ブログ初心者向けに「ドメイン取得」「レンタルサーバー選び」に役立つ情報を配信

お問い合わせ
公開:2021年4月23日 / 更新:2022年5月26日

ConoHa WING (コノハウィング)の【独自ドメイン無料制度】を徹底解説!

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトにある独自ドメイン無料制度の説明

出典:WINGパック|ConoHa WING

ConoHa WING の独自ドメイン無料制度(上画像)を利用したいけれどデメリットがないか不安。たとえば、違約金があるとか。

と思っていませんか?

私は思っていました。同時に「デメリットがなければ最高にお得」とも思いました。

そこで、独自ドメイン無料制度をについて徹底的に調べました。その結果をまとめたのが当記事です。
めちゃくちゃ詳しく説明していますので、当記事を読めば「独自ドメイン無料制度」を完璧に理解できます。

先にいっておくと、ペナルティおよびデメリットはないです。最高にお得な制度です。

お得度  5

参考:ConoHa WING 公式サイト

-

【注意】お試し期間がない

ConoHa WING (コノハウィング)にはお試し期間がありません。下記参照。

無料トライアルはございません(後略)

出典:お申し込みについて|ConoHa WING

参考:独自ドメインを無料で使えて、お試し期間があるレンタルサーバー

-

筆者について

ホームページに関する仕事をしています。
ホームページ運用をコストパフォーマンス良くする方法を日々調査しています。

»»» 詳細プロフィール

要点を紹介。独自ドメイン無料制度のことが「2分」でわかる

ドメインずっと無料について大まかに説明する講師

はじめに、独自ドメイン無料制度の要点を紹介します。読めば独自ドメイン無料制度のことが8割わかります。

詳細説明から読みたい方は、下記リンクを押してください。

»»» 目次に移動する

メリット:ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年3,000円~10,000円得

独自ドメイン無料制度を利用すると、ConoHa WINGと契約しているあいだ独自ドメインを 2つ無料で使えます。

お名前.comムームードメインといったドメイン取得サービスを利用するよりも、毎年3,000円~10,000円得です。

※ドメイン1つあたり1,500円~5,000円

得する金額はドメイン末尾(下画像の赤線部分)ごとに違います。

ドメイン種類(末尾)

»»» 詳しい説明をみる

ペナルティ:なし

独自ドメイン無料制度にペナルティはありません。違約金など一切不要です。

デメリット:なし

独自ドメイン無料制度を利用することにデメリットはありません。

»»» 詳しい説明をみる

無料にできる独自ドメインの条件

無料にできる独自ドメインには条件があります。それは以下のものです。

  • 無料にできる独自ドメインは2つ
  • ドメイン末尾を ConoHa WING が指定するものにする

↓ ドメイン末尾…赤線部分

ドメイン種類(末尾)

↓ ConoHa WING が指定するドメイン末尾

1つ目に無料にする独自ドメイン

.com / .net / .xyz / .tokyo / .info / .biz /.org / .click / .link / .pw / .shop / .blog / .club / .fun / .games / .online / .site / .space / .tech /.website


2つ目に無料にする独自ドメイン

.online / .space / .website / .tech / .site / .fun /.tokyo / .shop


»»» 詳しい説明をみる

利用条件:プランを「WINGパック」にする

独自ドメイン無料制度には利用条件があります。それはプランを「WINGパック」にすることです。

WINGパックの説明ページ

参考:WINGパック|ConoHa WING

»»» 詳しい説明をみる

利用方法(利用手順)

独自ドメイン無料制度の利用方法(利用手順)は以下のとおりです。

  1. サーバー契約する
  2. 無料で使用する独自ドメインを設定する

↓ サーバー契約の申込みボタン…赤枠部分

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトにある「今すぐお申込み」ボタン

ConoHa WING 公式サイト

↓契約画面

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトの契約内容設定画面

-

↓ 無料で使用する独自ドメインを設定する画面

ConoHa WING(コノハウィング)の「無料で使用する独自ドメインを設定する画面

»»» 詳しい説明をみる

ConoHa WING解約後の無料独自ドメインについて(条件違反も同じ)

  • ConoHa WINGを解約
  • プランを「WINGパック」以外にする(利用条件に違反)

