ゼロからはじめるWEB制作【ブログ初心者】編

お問い合わせ
公開:2021年7月15日 / 更新:2022年1月17日

独自ドメイン無料のおすすめレンタルサーバープラン4選【WordPress使用可】

ロリポップ!レンタルサーバーは独自ドメインをずっと無料で使えます!

独自ドメインを無料で使えるかどうかは、レンタルサーバーごとに違います。
同じレンタルサーバーでもプランによって違います。

WordPress(ワードプレス)が使えるかどうかも同じです。

そのため、WordPressが使えて独自ドメインが無料になるプランを探すとメチャクチャ時間がかかります。
ブログ初心者の場合だと、見つけられないかもしれません。

そこで作成したのが当記事です。

私の調査では該当するプランは17個。
そのなかから、ブログ初心者におすすめなものを4つ紹介します。

参考:「レンタルサーバーの独自ドメイン無料制度」記事一覧

月額220円で使えるロリポップ「ライト」

ロリポップ公式サイト

「できるだけ費用を抑えたい」という方には、ロリポップ「ライト」プランをおすすめします。

ロリポップ公式サイトにあるプラン一覧表(料金表)

以下、プラン概要です。

費用

  • 初期費用:1,650円
  • 月額料金:220円〜

できること

参考:ロリポップ公式サイト

無料にできる独自ドメインは1つ。ドメイン末尾は46種類

ドメイン種類(末尾)

無料にできる独自ドメインの数は1つです。

ドメイン末尾は、下記のどれかにする必要があります。

.com / .net / .info / .org / .xyz / .work /.tokyo / .shop / .mobi / .club / .biz / .me / .pro / .in.net / .okinawa / .cloud / .art / .nagoya / .blue /.yokohama / .link / .group / .jp.net / .dev / .company / .asia / .promo / .icu / .jpn.com / .pink / .ryukyu / .red / .in / .click / .page / .be / .us / .business / .pet / .top / .コム / .kim / .pictures /.vip / .futbol / .rocks


独自ドメイン無料制度について詳しくは、次の記事をご覧ください。

»»» ロリポップ【ドメインずっと無料】を徹底解説!利用時の注意点も紹介

おすすめする理由【2つ】

ロリポップ「ライト」をおすすめする理由は、次の2つです。

  • 「WordPressと無料独自ドメインを使えるプラン」のなかでは最安値
  • ロリポップは国内シェア2位のレンタルサーバーなので信頼できる

↓ 国内シェア2位の根拠

2021の日本でのウェブホスティングのマーケットシェア

出典:2021の日本でのウェブホスティングのマーケットシェア | HostAdvice

残念な点【3つ】

ロリポップ「ライト」の残念な点は、次の3つです。

  • サーバー性能が低い(ウェブページ表示が遅い。大量アクセスに弱い)
  • 運営できるブログの数は1つ(推奨値)
  • 電話サポートがない※

※サポートは「メール」と「チャット」

上記については、「月額220円なので仕方がない」と私は思います。下記参照。

ライトプラン3年契約の費用…9,570円


初期費用+月額料金(参考:ロリポップ公式サイト


以上で、ロリポップ「ライト」の紹介はおわりです。

ロリポップ公式サイトをみる

↑ 目次にもどる

月額550円で高性能サーバーが使えるロリポップ「ハイスピード」

ロリポップ公式サイト

「高性能サーバーを使用したいけれど費用は抑えたい」という方には、ロリポップ「ハイスピード」プランをおすすめします。

ロリポップ公式サイトにあるプラン一覧表(料金表)

以下、プラン概要です。

費用

  • 初期費用:なし
  • 月額料金:550円〜

できること

参考:ロリポップ公式サイト

先述したロリポップ「ライト」と大きく違う点は、次の4つです。

ロリポップ「ライト」との違い

  • 電話サポートがある
  • 複数のブログを運営できる
  • 無料自動バックアップが使える
  • サーバー性能は「ライトの7倍」

ウェブページ表示がライトよりも7倍早い

サーバー性能の根拠は、次の記事で紹介しています。

»»» ロリポップ【プラン比較】スタンダードとハイスピードの違いを徹底解説!

