WEB歴 8年の専門家が、ブログを始めるのに必要な知識を『どこよりも』わかりやすく説明!

公開:2020年4月26日 / 更新:2021年3月2日

JimdoのホームページがGoogle検索結果に表示されない時の解決方法

Jimdo のホームページがGoogle検索結果に表示されなくて困っている人の画像

Jimdoで作ったホームページが検索結果に表示されなくて困ってる…

という方向けの記事です。

SEO歴7年の筆者が、その解決方法をわかりやすく説明します。

当記事の内容を実践すれば、ほぼ100%の確率で、ホームページが検索結果に表示されるようになります。

はじめに確認すること:noindexが設定されていないか

JimdoホームページのHTMLにnoindexが設定されている

当記事の内容を実践する前に、次のことを確認してください。

ホームページのHTMLに「noindex」という文字がないか

上記を確認する理由は、「noindex」には次の意味があるからです。

「ホームページを検索結果に表示しないでください」とGoogleに伝える

つまり、ホームページのHTMLに「noindex」という文字がある限り、どんなことをしてもホームページが検索結果に表示されることはありません。

言い換えると、ホームページのHTMLに「noindex」という文字がある場合、当記事の内容を実践しても検索結果にホームページは表示されません

【参考】「noindex」があったケース:確認日 2021年1月24日

<meta name="robots" content="NOINDEX, NOFOLLOW" />

確認方法:ウェブブラウザで「ページのソースを表示」

ウェブブラウザからホームページのソースコードを確認する方法

「noindexがあるかどうか」の確認方法は、以下のとおり。

  1. ウェブブラウザ「Google Chrome」でホームページを表示
  2. ホームページの上で右クリック
  3. ----詳細メニューが表示される
  4. 上記のなかから「ページのソースを表示」をクリック
  5. ----HTMLが表示される
  6. ブラウザの検索機能を使い「noindex」を探す

「HTMLの表示方法」ついて詳しくは、次の記事を参考にしてください。

»»» 参考:メタタグの確認方法

参考:noindexがない場合のHTML

noindexがない場合のHTML(Jimdoのもの)
<meta name="robots" content="index, follow, archive" />

HTMLに「noindex」がない場合

HTMLに「noindex」がない場合は、下記リンクをクリックしてください。

»»» 「解決方法」に移動する

HTMLに「noindex」がある場合

HTMLに「noindex」がある場合は、Jimdoサポートセンターに問い合わせてください。
問い合わせ方法について詳しくは、次のページをご覧ください。

»»»公式サイト:ジンドゥークリエイターのサポートへのお問い合わせ

無料プランの場合、回答が1ヶ月後になることあり

Jimdo Free(無料)の場合、問い合わせに対する回答が1ヶ月後になることがあります(実体験)。

「問い合わせに対して早く対応してほしい」という方には、有料プランにすることをお勧めします。

なぜかというと、有料プランは、無料プランに比べサポート応答時間が短いからです。

»»»Jimdo公式サイト|プラン一覧


以上で、はじめに確認すること:noindexが設定されていないか、は終了です。

↑ 目次にもどる

解決方法:検索エンジンに対してホームページ登録を依頼

Google サーチコンソールのログイン画面

Jimdoで作ったホームページが検索結果に表示されない場合の解決方法は、「自分から検索エンジンに対してホームページ登録を依頼する」ことです。

»»» 参考:検索エンジンとは?

具体的には、Google Search Console(サーチコンソール)という無料ツールで「XMLサイトマップの送信」をします。

作業する順番は、以下のとおり。

  • Googleサーチコンソールを導入
  • GoogleサーチコンソールでXMLサイトマップを送信

上記内容について詳しくは、次の記事をご覧ください。


以上で、解決方法:検索エンジンに対してホームページ登録を依頼、は終了です。

↑ 目次にもどる



上手くいったかを確認する方法:ウェブサイト名で検索

ウェブサイト名で検索してホームページが表示されるを確認

検索エンジンに対してホームページ登録を依頼したあとは、ホームページが検索結果に表示されるかを確認します。

具体的には、ウェブサイト名(ホームページ名)で Google検索をして、検索結果に自分のホームページが表示されるかを確認します。

具体例を紹介すると、以下のとおり。

サイト名:TK-CREATE

「TK-CREATE」というキーワードで Google 検索

上記のようにウェブサイト名で Google検索をして、検索結果に自分のホームページが表示されたら成功です。

確認作業は、XMLサイトマップを送信してから1週間後にする

なお、確認作業をするのは、先述した「GoogleサーチコンソールでXMLサイトマップを送信」してから1週間後です。

なぜかというと、検索エンジンにホームページが登録されるには、1週間ほど時間が必要だからです。

ウェブサイト名で検索しても表示されない場合は地域名をプラス

ウェブサイト名で Google検索をしても検索結果にホームページが表示されない場合は、検索キーワードを「ウェブサイト名 地域名」にしてください。

具体例を紹介すると、以下のとおり。

サイト名:TK-CREATE


下記キーワードで検索

  • TK-CREATE 〇〇県
  • TK-CREATE 〇〇市

地域名をプラスする理由:同じウェブサイト名の影響を防ぐため

ウェブサイト名に地域名を足す理由は、下記問題を解決するためです。

同じウェブサイト名を使っているホームページが他にある場合、自分のホームページが検索結果に表示されないことがある(下記、具体例)。

トヨタ自動車 … 世界的に有名な大企業

豊田自動車 … 個人が運営している中古車販売店


検索結果には、トヨタ自動車が表示される


以上で、上手くいったかを確認する方法:ウェブサイト名で検索、は終了です。

↑ 目次にもどる

上手くいかない場合の対応方法

ウェブサイト名でGoogle検索をしても、検索結果に自分のホームページが表示されない場合は、下記作業を行ないます。

  1. 「site:ホームページURL」でGoogle検索
  2. タイトルタグを修正
  3. XMLサイトマップを送信
  4. 検索結果にホームページが表示されるかを確認