上記のどちらかを行うと「無料で使用している独自ドメイン」は有料になります。ドメイン1つあたり年間1,500円~5,000円ほど必要になります。

ドメイン更新料。金額はドメイン末尾ごとに違う。

ドメイン価格一覧表

有料になった独自ドメインを使わない場合は何もしなくて良いです。使う場合はドメイン契約を更新します。

»»» 詳しい説明をみる

注意点:「無料で使う独自ドメイン」は変更できない

独自ドメイン無料制度を利用するときの注意点は「無料で使う独自ドメイン」を設定できるのは1回ということです。
別のいい方をすると、1度設定したドメインは変更できないことです。

»»» 詳しい説明をみる

イマイチな点:「2つ目に無料にする独自ドメイン」の種類(末尾)が少ない

独自ドメイン無料制度のイマイチな点は「2つ目に無料にする独自ドメイン」の種類(末尾)が少ないことです。下記参照。

.online / .space / .website / .tech / .site / .fun /.tokyo / .shop


すごい点:独自ドメインを2つ無料で使えるのはConoHa WINGだけ

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトにある独自ドメイン無料制度の説明

独自ドメイン無料制度のすごい点は、独自ドメインを2つ無料で使えるところです。

独自ドメインを無料で使えるレンタルサーバーはConoHa WING以外にもあります。
しかし、独自ドメインを2つ無料で使えるのはConoHa WINGだけです。

参考:レンタルサーバー6社の独自ドメイン無料制度を比較。違いを徹底解説

評価:最高にお得

独自ドメイン無料制度は最高にお得だと私は思います。

理由はメリットしかないからです。

お得度  5

以上で、要点紹介はおわりです。

»»» ConoHa WING 公式サイトをみる

ここからは独自ドメイン無料制度について詳しく説明していきます。

メリット:ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年3,000円~10,000円得

※ドメイン取得サービス…お名前.comムームードメインのこと

「お名前.com」の公式サイトのトップページ

お名前.com公式サイト

独自ドメイン無料制度を利用すると、ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年3,000円~10,000円お得です。理由は次の2つです。

理由1

ドメイン取得サービスを利用すると、毎年3,000円~10,000円得必要
独自ドメイン無料制度を利用すると0円


※ドメイン2つ分の費用

理由2

サーバー費用は、独自ドメイン無料制度を利用しない場合と同じ

ここからは上記について詳しく説明していきます。説明が不要な方は下記リンクを押してください。

»»»  「無料にできる独自ドメインの条件」に移動する

ドメイン取得サービスを利用すると、毎年3,000円~10,000円必要。ドメイン無料制度を利用すると0円

「お名前.com」の公式サイトのトップページ

お名前.com公式サイト

通常、独自ドメインを使用するときにはお名前.comやムームードメインといったドメイン取得サービスを利用します。
そして、ドメイン取得サービスに毎年3,000円~10,000円ほど支払います。

※ドメイン1つあたり1,500円~5,000円

参考:当サイトのドメイン費用

ムームードメインの管理画面にある支払い情報画面。4年間で支払った費用が記載されている

※毎年1,600円以上(ドメイン1つ分)

これに対して、独自ドメイン無料制度を利用すると独自ドメインを2つ無料で使えます。

上記2つのドメイン費用を比較すると以下のとおりです。

ドメイン費用比較

  • ドメイン取得サービス…年間 3,000円~10,000円
  • ドメイン無料制度……0円

※ドメイン1つあたり1,500円~5,000円

以上のことから「独自ドメイン無料制度を利用すると、ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年3,000円~10,000円お得」といえます。

得する金額に幅がある(3,000円~10,000円の)理由は、後ほど説明します。

参考:ドメイン費用をやさしく説明!取得から解約まで料金の仕組みを徹底解説!

