WEB歴 8年の専門家が、ブログを始めるのに必要な知識を『どこよりも』わかりやすく説明!

お問い合わせ
公開:2021年4月22日 / 更新:2021年5月27日

エックスサーバー【ドメイン永久無料】制度を徹底解説!契約時の注意点も紹介

XSERVER公式サイトにある「ドメイン無料キャンペーン実施中」とう文字

エックスサーバー公式サイト

2021年5月20日、エックスサーバーの「ドメイン無料制度」の内容が変わりました!

»»» 参考:《全プランでドメイン永久無料》サービス強化記念!

当記事は、その新しくなった「ドメイン無料制度」について、限りなく分かりやすく説明したものです。

なお、利用する際の注意点も紹介しています。

当記事を読めば、「ドメイン無料制度で失敗した…」と後悔することはありません。

【意味】レンタルサーバー契約中は、ドメイン更新料が無料

ムームードメイン公式サイトにあるドメイン価格一覧表

まず、エックスサーバーの「ドメイン永久無料」制度について大まかに説明します。

エックスサーバーの「ドメイン永久無料」制度は、レンタルサーバーを契約している間、独自ドメイン の更新料が無料になる制度です。

ドメイン更新料 … 毎年 1,500円ほど必要

»»» 参考:6社のドメイン費用を徹底比較【2021年3月版】

エックスサーバー「X10プラン」で説明

先ほどの説明だと分からない人もいるかと思いますので、エックスサーバー「X10プラン」を例にして説明します。

エックスサーバーの「X10」の月額利用料は、990円(税込36ヶ月契約)。

このプランで「ドメイン永久無料」制度を利用する場合、月額990円で下記2つを利用することが出来ます。

  • レンタルサーバー
  • 独自ドメイン

 レンタルサーバーを契約している間ずっと(半永久的)

これが、エックスサーバーの「ドメイン永久無料」制度です。

»»» 参考:エックスサーバー公式サイト

「ドメイン取得料金」と「Whois情報公開代行」も無料

エックスサーバーの「ドメイン永久無料」制度では、ドメイン更新料のほかにも下記2つが無料になります。

»»» 参考:6社のドメイン費用を徹底比較【2021年3月版】

ちなみに、Whois情報公開代行は、「自分の住所や電話番号などの個人情報をインターネット上に公開しない」ためのサービスです。

お名前.comのWhois情報公開説明ページ

↑ 出典:お名前.com公式サイト

»»» 参考:Whois情報公開代行をやさしく説明!

エックスサーバー解約後もドメインを使用できる(有料になる)

「ドメイン永久無料」制度で利用していた独自ドメインは、エックスサーバーを解約した後も使い続けることができます。

ただし、その場合は、毎年ドメイン更新料を支払う必要があります。

なお、エックスサーバー解約後のドメイン更新料は、独自ドメインを「普通に」ドメイン会社で取得した場合と同じです。

»»» 参考:6社のドメイン費用を徹底比較!最安値を紹介【2021年3月版】


以上で、エックスサーバーの「ドメイン永久無料」制度についての大まかな説明は終了です。

ここからは、「ドメイン永久無料」制度の特徴を詳しく説明していきます。

↑ 目次にもどる

無料にできるドメイン

まず、無料にできるドメインについて説明します。

無料にできるドメイン種類:プランによって違う

ドメイン種類(末尾)

エックスサーバーの「ドメイン永久無料」制度には、無料にできるドメイン種類(末尾)に制限があります。

そして、その制限はプランによって違います。具体的には、以下のとおり。

X10(9種類)

.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / blog

X20(10種類)

「X10の対象ドメイン」+「 .jp 」

X30(13種類)

「X20の対象ドメイン」+「下記 4 つ」

.co.jp / .or.jp / .ne.jp / .gr.jp

ちなみに、エックスサーバーが扱っているプランは上記3つのみです。
各プランの内容について知りたい方は、公式サイトか次の記事をご覧ください。

»»» エックスサーバーの全プランを徹底比較!3つの違いを詳しく説明

補足

※.clickドメインについては移管に対応していません。
※.blogドメインについては新規取得にのみ対応しています。


»»» 参考:独自ドメイン永久無料特典(プラン特典)

他社で使用しているドメインもOK

なお、「ドメイン費用無料」制度を利用できるのは、レンタルサーバー契約時に取得するドメインだけではありません。

他社で使用しているドメインも利用することが出来ます。

たとえば、お名前.comで管理しているドメインを、エックスサーバーの無料ドメインにすることもできます。

ドメイン管理会社の変更が必要(ドメイン移管)

なお、他社で使用しているドメインを使用する場合は、ドメイン会社をエックスサーバーに変更(ドメイン移管)する必要があります。

»»» 参考:ドメイン移管料 = ドメイン会社を変更する時に支払う費用


以上で、無料にできるドメインの説明は終了です。

↑ 目次にもどる

利用条件:X10プランのみ2つある

利用条件:新規契約の際、3つの条件をクリアする)