ここからは、上記内容について詳しく説明していきます。

1.「site:ホームページURL」でGoogle検索

はじめに行う作業は、「site:ホームページURL」でGoogle検索をすることです。
手順は、以下のとおり。

Google Chrome(クロム)を開く

まず、ウェブブラウザ「Google Chrome(クロム)を開きます。

»»»Google Chromeをダウンロードする

「site:ホームページURL」でGoogle検索

Google Chrome のURL入力欄(下の画像赤枠部分)に「site:ホームページのURL」を入力する

次に、「site:ホームページURL」でGoogle検索をします。
具体例を紹介すると次のとおり。

調べたいホームページのURL

https://tk-create.jimdofree.com/


URL入力欄には次のものを入力

site:https://tk-create.jimdofree.com/


調べたいホームページの URLの先頭に「site:」を付ける

「 : 」はコロン

検索結果を確認

次に、検索結果を確認します。

パターンA
「site:ホームページのURL」の検索結果:ホームページが検索エンジンに登録されている場合は「Google Search Console をお試しください」というメッセージの下に、各ページのタイトルと説明文が表示される。

検索結果を文章で説明

「Google Search Console をお試しください」というメッセージの下に「ホームページのタイトルと説明文」が表される

上記のような検索結果が表示された場合は、下記リンクをクリックしてください。

»»»「タイトルタグを修正する」に移動

パターンB
「site:ホームページのURL」の検索結果:「Google Search Console をお試しください」というメッセージの下に「〇〇に一致する情報は見つかりませんでした。」と表示される。

検索結果を文章で説明

「Google Search Console をお試しください」というメッセージの下に「〇〇に一致する情報は見つかりませんでした。」と表示される

上記のような検索結果が表示された場合は、先述した下記作業をもう一度行ってください。

  1. 解決方法:検索エンジンに対してホームページ登録を依頼
  2. 上手くいったかを確認する方法:ウェブサイト名で検索

»»»「解決方法:検索エンジンに対してホームページ登録を依頼」に移動

2.タイトルタグを修正する

Jimdoの編集画面:「SEO」というページが表示される

先ほど行った「site:ホームページURL」の検索結果がパターンAの場合は、タイトルタグの内容を確認します。

具体的には、タイトルタグに下記2つが入っているかを確認します。

  • ウェブサイト名(ホームページ名)
  • 地域名

もし、上記2つが入っていない場合は、タイトルタグを修正してください。
タイトルタグの設定方法については、次の記事で解説しています。

»»»Jimdoのページタイトル設定方法

3.タイトルタグ修正後、XMLサイトマップを送信

タイトルタグを修正したら、GoogleサーチコンソールでXMLサイトマップを送信します。

XMLサイトマップの送信方法は、先述したので省略します。

»»»「解決方法:検索エンジンに対してホームページ登録を依頼」に移動

4.検索結果にホームページが表示されるかを確認

GoogleサーチコンソールでXMLサイトマップを送信してから一週間後に、ふたたび検索結果にホームページが表示されるかを確認します。

確認方法については、先述したので省略します。

»»»「上手くいったかを確認する方法:ウェブサイト名で検索」へ移動


以上で、上手くいかない場合の対応方法、は終了です。

↑ 目次にもどる

【追記】noindexが解除されるまでに14時間かかった

ホームページを作ってからnoindexが解除されるまでの時間を測定するために、次のサイトを作りました。

»»» テストサイト

上記サイトの場合、HTMLの「noindex」が解除されたのは、作成してから約14時間後でした。

なお、上記サイトは、テストサイトのため検索エンジンに対して登録依頼はしていません。

参考:noindexが解除された場合のHTML

noindexがない場合のHTML(Jimdoのもの)
<meta name="robots" content="index, follow, archive" />

以上で、【追記】noindexが解除されるまでに14時間かかった、は終了です。

↑ 目次にもどる

半月以上たってもGoogleに表示されないページがある【当サイトのデータを公開】

当サイトの手順を行っても、なかなかGoogleの検索結果に表示されない…ということがあるかと思います。

当サイトでも、ページを公開してから半月以上たってもGoogleの検索結果に表示されないことがあります。

たとえば、以下のものです。

Googleの検索結果に表示されない記事【2021年3月2日時点】

Googleの検索結果に表示される記事リスト

ちなみに、下記ページは、先ほど紹介したページよりも後に公開したものでGoogleの検索結果に表示されているものです。

ページを公開した順番に検索結果に表示される訳ではない

ここまでに紹介した記事リストをみると分かるように、ページを公開した順番に検索結果に表示される訳ではありません。

もう少しいうと、どのページが早く検索結果に表示されるようになるかは、私たちには分かりません。

したがって、Googleの検索結果に表示されないページは、当記事の作業を根気強く行ってください。


以上で、半月以上たってもGoogleに表示されないページがある【当サイのデータを公開】、は終了です。

↑ 目次にもどる

おわりに

以上で、当記事の内容は終了です。

当記事の内容を読んで「Jimdo で作ったホームページが検索結果に表示されるようになった」という方が一人でも増えれば嬉しいです。

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

  • カテゴリ:
  • SEO

人気記事

トップへ戻るボタン