サーバー費用は、独自ドメイン無料制度を利用しない場合と同じ

下記2つのサーバー費用は同じです。

ドメイン無料制度を

  • 利用する場合
  • 利用しない場合

たとえば、下記条件で契約するとします。

  • プラン…A
  • 契約期間…1年
  • サーバー費用…5,000円

この場合ならば以下のとおりです。

ドメイン無料制度を

  • 利用する場合…5,000円
  • 利用しない場合…5,000円

この点からも「独自ドメイン無料制度を利用すると、ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年3,000円~10,000円お得」といえます。

得する金額は「3,000円~10,000円」という理由

ドメイン種類(末尾)

得する金額は「3,000円~10,000円」という理由は、ドメイン末尾ごとに費用が違うからです。

以下、無料にできるドメイン末尾です。

.com / .net / .xyz / .tokyo / .info / .biz /.org / .click / .link / .pw / .shop / .blog / .club / .fun / .games / .online / .site / .space / .tech /.website


上記のなかで1番安いのは.com。1番高いのは.onlineです。金額は以下のとおりです。

ドメイン費用比較

  • .com …年間 1,408円
  • .online…年間 5,478円

参考:ドメイン料金一覧|お名前.com


以上で「独自ドメイン無料制度を利用すると、ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年3,000円~10,000円得」の説明はおわりです。

↑ 「要点紹介」にもどる

↑ 「目次」にもどる

デメリットはない

独自ドメイン無料制度を利用することにデメリットはありません。そのようにいう理由は下記3つです。

① 違約金なし

② サーバー費用は、独自ドメイン無料制度を利用しない場合と同じ

③ ConoHa WINGを解約した後も「無料で使用していた独自ドメイン」を使える

③について詳しくは後述しています。


↑ 「要点紹介」にもどる

↑ 「目次」にもどる

無料にできる独自ドメイン:条件が2つある

「ルール」と書いてある看板(イラスト)

無料にできる独自ドメインには条件があります。それは下記2つです

  • 無料にできるドメインは2つ
  • ConoHa WING が指定するドメイン末尾にする

上記について詳しく説明します。

1.無料にできる独自ドメインは2つ

1つ目の条件は、無料にできる独自ドメインは2つということです。

たとえば下記ドメインを無料にしたとします。

  • 1つ目…aaa.com
  • 2つ目…zzz.online

この場合、上記2つ以外を無料にすることはできません。

同じドメイン末尾でもダメ

念のためにいっておくと、同じドメイン末尾でもダメです。
たとえば下記ドメインを無料にしたとします。

  • 1つ目…aaa.com
  • 2つ目…zzz.online

この場合、次のドメインは無料にできません。

  • bbb.com
  • xxx.online

※ 「.com」 および「.online」の左側が違う

2.ConoHa WING が指定するドメイン末尾にする

ドメイン種類(末尾)

2つ目の条件は、ConoHa WING が指定するドメイン末尾にすることです。具体的には、下記のどれかにすることです。

1つ目に無料にする独自ドメイン

.com / .net / .xyz / .tokyo / .info / .biz /.org / .click / .link / .pw / .shop / .blog / .club / .fun / .games / .online / .site / .space / .tech /.website


2つ目に無料にする独自ドメイン

.online / .space / .website / .tech / .site / .fun /.tokyo / .shop


補足:所有している(取得済み)独自ドメインも無料にできる

下記2つどちらも無料にできます。

ConoHa WING と

  • 「契約する前」に取得した独自ドメイン
  • 「契約した後」に取得する独自ドメイン

以上で「無料にできる独自ドメイン」の説明はおわりです。

↑ 「要点紹介」にもどる

↑ 「目次」にもどる

【利用条件】プランを「WINGパック」にする

独自ドメイン無料制度には利用条件があります。それは、プランを「WINGパック」にすることです。

WINGパックの説明ページ

参考:WINGパック|ConoHa WING

なお、WINGパックには6種類のグレードがあります。具体的には以下のものです。

  • ベーシック
  • スタンダード
  • プレミアム
  • リザーブド 1GB
  • リザーブド 2GB
  • リザーブド 4GB
WINGパック「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の料金リスト

