WEB歴 8年の専門家が、ブログを始めるのに必要な知識を『どこよりも』わかりやすく説明!

お問い合わせ
公開:2021年3月5日 / 更新:2021年6月4日

人気レンタルサーバー3社の【独自ドメイン無料制度】の違いを徹底解説!

ロリポップ!レンタルサーバーは独自ドメインをずっと無料で使えます!

当記事は、下記レンタルサーバーの「独自ドメイン永久無料制度」の違いを分かりやく説明したものです。

また、自分に最適なレンタルサーバーの選び方も、あわせて紹介しています。

当記事を読めば、レンタルサーバー契約後に「失敗した…」と後悔するのを防ぐことができます。

なお、当記事で紹介しているプランは全て、ブログをするのに必要なWordPressを使用することができます。

金銭的なメリットは一緒

「ドメイン費用を節約できる」と喜んでいる女性

「ドメイン無料制度」の違いを説明するまえに、知っておいてほしいことがあります。

それは、「ドメイン無料制度」を利用したときの金銭的なメリットは、どのレンタルサーバーも同じということです。

具体的には、「ドメイン無料制度」を利用すると下記3つが無料になるという金銭的なメリットがあります。

無料になるドメイン費用


 レンタルサーバー利用料は、ドメイン無料制度を使わない場合と同じ

ムームードメイン公式サイトにあるドメイン価格一覧表

「ドメイン無料制度を利用したときの金銭的なメリット」について詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

»»» ロリポップ【ドメインずっと無料】を徹底解説!


↑ 目次にもどる

違いは2つ「無料にできる独自ドメイン」と「利用条件」

「ドメイン無料制度の内容はサーバーごとに違う」と説明する講師

人気レンタルサーバー3社のドメイン無料制度の違いは、次の2つです。

  • 無料にできる独自ドメイン
  • 利用条件(適用条件)

ここからは、上記2つについて詳しく説明していきます。

1. 無料にできる独自ドメイン

1つ目の違いは、無料にできる独自ドメインです。

具体的には、次の点が違います。

  • ドメイン種類(末尾)
  • 取得済みのドメインを使用できるかどうか

ドメイン種類(末尾)

ドメイン種類(末尾)

各レンタルサーバーの無料にできるドメイン種類(末尾)は以下のとおり。

↓ エックスサーバー

.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / blog


 プランによって違う。上記は「X10」プランの場合。

↓ ConoHa WING

.com / .net / .xyz / .tokyo / .info / .biz /.org / .click / .link / .pw / .shop / .blog / .club / .fun / .games / .online / .site / .space / .teck /.website


↓ ロリポップ

.com / .net / .info / .org / .xyz / .work /.tokyo / .shop / .mobi / .club / .biz / .me / .pro / .in.net / .okinawa / .cloud / .art / .nagoya / .blue /.yokohama / .link / .group / .jp.net / .dev / .company / .asia / .promo / .icu / .jpn.com / .pink / .ryukyu / .red / .in / .click / .page / .be / .us / .business / .pet / .top / .コム / .kim / .pictures /.vip / .futbol / .rocks


取得済みのドメインを使用できるかどうか

取得済みのドメインを使用できるかどうかは、以下のとおり。

  • エックスサーバー … できる
  • ConoHa WING … できる
  • ロリポップ … できない

取得済みのドメイン … レンタルサーバーを契約する前に取得した独自ドメイン

2. 利用条件(適用条件)

2つ目の違いは、ドメイン無料制度を利用するための条件です。

各レンタルサーバーの「ドメイン無料制度」の利用条件は、以下のとおり。

エックスサーバー

X10プランの場合

  •  契約期間を「12ヶ月」以上にする
  • 「自動更新設定」を有効にする

 「X10」以外のプランは、利用条件なし

ConoHa WING(コノハウィング)

  • 「WINGパック」プランを契約する

ロリポップ

  •  新規契約
  •  プラン:「ライト」以上
  •  契約期間:「12ヶ月」以上
  • 「契約の自動更新」を設定する

「利用条件のなかに出てくるプラン」について詳しく知りたい方は、下記ページをご覧ください。

自動更新の設定方法

「自動更新の設定方法」について知りたい方は、次のページをご覧ください。

以上で、「ドメイン無料制度の違い」の説明は終了です。

↑ 目次にもどる

自分に最適なレンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーを選ぶときのポイント【2つ】

参考までに、自分に最適なレンタルサーバーを「最速で」選ぶ方法を紹介します。

それは、以下のものです。

  • ① 無料にできるドメイン種類(末尾)をチェック
  • ② ドメインを新規取得するかどうかを決める
  • ③ レンタルサーバーの費用が予算内に収まるかを確認
  • ④ サービス(サーバー性能・サポート体制など)を比較する

ここからは、上記内容について詳しく説明していきます。

1.無料にできるドメイン種類(末尾)をチェック

ドメイン種類(末尾)

