はじウェブ

『レンタルサーバーで独自ドメインを無料で使う方法』をわかりやすく解説!

公開:2021年4月23日 / 更新:2022年8月28日

ConoHa WING の独自ドメイン無料特典を徹底解説!契約時の注意点も紹介

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトにある独自ドメイン無料特典の説明

ConoHa WING と「WINGパック契約」すると、独自ドメインを2つ無料で使えます。

独自ドメインを無料で使うことにデメリットはないので、最高にお得です。

»»» 根拠

当記事は、このお得な特典について「59枚の画像」を使用して分かりやすく解説したものです。

先に、注意点を言っておきます。それは以下のものです。

  • 無料にできない独自ドメインがある
  • 独自ドメインを無料で使うためには手続きが必要
  • ConoHa WINGにはお試し期間がない

上記 3つを知っておけば、独自ドメイン無料特典で失敗することはないです。

ちなみに、私はこの特典を利用しています。

ConoHa WINGのユーザー管理画面にある無料独自ドメインの設定欄
ConoHa WINGのユーザー管理画面にある無料独自ドメインの設定欄。

-

当サイトの管理人のイラスト
当サイトの管理人のイラスト

筆者:タケヨシ

ホームページに関する仕事をしています。仕事の1つとして、コストパフォーマンス良くホームページ運営する方法を調査しています。

»»» 詳細プロフィール

「 利用料金 最大62%OFF」キャンペーン実施中。終了日は8月29日です。

ConoHa WING 公式サイトをみる

概要(2分で、独自ドメイン無料特典のことが9割わかる)

独自ドメイン永久無料特典(特典)について大まかに説明する講師

まず、独自ドメイン無料特典の要点を紹介します。

»»» 詳細説明から読みたい方はこちら

デメリット、ペナルティはない

先述したようにデメリットはないです。

違約金などのペナルティもありません。

»»» デメリットがない根拠

無料にできる独自ドメイン

無料にできる独自ドメインには条件があります。それは以下のものです。

  • 無料にできる独自ドメインは2つ
  • ドメイン末尾を ConoHa WING が指定するものにする

ドメイン末尾…赤線部分

ドメイン種類(末尾)

↓ ConoHa WING が指定するドメイン末尾

最初に無料にするドメイン

.com / .net / .xyz / .tokyo / .info / .biz /.org / .click / .link / .pw / .shop / .blog / .club / .fun / .games / .online / .site / .space / .tech /.website


2番目に無料にするドメイン

.online / .space / .website / .tech / .site / .fun /.tokyo / .shop


補足:所有している独自ドメインも無料にできる

下記2つどちらも無料にできます。

ConoHa WING と

  • 「契約する前」に取得した独自ドメイン
  • 「契約した後」に取得する独自ドメイン

»»» 「無料にできる独自ドメイン」について詳しく見る

独自ドメイン無料特典の適用条件

独自ドメイン無料特典を利用するためには、プランを「WINGパック」にする必要があります。

WINGパックの説明ページ

プラン以外は自由です。契約期間などに制約はありません。

»»» ConoHa WING 公式サイト

»»» 利用条件について詳しくみる

独自ドメインを無料にするまでの流れ

独自ドメイン無料特典の利用方法は2種類あります。そのうちの1つを紹介すると、以下のとおりです。

①契約申し込みをする

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトにある「今すぐお申込み」ボタン

-

②契約後に「無料で使う独自ドメイン」を設定する

ConoHa WING(コノハウィング)の「無料で使用する独自ドメインを設定する画面

作業完了。

»»» 「利用方法(利用手順)」について詳しくみる

WINGパック解約後の無料独自ドメイン

  • 「WINGパック契約」を解約
  • 「WINGパック契約」から「通常契約」に変更

上記のどちらかを行うと「無料で使用している独自ドメイン」は有料になります。

有料になった独自ドメインを使わない場合は、ドメイン契約を解約。使う場合はドメイン契約を更新します。

»»» 「無料で使用していた独自ドメイン」について詳しくみる

利用するときの注意点

独自ドメイン無料特典を利用するときの注意点は、下記4つです。

  • 無料にできない独自ドメインがある
  • 独自ドメインを無料で使うためには手続きが必要
  • 「無料で使う独自ドメイン」は変更できない
  • ConoHa WINGにはお試し期間がない