無料にできる独自ドメインは1つ。ドメイン末尾は46種類

ドメイン種類(末尾)

無料にできる独自ドメインは、先述したロリポップ「ライト」と同じです。
具体的には、以下のとおりです。

無料にできる独自ドメインの数は1つ。
ドメイン末尾は、下記のどれかにする。

.com / .net / .info / .org / .xyz / .work /.tokyo / .shop / .mobi / .club / .biz / .me / .pro / .in.net / .okinawa / .cloud / .art / .nagoya / .blue /.yokohama / .link / .group / .jp.net / .dev / .company / .asia / .promo / .icu / .jpn.com / .pink / .ryukyu / .red / .in / .click / .page / .be / .us / .business / .pet / .top / .コム / .kim / .pictures /.vip / .futbol / .rocks


独自ドメイン無料制度について詳しくは、次の記事をご覧ください。

»»» ロリポップ【ドメインずっと無料】を徹底解説!利用時の注意点も紹介

おすすめする理由【3つ】

ロリポップ「ハイスピード」をおすすめする理由は、次の3つです。

  • 格安で高性能サーバーを使える
  • ロリポップは国内シェア2位のレンタルサーバーなので信頼できる
  • 電話サポートがある

 ウェブページ表示が、ロリポップ「ライト」よりも7倍早い

↓ 国内シェア2位の根拠

2021の日本でのウェブホスティングのマーケットシェア

出典:2021の日本でのウェブホスティングのマーケットシェア | HostAdvice

残念な点

ロリポップ「ハイスピード」の残念な点は、無料自動バックアップ機能です。
具体的には、以下の点です。

バックアップ作業は無料。

バックアップデータを使うときは、手数料が必要。1回あたり1,1000円。

上記を気にしない方には、かなりおすすめのプランです。

参考:ロリポップの自動バックアップを徹底解説!複雑な料金体系もスッキリ理解


以上で、ロリポップ「ハイスピード」の紹介はおわりです。

ロリポップ公式サイトをみる

↑ 目次にもどる

独自ドメインを2つ無料で使えるコノハウィング「WINGパック ベーシック」

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイト「トップページ」

レンタルサーバーのなかで独自ドメインを2つ無料で使えるのは、コノハウィング「WINGパック」プランだけです。

WINGパックには3つのグレードがあります。
そのなかで料金が1番安いのがベーシックです。

WINGパック「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の料金リスト

以下、プラン概要です。

費用

  • 初期費用:なし
  • 月額料金: 880円〜

できること

参考:コノハウィング公式サイト

無料にできる独自ドメインは2つ。ドメイン末尾は20種類

ドメイン種類(末尾)

無料にできる独自ドメインの数は2つです。

ドメイン末尾は、下記のどれかにする必要があります。

1つ目の独自ドメイン(最初に設定する独自ドメイン)

.com / .net / .xyz / .tokyo / .info / .biz /.org / .click / .link / .pw / .shop / .blog / .club / .fun / .games / .online / .site / .space / .tech /.website


2つ目の独自ドメイン(2番目に設定する独自ドメイン)

.online / .space / .website / .tech / .site / .fun /.tokyo / .shop


独自ドメイン無料制度について詳しくは、次の記事をご覧ください。

»»» ConoHa WING (コノハウィング)のドメイン無料制度を徹底解説!