「ドメイン費用無料」制度には、「X10」プランのみ利用条件が有ります。

それは、以下のものです。

1.契約期間

新規契約の場合

契約期間を「12ヶ月」以上にする

既存契約の場合

契約期間を「24ヶ月」以上にする

2.「自動更新設定」を有効にする

エッククスサーバーの管理画面にある「自動更新設定」メニュー
出典:エックスサーバー公式サイト

※ 新規契約と既存契約、両方とも「自動更新設定」の有効にする必要があります。

「自動更新設定」を有効にする方法については、次のページをご覧ください。

»»» 参考:クレジットカードによる自動更新|エックスサーバー

以上2つが、ドメイン無料制度を「X10」プランで利用するための条件です。

【参考】ドメイン無料制度を利用するために必要な「最低金額」

レンタルサーバーの費用が予算内に収まるかを確認する女性

参考までに、「ドメイン永久無料」制度を利用するために必要な最低金額を紹介すると、以下のとおりです。

初年度(1 年目)

最低金額:16,500円(下記内訳)


  • 初期費用:3,300円
  • サーバー利用料:13,200円

プラン・契約期間

  • プラン:X10
  • 契約期間:12ヶ月

2年目以降

最低金額:13,200円(サーバー利用料)

プラン・契約期間:初年度と同じ

»»» 参考:X10プラン料金|公式サイト


↑ 目次にもどる

ドメイン「永久無料」制度の利用方法

ユーザー管理画面にある「各種特典のお申し込み」をクリック
出典:エックスサーバー公式サイト

↑ ドメインの取得方法

次に、エックスサーバー「ドメイン永久無料」制度の利用方法を説明します。

それは、以下のものです。

新規契約の場合

  1. サーバー契約を申し込む
  2. 契約の申し込みから10日以内に利用料を支払う(同時に自動更新を設定する)
  3. ユーザー管理画面の「各種特典のお申し込み」からドメインを取得

先ほどの画像「ドメインの取得方法」参照

上記作業について詳しくは公式サイトをご覧ください。下記リンクです。

なお、「既存契約でドメイン無料制度を利用する方法」については、公式サイトに情報がないため省略します。

↑ 目次にもどる

「ドメイン永久無料」制度を利用する際の注意点【3つ】

「ドメイン永久無料」を利用する際の注意点【2つ】

最後に、「ドメイン永久無料」制度を利用する際の注意点を紹介します。

それは、以下のものです。

  • ドメイン取得時、ドメイン名を間違えない
  • 一度決めたドメイン名は変更できない
  • 入金処理後は「お試し期間中の契約キャンセル」でも返金なし

ここからは、上記について簡単に説明します。

1. ドメイン取得時、ドメイン名を間違えない

独自ドメイン永久無料特典(キャンペーン特典)取得申請画面
出典:独自ドメイン永久無料特典(キャンペーン特典)

1つ目の注意点は、ドメインの取得申込み(上記)をする際に、ドメイン名を間違えないことです。

たとえば、「aaa.com」というドメイン名を取得したいのに、間違えて「bbb.com」と入力しないことです。

なぜかというと、ドメインの取得申込みを一度してしまうと、後からドメイン名を変更することは出来ないからです。

ドメイン取得後はドメイン名の変更ができませんのでご注意ください。


2. 一度設定した無料ドメインは変更できない

2つ目の注意点は、一度設定した無料ドメインは、後から変更できないことです。

具体的に説明すると、以下のとおりです。

①契約申込み時に「tk-create.com」を無料ドメインに設定

②契約期間の途中で、無料ドメインを「tk-create.com」から別のドメイン名に変更することは出来ない

3. 入金処理後は「お試し期間中の契約キャンセル」でも返金なし

レンタルサーバー利用料が銀行の口座から引き落とされる

3つ目の注意点は、一度支払ったサーバー利用料は、無料お試し期間中に契約をキャンセルしても返金されないことです。

 お試し期間…10日間

お支払い後の返金はできませんのでご注意ください


ちなみに、サーバー利用料が返金されない理由は、料金を支払った時点で本契約へ移行する(正式契約になる)からです。

»»» 参考:無料お試し期間について|エックスサーバー

以上3つが、エックスサーバー 「ドメイン永久無料」制度を利用する際の注意点です。

↑ 目次にもどる

おわりに

エックスサーバーの「ドメイン永久無料」制度にデメリットはありません。

したがって、「絶対に」利用すべきです。

なお、先述したように、X10プランのみ利用条件がありますので、この点だけは注意してください。

ちなみに、エックスサーバーは私が一番おすすめするレンタルサーバーです。
利用料が少し高いのですが、それ以外で不満を感じたことは一度もありません。

したがって、どのレンタルサーバーにするか迷っている方にはおすすめします。

また、私のおすすめプランは最安値の「X10」です。理由については、次の記事で解説しています。

»»» 参考:エックスサーバーの全プランを徹底比較!3つの違いを詳しく説明

以上で、当記事は終了です。

公式サイトをみる

↑ 目次にもどる

関連記事

エックスサーバー

ドメイン無料制度

タグ:
トップへ戻るボタン