以上で、概要説明はおわりです。

ここからは独自ドメイン無料特典について詳しく説明していきます。

↑ 目次にもどる

ConoHa WING 公式サイトをみる

デメリットはない

「安心だよ」と伝えるイラスト

独自ドメイン無料特典にペナルティはないです。違約金など一切不要です。

デメリットもありません。以下、根拠です。

  • サーバー費用は、独自ドメイン無料特典を利用しない場合と同じ
  • WINGパック契約を解約した後も「無料で使用していた独自ドメイン」を使える

ドメイン変更すると検索順位が下がる

解約後のドメインについては後述しています。


↑ 「要点紹介」にもどる

↑ 「目次」にもどる

無料にできる独自ドメインの条件2つ

「ルール」と書いてある看板(イラスト)

無料にできる独自ドメインには条件があります。それは下記2つです

  • 無料にできるドメインは2つ
  • ConoHa WING が指定するドメイン末尾にする

ここからは上記2つについて詳しく説明します。

条件1. 無料にできる独自ドメインは2つ

1つ目の条件は、無料にできる独自ドメインは2つということです。

たとえば下記ドメインを無料にしたとします。

  • 1つ目…aaa.com
  • 2つ目…zzz.online

この場合、上記2つ以外を無料にすることはできません。

同じドメイン末尾でもダメ

念のためにいっておくと、同じドメイン末尾でもダメです。

たとえば「aaa.com」を無料にしたとします。この場合、下記ドメインを無料にすることは出来ません。

  • bbb.com
  • ccc.com

※ aaa.comと同じドメイン末尾。.com の左側が違う。

条件2. ConoHa WING が指定するドメイン末尾にする

ドメイン種類(末尾)

2つ目の条件は、ConoHa WING が指定するドメイン末尾にすることです。具体的には、下記のどれかにすることです。

はじめに設定する無料独自ドメイン

.com / .net / .xyz / .tokyo / .info / .biz /.org / .click / .link / .pw / .shop / .blog / .club / .fun / .games / .online / .site / .space / .tech /.website


2番目に設定する無料独自ドメイン

.online / .space / .website / .tech / .site / .fun /.tokyo / .shop


参考:個人ブログにおすすめのドメインは【.com】と【.jp】根拠あり

補足:所有している(取得済み)独自ドメインも無料にできる

下記2つどちらも無料にできます。

ConoHa WING と

  • 「契約する前」に取得した独自ドメイン
  • 「契約した後」に取得する独自ドメイン

【注意】設定できるのは1回だけ。変更不可

無料独自ドメインを設定できるのは1回だけです。別のいい方をすると、1度設定したドメインは変更できません。

たとえば、無料で使う独自ドメインを次の2つにしたとします。

  • aaa.com
  • bbb.online

この場合、契約終了まで無料で使う独自ドメインは上記2つです。

↓ 根拠

※無料独自ドメインの設定完了後別のドメインへの無料独自ドメインの設定変更は出来ませんのご注意ください。

出典:無料独自ドメインの設定方法 |ConoHa WING

以上で「無料にできる独自ドメイン」の説明はおわりです。

↑ 「要点紹介」にもどる

↑ 「目次」にもどる

独自ドメイン無料特典の適用条件:WINGパック契約する

WINGパックの説明ページ

出典:WINGパック|ConoHa WING

独自ドメインを無料で使うための条件は WING パック契約をすることです。

ConoHa WINGとの契約方法は下記2種類です。

  • 通常契約
  • WINGパック契約

間違えないように注意してください。

»»» ConoHa WING 公式サイト

»»» ConoHa WINGの料金プランは12種類!各プランの違いを解説。おすすめも紹介


↑ 「要点紹介」にもどる

↑ 「目次」にもどる

利用方法(無料独自ドメインをブログで使うまでの流れ)