参考:WINGパック|ConoHa WING

グレードは自分の好きなものを選んでください。どのグレードを選んでも独自ドメイン無料制度を利用できます。

↓契約申し込み画面

ConoHa WING(コノハウィング)で申込み手続きを行うときに表示される「契約期間とプランを設定する」画面

ちなみに、おすすめは最安値の「ベーシック」です。理由は次の記事で解説しています。

»»» 独自ドメイン無料のおすすめレンタルサーバープラン4選【WordPress使用可】


↑ 「要点紹介」にもどる

↑ 「目次」にもどる

利用方法は2種類:違いはブログを作成するタイミング

独自ドメイン無料制度の利用方法は2種類あります。それは以下のものです。

  1. サーバー契約「時」にブログを作成する
  2. サーバー契約「後」にブログを作成する

※ブログを作成=WordPressをセットアップする

なお、利用方法の大まかな流れは同じです。具体的には以下のとおりです。

  1. サーバー契約する
  2. 無料で使用する独自ドメインを設定する

ここからは2種類の利用方法について詳しく説明していきます。

利用方法1:サーバー契約と同時にブログを作成する場合

チェックリストのイラスト

まず、サーバー契約と同時にブログを作成する場合の利用方法を説明します。

なお、この方法を利用できるのは下記2つに該当する方です。

  • サーバー契約時に取得する独自ドメインを、無料で使う独自ドメインにする
  • 上記ドメインを、新しく作るブログのドメインにする

上記2つに該当しない方は下記リンクを押してください。

»»» 「サーバー契約後にブログを作成する場合」へ移動する

1.契約申し込み画面を表示する

まず、契約申込み画面を表示します。手順は以下のとおりです。

①公式サイトを表示する

»»» ConoHa WING公式サイト

②「今すぐお申込み」ボタンを押す(下画像の赤枠)

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトにある「今すぐお申込み」ボタン

③ 申込み画面が表示される(下画像)

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトの申込み画面

④ 「次へ」を押す(上画像の緑色)

⑤ 「契約内容」設定画面が表示される(下画像)

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトの契約内容設定画面

2.プランと契約期間を決める

「契約内容」設定画面を表示したら、プランと契約期間を決めます。

プランはWINGパックにしてください。グレードと契約期間はどれを選んでもOKです。

※WINGパック…独自ドメイン無料制度の利用条件

ConoHa WING(コノハウィング)で申込み手続きを行うときに表示される「契約期間とプランを設定する」画面

3.「WordPressかんたんセットアップ」をする

プランと契約期間を決めたら「WordPressかんたんセットアップ」をします。

「WordPressかんたんセットアップ」がある場所は、先ほど設定した「プランと契約期間」の少し下です。下記参照。

ConoHa WINGの契約申し込み画面にある「WordPress簡単セットアップ」

「WordPressかんたんセットアップ」について詳しくは次のページをご覧ください。

サーバー契約完了。無料独自ドメイン制度が適用される

↓ 「WordPressかんたんセットアップ」完了画面

ConoHa WINGの契約申し込み画面に「WordPressをインストールしました!」と表示されている

「WordPressかんたんセットアップ」が完了すると、ConoHa WINGとのサーバー契約は完了です。同時に、独自ドメイン無料制度も適用されます。

それから、無料で使う独自ドメインの設定(1つ目)も完了です。

4.2つ目の無料独自ドメインを設定する(いつでも良い)

サーバー契約がおわったら2つ目の「無料で使う独自ドメイン」を設定します。

設定は、ConoHa WINGの管理画面で行います。
具体的には「無料独自ドメインLITE」に「無料で使う独自ドメイン」を設定します。下の画像参照。

「WINGパック無料独自ドメインLITEの設定方法」解説画像

設定方法について詳しくは下記ページをご覧ください。

»»» ご利用ガイドWINGパック無料独自ドメインLITEについて|公式サイト

設定するのはいつでも良い

2つ目の「無料で使う独自ドメイン」は、いつ設定しても良いです。レンタルサーバー後すぐに行う必要はありません。

無料独自ドメインを使ったブログの作成方法

2つの目の無料独自ドメインを使ったブログの作成方法は、次のページをご覧ください。

»»» WordPressをインストールする|ConoHa WING


以上で「利用方法1:サーバー契約と同時にブログを作成する場合」はおわりです。

↑ 「要点紹介」にもどる

↑ 目次にもどる

利用方法2:サーバー契約後にブログを作成する場合

チェックリストのイラスト

次に、サーバー契約後にブログを作成する場合の利用方法を説明します。

興味のない方は下記リンクを押してください。

»»» 「ConoHa WING解約後の無料独自ドメイン」へ移動する

1.サーバー契約する

まず、サーバー契約します。手順は以下のとおりです。

①公式サイトを表示する

»»» ConoHa WING公式サイト

②「今すぐお申込み」ボタンを押す(下画像の赤枠)

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトにある「今すぐお申込み」ボタン

③申込み画面が表示される(下画像)

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトの申込み画面

④「次へ」ボタンを押す(上画像の緑色)

⑤「契約内容」設定画面が表示される(下画像)

