WEB歴 7年の専門家がホームページやブログ運営に役立つ情報を発信しています。

更新日:2020年12月20日

ロリポップの無料独自SSLを設定してブログを常時HTTPS化する方法

ロリポップで無料独自SSL化(HTTPS)する方法

当記事は、ロリポップ!の「無料独自SSL」を設定して、ブログを常時HTTPS化する方法をわかりやすく説明したものです。

パソコンが苦手…という方でも安心してください。
たくさんの画像を使いながら、一つ一つの作業を詳しく説明しています。

そのため、当記事を見ながら作業をすれば、いっさい迷うことなくブログを常時HTTPS化することができます。


注意点

独自ドメインを使用していないブログ(ホームページ)は、常時HTTPS化することができませんので注意してください。

注意点:事前にネームサーバー(DNS)の設定をする

ムームードメインのネームサーバー設定画面

ブログに無料独自SSLを設定するためには、事前にネームサーバー(DNSサーバー)の設定を済ましてしておく必要があります。

もう少しいうと、ネームサーバーの設定が反映されている必要があります。

なぜかというと、ネームサーバーの設定が反映していないと無料独自SSLを設定することができないからです。

したがって、無料独自SSLの設定をする前に、ネームサーバー(DNS)の設定をしておいてください。

»»» 参考:独自ドメイン取得後に必要なネームサーバー設定

ネームサーバーの設定が終わっていない場合のエラー表示

ネームサーバーの設定が反映していない場合、無料独自SSLの設定中に以下のエラーメッセージが表示されます。

エラーメッセージ

SSLを設定できません。よくある質問をご確認ください(下画像を参照)。

ロリポップで無料独自SSL(HTTPS)を設定する画面。「SSLを設定できません。」と表示されている

以上で、注意点:事前にネームサーバー(DNS)の設定をしておく、は終了です。

↑ 目次にもどる

無料独自SSLを設定してブログを常時HTTPS化する方法

ここからは、無料独自SSLを設定して「ブログを常時HTTPS化」する方法を説明していきます。

手順は、以下のとおりです。

1. 会員ページにログイン

ロリポップで無料独自SSL(HTTPS)を使用するために行う設定作業の説明画像1

まず、「ロリポップ!」の会員ページにログインします。下記リンクです。

»»» ロリポップ会員ページ ログイン画面

2. 「独自SSL証明書お申込み・設定」ページへ移動

ロリポップで無料独自SSL(HTTPS)を使用するために行う設定作業の説明画像12

次に、「独自SSL証明書お申込み・設定」ページへ移動へ移動します。

手順は、以下のとおり。

  1. ページ左にあるメニューの「セキュリティ」にマウスを合わせる
  2. 表示された詳細メニューの「独自SSL証明書導入」をクリック

※ クリックする場所は、上の画像赤枠

上記を行うと「独自SSL証明書お申込み・設定」ページへ移動します。

3. 「独自SSL証明書お申込み・設定」ページで独自 SSLを設定

ロリポップで無料独自SSL(HTTPS)を使用するために行う設定作業の説明画像3

「独自SSL証明書お申込み・設定」ページが表示されたら、独自 SSL(無料)を設定します。

手順は、以下のとおり。

1.「独自SSL(無料)」という項目を探す

まず、ページを下にスクロール(移動)します。

そうすると、「独自SSL(無料)」と書かれた部分が見つかります(下画像の左上)。

ロリポップで無料独自SSL(HTTPS)を使用するために行う設定作業の説明画像4

2.「SSL保護されていないドメイン」をクリック

「独自SSL(無料)」という項目が見つかったら、そのなかにある「SSL保護されていないドメイン」をクリックします(下画像の赤枠)。

ロリポップで無料独自SSL(HTTPS)を使用するために行う設定作業の説明画像4

3.「SSL保護されていないドメイン」が表示される

「SSL保護されていないドメイン」をクリックすると、タブの下(ピンク色の部分)にドメイン一覧が表示されます(下の画像参照)。

ロリポップで無料独自SSL(HTTPS)を使用するために行う設定作業の説明画像5

補足:「× SSL保護無効」と赤文字で表示されている

4.「独自SSL(無料)」を適用(設定)する

SSL保護されていないドメイン一覧が表示されたら、「独自SSL(無料)」を適用(設定)したいドメインを探します。

ドメインが見つかったら、「独自SSL(無料)」を適用(設定)します。
手順は、以下のとおり。

ロリポップで無料独自SSL(HTTPS)を使用するために行う設定作業の説明画像6
  1.  適用(設定)したいドメインの左にチェックを入れる(上画像①)
  2. 「独自SSL(無料)を設定する」ボタンをクリックする(上画像②)