独自ドメインを無料にする方法は2つあります。具体的には次の2つです。

  • サーバー契約後に、無料独自ドメインをブログで使えるようにする
  • サーバー契約と同時に、無料独自ドメインをブログで使えるようにする

どちらを利用するかは、この後の説明をみて決めてください。

方法1:サーバー契約と同時に、無料独自ドメインをブログで使えるようにする

チェックリストのイラスト

まず、サーバー契約と同時に、無料独自ドメインをブログで使えるようにする方法を説明します。

なお、この方法を利用できるのは下記2つに該当する方です。

  • 新規取得する独自ドメインを「無料で使う独自ドメイン」にする
  • 上記ドメインを、新しく作るブログのドメインにする

該当しない方は下記リンクを押してください。

»»» 「サーバー契約後にブログを作成する場合」へ移動する

1.「契約内容」設定画面を表示する

まず、「契約内容」設定画面を表示します。手順は以下のとおりです。

1. 公式サイトを表示する

下記リンクを押してください。

»»» ConoHa WING公式サイト

2.「今すぐお申込みボタン」を押す

公式サイトが表示されたら、「今すぐお申込みボタン」を押してください。下記参照。

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトにある「今すぐお申込み」ボタン

ボタンを押すと契約申込み画面が表示されます。下記参照。

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトの申込み画面

3.メールアドレスとパスワードを入力して「次へボタン」を押す

申込み画面を表示したら、メールアドレスとパスワードを入力してください。入力したら「次へボタン」を押してください。

ボタンをおすと「契約内容」設定画面が表示されます。下記参照。

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトの契約内容設定画面

2.「契約内容 設定画面」でプランと契約方法を設定する

「契約内容 設定画面」が表示されたらプランと契約方法を設定します。下記参照。

ConoHa WING(コノハウィング)で申込み手続きを行うときに表示される「契約期間とプランを設定する」画面

先述したように「WINGパック契約」にしてください。プランは自由です。

※おすすめプランは最安値のベーシック。理由はこちら

3.「WordPressかんたんセットアップ」にブログ情報を設定する

ConoHa WINGの契約申し込み画面にある「WordPress簡単セットアップ」

先ほど設定した「プランと契約方法」の少し下に、「WordPressかんたんセットアップ」という項目があります。上記参照。

「WordPressかんたんセットアップ」には、ブログ情報を設定します。具体的には、サイト名などを設定します。

「独自ドメイン設定」に「無料で使いたい独自ドメイン」を入力

WordPRess簡単セットアップにある「独自ドメイン設定」には、無料で使いたい独自ドメインを入力してください。

入力したドメインは、自動的に無料で使える独自ドメイン(1つ目)になります。

必須項目を入力したら「次へ」ボタンを押す

必須項目を入力したら画面右側にある「次へ」ボタンを押してください。下記参照。

ボタンを押すと「お客様情報 入力画面」が表示されます。次の画像参照。

4.「お客様情報 入力画面」に契約者情報を入力する

「お客様情報入力」画面

「お客様情報 入力画面」が表示されたら、必須項目を入力してください。入力が終わったら、画面右側にある「次へ」ボタンを押してください。

ボタンを押すと「SMS/電話認証」画面が表示されます。次の画像参照。

5.「SMS/電話認証 画面」で本人確認をする

「SMS/電話認証」画面

※SMS/電話認証 … 契約者と申込者が同じか確認する作業

「SMS/電話認証 画面」が表示されたら、電話番号を入力してください。入力が終わったら、下記2つのどちらを押してください。

  • SMS認証
  • 電話認証

2つの違いは、本人確認コードの受取り方法です。具体的には以下のとおりです。

  • SMS認証 … 携帯電話に「メールで送られてくる」
  • 電話認証 … 携帯電話に「電話がかかってきて、音声で伝えてくれる」

ボタンを押すと、次のメッセージが表示されます。

チェックリストのイラスト

本人確認コードを受け取ったら、メッセージにある認証コード欄に入力してください。入力したら「送信」ボタンを押してください。

ボタンを押すと、支払い方法を設定する画面が表示されます。次の画像参照。

6.支払い方法を設定して申込みボタンを押す

チェックリストのイラスト

支払い方法を設定する画面が表示されたら、必要事項を入力してください。入力したら「お申込みボタン」を押してください。

ボタンを押すと次のメッセージが表示されます。

ConoHa WINGの契約申し込み画面に「WordPressをインストールしました!」と表示されている

上記メッセージが表示されたら

  • レンタルサーバー契約
  • ブログ作成
  • 無料で使う独自ドメインの設定(1つ目)