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトの契約内容設定画面

⑥契約内容を設定して申し込む

プランはWINGパックにしてくださいグレードと契約期間はどれを選んでもOKです(下の画像参照)。

※独自ドメイン無料制度の利用条件

ConoHa WING(コノハウィング)で申込み手続きを行うときに表示される「契約期間とプランを設定する」画面
ConoHa WING(コノハウィング)の契約申し込み画面にある「お申込み」ボタン。このボタンを押すと、契約申し込み完了

以上でサーバー契約は完了です。
契約方法について詳しくは下記ページをご覧ください。

»»» WINGパックお申し込み方法|ConoHa WING

独自ドメイン無料制度が適用される

サーバー契約が完了すると、自動的に独自ドメイン無料制度が適用されます。

2.1つ目の無料独自ドメインを設定する

サーバー契約をしたら1つ目の「無料で使う独自ドメイン」を設定します。

設定作業は下記2つのどちらを無料にするかで違います。

  • 新しく取得する独自ドメイン
  • 所有している(取得済み)独自ドメイン

具体的には以下のとおりです。

「新しく取得する独自ドメイン」を無料にする場合

新しく取得する独自ドメインを無料にする場合は、サーバー契約申込み後に表示される画面(下の画像)で「ドメイン新規取得」します。

ConoHa WING(コノハウィング)の「無料で使用する独自ドメインを設定する画面

作業がおわると、新規所得したドメインが自動的に「無料で使用できる独自ドメイン」になります。

作業について詳しくは次のページをご覧ください。

»»»WINGパック無料独自ドメインについて|公式サイト

「所有している独自ドメイン」を無料にする場合

所有している(取得済み)独自ドメインを無料にする場合は、サーバー契約申込み後に表示される画面(下の画像)で「ドメイン移管」します。

ConoHa WING(コノハウィング)の「無料で使用する独自ドメインを設定する画面

※ドメイン移管…独自ドメインの管理会社を ConoHa WING に変更する

作業がおわると、移管した独自ドメインが自動的に「無料で使用できる独自ドメイン」になります。

作業について詳しくは次のページをご覧ください。

»»»WINGパック無料独自ドメインについて|公式サイト

3.2つ目の無料独自ドメインを設定する(いつでも良い)

1つ目の「無料で使用する独自ドメイン」を設定したら2つ目を設定します。

設定は、ConoHa WINGの管理画面で行います。
具体的には、「無料独自ドメインLITE」に「無料にする独自ドメイン」を設定します。下の画像参照。

「WINGパック無料独自ドメインLITEの設定方法」解説画像

設定作業について詳しくは下記ページをご覧ください。

»»» ご利用ガイドWINGパック無料独自ドメインLITEについて|公式サイト

設定するのはいつでも良い

2つ目の「無料で使う独自ドメイン」は、いつ設定しても良いです。レンタルサーバー後すぐに行う必要はありません。

作業完了

以上で、独自ドメイン無料制度を利用するために必要な作業はおわりです。

ブログのドメインを「無料で使う独自ドメイン」にする方法

ブログのドメインを「無料で使う独自ドメイン」にするためには、所定の作業をする必要があります。具体的には下記作業をする必要があります。

ConoHa WING の管理画面で

  1. 「新規ドメインの追加」作業をする
  2. WordPressインストール時に「無料で使う独自ドメイン」を設定する

 独自ドメインを使えるようにする

作業について詳しくは下記ページをご覧ください。

以上で「利用方法2:サーバー契約後にブログを作成する場合」はおわりです。

↑ 「要点紹介」にもどる

↑ 目次にもどる

ConoHa WING解約後の無料独自ドメインについて(条件違反も同じ)

無料独自ドメインは有料ドメインになる
  • ConoHa WINGを解約
  • プランを「WINGパック」以外にする(利用条件に違反)

上記のどちらかを行うと「無料で使用している独自ドメイン」は有料になります。ドメイン1つあたり年間1,500円~5,000円ほど必要になります。

※ドメイン更新料。金額はドメイン末尾ごとに違う

参考:ドメイン費用をやさしく説明!

