WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

公開日:2020年7月14日

Jimdo 無料プランと有料プラン(Pro)のSEO対策の違いを徹底解説!

SEO(検索エンジン最適化)のイメージ画像

当記事は、SEO対策の観点から Jimdo の無料プランと有料プランの違いを分かりやすく説明したものです。

比較したプランは次の二つです。

比較したプラン

  • 無料プラン … Jimdo Free
  • 有料プラン … Jimdo Pro(一番料金が安いプラン)

当記事を読むと、次のような疑問を解決することが出来ます。

  • 有料プランにすると検索順位が上がりやすくなる?
  • 有料プランにするとSEO対策の「何が」有利になるの?
  • 有料プランはどんな人におすすめ?

それでは順番に説明していきます。

Jimdo Pro(有料)にするだけでは検索順位は上がらない【例外はページの表示速度】

基本的に、Jimdo Free から Jimdo Pro にアップグレードするだけでは、ホームページの検索順位は上がりません。

なぜかというと、Jimdo Free と Jimdo Pro の SEO 機能の違いは「設定できる項目の数」だからです。

具体的には次のとおり。

Jimdo Pro にアップデートすると使用できる SEO 機能

  • タイトルタグを全ページに設定(ページタイトル)
  • メタディスクリプションを全ページに設定(ページ概要)
  • 独自ドメインの使用
  • URL最適化(カスタムURLを使用)

ホームページの検索順位を上げるためには、上記 SEO機能を使用して「自分で」SEO対策をする必要があります。

そうしないと、Jimdo Free から Jimdo Pro にアップグレードしてもホームページの検索順位は上がりません。

つまり、Jimdo Free から Jimdo Pro にアップグレードするだけではホームページの検索順位は上がらない、ということです。

例外:ホームページの表示が遅い場合は検索順位が上がる可能性あり

Jimdo Free から Jimdo Pro にアップグレードするだけで、ホームページの検索順位が上がるケースが一つだけあります。

それは、ホームページの表示が遅いことを理由に Google から SEO ペナルティを受けている場合です。

なぜかというと、Jimdo Free から Jimdo Pro にアップグレードすると、自分では何もしなくてもホームページの表示が早くなるからです。

参考:ウェブページの表示速度は検索順位に影響する|SEOで損しないために必要なレンタルサーバーの条件

ホームページの表示が早くなればSEOペナルティが解除される

ホームページの表示が早くなれば、Googel から ホームページの表示が遅いことを理由に受けている SEOペナルティが解除される可能性があります。

SEOペナルティが解除されるケース

Jimdo Pro にした後のホームページ表示速度が Googleの基準をクリアした場合


必ず基準をクリア出来る訳ではないので注意

もし、SEOペナルティが解除されればホームページの検索順位は上がります。

このように、ホームページの表示が遅いことを理由に Google から SEO ペナルティを受けている場合は、Jimdo Free から Jimdo Pro にアップグレードするだけで、ホームページの検索順位が上がることがあります。

参考:Jimdo ホームページの表示速度は「帯域幅」の数値

Jimdoでは、各プランのホームページ表示速度を「帯域幅」という数値で表しています。

以下、公式サイトの引用です。

(前略)帯域幅と言うのは「データ回線の太さ」のことで、帯域幅が広いほどデータの通信がスムーズになります。そのため、帯域幅が広いほどホームページは高速表示され、ホームページ訪問者目線(ユーザーフレンドリー)なホームページを作成することができます。

そして、Jimdo Free とJimdo Proの帯域幅の違いは次のとおりです。

Jimdo Free とJimdo Proの帯域幅の違い

  • Free … 2GB
  • Pro … 10GB

上記の数値から、Jimdo Pro のホームページ表示速度は Freeよりも 5倍早いということが分かります。

Jimdo Pro にアップグレードすると使用できる機能でSEO効果のあるものは 4つ

Jimdo Free から Jimdo Proにアップグレードすると使用できる機能が増えます。

そのなかで、ホームページの検索順位アップに効果のあるものは次の 4つです。

  • タイトルタグを全ページに設定
  • メタディスクリプションを全ページに設定
  • 独自ドメインの使用
  • URL最適化(カスタムURLを使用)

それぞれの機能について簡単に説明していきます。

タイトルタグを全ページに設定

一つ目の機能は、タイトルタグを全ページに設定できる機能です。

ちなみに、タイトルタグはHTMLタグの一種で、Google や Yahoo!などの検索結果に表示するウェブページのタイトルを指定するためのものです。

Googleの検索結果に表示されているページタイトルを説明した画像

タイトルタグは、次の二つに影響するためSEO対策では非常に重要です。

  • 検索結果でのクリック率
  • キーワードを入れると検索順位が上がりやすい

»»»SEOでタイトルが重要な理由とSEO効果を上げる4つの方法

Jimdoのタイトルタグ設定方法:SEO機能のページタイトルを設定する

Jimdoの編集画面:「SEO」というページにある「ホーム」タブをクリック

Jimdo でのタイトルタグの設定方法は、SEO対策用メニューにある「ページタイトル」に設定したい文字を入力します(上の画像④)。

詳しい手順について知りたい方は、次の記事をご覧ください。

»»» Jimdoでページタイトルを設定する方法|SEO効果をあげるポイント…

メタディスクリプションを全ページに設定

二つ目の機能は、メタディスクリプションを全ページに設定できる機能です。

ちなみに、メタディスクリプションはHTMLタグの一種で、Google や Yahoo!などの検索結果に表示するウェブページの概要文を指定するためのものです。

Google検索結果に表示されるページ概要の説明画像

メタディスクリプションは、「検索結果でのクリック率」に影響するためSEO対策では非常に重要です。

»»»参考:メタディスクリプションとは?SEO効果と適切な書き方

Jimdoのメタディスクリプション設定方法:SEO機能のページ概要を設定する

Jimdoの編集画面:「SEO」というページにある「ホーム」タブをクリック。画面が変わったら、その中にある「ページ概要」という入力欄にウェブページの説明文(ページ概要)を入力する。