は完了です。

7.2つ目の無料独自ドメインを設定する

サーバー契約がおわったら2つ目の「無料で使う独自ドメイン」を設定します。

設定は、ConoHa WINGの管理画面で行います。具体的には「無料独自ドメインLITE」に「無料で使う独自ドメイン」を設定します。下記参照。

「WINGパック無料独自ドメインLITEの設定方法」解説画像

↓ 拡大

ConoHa WINGのユーザー管理画面にある無料独自ドメインの設定欄。

設定方法について詳しくは下記ページをご覧ください。

»»» ご利用ガイドWINGパック無料独自ドメインLITEについて|公式サイト

2つ目の無料ドメインの設定はいつでも良い

2つ目の「無料で使う独自ドメイン」の設定は、いつでも良いです。レンタルサーバー後すぐに行う必要はありません。

なので、2つ目に無料にするドメインを決めていなくてもレンタルサーバー契約をして大丈夫です。

↓ 筆者は、未設定のままです。

ConoHa WINGのユーザー管理画面にある無料独自ドメインの設定欄。

※無料独自ドメインLITE = 2つ目の無料独自ドメイン

2つ目の無料独自ドメインを使ったブログの作成方法

2つの目の無料独自ドメインを使ったブログの作成方法は、次のページをご覧ください。

»»» WordPress のインストール方法|ConoHa WING


以上で「利用方法1:サーバー契約と同時にブログを作成する場合」はおわりです。

↑ 「要点紹介」にもどる

↑ 目次にもどる

方法 2:サーバー契約後に、無料独自ドメインをブログで使えるようにする

チェックリストのイラスト

次に、サーバー契約後にブログを作成する場合の利用方法を説明します。

興味のない方は下記リンクを押してください。

»»» 「WINGパック契約を解約した後の無料独自ドメインについて」へ移動する

1.「契約内容」設定画面を表示する

まず、「契約内容」設定画面を表示します。手順は以下のとおりです。

1. 公式サイトを表示する

下記リンクを押してください。

»»» ConoHa WING公式サイト

2.「今すぐお申込みボタン」を押す

公式サイトが表示されたら、「今すぐお申込みボタン」を押してください。下記参照。

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトにある「今すぐお申込み」ボタン

ボタンを押すと契約申込み画面が表示されます。下記参照。

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトの申込み画面

3.メールアドレスとパスワードを入力して「次へボタン」を押す

申込み画面が表示されたら、メールアドレスとパスワードを入力してください。

入力が終わったら「次へボタン」を押してください。

ボタンをおすと「契約内容 設定画面」が表示されます。下記参照。

ConoHa WING(コノハウィング)公式サイトの契約内容設定画面

2.「契約内容 設定画面」でプランと契約方法を設定する

「契約内容 設定画面」が表示されたらプランと契約方法を設定します。下記参照。

ConoHa WING(コノハウィング)で申込み手続きを行うときに表示される「契約期間とプランを設定する」画面

先述したようにプランは自由。契約方法は「WINGパック」です。

※おすすめプランは最安値のベーシック。おすすめする理由はこちら

プランと契約期間を設定したら、画面右側にある「次へ」ボタンを押してください。

ボタンを押すと「お客様情報入力」画面が表示されます。次の画像参照。

3.「お客様情報 入力画面」に契約者情報を入力する

「お客様情報入力」画面

「お客様情報 入力画面」が表示されたら、必須項目を入力してください。入力が終わったら、画面右側にある「次へ」ボタンを押してください。

ボタンを押すと「SMS/電話認証」画面が表示されます。次の画像参照。

4「SMS/電話認証 画面」で本人確認をする

「SMS/電話認証」画面

※SMS/電話認証 … 契約者と申込者が同じか確認する作業

「SMS/電話認証 画面」が表示されたら、電話番号を入力してください。入力が終わったら、下記2つのどちらを押してください。

  • SMS認証
  • 電話認証

2つの違いは、本人確認コードの受取り方法です。具体的には以下のとおりです。

  • SMS認証 … 携帯電話に「メールで送られてくる」
  • 電話認証 … 携帯電話に「電話がかかってきて、音声で伝えてくれる」

ボタンを押すと、次のメッセージが表示されます。

チェックリストのイラスト

本人確認コードを受け取ったら、メッセージにある認証コード欄に入力してください。入力したら「送信」ボタンを押してください。

ボタンを押すと、支払い方法を設定する画面が表示されます。次の画像参照。

5.支払い方法を設定して、申込みボタンを押す(契約申込み完了)