有料になった独自ドメインを使わない場合:何もしなくて良い

有料になった独自ドメインを使わない場合は、何もしなくてOKです。理由は、自動的に解約されるからです。

参考:FAQ WINGパックについて

有料になった独自ドメインを使い続ける場合:ドメイン契約を更新する

有料になった独自ドメインを使い続ける場合は、ドメイン契約を更新します。更新手続きは ConoHa WING の管理画面で行います。

手続きについては次のページをご覧ください。

»»» ドメイン手動更新について|ConoHa WING

参考:ドメイン会社を変更できる

更新手続きの際にドメイン会社を変更することができます。お名前.com やムームードメインに変更できます。

ConoHa WING に不満がある場合は、ドメイン会社を変更してください。

参考:【2022年3月版】おすすめドメイン取得サービス3選!利用時の注意点も紹介


↑ 「要点紹介」にもどる

↑ 「目次」にもどる

注意点:「無料で使う独自ドメイン」は変更できない

注意マークのイラスト

独自ドメイン無料制度の注意点は、「無料で使う独自ドメイン」を設定できるのは1回ということです。
別のいい方をすると、1度設定したドメインは変更できないことです。

たとえば、無料で使う独自ドメインを「sample.com」にしたとします。
この場合、サーバー契約が終わるまで無料で使える独自ドメインは「sample.com」です。


↑ 「要点紹介」にもどる

↑ 目次にもどる

まとめ

ドメインずっと無料の要点を説明する先生

最後に、ここまでの内容のまとめです。

説明が不要な方は下記リンクを押してください。

»»» 「おわりに:筆者の評価と失敗しないためのポイントを紹介」へ移動する

メリット:ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年3,000円~10,000円得

「お名前.com」の公式サイトのトップページ

お名前.com公式サイト

独自ドメイン無料制度を利用すると、お名前.comやムームードメインといったドメイン取得サービスを利用するよりも毎年3,000円~10,000円得。

理由は下記2つ。

理由1

ドメイン取得サービスを利用すると、毎年3,000円~10,000円得必要
独自ドメイン無料制度を利用すると0円


※ドメイン2つ分の費用

理由2

サーバー費用は、独自ドメイン無料制度を利用しない場合と同じ

↑ 詳細説明にもどる

ペナルティ:なし

ペナルティはない。違約金などは一切不要。

デメリットなし

デメリットはない。以下理由。

① 違約金なし

②  サーバー費用は、独自ドメイン無料制度を利用しない場合と同じ

③ ConoHa WINGを解約した後も「無料で使用していた独自ドメイン」を使える

無料にできる独自ドメインの条件【2つ】

無料にできる独自ドメインには条件がある。それは以下のもの。

  • 無料にできる独自ドメインは2つ
  • ドメイン末尾を ConoHa WING が指定するものにする

↓ ドメイン末尾(下画像の赤線部分)

ドメイン種類(末尾)

-

↓ ConoHa WING が指定するドメイン末尾

1つ目に無料にする独自ドメイン

.com / .net / .xyz / .tokyo / .info / .biz /.org / .click / .link / .pw / .shop / .blog / .club / .fun / .games / .online / .site / .space / .tech /.website


2つ目に無料にする独自ドメイン

.online / .space / .website / .tech / .site / .fun /.tokyo / .shop


↑ 詳細説明にもどる

利用条件

独自ドメイン無料制度には利用条件がある。それはプランを「WINGパック」にすること。

WINGパックの説明ページ

参考:WINGパック|ConoHa WING

↑ 詳細説明にもどる

利用方法(手続き)は2種類

独自ドメイン無料制度の利用方法は2種類ある。具体的には以下のもの。

サーバー契約と同時にブログを作成する場合

  1. 契約申し込み画面で「WordPressかんたんセットアップ」をする
  2. 上記作業を終えると、下記4つが同時に完了する
    • レンタルサーバー契約
    • 独自ドメイン無料制度の申込み
    • 無料で使う独自ドメインの設定(1つ目)
    • 上記ドメインを使ったブログの作成
  3. 2つ目の無料独自ドメインを設定する

↓契約申し込みボタン

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトにある「今すぐお申込み」ボタン

↓契約画面

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトの契約内容設定画面

↓ WordPressかんたんセットアップ

ConoHa WINGの契約申し込み画面にある「WordPress簡単セットアップ」

↑ 詳細説明にもどる

サーバー契約後にブログを作成する場合

  1. サーバー契約する
  2. サーバー契約完了後、無料で使う独自ドメインを設定する(2つ)