Jimdo でのメタディスクリプション設定方法は、SEO対策用メニューにある「ページ概要」に設定したい文章を入力します(上の画像③)。

詳しい手順について知りたい方は、次の記事をご覧ください。

»»»Jimdo でページ概要を設定する方法|SEO効果をあげるポイントも紹介

URLの最適化:カスタムURL(WordPressのパーマリンクに相当)

三つ目は、ホームページの URL を自分の好きなように変更する機能です。

具体例をあげると次のとおり。

https://www.jimdo.com /jp/当サイトについて

https://www.jimdo.com/jp/about

Jimdo Proの場合、上記 URL の色文字部分を自分の好きな文字列(日本語・英数字OK)に変更することが出来ます。

これに対して、Jimdo Free は日本語しか選ぶことが出来ません(ブログ記事のみ変更可)

メリット:文字化けによるSNSでのクリック率ダウンを防ぐ

URLを最適化するメリットは、Facebook や Twitter でシェアされた時のクリック率ダウンを防ぐことです。

突然ですが、あなたは次のURLをクリックしたいと思いますか?

https://www.jimdo.com/jp/%E5%BD%93%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

おそらく、クリックしたいと思う人は少ないではないでしょうか? このような状況を防ぐのがURLの最適化です。

実は、先ほど具体例にした URLは次の URL が文字化けしたものです。

https://www.jimdo.com /jp/当サイトについて

https://www.jimdo.com/jp/%E5%BD%93%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

上記のように、ホームページURLに日本語を使用すると、SNSでシェアされた時にURLが意味不明な文字列に置きかわります(文字化け)。

そうすると、先ほど体験してもらったようにクリック率ダウンにつながります。

URLをあらかじめ英数字で設定しておけば、SNSでシェアされた時に文字化けを起こすことはありません。

そうすることにより、文字化けによるSNSでのクリック率ダウンを未然に防ぐことが出来ます。

独自ドメイン

4つ目は「独自ドメイン」を使用することが出来る機能です。

»»»独自ドメインとは?

独自ドメインにすると、Googleが定めた 下記ルールに該当して「ウェブサイトが表示されないという状況」を防ぐことが出来ます。

Google のルール

検索結果には「同じドメインから 2件しかウェブページを表示しない(参考情報

Proのアクセス解析機能は不要:Googleアナリティクスを使用すればOK

「Googleアナリティクスへようこそ」というメッセージが表示されているページ

Jimdo Free から Jimdo Proにアップグレードすると使用できる機能の一つに「アクセス解析」があります。

「アクセス解析」機能はSEO対策に役立ちますが、この機能を使用することを目的にJimdo Free から Jimdo Proにアップグレードする必要はありません。

なぜかというと、Jimdo Free でも Googleアナリティクスを導入すればアクセス解析が出来るからです。

»»»Jimdoでアクセス解析をする方法【Googleアナリティクスの導入手順】

Jimdo プロの場合でも Googleアナリティクスを使用すべき

ちなみに、Jimdo Pro の場合でも、Jimdo の「アクセス解析」機能ではなく Googleアナリティクスを使用してアクセス解析するべきです。

なぜかというと、Googleアナリティクスの方が、Jimdo の「アクセス解析」機能よりも高機能だからです。

この点からも、Jimdo の「アクセス解析」機能を使用することを目的にJimdo Free から Jimdo Proにアップグレードする必要はない、と言えます。

Jimdo Pro は おすすめ?判断基準はSEO対策をするかどうか

Jimdo Pro は月額1000円ほど必要ですが、SEO対策をするならばおすすめです。

年額11,580円( 1ヶ月あたり:955円)税込 … 2020年7月14日時点

なぜかというと、先述したように、自分で出来るSEO対策の幅が広がるからです。

おすすめなのは SEO対策に力を入れたい人だけ

ただし、Jimdo Pro がおすすめなのはSEO対策に力を入れたい人だけです。

なぜかというと、先述したように、Jimdo Free から Jimdo Pro にアップグレードするだけではホームページの検索順位は上がらない、からです。

Jimdo Free と Jimdo Pro の SEO機能の大きな違いは「設定できる項目の数」です。

Jimdo Proにすると使用できるようになるSEO機能を使わない人にとっては、Jimdo Pro にする意味がありません。

したがって、Jimdo Pro がおすすめなのはSEO対策に力を入れたい人だけです。

  • SEO対策にそれほど力をしない人 … FreeプランでOK
  • SEO対策に力を入れたい人 … Proプランを検討

無料プランでも出来るSEO対策は結構ある

ちなみに、Jimdo Free でも出来るSEO対策は結構あります。

»»»Jimdo Free の無料SEO対策を徹底解説!HTMLタグの設定からツールの導入方法…

SEO対策に力を入れたいという人でも、無料プランのSEO対策が終わってからProプランを検討しても良いかも知れません。

以上で、当記事の内容は終了です。

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

  • カテゴリ:
  • SEO
タグ:

これからブログを始めたい人にオススメの記事

トップへ戻るボタン