チェックリストのイラスト

支払い方法を設定する画面が表示されたら、必要事項を入力してください。入力したら「お申込みボタン」を押してください。

ボタンを押すと、契約申し込みは完了です。

6.「1つ目の無料独自ドメイン」を設定する

申込みが完了すると、次のメッセージが表示されます。

「無料独自ドメインをせっていしますか?」というメッセージ

このメッセージがでたら、無料で使う独自ドメインを設定します。

「新しく取得する独自ドメイン」を無料にする場合

新しく取得する独自ドメインを無料にする場合は、「ドメイン新規取得」を選択して「追加するボタン」を押します。

ConoHa WING(コノハウィング)の「無料で使用する独自ドメインを設定する画面

ボタンを押すと、ドメイン取得画面が表示されます。画面に表示される指示にしたがって作業すれば、簡単にドメインを取得することができます。

取得したドメインは、自動的に「無料で使うドメイン」になります。

作業について詳しくは次のページをご覧ください。

»»»WINGパック無料独自ドメインについて|公式サイト

「所有している独自ドメイン」を無料にする場合

所有している(取得済み)独自ドメインを無料にする場合は、「ドメイン移管」を選択して「追加するボタン」を押します。

ConoHa WING(コノハウィング)の「無料で使用する独自ドメインを設定する画面

ボタンを押すと、ドメイン移管画面が表示されます。画面に表示される指示にしたがって作業すれば、簡単にドメインを移管することができます。

移管したドメインは、自動的に「無料で使うドメイン」になります。

作業について詳しくは次のページをご覧ください。

»»»WINGパック無料独自ドメインについて|公式サイト

7.「2つ目の無料独自ドメイン」を設定する

1つ目の無料独自ドメインを設定したら、2つ目の無料独自ドメインを設定します。

設定は、ConoHa WINGの管理画面で行います。具体的には「無料独自ドメインLITE」に「無料で使う独自ドメイン」を設定します。下記参照。

「WINGパック無料独自ドメインLITEの設定方法」解説画像
ConoHa WINGのユーザー管理画面にある無料独自ドメインの設定欄。

設定方法について詳しくは下記ページをご覧ください。

»»» ご利用ガイドWINGパック無料独自ドメインLITEについて|公式サイト

2つ目の無料ドメインの設定はいつでも良い

2つ目の「無料で使う独自ドメイン」の設定は、いつでも良いです。レンタルサーバー後すぐに行う必要はありません。

なので、2つ目に無料にするドメインを決めていなくてもレンタルサーバー契約をして大丈夫です。

↓ 筆者は、未設定のままです。

ConoHa WINGのユーザー管理画面にある無料独自ドメインの設定欄。

※無料独自ドメインLITE = 2つ目の無料独自ドメイン

2つ目の無料独自ドメインを使ったブログの作成方法

2つの目の無料独自ドメインを使ったブログの作成方法は、次のページをご覧ください。

»»» WordPress のインストール方法|ConoHa WING


以上で「方法2:サーバー契約後にブログを作成する場合」はおわりです。

↑ 「要点紹介」にもどる

↑ 目次にもどる

