には、以下のとおりです。

  • 無料自動バックアップ…データ復元機能「1回11,000円」。その他は無料。
  • 7世代バックアップ…すべて無料

参考情報

自動バックアップ

データの復元が必要になった際に、復旧手数料11,000円をお支払いいただくことで、ロリポップ!で保管しているバックアップデータを復元することができます。

 自動バックアップ…無料自動バックアップ

バックアップオプション について

(前略)データが必要なときはすぐにお客様ご自身で復旧できます(手数料不要)。

 バックアップオプション…7世代バックアップ

5.利用条件【プランによる制約の有無】

5つ目の違いは、利用条件です。

具体的には、以下のとおり。

  • 無料自動バックアップ…プランを「ハイスピード」か「エンタープライズ」にする
  • 7世代バックアップ…なし

念のためにいっておくと、無料自動バックアップの利用条件は上記のみです。

参考情報

自動バックアップ

ハイスピードプラン・エンタープライズプラン限定で利用できる無料の自動バックアップ作成機能です

 自動バックアップ…無料自動バックアップ

»»» 7世代バックアップの申込み方法(公式サイト)


以上5つが、「無料自動バックアップ」と「7世代バックアップ」の違いです。

↑ 目次にもどる

エンタープライズプランのみ「7世代バックアップ」が無料【注意点あり】

「エンタープライズは7世代バックアップを必ず設定する」と説明する講師

先述したように、「7世代バックアップ」を利用するためには、月額330円必要です。

しかし、これには例外があります。

それは、「エンタープライズ」プランのみ「7世代バックアップ」を無料で利用することができる、ということです(下記参照)。

エンタープライズプランでのお申込み(無料)

エンタープライズプランでは、バックアップオプションを無料で利用できます。


【注意点】申込みが必要

ただし、この制度には注意点があります。

それは、エンタープライズプランを契約した後に、自分で「7世代バックアップ」の利用申込みをする必要があることです。

エンタープライズプランでのお申込み(無料)

エンタープライズプランでは、バックアップオプションを無料で利用できます。


したがって、エンタープライズプランを利用する方は、「7世代バックアップ」の利用申込みを忘れずにしてください。

ちなみに、このルールがある意味は分かりません(分かりづらいし、面倒くさいし…)


↑ 目次にもどる

「無料自動バックアップ」が使えても「7世代バックアップ」を利用すべきか?

「無料自動バックアップ」に「7世代バックアップ」を設定するべきか? 疑問に思っている女性

ここまでの内容を読んで、次のような疑問をもった方がいるかと思います。

「無料自動バックアップ」が使えるプランでも「7世代バックアップ」を利用したほうが良いかどうか?

具体的には、「無料自動バックアップ」が使えるハイスピードプランでも「7世代バックアップ」を利用したほうが良いかどうか?

答え:利用すべき

答えは、「7世代バックアップ」を利用すべきです。

なぜかというと、「7世代バックアップ」を利用したほうが、そうでない場合よりも金銭的に得する可能性が高いからです。

以下、根拠です。

  • ①無料自動バックアップのデータ復元手数料 … 11,000円/回
  • ②上記金額は、7世代バックアップの利用料 33ヶ月分

③ 上記①と②から下記のように言える

33ヶ月間にデータ復元を1回でも行った場合、7世代バックアップを設定していたほうが費用が抑えられる


④ 33ヶ月間、データ復元を一度も行わない確率はかなり低い


⑤「7世代バックアップ」を利用したほうが、そうでない場合よりも金銭的に得する可能性が高い


↑ 目次にもどる

おわり

以上で、当記事は終了です。

レンタルサーバーをどこにするか迷っている方は、ぜひ、次の記事もご覧ください。

当記事の内容が役にたったという方は、ぜひ、他の方に紹介してください。

また、サイト運営に協力していただけると助かります。

15円~

応援する

トップへ戻るボタン