まず、自分が使用したいドメイン種類(末尾)が、「ドメイン無料制度の対象かどうか」でレンタルサーバーを絞ります。

ちなみに、人気ドメインである下記4つは、どのレンタルサーバーでも「ドメイン無料制度」の対象になっています。

人気ドメイン

.com / .net / .org / .info 

»»» 「無料にできるドメイン種類」をもう一度みる

2.ドメインを新規取得するかどうかを決める

次に、使用したい独自ドメインが下記のどちらか、でレンタルサーバーを絞ります。

  • ①新しく取得するドメイン
  • ②すでに取得しているドメイン(ドメイン移管する)

①ならば、当記事で紹介しているレンタルサーバーのどこを選んでもOKです。

②の場合は、下記2つのどちらかになります。

3.レンタルサーバーの費用が予算内に収まるかを確認

レンタルサーバーの費用が予算内に収まるかを確認する女性

次に、レンタルサーバーの費用が自分の予算内に収まるかどうか、でレンタルサーバーを絞ります。

先述したように、ドメイン無料制度には利用条件があります。そして、そのなかには費用に関わる下記2つがあります。

  • 対象となるプラン
  • 契約期間の制約

上記2つをもとに費用を計算して、自分の予算内に収まるレンタルサーバーはどれかを確認してください。

最安値プランで1年契約をした場合の費用

参考までに、各レンタルサーバーの最安値プランで1年契約をした場合の費用を紹介します(2021年6月4日時点)。

  • エックスサーバー … 14,850円
  • ConoHa WING … 10,692円
  • ロリポップ … 3,960円

※ 上記 3社とも割引キャンペーン中

4.サービス(サーバー性能・サポート体制など)を比較する

最後に、各会社のサービス(サーバー性能・サポート体制など)を比較して、自分に合ったレンタルサーバーを選びます。

ここまでに紹介した作業を実践すれば、自分に合ったレンタルサーバーを最速で選ぶことができます。

↑ 目次にもどる

おすすめレンタルサーバー「プラン」

おすすめレンタルサーバー(プラン)を紹介する女性

最後に、おすすめレンタルサーバー「プラン」を紹介します。

費用の安さを重視するならば、ロリポップの「ライトプラン」一択

ロリポップ公式サイト

「できるだけ費用が安いほうが良い」という場合は、ロリポップ「ライトプラン」一択です。

その理由は、次のリストを見るとわかります。

最安値プランで一年契約した場合の費用

  • エックスサーバー … 14,850円
  • ConoHa WING … 10,692円
  • ロリポップ … 3,960円

 ドメイン無料制度を利用できる最安値プラン

※ 上記 3社とも割引キャンペーン中

ロリポップ公式サイトをみる

サーバー性能を重視するならエックサーバーか ConoHa WING

XSERVER公式サイトにある「ドメイン無料キャンペーン実施中」とう文字

出典:エックスサーバー公式サイト

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイト「トップページ」

出典:ConoHa WING 公式サイト

「ウェブページの表示速度」や「大量アクセスに対する強さ」を重視する方には、エックスサーバーか ConoHa WINGをオススメします。

なぜかというと、サーバー性能がロリポップに比べて「圧倒的に」高いからです。

その証拠に、高性能サーバーを必要とする人気サイトの多くが、エックスサーバーか ConoHa WINGを使用しています。

ConoHa WING を使用している人気サイト

したがって、「ウェブページの表示速度」や「大量アクセスに対する強さ」を重視する方には、エックスサーバーか ConoHa WINGをオススメします。

最安値プランでOK

OKマークを出す女性

なお、契約する際は、エックスサーバーと ConoHa WING ともに最安値プランを選べば問題はありません。

なぜかというと、いつでも上位プランに変更することができるからです。そして、プラン変更によるデメリットがないからです。

エックスサーバーと ConoHa WING の最安値プランを紹介すると、以下のとおりです。

「ドメイン無料制度」が利用できる最安値プラン

»»» 参考:エックスサーバーの全プランを徹底比較!3つの違いを詳しく説明

筆者のおすすめはエックスサーバー

エックスサーバーは、国内シェアNo1のレンタルサーバー。運用実績は17年以上。
出典:エックスサーバーの特徴

ちなみに、私のおすすめは「エックスサーバー」です。
理由は、「国内シェアNo1」と「運用実績17年以上」からくる安心感です。

エックスサーバー公式サイトをみる

なお、ConoHa WING も、かなり評判が良いレンタルサーバーです。
先ほど紹介した人気サイトの運営者も公式サイトで絶賛しています(下記参照)。

ConoHa WING(コノハウィング)を使用している人気サイト
出典:ConoHa WING 公式サイト

したがって、ConoHa WING を選んでも失敗はないかと思います。

ConoHa WING 公式サイトをみる

おわりに

人気レンタルサーバー3社の「ドメイン無料制度」には、デメリットはありません。

ただし、どのレンタルサーバー「ドメイン無料制度」にも、利用条件があるので注意してください。

これからレンタルサーバーを契約する方は、ぜひ「ドメイン無料制度」を利用してください。

そうすれば、毎年、1500円ほど得することができます。

ムームードメイン公式サイトにあるドメイン価格一覧表

以上で、当記事は終了です。

↑ 目次にもどる

トップへ戻るボタン