「WINGパック契約」を解約した後の無料独自ドメインについて

無料独自ドメインは有料ドメインになる

WINGパック契約を解約すると「無料で使用していた独自ドメイン」は有料になります。ドメイン1つあたり年間1,500円~5,000円必要になります

↓ 根拠

※無料独自ドメイン設定後WINGパックで契約したサーバーを解約や通常料金へ変更した場合翌年以降発生するドメインの更新費用は有料となります。

出典:無料独自ドメインの設定方法 |ConoHa WING

必要になる金額が違う理由は後ほど説明します。

ドメインを使わない場合は「ドメインの自動更新設定」をOFFにする

有料になった独自ドメインを使わない場合は「ドメインの自動更新設定」をOFFにします。下記参照。

コノハウィングの管理画面で「ドメインの自動更新設定」をOFFにした画像
出典:ドメインの更新をする|ConoHa WING

作業について詳しくは次のページをご覧ください。

»»» ドメイン自動更新の解除|ConoHa WING

-

↓ 情報が正しい証拠

ConoHa WINGサポートセンターから送られてきたメール。内容は、WINGパック解約後の無料独自ドメインについて

↓ 上画像の該当部分を文章化

解約後は、「無料独自ドメイン」を使用しない場合

WINGパック解約後ドメインの自動更新をOFFにしていただければ更新費用は発生せず更新期限経過後自動で廃止となります。

有料になった独自ドメインを使う場合は、ドメイン契約を更新する

有料になった独自ドメインを使う場合は、ドメイン契約を更新します。下記参照。

コノハウィングの管理画面で「ドメインの更新手続きをしている」画像
出典:ドメインの更新をする|ConoHa WING

作業について詳しくは次のページをご覧ください。

»»» ドメイン手動更新について|ConoHa WING

-

↓ 情報が正しい証拠

ConoHa WINGサポートセンターから送られてきたメール。内容は、WINGパック解約後の無料独自ドメインについて

↓ 上画像の該当部分を文章化

解約後も、「無料独自ドメイン」を使用する場合

無料独自ドメインについてはWINGパックに紐づくご契約となりWINGパック解約後は対象のドメインは通常のご契約となり継続してご利用される場合は次回の更新時に更新費用が発生いたします。

※ドメイン更新費用を払う =(イコール)ドメイン契約の更新手続きをする

必要になるのはドメイン更新料。金額はドメイン末尾ごとに違う

先述したように、WINGパック解約後に独自ドメインを使うためには費用がかかります。この費用のことを専門用語で「ドメイン更新料」といいます。

ドメイン価格一覧表

金額はドメイン末尾ごとに違う。年間1,500円~5,000円

ドメイン更新料の金額はドメイン末尾(下画像の赤線部分)ごとに違います。

ドメイン種類(末尾)

無料独自ドメインのなかで1番安いのは.com。1番高いのは.onlineです。金額は以下のとおりです。

ドメイン費用比較

  • .com …年間 1,287円
  • .online…年間 5,368円

※2022年8月1日時点。参考情報:ドメイン料金一覧|お名前.com

参考:ドメイン費用をやさしく説明!