5.「SSL設定作業中」と表示される

「独自SSL(無料)を設定する」ボタンをクリックすると、そのボタンの左側に「SSL設定作業中」と文字が緑色で表示されます(下の画像参照)。

ロリポップで無料独自SSL(HTTPS)を使用するために行う設定作業の説明画像7

6.ユーザー管理画面はそのままにして5分ほど待つ

「SSL設定作業中」という文字が表示されたら、ユーザー管理画面はそのままの状態にして処理が終わるのを待ちます。

処理時間は 5分程度です。

【注意点】定期的にウェブブラウザを更新する
ロリポップで無料独自SSL(HTTPS)を使用するために行う設定作業の説明画像7

なお、定期的にウェブブラウザの更新ボタンを押してください(上画像の赤枠)。

そうしないと、いつまで経っても「SSL設定作業中」という文字が消えません。

7.「SSL設定作業中」が消えれば設定完了

「SSL設定作業中」の文字が消えれば、設定作業は完了。


以上で、無料独自SSLを設定してブログを常時HTTPS化する方法、は終了です。



↑ 目次にもどる

ブログが常時HTTPS化しているかの確認方法

最後に、無料独自SSLの設定が成功して「ブログが常時HTTPS化しているか」の確認方法を紹介します。

確認方法は2つありますので、好きな方を使用してください(下記参照)。

  • ロリポップのユーザー管理画面で確認
  • ウェブブラウザ「Google Chrome」で確認

方法 1.ロリポップのユーザー管理画面で確認する方法

まず、ロリポップのユーザー管理画面で、「ブログが常時HTTPS化しているか」を確認する方法について説明します。

手順は、以下のとおりです。

ロリポップで無料独自SSL(HTTPS)を使用するために行う設定作業の説明画像8
  1. 「独自ドメイン(無料)」の下にある「SSLで保護されているドメイン」をクリック
  2. タブの下に表示されるドメイン一覧のなかに、「独自SSL(無料)」を設定したドメインがあるか確認
  3. 一覧の中に「独自SSL(無料)」を設定したドメインがあれば成功

※ クリックする場所、確認するドメインの場所は上画像を参照。

以上で「ロリポップのユーザー管理画面で確認する方法」の説明は終了です。

方法 2.ウェブブラウザ「Google Chrome」で確認する方法

次に、ウェブブラウザ「Google Chrome」で、「ブログが常時HTTPS化しているか」を確認する方法について説明します。

»»» 「Google Chrome」をダウンロードする

手順は、以下のとおりです。

  1. 「Google Chrome」で独自SSLを設定したブログを表示
  2. ウェブブラウザのURL欄をみる
  3. URL欄の表示が下記のどちらかで判断する

  • 成功…URL欄に「鍵マーク」
  • 失敗…URL欄に「保護されていない通信」

ブログが常時HTTPSしている場合

HTTPS化されているホームページを、Google Chromeで表示したパソコン画面のスクリーンショット画像

URLの左側に鍵(カギ)マークが表示。

ホームページが常時HTTPS化していない場合

HTTPS化されていないホームページを、Google Chromeで表示したパソコン画面のスクリーンショット画像

URLの左側に鍵マークはなく「保護されていない通信」と表示。

以上で「Google Chromeで確認する方法」の説明は終了です。


以上で、ロリポップで無料独自SSL化(HTTPS)するための作業はすべて終了です。

↑ 目次にもどる

おわり

以上で、当記事の内容は終了です。

当記事が、これからホームページ(ブログ)を運営する方の役に立てば嬉しいです。

関連記事

おすすめ記事

「ドメインについて詳しくなりたい」という方は、次の記事をご覧ください。

当記事の内容が役にたったという方は、他の方に紹介していただけると嬉しいです。

— スポンサーリンク— 

  • カテゴリ:
  • SEO

これからブログを始めたい人にオススメの記事

トップへ戻るボタン