※サーバー契約すると、自動的に独自ドメイン無料制度が適用される

↓契約申し込みボタン

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトにある「今すぐお申込み」ボタン

↓契約画面

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトの契約内容設定画面

↓独自ドメイン設定画面

ConoHa WING(コノハウィング)の「無料で使用する独自ドメインを設定する画面

↑ 詳細説明にもどる

ConoHa WING解約後の無料独自ドメインについて(条件違反も同じ)

  • ConoHa WINGを解約
  • プランを「WINGパック」以外にする(利用条件に違反)

上記のどちらかを行うと「無料で使用している独自ドメイン」は有料になる。ドメイン1つあたり年間1,500円~5,000円ほど必要になる。

ドメイン更新料。金額はドメイン末尾ごとに違う

ドメイン価格一覧表

有料になった独自ドメインを使わない場合は何もしなくてよい。使う場合はドメイン契約を更新する。

↑ 詳細説明にもどる

注意点:「無料で使う独自ドメイン」は変更できない

独自ドメイン無料制度を利用するときの注意点は「無料で使う独自ドメイン」を設定できるのは1回ということ。
別のいい方をすると、1度設定したドメインは変更できないこと。

↑ 詳細説明にもどる

イマイチな点:「2つ目に無料にする独自ドメイン」の種類(末尾)が少ない

独自ドメイン無料制度のイマイチな点は「2つ目に無料にする独自ドメイン」の種類(末尾)が少ないこと。下記参照。

.online / .space / .website / .tech / .site / .fun /.tokyo / .shop


すごい点:独自ドメインを2つ無料で使えるのはConoHa WINGだけ

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトにある独自ドメイン無料制度の説明

独自ドメイン無料制度のすごい点は、独自ドメインを2つ無料で使えるところ。

独自ドメインを無料で使えるレンタルサーバーはConoHa WING以外にもある。
しかし、独自ドメインを2つ無料で使えるのはConoHa WINGだけ。

参考:レンタルサーバー6社の独自ドメイン無料制度を比較。違いを徹底解説


以上で、まとめは終了です。

参考:ConoHa WING 公式サイト

おわりに:筆者の評価と失敗しないためのポイント

独自ドメイン無料制度について、どのような感想を持ちましたか?

私は「最高にお得」だと思いました。理由はメリットしかないからです。

プランをWINGパックにする方は、独自ドメイン無料制度を忘れずに利用してください。

失敗しないためのポイント

独自ドメイン無料制度を利用する際は、無料独自ドメインを設定できるのは1回だけ(変更不可)ということを覚えておいてください。

以上で、当記事は終了です。

ConoHa WING 公式サイトをみる

これからプランを決める方には、最安値のWINGパック「スタンダード」をおすすめします。理由は、次の記事で解説しています。

»»» 独自ドメイン無料のおすすめレンタルサーバープラン4選【WordPress使用可】

これからドメイン名を決める方には次の記事がおすすめです。

»»» ブログに最適なドメイン名の決め方。稼ぎやすくなる理由を解説

↑ 目次にもどる

ConoHa WING のキャンペーン情報

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトのキャンペーン紹介ページ

現在、ConoHa WING は「スタート応援キャンペーン」を行っています。内容は以下のとおりです。

WINGパック「スタンダード」プランの利用料が最大47%OFFになる

かなりお得なので、プランをWINGパック「スタンダード」にする方はぜひ利用してください。
キャンペーン終了日は2022年6月6日(18時まで)です

キャンペーンについて詳しくは、ConoHa WING の公式サイトか次の記事をご覧ください。

»»» ConoHa WING 公式サイトをみる

»»» 人気レンタルサーバーのキャンペーン・お得度を解説【2022年5月17日】

関連記事:独自ドメインを無料で使えるサーバー

おすすめプランを紹介する男性。紹介するプランは独自ドメインを無料で使えるうえにWordPressが使えるもの

»»» 独自ドメイン無料のおすすめレンタルサーバープラン4選【WordPress使用可】

---

ロリポップ!レンタルサーバーは独自ドメインをずっと無料で使えます!

関連記事:ConoHa WING

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイト「トップページ」

»»» ConoHa「WINGパック」ベーシック、スタンダード、プレミアムの違い

↑ 目次にもどる

トップへ戻るボタン