↑ 「要点紹介」にもどる

↑ 目次にもどる

参考:独自ドメイン無料特典を利用するメリット

»»»読み飛ばす方はこちら

「お名前.com」の公式サイトのトップページ

お名前.com公式サイト

※ドメイン取得サービス…お名前.comムームードメインのこと

独自ドメイン無料特典を利用すると、ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年3,000円~10,000円お得です(ドメイン1つあたり1,500円~5,000円)。

そのようにいう理由は、次の2つです。

理由1

ドメイン取得サービスを利用すると、毎年3,000円~10,000円得必要
独自ドメイン無料特典を利用すると0円

理由2

サーバー費用は、独自ドメイン無料特典を利用しない場合と同じ

ここからは上記について詳しく説明していきます。説明が不要な方は下記リンクを押してください。

»»»読み飛ばす方はこちら

ドメイン取得サービスを利用すると、毎年3,000円~10,000円必要。ドメイン無料特典を利用すると0円

「お名前.com」の公式サイトのトップページ

お名前.com公式サイト

通常、独自ドメインを使用するときにはお名前.comやムームードメインといったドメイン取得サービスを利用します。
そして、ドメイン取得サービスに毎年3,000円~10,000円ほど支払います。

※ドメイン1つあたり1,500円~5,000円

参考:当サイトのドメイン費用

ムームードメインの管理画面にある支払い情報画面。4年間で支払った費用が記載されている

※毎年1,600円以上(ドメイン1つ分)

これに対して、独自ドメイン無料特典を利用すると独自ドメインを2つ無料で使えます。

上記2つのドメイン費用を比較すると以下のとおりです。

ドメイン費用比較

  • ドメイン取得サービス…年間 3,000円~10,000円
  • ドメイン無料特典……0円

※ドメイン1つあたり1,500円~5,000円

以上のことから「独自ドメイン無料特典を利用すると、ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年3,000円~10,000円お得」といえます。

得する金額に幅がある(3,000円~10,000円の)理由は、後ほど説明します。

参考:ドメイン費用をやさしく説明!取得から解約まで料金の仕組みを徹底解説!

サーバー費用は、独自ドメイン無料特典を利用しない場合と同じ

下記2つのサーバー費用は同じです。

ドメイン無料特典を

  • 利用する場合
  • 利用しない場合

たとえば、下記条件で契約するとします。

  • プラン…A
  • 契約期間…1年
  • サーバー費用…5,000円

この場合ならば以下のとおりです。

ドメイン無料特典を

  • 利用する場合…5,000円
  • 利用しない場合…5,000円

この点からも「独自ドメイン無料特典を利用すると、ドメイン取得サービスを利用するよりも毎年3,000円~10,000円お得」といえます。

得する金額は「3,000円~10,000円」という理由

ドメイン種類(末尾)

得する金額は「3,000円~10,000円」という理由は、ドメイン末尾ごとに費用が違うからです。

以下、無料にできるドメイン末尾です。

.com / .net / .xyz / .tokyo / .info / .biz /.org / .click / .link / .pw / .shop / .blog / .club / .fun / .games / .online / .site / .space / .tech /.website


上記のなかで1番安いのは.com。1番高いのは.onlineです。金額は以下のとおりです。

ドメイン費用比較

  • .com …年間 1,408円
  • .online…年間 5,478円

参考:ドメイン料金一覧|お名前.com


以上で「独自ドメイン無料特典を利用するメリット」の説明はおわりです。

↑ 「目次」にもどる

利用するときの注意点(失敗しないためのポイント)

注意マークのイラスト

最後に、独自ドメインを無料にするときの注意点を紹介します。それは以下のものです。

  • 無料にできない独自ドメインがある
  • 独自ドメインを無料で使うためには手続きが必要
  • 「無料で使う独自ドメイン」は変更できない
  • ConoHa WINGにはお試し期間がない

上記 4つを知っておけば、独自ドメイン無料特典で失敗することはないです。

以上で、当記事は終了です。

-

「 利用料金 最大62%OFF」キャンペーン実施中。終了日は8月29日です。

ConoHa WING 公式サイトをみる

参考:【ConoHa WING契約者向け】無料独自ドメインお役立ち情報

トップへ戻るボタン