おすすめする理由

「WINGパック ベーシック」をおすすめする理由は、コストパフォーマンスが高いからです。

具体的には、初期費用なし。月額 880円で次のことができるからです。

  • 独自ドメインを2つ無料にする
  • 高性能サーバー(自称、国内最速)を使う
  • 無料自動バックアップ機能を使う
  • 電話サポートを利用する

 バックアップデータを使うときも無料

※上記以外にもあります。

残念な点【3つ】レンタルサーバーとしての実績が少ない

「WINGパック ベーシック」の残念な点は、次の3つです。

  • 無料お試し期間がない
  • 運用実績が少ない...約3年
  • 国内シェアが低い…31位以下

運用実績が少ない点に関しては、それほど気にする必要はありません。

理由は、人気ブログがコノハウィングを使用しているからです。
別の言い方をすると、人気ブログに信頼されているレンタルサーバーだからです。

コノハウィングを使用している人気ブログ

ConoHa WING(コノハウィング)を使用している人気サイト
出典:ConoHa WING 公式サイト

参考:コノハウィング公式サイト


以上で、コノハウィング「WINGパック ベーシック」の紹介はおわりです。

ConoHa WING 公式サイト

参考:ConoHa WING(WINGパック)お申し込み方法|公式サイト

↑ 目次にもどる

個人ブログのベストプラン:エックスサーバー「スタンダード」

XSERVER公式サイトのトップページ
  • レンタルサーバーのことで悩みたくない
  • 後からレンタルサーバーを変更したくない

という方には、エックスサーバー「スタンダード」プランをおすすめします。

エックスサーバー公式サイトにあるプラン一覧表

以下、プラン概要です。

費用

  • 初期費用:3,300円
  • 月額料金:990円〜

できること

参考:エックスサーバー公式サイト

無料にできる独自ドメインは1つ。種類(末尾)は11種類

無料にできる独自ドメインの数は1つです。

ドメイン末尾は、下記のどれかにする必要があります。

.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog / .online / .site


独自ドメイン無料制度について詳しくは、次の記事をご覧ください。

»»» エックスサーバー【ドメイン永久無料】制度を徹底解説!契約時の注意点…

おすすめする理由:個人ブログにベストだから

個人ブログにベストなプランは、エックスサーバー「スタンダードプラン」
と私は考えています。

理由は、とても快適にブログ運営ができるからです。

その証拠に、エックスサーバーは国内シェアNo.1。
運用実績18年の老舗レンタルサーバーです。

2021の日本でのウェブホスティングのマーケットシェア

出典:2021の日本でのウェブホスティングのマーケットシェア | HostAdvice

出典:エックスサーバー公式サイト

サーバー内容は「WINGパック ベーシック」とほぼ同じ

サービス内容は、先述した「WINGパック ベーシック」とほぼ同じです。
月額 990円で次のことがでます。

  • 独自ドメインを1つ無料にする
  • 高性能サーバー(自称、国内最速)を使う
  • 無料自動バックアップ機能を使う(バックアップデータを使うときも無料)
  • 電話サポートを利用する

 コノハウィングは2つ無料

※上記以外にもあります。

サーバー性能はコノハウィングより高い(国内最速)

エックスサーバーは国内シェアN.O1。サーバー速度NO.1

↑ 出典:エックスサーバーの特徴

エックスサーバーとコノハウィングは、どちらも「国内最速サーバー」といっています。
しかし、私が分析したところ国内最速はエックスサーバーです。下記参照。

»»» 同時アクセスに強いレンタルサーバー【月額料金1,000円以下】

高性能サーバーを使用したい方には、「WINGパック ベーシック」ではなく「エックスサーバー スタンダード」をおすすめします。

残念な点:サーバー利用料が高い

エックスサーバー「スタンダードプラン」の残念なところは、利用料が高いことです。

サーバー利用料

  • 初期費用:3,300円
  • 月額料金:990円〜

私としては、「サービス内容を考慮すると安い」と考えています。


以上で、エックスサーバー「スタンダードプラン」の紹介はおわりです。

エックスサーバー 公式サイトをみる

参考:エックスサーバーに契約申込みする方法を徹底解説【画像23枚使用】

↑ 目次にもどる

おわりに

気にいったプランはありましたか?

迷っている方には、1番安いロリポップ「ライト」プランをおすすめします。
理由は、利用料がビックリするほど安いからです。下記参照。

ライトプラン3年契約の費用…9,570円


初期費用+月額料金(参考:ロリポップ公式サイト

以上で、当記事は終了です。

↑ 目次にもどる

当記事が役に立ったという方は、ぜひ他の人に紹介してださい。

参考:独自ドメイン無料でWordPressが使えるプラン一覧

※あいうえお順

エックスサーバー

XSERVER公式サイトのトップページ
プラン名 初期費用 月額料金
スタンダード 3,300円 990円~
プレミアム 3,300円 1,980円~
ビジネス 3,300円 3,960円~

参考:エックスサーバー公式サイト

»»» エックスサーバー【ドメイン永久無料】制度を徹底解説!契約時の注意点…

ConoHa WING (コノハウィング)

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイト「トップページ」
プラン名 初期費用 月額料金
WINGパック「ベーシック」 なし 880円~
WINGパック「スタンダード」 なし 1,925円~
WINGパック「ハイスピード」 なし 3,850円~

参考:ConoHa WING 公式サイト

»»» ConoHa WING (コノハウィング)のドメイン無料制度を徹底解説!

スターサーバー

スターサーバー公式サイトのメインビジュアル画像
プラン名 初期費用 月額料金
スタンダード 1,650円 440円~
ハイスピード なし 550円~
エンタープライズ 5,500円 2,090円~

参考:スターサーバー公式サイト

»»» スターサーバーの独自ドメイン永久無料特典を徹底解説!注意点も紹介

ロリポップ!

ロリポップ公式サイト
プラン名 初期費用 月額料金
ライト 1,650円 220円~
スタンダード 1,650円 440円~
ハイスピード なし 550円~
エンタープライズ 3,300円 2,200円~

参考:ロリポップ公式サイト

»»» ロリポップ【ドメインずっと無料】を徹底解説!利用時の注意点も紹介

mixhost(ミックスホスト)

mixhostの公式サイト
プラン名 初期費用 月額料金
プレミアム なし 1,958円~
ビジネス なし 3,938円~
ビジネスプラス なし 7,898円~
エンタープライズ なし 15,818円~

参考:mixhost公式サイト


↑ 目次にもどる

トップへ戻るボタン